2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

援助交際

えんじょこうさい

女性(特に未成年の学生)が、金銭目的で成人男性と交際することを指す語。
目次[非表示]

概要

女性(特に未成年学生)が、金銭目的で成人男性交際することを指す語。性的な交渉を伴い、売春とほぼ同義であるケースも多い。しばしば援交(えんこう)と略される。
まれに、直接的な性行為を行わず、下着を見せたり、カラオケに行ったり、食事をしたりするだけのケースもある。

一般の風俗店に勤務することができない18歳未満を対象としたものは明確に違法行為。
日本では児童買春・ポルノ禁止法違反となり、逮捕されて実名を公表されたり職場から解雇・懲戒免職処分を受けることもありそうなると今後の人生は真っ暗である。
また、出会い系サイト規制法によりネットの掲示板に18歳未満との性的関係を求める書き込みをしただけでも摘発される可能性がある。

法的に処罰されなくても、こうした行為に身を染める未成年の中には当然不良グループとの交友がある者も少なくない。
援助交際自体が後ろ暗い行いのため被害届を提出しにくいとみなされ、不良少年や半グレグループによる「援交狩り」のターゲットとなることも少なくない。
男友達や彼氏と最初からグルで出会い系サイトに罠を張って呼び出し「俺の女に手を出した」「職場・家族にバラす」などと恐喝・暴行をする美人局の被害にあうリスクは高く、最悪の場合継続的に強請られる危険もある。
公人の場合は週刊誌にネタを売られて職を失うこともある。

また、売る側の未成年にしても「違法承知で未成年との関係を求める」モラルのない大人と密室にいる危険性が大きく、暴行脅迫薬物を打たれたりまともに避妊してもらえず望まない妊娠をしたり、性病をもらうリスクは高い。さらに、その一部始終を裏ビデオとして闇ルート販売されたり、動画サイトにアップされるリベンジポルノ被害も近年急増している

成人相手の援助交際も一応あるが、未成年同様のリスクが買う方売る方双方にあるのには変わりない。
特に売る側は店に所属しているわけでもないので身を守る術もなく、中には暴力行為を客から受けて逃れようとして車から落ちて死亡する者もいるなど、命をも失う可能性がある。

双方にとって非常に危険性の高い行動であり、実行してはいけない。

ダメ、ゼッタイ。

しかし、日本では1990年代の中頃からポケベルや携帯電話が普及し、親に隠れた連絡手段を持つことが容易になったことから援助交際につながるケースが増加。1996年には流行語大賞の候補に上がるほどの社会問題化している。その後もいわゆる出会い系サイトや出会い喫茶、JKリフレなど援助交際の温床となる場が存在し続け、2010年代においても「パパ活」と称される行為が続いており社会における援助交際の問題は根絶されていない。

援助交際を取り扱ったフィクション作品

ドラマ

ヒロインの少女がたった1度の援助交際でHIVに感染したという設定。

漫画

援助交際に手を染めるキャラクターが複数存在する。

主人公の少女が援助交際をしている。

別名・表記揺れ

援交 円光 

関連タグ

売春 児童買春 淫行
私娼 娼年
出会い系サイト テレクラ / テレフォンクラブ デートクラブ JKビジネス
やばい扉あけちゃうかな

性行為感染症 エイズ
妊娠

外部リンク

関連記事

親記事

売春 ばいしゅん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「援助交際」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「援助交際」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50670137

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました