ピクシブ百科事典

ヤマト・命

やまとみこと

ヤマト・命とは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:赤﨑千夏

【タケミカヅチ・ファミリア】所属のヒューマンの冒険者。レベルは2。
極東出身の少女で、刀を武器にパーティの主力を担う。
二つ名は【絶✝影】。

人物像

非常に生真面目で義理堅い性格で、誰に対しても礼儀正しい。
義理高いゆえに、卑怯な手段を使うことを嫌う。

幼いころに両親を失った孤児で幼少期から後に主神となるタケミカヅチに子供のように育てられた。当初は父親に対する感情を抱いていたようだが現在は恋愛感情を抱いている。

【タケミカヅチ・ファミリア】のメンバーでダンジョンを潜っていたが、千草が負傷したため退却する。桜花の提案で追って来るモンスター達を振り切るために、偶然居合わせたベル達をやむを得ず囮にしてしまう。
命はそのことをずっと負い目を感じており、彼らの救援に赴いて無事に発見した時は土下座して謝罪し、それをベルに許されたことから彼に恩義を感じる。

その後、【アポロン・ファミリア】がベル達に『戦争遊戯』を仕掛けた際、彼らを助けるべく、また恩義を返す時と考え、【ヘスティア・ファミリア】に改宗する。

OVA版オリジナルエピソードでは温泉好きで温泉に目がないという設定が追加された。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ベル・クラネル ヘスティア(ダンまち) サンジョウノ・春姫
カシマ・桜花 ヒタチ・千草 タケミカヅチ(ダンまち)

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤマト・命」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28453

コメント