ピクシブ百科事典

不死川玄弥

しなずがわげんや

不死川玄弥とは、漫画・アニメ『鬼滅の刃』の登場人物である。主人公・炭治郎の鬼殺隊の同期の一人。
目次[非表示]

テメェの相手は 俺だろうが

テメェを殺す 男の名前だァ

プロフィール

CV岡本信彦
階級癸→丁
誕生日1月7日
年齢16歳
身長選別時160cm→180cm
体重選別時56kg→76kg
出身地東京府 京橋區(現:中央区 京橋
趣味盆栽
好きなものスイカ


吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の登場人物。
主人公と同じくして藤襲山における最終選別を潜り抜け、鬼殺隊へと入隊した5人の同期隊士の一人。

実兄に最高位剣士・の一人である"風柱"の不死川実弥を持つが、自身は同じく柱である"岩柱"の悲鳴嶼行冥に弟子として師事している。

人物

※彼の人物像は「上弦の肆」、半天狗討伐前後で大きく変化する。

功を焦る癇癪玉銃剣士(上弦の肆・討伐前)

初登場は鬼殺隊の最終選別試験の時。

不死川玄弥


炭治郎の他にも試験を生き残った4人のうちの一人であり、終了後に案内役の童子に乱暴を働いていた(この時炭治郎が止めに入り、玄弥の左腕を折った)。
※因みに「乱暴」の内容が原作とアニメで異なっており、原作が童子を「殴っていた」のに対してアニメでは「髪の毛を引っ張る」に変更されている。

彼はとある目的から隊士としての昇進を急いでおり、しかしながら鬼殺隊士としての才能を全く持たない事から、当時はあらゆる行動に“焦り”が滲んでいた。
この為に本来の性格は影に隠れ、暴力的で粗野な面だけが表層に昇っており、上記の乱暴な行動や『能力』の項目で解説する「を喰う」という行動に繋がっている(元々鬼を喰い始めた理由も、剣士としての才能が無い為精神的に追い詰められて鬼を食べてしまったから。その時に自身の特異体質に気付いた)。

炭治郎が上弦の陸との死闘により、一時的に専用の日輪刀を失った事で刀鍛冶の里を訪れた際に、図らずも本格的な再会を果たす。(当然ながら)玄弥は上述の左腕の因縁を覚えていたため、炭治郎の顔を見て開口一番「死ね!」と怒鳴り、手早く裸になって温泉に入ってきた炭治郎に敵意をあらわにしたままその場を去ったが、炭治郎には全く応えず、自分の部屋に来て命をかけて三日三晩刀を研ぐ鋼鐵塚を心配し訪ねるべきかと相談してくる。
「友達みたいな顔して喋ってんじゃねーよ!!」と怒鳴るも「えっ 俺たち友達じゃないの?」と心底意外そうな顔で驚く炭治郎にはっきり違うと否定。さらに左腕を折られた事に言及するが、「あれは女の子を殴った玄弥が全面的に悪いし仕方ないよ」とあっさり返され、今度は温泉で前歯が抜けていなかったかと聞かれ見間違いだ答えたところ、抜けた歯を落とし物だから返そうと思って取っていた炭治郎に歯を差し出され、気色悪がって足蹴にして追い出した。

しかしその日の夜半、里を強襲してきた十二鬼月の「上弦の肆」・半天狗によって追い詰められた炭治郎、禰豆子と共闘。
炭治郎が駆け付けた時には鬼化してほぼ理性が無くなっており、獣のように涎を垂らしながら「手柄」を求めて自身が頚を斬ることに固執する。
しかし、手柄よりも悪鬼討伐を優先する炭治郎の(自覚のない)前向きさ、そして窮地に陥った自分に対する炭治郎の発破により、一丸となって半天狗を追い詰め討伐に貢献した。

焦りから解放され、自分を取り戻した銃剣士(上弦の肆・討伐後)

