2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

デュークモン

でゅーくもん

デュークモンとはバンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種。
目次[非表示]

概要

レベル究極体
種族聖騎士
タイプウイルス種(vi)
必殺技ロイヤルセーバー、ファイナル・エリシオン
勢力ロイヤルナイツ、ドラゴンズロア(※1)、ウィルスバスターズウィンドガーディアンズメタルエンパイア、ヴォルカニックレギオン(※)

(※1)『デジタルモンスターカードゲームα』より
(※2)携帯機『デジモンクロスローダー』より

携帯機の『ディーアーク』に初登場。テレビアニメ作品では第3作『デジモンテイマーズ』で主人公・松田啓人(タカト)のパートナーデジモンである、ギルモン究極体デジモンとして登場。
ウィルス種でありながらも聖騎士軍団ロイヤルナイツに所属する究極体・聖騎士型デジモン。ロイヤルナイツは全13体が存在するが、そのうちウィルス種デジモンはデュークモン以外にロードナイトモンのみである。
なお、所属組織自体は円卓の騎士モチーフだが、設定を見る限りではゲルマン民族の英雄シグルド(ジークフリート)がモデルになっている事が窺える。

名前の由来は「公爵」を意味する英語「デューク」(Duke)から。なお、英語名はGallantmon(ガラントモン。Gallantとは「勇敢な」「雄々しい」「婦人に親切な」という意味)である。

元々ロイヤルナイツの設定が出来た間もない頃に登場したデジモンであるため、ロイヤルナイツ内の中でも最も現実の騎士に近いデザインで、装備や必殺技の名前は宗教的な意味合いを持った物が多い。
ロイヤルナイツ所属である関係上、他のアニメ作品の主人公パートナーの単体究極体の中では一つ飛び抜けた実力の持ち主である。また、ロイヤルナイツの中ではオメガモン(『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』などに登場)と並び最も高い人気を持つデジモンであり、本種の可動フィギュア「D-Arts」が発売された際にはデザイナー・As'まりあから「オメガモンとデュークモンはロイヤルナイツの両翼」と呼ばれている。

ウィルス種の持つ破壊の力を、秩序の維持へと使用する異端な存在である。危うい均衡のもとに力を制御しており、一歩間違えればデジタルワールドを滅ぼす混沌の化身となりかねないため、鎧の胸部には危険の象徴『デジタルハザード』のマークが刻まれている。
全身を"クロンデジゾイド"と呼ばれる最高レベルの超合金を99.9%という高純度で使用した聖なるに包み、右手は円錐形の長いランス)、左手は円(ラウンドシールド)になっている。前者のランスは聖槍グラム、後者の盾は聖盾「イージスと呼称される。
敵対する者には一切の容赦はしないが、自身が仕える主君には非常に忠実という性格をしている。
ただし、同じく主君に使え自分が認めたならば悪でも構わないデュナスモンとは異なり、各メディア作品において「主君(イグドラシル)に忠誠を誓いつつも、敵対しても善良なものならチャンスを与え、例え主君であってもデジモンの命を容易く奪う非道な行いをする時には裏切る」という、ロイヤルナイツ内においてある意味ウィルス種らしく、どちらにも傾く可能性があるという危ない存在だと言える。とはいえ、大抵、最終的に味方になる事が殆どであり、ロイヤルナイツの中でも扱いは安定している方だと言える。

必殺技は、右手の聖槍「グラム」による必殺の一閃『ロイヤルセーバー』(ビームを放つタイプと直接相手を貫くタイプの2つがある。名前は恐らく高貴なる救世主と高貴なる聖剣の意だと思われる)と、左手の聖盾「イージス」から放たれるすべてを浄化する光線『ファイナル・エリシオン』。

アニメ作品では声付きの物は、ほぼテイマーズのオリジナルキャストである野沢雅子氏が担当している。『デジモンストーリーサイバースルゥース』では、織田優成氏が担当。
なお野沢氏は2020年から放送されているテレビアニメ『デジモンアドベンチャー:』にて、ナレーターを担当している。

