ピクシブ百科事典

性行為感染症

せいこういかんせんしょう

性行為によって感染する病気の総称。性感染症、STDとも呼ばれている。
目次[非表示]

概要

性行為感染症とは、セックスキスなどの性的な行為によって感染する病気の総称である。
その種類は20種類以上あるが、代表的なものに梅毒エイズ淋菌感染症淋病)、性器クラミジア感染症性器ヘルペス尖圭コンジローマ毛じらみなどがある。
1999年までは特に、梅毒淋病軟性下疳鼠径リンパ肉芽腫の4種を指して性病と呼んでいた。
性行為感染症は、性交時にコンドームをきちんとつけることが予防の基本である。ただし、着用していてもプレイ(クンニ飲精)によっては感染する場合もあるため、無闇に多数の人と関係を持つなどといった感染リスクの高い性行動をしない事も大事である。(クンニ用のシートも現在は存在する)。正しい知識を身につけ、セーファーセックスを心掛けたい。

性行為感染症の多くは、症状がほとんど現れないため、知らないうちに感染している場合もある。
大抵の疾患は早期に発見すれば治療によって完治することができるが、治療せず放っておくと、男女とも不妊症失明など重い症状を引き起こす可能性がある。

一回のセックスで感染する確率は、淋病では50%、梅毒では15~30%になるなど、感染力が強いものもある。
また、性行為感染症に感染していると、エイズ感染確率も数倍高くなるといわれている。
さらに、HIV感染によって免疫力が低下していると、他の性行為感染症も治りにくくなるという重要な相互作用がある。

感染経路

【1】性行為による感染
【2】血液による感染
【3】母子感染

多くの性行為感染症はこの3つが感染のルートだが、性行為による感染が大部分を占めている。夫婦や恋人の片方が真面目にしていても、パートナーが風俗や浮気で貰ってきて感染してしまうトラブルも多い。
性器と性器の接触(性交)だけでなく、口腔と性器の接触(フェラチオクンニなど)や性器と肛門の接触(アナルセックス)でも感染し、まれに体液のみの接触でも感染する。
また、クラミジア淋菌のように、眼に感染する場合もある。

性行為感染症

ウイルス

性器ヘルペス単純ヘルペスウイルス
尖圭コンジローマ子宮頸癌ヒト乳頭腫ウイルス
B型肝炎
HIVヒト免疫不全ウイルス
成人T細胞白血病ヒトTリンパ好性ウイルス
サイトメガロウイルス感染症
伝染性軟属腫
C型肝炎(稀であるためSTDの定義に該当するか議論がある)

細菌

梅毒
淋病淋菌感染症
軟性下疳

クラミジア

性器クラミジア感染症
鼠径リンパ肉芽腫

真菌

性器カンジダ症口腔カンジダ症
白癬

寄生虫原虫

トリコモナス原虫による感染症
アメーバ赤痢
毛じらみ
疥癬

別名・表記揺れ

性感染症 STD 性病

関連タグ

病気 感染症 / 伝染病
AIDS / エイズ コンドーム

獣姦 ※記事の一部に感染に関する記述あり

コメント