ピクシブ百科事典

タンパベイ・レイズ

たんぱべいれいず

MLB、アメリカンリーグ東地区に所属する球団。略称はTB。
目次[非表示]

概要

アメリカ合衆国フロリダ州セントピーターズバーグトロピカーナ・フィールドを本拠地とする球団。
旧チーム名のデビルレイズ(Devil Rays)はフロリダの海に生息するイトマキエイ(マンタの名でも知られる)に由来し、Devilを外した現球団名のレイズは「光線」を意味すると同時にエイの意味も残す名前となっている。

セントピーターズバーグやタンパなどのフロリダ西海岸地域は古くからMLBのチームがスプリングトレーニングを行なうキャンプ地であることも影響するのか、弱小球団のレイズにはファンが定着せず観客動員数で下位に低迷し続けていることもあり、新球場の建設や本拠地の移転の噂が(2019年にはレギュラーシーズン前半をセントピーターズバーグ、後半をカナダケベック州モントリオールを本拠地とするダブルフランチャイズを計画しているという話も)度々出ているが、いずれも実現していない。
金銭的な力に乏しいため、主力選手が年俸調停の権利を得る頃にはトレードで放出し、替わりに獲た若手選手を育成しながら使うなど薄い選手層が常態化しているが、これを逆手にとって本来はセットアッパーである投手が初回(或いは打者1巡目)だけ投げる“オープナー”のように、金満球団に対抗するべく新しい戦術を編みだしている。

歴史

1998年タンパベイ・デビルレイズとして新規参入。
同地区にニューヨーク・ヤンキースボストン・レッドソックスというリーグ屈指の強豪チームが存在することもあり、デビルレイズ時代の10年間の通算成績は645勝972敗(勝率.399)で、勝ち越したシーズンは一度もなく、シーズン70勝に達したのも2004年のみ、その2004年の地区4位以外は全てのシーズンで地区最下位という弱小球団だった。この2004年にはヤンキースと共に来日し、東京ドームで開幕シリーズを戦っている。

2008年にはチームカラーを緑から青に、チーム名も現在の名称に変更、改名初年度でいきなり初の地区優勝とリーグ優勝を達成。ワールドシリーズではフィラデルフィア・フィリーズに敗れるも、在籍していた岩村明憲もワールドシリーズ進出に大きく貢献したこともあってか、アメリカ全土に「レイズ旋風」を巻き起こす大躍進を遂げた。

その後は2010年に地区優勝、2011年、2013年、2019年にワイルドカードでポストシーズンに進出している。


日本人選手

過去に野茂英雄森慎二岩村明憲松井秀喜が在籍。
2019年12月には横浜DeNAベイスターズからポスティングで筒香嘉智を獲得した。
野茂は2005年にプレーし、同年6月15日には本拠地で日米通算200勝を達成したが、その直後に解約されてしまった。
森慎二はスプリングトレーニング中に肩を脱臼してメジャーの試合へ出場は叶わなかったどころか、この故障で選手生命をも絶たれた。
松井秀喜にとっては、選手として最後の所属チームがレイズとなった。


永久欠番


本拠地球場

トロピカーナ・フィールド(1998年~ )

関連記事

親記事

アメリカンリーグ あめりかんりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タンパベイ・レイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1678

コメント