ピクシブ百科事典

アレン・フローメル

あれんふろーめる

アレン・フローメルとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:八代拓

フレイヤ・ファミリア】に所属する猫人(キャットピープル)の男性冒険者で、Lv.6のステイタスを誇る第一級冒険者。25歳。
二つ名は【女神の戦車(ヴァナ・フレイア)】
ファミリアの副団長でもあり、また全冒険者の中で最も脚が速く、都市最速の称号を有する実力者。

人物像 

年齢の割に身長は歳が10近く離れているベル・クラネルアイズ・ヴァレンシュタインよりも低く162C(セルチ)と小柄だが、常に威圧的で近寄りがたい雰囲気を放ち、誰に対しても敵意を向けている。自身のファミリアにやってきたアイズを敵対ファミリアとは言え抗争勃発もお構いなしに問答無用で殺そうとするなど、ファミリア内の過激派筆頭で、まさに狂犬ならぬ狂猫と呼べる人物である。よく相手に対して罵倒を吐くベート・ローガと同等かそれ以上に無愛想で口も悪く、彼からは糞猫と呼ばれている。地の文によると仲は非常に悪いとの事。知ってた。
身長の件については相当に気にしており、そこに触れられると怒り狂い一般人相手だろうが全力で攻撃を仕掛けて来る。『メモリア・フレーゼ』のイベント「真夏の夜の恋宴(ミッドナイト・ラブ・サバト)」は彼に嬌声をあげていた女性たちの一人が「チビのイケメンなんて、どストライク」とつい口に出してしまった途端、その場に居合わせた事情を知っているリューエイナアリシアは顔を真っ青にして怯えていた(その後当然のごとく猛攻を加えられたが皆却ってご褒美だと喜んでいた)。

オッタル達他の幹部同様に主神であるフレイヤを心の底から敬愛しており、イシュタル編ではフリュネ・ジャミールの命乞いの時の発言をフレイヤを侮辱しているものと受け取り、他の幹部と共にブチ切れて再起不能にしている。
episodeフレイヤでは護衛対象であるアリィがアレン達が「フレイヤの『魅力』に惑わされて眷族になっただけ」と自分達引いてはフレイヤへの侮辱を口にした瞬間本気で殺しにかかり、その場をオッタル達によって止められている。
ただ自由気まま彼女の事には閉口気味で檻に入れてでも縛り付けるべきと過激な発言をすることも。
他の女性には触れられることすら「穢れる」と拒絶するが、フレイヤと何らかの関係もある為かシル・フローヴァに関しては何かしら思うところがある様子。ちなみに猫舌でありシルにはその事を見破られている(猫人だから当然か?)。

豊饒の女主人』のアーニャ・フローメルとは実の兄妹でかつては共に戦場をかけていたが、現在は絶縁状態で彼女を「自分が最も憎んでいる愚図」とまで語り忌み嫌っている。
幼少時代に廃棄世界と呼ばれる大陸で両親を失い妹とさ迷っていたところをフレイヤに見いだされ、彼女の寵愛を手にする為に妹を捨て彼女に忠誠を誓ったという。17巻で判明した事だがアーニャが未熟にも関わらず深層域の遠征に無理矢理同行した挙句、死にかけた上に自身も重傷を負う羽目になったことが決定的となった。

銀の長槍を得物としておりその槍術はアイズに勝るとも劣らない。そこに加え都市最速の脚を活かした戦闘方により『精霊の分身(デミ・スピリット)』をも翻弄してみせるほど。

このように性格にかなり難のある人物ではあるが、決して悪人というわけではない。
本編ではフレイヤが夢中になっているという事もありベルに対する印象は決して良いものではないが、自らの信念を貫く為に強者にも挑もうとする姿勢は本人なりに気に入ってる模様。ベルとアステリオスの決闘の際も、足止めをした【ロキ・ファミリア】の面々に対し「ガキが雄(おとこ)を賭けている」とフレイヤの命令としてだけではなく彼の想いの真意を理解しているような言葉を発しており、オッタルやヘディン・セルランドに次いでベルへの感情はまともと言える。
episodeフレイヤでは一度は侮蔑に近い言葉を語ったアリィをフレイヤが発動させた『魅力』から咄嗟に庇っており、王としての責務がありながらも次第にフレイヤの自由奔放な姿に惹かれていき、そんな彼女に心から忠誠を誓うアレン達を羨ましく思うと葛藤を口にしたアリィに対して今までの糾弾とは異なる声で真摯に語りかけるといった姿を見せている。
愚図とまで呼び嫌っている妹に関しても、「最愛の人を見せる呪詛(カース)」を受けた際、視界に彼女が映し出されていた。フレイヤもアレンは未だにアーニャを気にしていると述べており、いろいろ屈折した関係である模様。