その他の技

ドラゴンドライバー

グラニに騎乗し、空中からロイヤルセーバーで敵を貫く。

『デジモンテイマーズバトルスピリット』初出

  • ロイヤルスラッシュ

ダッシュ斬りを放つ。『デジモンストーリー超クロスウォーズ』でもまさかの採用。

  • グラムスラッシュ
グラムで敵を切り裂く。空中で放つと『スカイグラムスラッシュ』。

『デジモンテイマーズ バトルエボリューション』初出

  • スクリューセイバー

回転しながらグラムで突き上げる。

『デジモンバトルクロニクル』初出

  • シールドアタック

『ファイナル・エリシオン』の事。

  • デュークチャージ
グラムを構えて突進する。

  • ライトニングチャージ
グラムから電撃を放つ。

『究極対戦!!デジモンバトルターミナル』初出

  • セーバーショット

イージスにエネルギーを集めてロイヤルセーバーを放つ。

『デジモンセイバーズ アナザーミッション』初出

  • グラムストライク

グラムで敵を貫く。ぶっちゃけロイヤルセーバーと変わらない。


作品での活躍

デジモンテイマーズ

CV:野沢雅子

松田啓人(タカト)のパートナーデジモンであるギルモンが、究極体に進化した姿。
ギルモンはベルゼブモンとの戦いの最中、加藤樹莉(ジュリ)のパートナーデジモンだったレオモンを殺されたことに激昂したタカトの怒り・憎悪により完全体メガログラウモンから邪悪な究極体メギドラモンへと暗黒進化した末にギルモンへと退化してしまったが、タカトが自分との本当の友情に気付いたことに呼応して復活。人間であるタカトと融合(マトリックスエボリューション)して真なる究極体・デュークモンへの進化を遂げ、苦戦しながらも七大魔王の一体に数えられるベルゼブモンに勝利した。

MATRIX EVOLUTION_



ギルモンっぽさは兜の庇(ひさし/日除け&目の周囲の防御のための突出部)のみだが、初期イラストを見た子供の中には、マントの羽織具合が尻尾に見えた&兜の庇のせいで恐竜人っぽい顔に見えたため、竜人型と勘違いした子もいたとかいないとか。

ギルモンとは打って変わって、性格が老練で落ち着いた物腰になる。
自己主張が激しく、一人称に「このデュークモン」と付ける。また落ち着いている事が多いとはいえ敵対する者には一切の容赦しない性格から、「このデュークモンが絶対に許さない」など、ロイヤルナイツ内でも怒りを表す台詞が多い。時折、タカトとセリフがシンクロする事も。
ちなみに現実世界では飛行できないため、そちらではグラニゼロアームズ・グラニ/0ARMS-Grani)に騎乗している。一方でデジタルワールドやデジクオーツでは問題なく飛行/滑空が可能。

さらにグラニゼロアームズ・グラニ/0ARMS-Grani)と融合することで、デュークモン・クリムゾンモードとなることができる。
進化バンクの際には、ギルモン → グラウモン → メガログラウモン → ギルモン → デュークモンとなる演出がされており、一部(?)からは高い評価を受けている。

なお、デジモンリアライズには金色の鎧に身を包んだデュークモン(BP)が登場。ギルモン部分は緑色となっている。


デジモンフロンティア

アキバマーケットの武器屋の店主として一瞬登場。何者かに盗まれた友樹デジヴァイスの在り処をから尋ねられていたが、首を横に振っていた。
今作ではロイヤルナイツ(デュナスモンロードナイトモン)がルーチェモンの配下として登場するが、彼は無関係である。

DIGITAL MONSTER X-evolution

CV:野沢雅子

イグドラシルに仕えるロイヤルナイツとして登場。
「Xプログラム」による既存デジモンの抹殺に疑問を感じ、イグドラシルから離反。イグドラシルの命を守ろうとする盟友のオメガモンと対立する。
一度はオメガモンに倒されて死亡するが、後にデュークモンXとして復活。ドルグレモンをイグドラシルの下へ導き、アルファモンへの進化のきっかけを作る。

ドルモンもデジタルハザードを持つギルモン系譜同様に下手をすればデジタルワールドの危険分子になってしまう可能性を孕んでおり、(シリーズの先達として見ても)ドルモンを導く役としては申し分ないだろう。

デジモンセイバーズ

CV:野沢雅子

イグドラシルの命令により、人間界を滅ぼしに来たロイヤルナイツの一員として登場。
OPでもロイヤルナイツ集合シーンで最後にロイヤルセイバーを突き出すなど、本作のロイヤルナイツの中では出番が多かった存在で、メンバーの中でメイン格だったクレニアムモンや、主人公サイドについたスレイプモンとともに、(担当声優および劇中描写で)かなり優遇されていた。また同作における他の多くの究極体同様、過去のシリーズに比べて圧倒的に巨大になっている。こちらでは現実世界でも飛行可能。