討伐後はその焦りから解放されたためか、それまでの粗暴さは鳴りを潜め年頃の不器用な少年らしい性格に戻っている。
※焦りが無くなった理由として、半天狗を討伐したことでに昇格するために必要な条件のうちの一つを達成したため、いくらか気持ちに余裕が生まれたからと思われる。
(柱になるためには階級が一番上の「甲」であり、『十二鬼月を倒す』もしくは『鬼を50体討伐する』のどちらかを達成する必要があるため。)

無題



炭治郎に対しても親しげに話しかけ時には笑顔を見せるなど友情を感じており、風柱との「柱稽古」の際に稽古主である兄・実弥と諍いになった時の言葉には深く感謝をした(因みに、師匠である悲鳴嶼から柱稽古の前に兄と接触しないことを忠告(※)されていたにも関わらず玄弥が破ったため、この一件の後は師匠に叱られて暫く謹慎を喰らっていた)。他にも、岩柱の「柱稽古」では炭治郎に悲鳴嶼が反復動作を用いて身体能力を底上げしていることを教えて、炭治郎がぶち当たっている壁を乗り越えるきっかけを作ったりもしている。

※…兄弟仲の拗れと同じ柱仲間として把握している兄の実弥の性格以外にも、玄弥の体質と生き様が実弥の稀血と致命的に相性が悪いので、これ以上の拗れが生じないための配慮もあると思われる。

ただし、炭治郎以外の同期である善逸伊之助との相性はあまり良いとは言えない様で、実弥との諍いでは善逸が実弥を悪く言った際に「兄貴を侮辱するな」と善逸をぶん殴り(善逸からすればとばっちり)、呼吸が使えない事を躊躇なく馬鹿にする伊之助とは真正面から殴り合うなど、完全な水と油であった。

その後は、無限城決戦時の炭治郎や他の人物の回想シーンや外伝小説のエピソードなどから、同期や蝶屋敷の面々などとも上手く打ち解けている事が判明している。

性格

基本的に無口で粗野な面を持ち、また時々癇癪を起こす(主に修業でストレスがたまった時)のが玉に瑕だが、『本質』は人が好く、七人兄弟(兄妹)の次男らしく年下の少年少女に気遣いのできる優しい性格である。
とても兄想いで、些細な悪口を言った者に対して鉄拳を喰らわす程である(しかしあの状況下では、恐らく誰でも同じ様な事を言ったであろう。又、玄弥自身もあそこまで言われて当然という意識はあったと思われる)。
また結構常識人であり、変人だらけの周りに引くこともしばしば(例:刀鍛冶の里で炭治郎が自身の抜けた歯を持ってきた時など)。

また悲鳴嶼との出会いにより荒れていた性格も少しずつ元に戻っていき、鬼喰いを重ねて暴走していた所を悲鳴嶼に助けられ、咎められ、鬼殺隊を辞めるよう言われるが癇癪を起こして拒否している。
悲鳴嶼が強いことはわかっていたので継子にしてもらうよう頼むが剣士としての才能が無かった為何度も断られていたが玄弥はひたすら悲鳴嶼について行った。
才覚に恵まれていなかった為、上手くできないことも多く、癇癪を起こしまくっていたがどんなきつい修行からも逃げなかった。
心に素直な性格で、思ったことは失礼でも結構言う感じのタイプ(自分をよく見せようとか、一切の打算がない少年)なので、悲鳴嶼も付き合いはしやすかった模様。
(公式ファンブック鬼殺隊最終見聞録・弐の大正コソコソ噂話より)

初心で女性に対する免疫が無く、巨乳美人は言うに及ばず、同年代であっても可愛い女子が相手だと、まともに喋ることすら出来なくなる。
思春期に突入してからは女の子全般に緊張するようになったらしく、乱暴を働いた童子にも15巻のおまけで謝っていた(童子は「いいえ」と軽く返している)。