ひょっとしたらベートと仲が悪いのも相性の問題以上に似た者同士(ベート以上にめんどくさいレベル)による同族嫌悪の可能性があるのかもしれない。

冒険者としての能力

彼のステイタスは現在公開されていないが、『都市最速の冒険者』の異名で呼ばれている事から、『敏捷』のアビリティが一際抜きんでていることが予想される。その速度は並の冒険者では姿を捉える事すら叶わず、第一級冒険者クラスの動体視力を持ってしてようやく目で追う事が可能という域であり、もはや高速移動ではなく瞬間移動と疑ってしまうレベル。砂漠地帯などで疾走した場合、彼の高速移動によって巨大な砂嵐が巻き起こされ、その疾走の『付属物』に過ぎない現象によって大勢の人間を飲み込んでしまうなど、アレンにとってただ走るという行為そのものが武器になりうるのである
Lv.7であるオッタルとも渡り合える姿が外伝で描写されており、Lv.差を覆せる速度を出せる理由としては、基本アビリティだけでなく、ベートやリュー・リオンなどと同様に、速度関連の『スキル』を所有している可能性が高い。尚且つ魔法を使った必殺はオッタルとて全力の防御をしなければ命を奪われかねない程。一方で小説やゲームなどではパワーが足りないような指摘を受ける事が多々あり、原作ではオッタルから「軽過ぎる。もっと飯を食え、アレン」と言われ、『メモリア・フレーゼ』ではザルドから「そよ風のように軽すぎる」と言われてしまっている。体型に似て『力』のアビリティは低いのだろうか?
もっとも指摘した二人は作品全体から見てもパワー特化な人物達なので、彼らからしたら殆どの攻撃は軽いかもしれないが…

作中行動

本編ではフレイヤの命令でLv.1だった頃のベルの腕試しと彼が師事をしているアイズに警告するために、ガリバー兄弟と共に闇討ちを仕掛けた。
フレイヤが【イシュタル・ファミリア】がベルを本拠へ連れて行った情報を聞くと、イシュタルの眷族を利用して情報収集をしていた。
ベルが孤児院の地下でバーバリアンに襲われた際には、シルの護衛のためモンスターを瞬殺している。異端児編では、フレイヤの命令でベルとアステリオスの一騎打ちを邪魔させないためにティオネ・ヒリュテを足止めした。外伝のクノッソス最終戦では、フィン・ディムナが率いる部隊に加入し、『精霊の分身』相手にほぼ独壇場状態で圧倒し討ち取っている。ベルの【英雄願望(アルゴノゥト)】の大鐘楼の音が響いた際、ほぼ全員が奮い立つ中、唯一彼だけが「うるせえ鐘の音だ……」と苛立ち悪態を吐いていた(自分より強い者を認めないというベルへの嫉妬心によるもの)。

16巻では『女神祭』2日目にシルを追跡し、ガリバー兄弟とヘグニ・ラグナールに倒された後のアーニャ達の前に現れ、アーニャの懇願を聞き入れず道を開けろと命令して従わせた。その後、『シル』に変身していたヘルンを襲撃し、彼女を「狂信者」と唾棄した。

17巻ではフレイヤの下知が下ったことで【ヘスティア・ファミリア】を襲撃し、ヴェルフ・クロッゾと対峙するが、現れた時に彼に深手を負わせており、「もう終わってる」と指摘して気付かせた。
オラリオ中に『魅了』が施された後は、ミアの監視を名目(実際はアーニャの監視とヘディンに見抜かれている)に『豊饒の女主人』の見張りをしていた(後にヘディンからフレイヤの異変を教えられた後はベルの『洗礼』に加わる)。フレイヤがアーニャと対面した際、錯乱して襲い掛かって来た彼女を殴り飛ばした。
深層から戻ってくるリヴェリア達を待ち伏せするためにバベルを見張っていた時にフレイヤの『魅了』が解除されると、すぐさま本拠へ戻るがベートが立ちはだかり交戦する。

『メモリア・フレーゼ』のクリスマスイベントでは闇派閥(イヴィルス)と対峙したベルや『豊饒の女主人』を(口汚く文句言いながら)助力した。

同じくアプリの3周年イベント「アストレア・レコード」ではオッタルと共にフレイヤ側のメインキャラクターとして活躍し決戦時にはオッタルとザルドの一騎討ちを邪魔させないようモンスターの大群を光速で蹂躙している。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか フレイヤ・ファミリア
フレイヤ オッタル 
ガリバー兄弟 ヘディン・セルランド ヘグニ・ラグナール
アーニャ・フローメル シル・フローヴァ ベート・ローガ

関連記事

親記事

フレイヤ・ファミリア ふれいやふぁみりあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アレン・フローメル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アレン・フローメル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4222

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました