ピクシブ百科事典

十二鬼月

じゅうにきづき

漫画「鬼滅の刃」に登場する、鬼舞辻無惨が作った、鬼の上位階級。
目次[非表示]

概要

鬼舞辻無惨が選別した、直属となる“最強”の十二鬼。

物事の常として鬼の素養にも優劣があり、優れた者はより多くの人間を喰らう事ができる(鬼は身体の維持のために最低限の人喰いが必要だが、素養の無いものは短期間に一定量以上の人数を喰らおうとしても身体が受け付けられない)。
これらの鬼は人喰いにより力を増すだけでなく、鬼舞辻から更なる血を授けられることにより加速度的に力を増す。
十二鬼月は数百人の単位で人を喰らう素養があり、その力は通常の鬼殺隊士では文字通り『刃が立たない』。

鬼は潜在的に強さへの渇望と、鬼舞辻への忠誠を刷り込まれている他、十二鬼月となった者にはある程度の自由(群れをつくるなど)が許されることから、十二鬼月に選別される事を至上の誉れとするが、完全実力性のため選別された後も更なる力の鬼が現れる・素養を鬼舞辻に見限られるなどされた場合は、容赦なくその席位を剥奪される。
彼ら十二鬼はさらに“上弦”の六鬼と“下弦”の六鬼に分かれており、第一席(最強)は“上弦の壱”、末席(最弱)は“下弦の陸”となる。
十二鬼月に選別された鬼はその目に証となる席位を刻まれるが、上弦が両目に刻まれる(例:左目に“上弦”・右目に“参”)のに対して下弦は右目のみに刻まれ(例:“下伍”)、はっきりと差別化される。

実力的にも上弦と下弦では天地の差があり、下弦の鬼は上弦の鬼に蔑まれている。


なお、十二という数字(席数)には特に意味は無いらしく、鬼舞辻の機嫌や思い付きで問答無用に解体される事もある。
即ち本質的には、鬼舞辻が自らの姿や能力を鬼殺隊士の目に晒す事無く鬼殺隊を壊滅させるための、使い捨ての手駒に過ぎない。

上弦

真に“最強”にして、鬼舞辻直属たる六鬼。
鬼舞辻の正体(能力)について僅かながらも開示を受けているようで、彼/彼女から直接任務を下され、報告に参じる。鬼舞辻としても“代替の利き辛い希少な手駒”という(彼/彼女としては稀なほどに高い)評価をしており、多少機嫌を損ねた程度では廃棄処分を下す事は無い。
この百年余り顔ぶれが変わっておらず、それは即ち鬼殺隊最高位の剣士である“柱”を幾人も葬ってきた事を意味する。
選別に次ぐ選別を潜り抜けてきた彼らの身体能力と超再生力は、超越生物である人喰い鬼の中でも一段と極まっており、更に応用範囲の広い血鬼術を攻撃・防御・機動力の全てに上乗せする戦術を採る者が多い。これに、長きにわたる闘争の年月を経てきた修羅としての戦闘経験を加味すると、その総合個体戦力はもはや人間の手に届く範囲を大きく逸脱していると言っても過言ではない。
なお、当然ながら鬼舞辻の“呪い”の支配下にある。

上弦の壱

上弦の弐

上弦の参 猗窩座(あかざ)
拳鬼
武術家として極めた身体能力を、“破壊殺”という血鬼術でさらに強化して戦う。策を弄さず正面から鬼殺隊士と戦い、実力を認めた隊士には鬼となる事での、不老不死の身体による無限の修練へと誘う。
が、そのような立ち居振る舞いは、己の力を弱者に誇示するための見せかけに過ぎず、不測の事態により極限状況に追い込まれれば、躊躇なく逃亡を選ぶ。
通常の鬼とは異なり、鬼舞辻から『何か』を捜索するよう特殊な任務を与えられているため、その活動領域は極めて広い。
無間列車での戦いを終えた炎柱炭治郎達の前に、突如にして回避不能の“災厄”として降り立ち、死闘を繰り広げる。

上弦の肆

上弦の伍

上弦の陸 堕姫/妓夫太郎
呪いの制約下にあって、共生状態で上弦に達した二鬼。遊郭を狩場としている。
堕姫は表の花魁にして妹役。帯鬼
艶やかな高級女郎として、とある遊女屋の日の当たらない部屋を拠点とし、見目麗しい女性を好んで喰らう。精神は(鬼としては)かなり安定しており、時折起こす癇癪を除けば完全に人間の生活に溶け込んで、目にかなった遊女や丁稚を『虐めによって行方不明にさせている』。
老いの無い美貌を疑われる頃には狩場を移すため、遊郭界隈では触れてはならない“災厄”として伝わり広まっている。
身体を錦帯(にしきおび)へと変化させる血鬼術を用いる。この帯は、伸縮・剛柔・切り離しての自律活動が自在であり、日輪刀よりなお鋭い断頭刃と成してのオールレンジ攻撃が可能。加えて内側に圧縮空間を形成できるなど応用性が極めて高く、狩場の構築にも幅広く多様される。
色町の幻灯に彩られながら、血統に秘めたる力の一端を引き出した竈門と激戦を繰り広げ、攻守を何度も入れ替えるも最終的に戦場の主導権を握る。
が、音柱の参戦により逆転。即座に頸を落とされる。