思春期玄弥くん
玄弥くんと女の子



これらの特徴から、総じて(いかつい見た目に反して)周りの環境や自身が置かれている状況によって影響を受けやすい、「繊細な性格」の可能性が高い。

容姿

鋭い目付き、鼻面を横一文字に走る大きな傷跡が特徴。
彼の外見的な特徴の一つである頭の側面を刈り上げた猛々しい髪形は、頭頂部以外がきつい天然パーマであるため、剃らないと珍妙な髪型になってしまうという理由からセットしている模様。
※実際、単行本13巻にて彼と実弥以外の兄弟(兄妹)5人のうち他にも同じような髪型をした弟が一人いるため、遺伝だと思われる。

さらに同期の中では最も早く成長期が来た為か、入隊から数ヵ月後には炭治郎より頭一つ高い体躯となった(彼らの父親も非常に体格に恵まれて頑丈だったらしく、不死川兄弟の体格や頑丈さは完全に遺伝である)。

能力

身体能力

鍛え抜かれ、選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、特に"柱"の中でも最強のフィジカルを有する悲鳴嶼に教えを請うている玄弥は、「単純な身体能力」ならば上位の部類に入る。

しかし、玄弥はこの身体能力にブーストをかける"全集中の呼吸法"が使えない、加えて剣の才能自体も低いという絶大なディスアドバンテージを抱えてしまっている。
これによって、鬼の頚を狩る為に必須となる『型(剣技)』が使用できないばかりか、睡眠中ですら呼吸法で身体を強化している上位階級の隊士と比較すると、総合的には"並よりは上"の隊士程度でしかない。

咬合力/消化・吸収力

不死川玄弥は人間としては特異個体(ミュータント)である。その希少性は、竈門禰豆子に勝るとも劣らない。

炭治郎の嗅覚、善逸の聴覚、伊之助の触覚、そしてカナヲの視覚にあたかも対応するかのように“異能”と言える程の消化器官を有しており、鬼を喰らう事で一時的に鬼の能力(怪力・不死性・超再生)を得られる

これらの能力は、喰らった鬼が強ければ強いほど高まり、体を穴だらけにされたり、胴で両断されても死なないなど高い生命力を得る。但し、あくまで鬼擬きのため鬼よりは数段落ちる上、日輪刀以外の手段でも頚を落とされれば死に至る。この力により、唯一「力ずくで鬼を滅する」鬼殺隊士であるとも言える。

センシティブな作品
不死川玄弥



過去にも同様の力を持った隊士も存在したようだが、そちらは胴を両断されて死亡した為に玄弥の生命力はかなり高いようだ。

当然ながら、この消化吸収による変異は玄弥にも相当の負担をかけており、鬼化中は理性や判断力も下がってしまう諸刃の剣である。
加えて健康状態の確認の為に、定期的な蝶屋敷での健康診断が欠かせない。ただし、鬼喰いをしている事についてしのぶからは嫌な顔をされて会う度説教をされるとの事(炭治郎はあくまで玄弥の体を心配しての事と諭している)。ちなみに剣に関する才能が無いせいで精神的に追い詰められてしまい、力を求めて鬼の肉を食べた事がきっかけで自身の体質に気付いたらしい。

入隊してから僅か数ヶ月の間に身長が20cmも伸びていたのは、成長期だけでなく鬼を喰った事も関係しているのではないかとファンの間では考察がされている。

尚、単行本13巻の表紙には玄弥が描かれているがこの異能を仄めかすかのように牙が見えている。

装備

鬼殺隊士として、日輪刀と隊服を支給されている。
また、伝令及びお目付として担当の鎹鴉(かすがいがらす)をあてがわれている筈だが、134話にて炭治郎と玄弥が会話している際、背後で炭治郎の鴉天王寺松衛門と「シネ」「オマエガナ」というやりとりをしている鴉がそれだと思われる。

