2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

遊郭

ゆうかく

遊女を抱える売春宿を一か所に集め、塀で囲った場所。政府公認の売春の場だった。
目次[非表示]

概要

公許の遊女屋を集め、周囲を塀や堀などで囲った区画。安土桃山時代から昭和30年代に存在した。
1584年(天正13年)、豊臣秀吉の治世に、今の大阪道頓堀川北岸に遊女が集められ、最初の遊廓がつくられたといわれている( → 遊廓も参照の事)

その時代の「政府公認」の女遊びの場。遊女が宴席で男性客に踊りを始めとする遊芸を見せ、春をひさぐ場所である。大きな都市の郊外に設置される事が多く、その土地の遊郭ごとの決まり事やしきたりがあった。

遊郭の中でも、格が高い見世の高級遊女と肌を合わせられるのは、多額の金を積み、いくつもの手順を踏んだ馴染み客だけだった。現代で言うと高級クラブに近い大人の遊び場である。
しかしそれ以外の遊女は客を選ぶことは出来ず、誰にでもわけへだてなく色を売った。
なお、江戸時代には遊郭以外の街頭や旅籠(はたご)などで売春を行う女性も居た。こういった私娼の集まるの売春街は岡場所などと呼ばれ、さらに安く手軽に女を買うことができた(ちなみに江戸時代中期頃までは男を買うのも普通だった)。

遊女たちは、さまざまな境遇から 多額の前借金を背負って遊女屋に年季奉公しており、その借金を返済するため身を粉にして働いていたとされ、江戸時代は実質的な人身売買が行われていたと言われる。遊郭の隆盛は明治以降、さらには戦後GHQの指令により公娼制度が廃止されても続き、貧しい親の借金の肩代わりに、遊郭に売られる娘が後を絶たなかった。

遊郭の隆盛の灯が消えたのは昭和32年(1957年)、売春防止法が成立してからのことである。
遊郭を描いた作品は江戸時代、あるいはそれに似せた世界観が多い。
遊郭を舞台とした二次創作でも、それは外れない。

生れては苦界 死しては浄閑寺

浄閑寺とは「投げ込み寺」の一つである。安政2年(1855)の安政江戸地震で新吉原の多くの遊女達が亡くなったが、彼女達の遺体は浄閑寺に投げ込まれた。この川柳は明治の川柳作家・花又花酔が詠んだもの。
同寺院では新吉原総霊塔が建てられ、遊女と彼女達が産んだ子供達の名を記した数十冊の過去帳が残されている。

別名・表記揺れ

遊廓  花街 遊里 傾城町

関連タグ

性風俗 売春 赤線
吉原遊郭 島原遊郭 丸山遊郭 薄野遊郭 
遊女屋 / 傾城屋 / 妓楼 張見世 置屋 茶屋 / 引手茶屋
水揚げ / 初花 花魁道中 身請け
娼妓 遊女 新造 格子 太夫 花魁 / おいらん かむろ 
着物 日本髪  煙管 座敷 / お座敷
遊郭パラレル / 遊郭パロ

陰間茶屋 湯女風呂 岡場所

山の手言葉お嬢様言葉:上述の通り遊女が上流家庭に嫁ぐことが珍しくなかったことの傍証として、明治大正の頃の東京山の手の女学生が用いていた言葉に遊女特有の言葉遣い(廓詞)の影響があるという指摘が存在する。

桂歌丸:永真遊郭街(神奈川県横浜市)の女郎屋出身の落語家。実家が遊郭という事から幼少期から見慣れていた女性の化粧姿の形態模写を得意としていた。

関連記事

親記事

売春 ばいしゅん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5206088

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました