ピクシブ百科事典

ミルウォーキー・ブルワーズ

みるうぉーきーぶるわーず

アメリカメジャーリーグ、ナショナルリーグ中地区に所属するプロ野球チーム。略表記はMIL。
目次[非表示]

概要

アメリカウィスコンシンミルウォーキーにあるミラー・パークを本拠地とする。

チームの帽子のマークの1つ「Mの字の下に大麦の穂」は、球場のネーミングライツ権を持つミラービールを連想させるデザインとなっている。また「ボールを収めたグラブ」のデザインはチームの頭文字(Milwaukee Brewers)のmとbを小文字にして重ねた形になっている。

チーム名

ブルワーズ(brewers)は「醸造者」を意味する。これはミルウォーキーがビール醸造が盛んなことに起因しており、過去にミルウォーキーを本拠地にしていた(ブレーブスを除く)チームが代々名乗っていたものである。現在のボルティモア・オリオールズもミルウォーキーで創設された当時はこの名前でアメリカンリーグに加盟した。

歴史

1969年シアトル・パイロッツとして創設されるも、僅か1年で経営難に陥り、翌1970年よりミルウォーキーに移転、現在のチーム名となった。

1982年アメリカンリーグ所属時代唯一のリーグ優勝。しかしワールドシリーズではセントルイス・カージナルスに敗れた。
1985年には江夏豊がスプリングトレーニングからメジャーを目指したが、年齢的な問題があり契約を取るまでには至らなかった。

1997年まではアメリカン・リーグ所属。当時のコミッショナー、バド・セリグがブルワーズの元オーナーということもあってか、リーグを越えてナショナルリーグ中地区へ移籍。
2011年ナショナル・リーグ移籍後初の地区優勝。リーグチャンピオンシップシリーズでは、またしてもカージナルスに屈し、ワールドシリーズ出場を逃す。この時リーグ優勝出来なかったことが響き、アメリカン、ナショナルの両リーグからワールドシリーズ出場の快挙をヒューストン・アストロズに先に奪われてしまうことになる。
2011年のオフに東京ヤクルトスワローズ青木宣親がポスティングで移籍した。2012年はその青木の活躍もあったが、中継ぎが俺達状態であったためプレーオフ進出はならなかった。
2018年にはレギュラーシーズン終盤でシカゴ・カブスに追い付きタイブレイカーゲーム(163試合目)に持ち込んだ末に地区優勝を果たすも、リーグチャンピオンシップシリーズでロサンゼルス・ドジャースに敗れた。
COVID-19の感染拡大を懸念して年間60試合に短縮された2020年シーズンは、MLB史上初となるレギュラーシーズンを負け越しながらもポストシーズン進出を決めたチームとなったが、ワイルドカードシリーズでまたしてもドジャースの前に敗退。

2020年現在、ナショナルリーグに在籍歴のある16チームの中で唯一、ナショナルリーグからワールドシリーズに進出したことが無いチームである。

日本人選手


このほか、クリスチャン・イェリッチやケストン・ヒウラといった日系人選手が在籍している。

関連タグ

MLB

外部リンク

ミルウォーキー・ブルワーズ - Wikipedia

関連記事

親記事

ナショナルリーグ なしょなるりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミルウォーキー・ブルワーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90

コメント