日輪刀

玄也生誕祝い!!(実玄)


太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で採れる猩々緋砂鉄から打たれた刀であり、不死身の鬼を“殺す”事ができる唯一の武器。詳細は個別記事を参照。
本来ならば刃は持ち主の適性に合わせた色に変わるが、玄弥は剣に対する素養も殆ど無い為に多々良鉄の色のままとなっている。
玄弥自身もサブウェポンにしかならないと理解しており、通常の日輪刀に比べると刃渡りが短い。

大口径南蛮銃

「鬼殺隊-異能の少年-不死川玄弥」【メイキングあり】


剣技が使えない玄弥が、メインウェポンとして使用する特別な銃。
的に当てるのが上手い為に銃を使用する方が得意との事。
外観はダブルバレルのソードオフ・ショットガンに似るが、散弾ではなく超大口径の弾頭を撃ち出す為に、鋼鉄の強度を誇る十二鬼月の頸にも(ある程度は)通用する。
さらに弾頭は猩々緋砂鉄・猩々緋鉱石から製造されており、公式のファンブックによるとこれで鬼の頚を吹き飛ばせば弱い鬼なら“殺す”事も可能らしい。ただし、逆に言えば確実に殺せるのはせいぜい弱い鬼くらいであり、やはり銃では日輪刀程の高い殺傷力は望めないようである。故に玄弥は確実に鬼にトドメを刺す為に、上記の通りサブウェポンとして日輪刀も併用している。

加えてもしも常人がこれ程の口径の弾丸を射撃すれば、両腕で構えていたとしても反動によって身体ごと吹き飛ぶのは間違いない(最悪、両腕を骨折する)ので、まず常人では扱えない。とはいえ鬼は頸を飛ばさなければ意味が無いので、これ以下の口径や威力の銃ではそもそも効果が無いのである。他に銃をメイン武器として使う隊士がいないのはこれらも原因である。

この銃もおそらく刀匠の里で作られたものと思われるが、玄弥との「馴れ初め」や製作者の素性は語られていない。

隊服

玄弥
玄弥


背に“滅”の字が描かれた、黒い詰襟
特別な繊維で作られており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈である。
玄弥はこの上に紫と黒の袖のない着物を着用している。また、他の隊員と違い袴と草履ではなく洋袴と靴を着用している模様。

キメツ学園

授業風景


実弥共々18巻でキメツ学園における設定が明かされた。炭治郎達と同様に学年は1年生で、組はかぼす組。射撃部のエースだが、髪型が校則違反という事で一度丸坊主にしたら弾が的に当たらなくなったため(恐らく頭髪で風を読んでいるとの事)、以降は特別許可が下りている。

数学が苦手なため数学教師の兄にいつも怒られているらしく、部活の大会で賞状を貰った時は「こんなもんより数学を勉強しろ」と言われ、その場で賞状を破られるという災難に遭った。この時玄弥は何もできずプルプルしているだけであり、それまで体の大きさと顔の怖さで同級生から怖がられていたが、その様子を見た他の生徒から同情されて友達が増えたらしい。
上記を見る限り、本編とはまた違った意味で兄弟仲はギスギスしている模様。

余談

  • 名前公開

早くから顔見せしていた彼だが、実は下の名前が判明したのは人気投票のページだったりする。
その後名字が判明し、実弥の弟だと明らかになった。
なおその人気投票では6票しか取れなかった(刀鍛冶の里編までは名無しのモブにも等しい扱いであったため、仕方のないことかもしれないが)。

公式小説第二弾「片羽の蝶」では、刀鍛冶の里の後日談が掲載されており、刀鍛冶の里編後の彼の心境の変化や、更に本誌では判明しなかった新たな彼の過去についても書かれている。
また、第129話「痣の者になるためには」の扉絵でアオイすみにご飯を食べさせてもらっているシーンに至る経緯もこの話で判明するので、気になる方は読んでみてもいいかもしれない。