デジタルワールド滅亡の危機が愚かな人間によってもたらされた経緯から、登場時は人間を酷く見下し、憎悪していた。

40話で初登場した際には、七大魔王の1体であるベルフェモンを倒したシャイングレイモンバーストモードとの一騎打ちで劣勢に立っていたクレニアムモンを援護し、ロイヤルセーバーの一撃でシャイングレイモンの進化を解いてしまった。しかし、この時は人間側に寝返ったスレイプモンがマサルアグモンたちを救出。追撃のファイナル・エリシオンを放ってスレイプモンに深手を負わせ、最終的にクダモン(成長期)にまで退化させるが、マサルたちの抹殺には失敗する。
続く41話では人間界を破壊すべく、人間界(横浜市内)に侵攻。究極体デジモン3体完全体デジモン2体を聖槍グラムすら使わずフルボッコにし、途中から合流してきたシャイングレイモンをも圧倒。(この時、マサルから顔面にパンチ(ベルフェモンを怯ませるほどの威力)を浴びせられているが、体格差を抜きにしてもまったく動じていなかった)
原種はデュークモンのグラムに匹敵する威力の槍を持つとされる)バイオダークドラモンを屠ったジオグレイソードを持つシャイングレイモン(ベルフェモン戦の前に暗黒進化デジタマ化→復活を経たが、復活前よりパワーもスピードも桁違いに向上している)を終始圧倒し、シャイングレイモンに密着状態で必殺技のグロリアスバーストを浴びせられてもダメージ一つ負わなかった。
そのまま彼らにとどめを刺そうとしたが、マサルたちを救うため無理を押して進化したスレイプモンと対峙。スレイプモンの決死の必殺技「オーディンズブレス」によって氷漬けにされ、ともに東京湾に沈んだが、スレイプモンによって残されたデジソウルを分け与えられて生還(力を使い果たしたスレイプモンクダモンに退化した)。

その後、終盤になって戦いの真相を理解したことでイグドラシルへの盲目的な忠義を捨て、人間界とデジタルワールドの両世界のため、他のロイヤルナイツ(戦死した2体を除く)とともにマサルたちに加勢した。

なお、シャイングレイモンとの対決は何気にデジモンのテレビアニメシリーズでは史上初の新旧主人公究極体デジモン同士の対決でもある。(なお、『02』ではインペリアルドラモンブラックウォーグレイモンウォーグレイモンの亜種〉と対決している)
また、『セイバーズ』には過去のシリーズに登場したのと同種のデジモンたちが複数登場しているが、過去作と声優まで同じだったデジモンは彼のみである。

デジモンストーリーサイバースルゥース

CV:織田優成(『クロスウォーズ』でスティングモンを演じていた)

デジタルワールドを侵食するイーターを滅ぼすべく、その元凶と目される人間界を滅ぼそうとするロードナイトモンドゥフトモンに対し、オメガモンと同じく人間界を守る事を選択した。
一方で、デジタルワールドにおいてイーターに侵食されたデジモンに情けをかけ逃してしまった結果、守護していたエリアに多大な被害をもたらしてしまった経験から、危険なものは人間であっても排除すべきと考えている過激さを秘めている。


進化

進化元


進化先


なお、『デジモンツイン』の背景ストーリーでは死後にチンロンモンの力によってビクトリーグレイモンに転生している。

脚注

(※1)『デジモンストーリーサンバースト・ムーンライト』ではセラフィモンとジョグレス、『デジモンストーリー超クロスウォーズ』ではシャイングレイモンオファニモンヴァーミリモンとデジフュージョン。
(※2)ムゲンドラモンエンシェントボルケーモンとデジフュージョン。
(※3)シャイングレイモンとジョグレス。
(※4)ベルゼブモンとジョグレス。

関連イラスト

公爵兽
デュークモン
デュークモン
【Digimon】Dukemon



関連タグ

デジタルモンスター デジモン
究極体 聖騎士 ウイルス
デジモンテイマーズ
松田啓人 ギルモン
デュークモン・クリムゾンモード
デュークモンX
カオスデュークモン
メディーバルデュークモン
ロードナイトモン:同じくウィルス種のロイヤルナイツだが、そのあり方は全く異なる。

関連記事

親記事

メガログラウモン めがろぐらうもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「デュークモン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「デュークモン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1324728

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました