ピクシブ百科事典

ギルモン

ぎるもん

ギルモンとは、『デジタルモンスター』に登場する成長期デジモン。
目次[非表示]

概要

レベル成長期
タイプ爬虫類型
属性ウィルス
必殺技ロックブレイカー、ファイアーボール


初登場の『デジモンテイマーズ』では、ウィルス種でありながら主人公のパートナーデジモンを務めた、シリーズでも非常に珍しい存在である。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

まだ幼さを残す恐竜のような姿をしたデジモン。まだ成長期ではあるが、デジモン本来が持っている“戦う種”としてのポテンシャルは非常に高く、肉食獣のような凶暴性を秘めている。
腹部に描かれたマークは“デジタルハザード”と呼ばれ、コンピュータデータに対して多大なる被害を及ぼす可能性があるものに刻印される。しかし、この能力も平和的に利用さえすれば、デジタルワールドの守護者たる存在となりえるだろう。
得意技は強靭な前爪で岩石をも破壊する『ロックブレイカー』。必殺技は強力な火炎弾を吐き出す『ファイアーボール』。

活躍

デジモンテイマーズ

CV:野沢雅子

The Biggest Dreamer
わーい!! パンだぁ!!


主人公・松田啓人の落書きをデジノームがデジモン化させた存在という設定。
生まれたばかりであることから、純真無垢で非常に好奇心が旺盛。だがそれ故に感情には素直に行動し、一度闘争本能が目覚めると歯止めが利かないことも見られた。
さらに当初は言葉も喋ることも出来なかったうえ、その意味もほとんど理解していなかった。
ペットサイズのテリアモン、身を隠せるレナモンと違って、身体が大きいうえに身を隠す術がない。
そのため啓人の家には置いておけず、仕方なく普段は公園で誰にも使われていないところを内緒で拝借して、「ギルモンハウス」と称して住まわせていた。
穴掘り遊びが好き。そのためギルモンハウスの壁に穴を開けてよく遊んでいたが、そのことがデジタルワールドへのゲード開通させることとなった。
人懐っこい性格なので、デジモンを知らない人間とでも割と打ち解けやすい。啓人の母からは当初は恐れられていたが、後に受け入れられる。

ちなみに劇場版第1作では成長期であるにも関わらず、本編以上の戦闘力を発揮しており、水中という圧倒的に不利な環境でティロモン、カードスラッシュでの援護があったとはいえ、完全体であるアノマロカリモンを倒すという戦果を挙げている。

進化一覧

進化するごとに知性が増していく。特にメガログラウモンへと進化するとギルモン~グラウモン時に見られた幼さが消え、啓人を自身のテイマーとして強く認識するようになる。
究極体であるデュークモンに進化した際には、更に老練で落ち着いた物腰へと変貌する。


デジモンクロスウォーズ

デジメモリに封印されたデジモンの一体として登場。いわばお助けキャラであるため特に性格設定などはなし。
第1話の冒頭において、タイキが見た夢の中のシルエットにも登場している。
第三期の最終決戦ではテイマーズのギルモンも登場したが、残念ながら声は収録されなかった。

デジモンワールド-next0rder-

CV:織田優成
広瀬コウタのパートナー。礼儀正しい武士のような性格をしている。

戦闘力は低くはないのだが相手が悪いのもあって、戦績は芳しくなかった。その事に焦りを抱いたコウタの無茶な特訓により、グラウモンからスカルグレイモンへと異構築してしまう。
主人公達に倒された事で一度はデジタマに戻るが、最終的にはデュークモンへと進化を果たしている。

関連イラスト

ギルモン
もう一度・・・


無題
ギルモン



関連タグ

デジタルモンスター 成長期(デジモン) デジモンテイマーズ デジモンワールド-next0rder-
松田啓人

関連記事

親記事

成長期(デジモン) せいちょうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギルモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1363606

コメント