関連イラスト

不死
テメェを殺す男の名前だァ


ログ3
不死川玄弥 誕生祭2020


【鬼滅】2020 玄弥誕 [中文注意]
不死川玄弥生誕祭2020



関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊 鬼殺隊士
継子 不死川兄弟 刀鍛冶の里組 
血鬼術 玄弥の血鬼術 
不死川玄弥誕生祭
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧
モヒカン 悪食 ガンマン(銃剣士) 癇癪


血縁(不死川家
不死川実弥 不死川恭梧 不死川志津 

師匠
悲鳴嶼行冥岩師弟

同期隊士(五感組
竈門炭治郎 我妻善逸 嘴平伊之助 栗花落カナヲ


関連・類似キャラクター

  • 煉獄千寿郎…こちらも剣士としての才覚が無かった(全集中の呼吸が使えなかった)者。彼は剣士になるのを諦め、他の形で鬼殺隊に貢献した。
  • 黒死牟獪岳…玄弥は「人間でありながら血鬼術を使う者」に対し、こちらは「鬼でありながら全集中の呼吸を使う者」
  • カービィ「体内に取り込むことで取り込んだ相手の能力を得られる」という特性が共通している。ちなみに凄くどうでもいい話だが、アニメ版のコイツもスイカ好きである。
  • 天喰環「食べる」ことで元となる生き物の特性を得ることができる。
  • 膝丸(刀剣乱舞)「弟」「鬼を斬る」設定繋がり。更にCVも同じ。
  • 奥村燐…同じCV繋がりでジャンプ系列のキャラ。更に敵側の能力(玄弥は鬼で燐はサタンの炎)を使って戦うという点も共通している。※ただし燐の場合は吸収ではなく先天性の能力という違いがある。
  • 御子柴実琴…こちらも同じCV繋がり。「見た目とは裏腹に初心かつ繊細で、女子に対して苦手意識を持っている」という部分が共通している。
  • メガストーム…兄を慕う故に焦りを持つ弟繋がり。


『無限城決戦編』にて(以下、ネタバレ注意)

※「無限城決戦編」は『鬼滅の刃』の最終章に当たるため、見出しからのネタバレ(当キャラの生死含む)防止目的であえて下記のように表示している。

ネタバレA無限城内部での対「上弦の鬼」戦。
ネタバレB鬼の首魁「鬼舞辻無惨」との最終決戦及び「真の最終決戦」。
ネタバレC無惨を倒した後の話























ネタバレA

鬼滅の刃 ツイログ


第165話にて、霞柱時透無一郎と共に十二鬼月最強である「上弦の壱」・黒死牟と対峙。
鬼化した状態で物陰からの暗殺を狙うも十二鬼月最強の鬼にはまるで相手にならず、左腕を切り落とされ、返す刀で右腕を斬られた上で胴体を真っ二つにされる
その際に兄である実弥が助けに入り、今までの自身に対する拒絶の裏に隠された本心を聞くことになる(本心の内容は不死川実弥の項目を参照)。

実弥、悲鳴嶼、無一郎の3人がかりでも黒死牟にまともな傷ひとつ負わせられない絶望的とも言える状況に、戦力になれない己の弱さを嘆くが、その最中柱稽古の際に炭治郎から言われた「一番弱い人が一番可能性を持っている」という、吉原での戦いにおいて自身が弱者であったが故に妓夫太郎に警戒されず、そのお陰で勝利出来た実績に基づく助言を思い出す。

炭治郎からの言葉を胸に、覚悟を決めて黒死牟の折られた刀の先端を捕食する。すると今までの鬼化とは違い、両目が黒死牟と同じものに変わり、更に額に黒死牟のそれと同じ痣が浮かび上がるという変化が起きた上に、無惨から黒死牟への脳内対話が聞こえる、血鬼術まで取得するなど、殆ど鬼と変わらない存在にまで至った(なおこの時の玄弥の痣は、上弦の鬼である黒死牟の肉を大量に吸収した結果、外見的にも近い存在になった事で出たものに過ぎないので、痣者になった訳ではない)。