しかし堕姫は灰燼に帰す事無く、戦いはまたも回天する。

妓夫太郎は裏の身剥ぎにして兄役。鎌鬼
疑似餌の役目も負う堕姫に力と命を分け与えた上で、狩場の構築・維持を全任し、彼女の帯内で眠って過ごしている上弦の陸の“本質”である。
皮膚病を患う背の曲がった小男の姿――鬼は自在に容姿を変えられるにも関わらず――をし、常に自身の肌を肉ごと掻き毟るなど、精神は雑魚鬼さながらに崩壊している。
堕姫単体に勝る剣士が現れたときのみ這い出して、『可愛い妹を泣かせた落とし前を取り立てる』。
上弦に相応しく、柱を悠々と上回る基礎能力、掠らせるだけで死に至らしめる毒血鎌を操る血鬼術を有し、精神状態に反して戦術判断は精密巧緻という完全なる戦闘特化型。的確な戦術眼で“妹”を生命の保険(同時に頸を落とされなければ死ぬ事が無い)として且つオプション武装として最大限に活用する表裏一体の連携により、二十人の柱を喰らってきたと豪語し、音柱の猛攻を受けてなお嗤う。

全周囲から絶え間なく帯と鎌が殺到する“災厄”に晒され、炭治郎善逸伊之助も音柱を軸とする『小隊』として成長、連携により立ち向かうが…

下弦

現時点での“最強”に列席する事を許された六鬼。
鬼殺隊への敗北により欠員が生じる、または(鬼舞辻に判断された)実力に応じて繰り上がり・補充されるため、たびたび構成員が変わっている。鬼殺隊の柱は、十二鬼月を狩った経験を当然視される傾向がある事から、その頻度はかなりのものと推察される。
通常の鬼からはその立場を羨望されるが、実際は薄氷を踏むが如しであり、鬼舞辻の機嫌や思い付き程度で簡単に命運が左右される。また、鬼舞辻の能力について把握できている情報は、通常の鬼と大差ない。
上述の通り多少の自由裁量が認められるとはいえ、柱にぶつけられる可能性も高まる事から、生存目的からすればデメリットの方が明らかに大きい。しかしながら、元・下弦の陸である響凱が心底から復席を望んで行動していた事から、“呪い”のマインドコントロールに目標として設定されている可能性が考えられる。

下弦の壱 魘夢(えんむ)
眠り鬼
夢を操る血鬼術を行使する。夢の中は完全に彼が優位となるフィールドであり、柱ですら圧倒されうる。また、目を合わせた相手を瞬時に昏睡させる術も用いる。
下伍(累)の敗北を受けて下弦の実力不足に立腹した鬼舞辻に“解体”される運命だったが、その醜悪な心根を気に入られ、特別に鬼舞辻から更なる血を分け与えられた(多大な負荷を伴う強化を受けた)上で、炭治郎と柱の抹殺を命じられる。
無限列車において、必殺必滅の策を弄して待ち構えるも、炭治郎たちと炎柱・煉獄杏寿郎によって祓われる。

下弦の弐
柱に挑むため、鬼舞辻に更なる血を分け与えてくれるよう懇願するが、懇願という行為そのものが不遜とみなされ“解体”される。

下弦の参
“解体”から逃れようと鬼舞辻の前から全速力で逃げだすが、気付いた時には『上座から一歩も動いていない』鬼舞辻に首を引き千切られており、そのまま死滅した。

下弦の肆
己と柱との実力差を理解しており、柱を前にした場合は逃げ出そうと考えていた。
その思考を鬼舞辻に読まれたため、手駒として無意味と判断されて“解体”となった。

下弦の伍  (メイン画像) 
蜘蛛鬼
鋼の如き糸を自在に編み張る血鬼術を用いる、白髪の少年鬼。
鬼殺隊の柱・冨岡義勇によって頸を斬られた。


下弦の陸
下弦の伍(累)が敗れたことで、鬼舞辻から下弦の十二鬼月の実力不足を叱責された際、「そんな事を俺たちに言われても」と考え、その思考を読まれる。
そのような思考が不遜とみなされ、鬼舞辻に喰われて“解体”された。



元・下弦の陸(現・席位剥奪) 響凱(きょうがい)
鼓鬼
炭治郎が出会った時点で、鬼部辻から才覚を見限られ十二鬼月から降ろされていた。
自分の縄張りである館の空間を自在に操る血鬼術を用いる。
激戦の末、炭治郎によって頸を斬られた。

響凱さん



関連タグ

鬼滅の刃 鬼舞辻無惨 鬼殺隊

pixivに投稿された作品 pixivで「十二鬼月」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16423

コメント