玄弥


その血鬼術は、以前に戦った半天狗が使った樹木操作の能力を思わせるもの。
身体に取り込まれる形で変異した銃から肉弾を打ち込み、着弾した所に瞬時に根を張り絡み付いて動きを制限する。
これは血を吸い上げて能力を使えなくしつつ、幹を成長させて更に強固に絡み付いていく。
また着弾の瞬間だけでなく、自分の意思で発現させ虚を突く事も可能。
徹底して「動きを止め固定する」という点に特化しているのが特徴。

※因みにこの戦いにて黒死牟の口から戦国時代頃には玄弥と同じく鬼化して戦う剣士が居た事が語られ、その剣士は胴体を両断された時には死亡したという事から、玄弥の持つ鬼化能力は鬼化能力者の中でも一際強いと言う事が判明した。

血鬼術の発現、自身と一緒に戦っていた無一郎、後から合流した実弥と悲鳴嶼の協力もあり4人で力を合わせて黒死牟には辛くも勝てたものの、追い詰められた黒死牟に再度脳天から真っ二つに斬られ、その際の出血により鬼化の再生能力も殆ど消えてしまったことと、黒死牟の身体で出来た刀を食べたことで血鬼術を取得するレベルの今まで以上の変化と負荷に耐え切れず、鬼の消滅時と同じように自身の身体が崩れかける。
弟の惨状を見て泣き叫びながらも「大丈夫だ 何とかしてやる 兄ちゃんがどうにかしてやる」と言う実弥に、兄である実弥に迷惑ばかりかけて申し訳なく思っていたこと、実弥が自分を守ろうとしてくれていたように自分も実弥を守りたかったこと、辛い思いを沢山した実弥には幸せになって欲しい、自分の兄はこの世で一番優しい人だからと、これまでの思いの丈を伝えた。

実弥もそれに答える形で「迷惑なんかひとつもかけてねぇ!!」「頼む神様 弟を連れていかないでくれ」と心情を吐露し、自分も唯一の家族であり弟である彼を大切に想っていることをようやく伝えられたが、その時には玄弥の身体はもう殆ど崩れ去っており…

[鬼滅の刃]不死川兄弟
鬼滅の刃/守ってくれて ありがとう…


あり…が…とう…兄…ちゃん…

と言い残した直後に肉体が完全に消滅し、その場には玄弥の名を呼ぶ実弥の慟哭が響き渡った。
実弥への思いから鬼殺の道に進み、剣の才能が無い故に危険な異能を使ってまで戦い、体が崩れても尚、兄の幸せを願い続けた玄弥の最期には多くの読者が衝撃を受けた。

こうして玄弥は、炭治郎の同期で初の死者となってしまったのだった。

お願いだ



玄弥死亡回である179話が収録された単行本21巻の挿絵では、天国と思われる場所で駆け寄って来る弟妹を抱き止める笑顔の玄弥の姿が描かれている。

余談であるが、玄弥の死亡回が掲載された同日に、MTGの禁止改訂で死者の原野がスタンダードで禁止。結果、「げんや」という名のキャラが2名も同日の公式掲載で実質的に死ぬという事態が発生し話題となった。

※これ以降は単行本22巻以降のネタバレの為、注意















ネタバレB

死んでいるため当然出番がなかったが、第200話にて1コマだけ登場。
危うく生死の境を彷徨っていた実弥が、遠目に「天国で弟妹達の面倒を見ている玄弥」を確認している。

Reunion



ネタバレC

最終回についてはこちらを参照。

関連記事

親記事

鬼殺隊士 きさつたいし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「不死川玄弥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99673606

コメント