ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

世代究極体
属性ワクチン
タイプ光竜型
必殺技グロリアスバースト、ジオグレイソード
得意技シャインハンマー、シャイニングブラスト


概要

通称「社員」
ワクチン種の光竜型デジモン究極体

メタルグレイモンと対になるようなデザインとなっていたライズグレイモンとは違い、こちらは対となるであろうウォーグレイモン的な要素が薄く、独自の進化を遂げている。これは、当時の選ばれし子供たちのパートナーにガルルモン系統がいなかった事が影響しているのかもしれない。また、ガイオウモンビクトリーグレイモンがこの位置にいる。

サイボーグから竜騎士へと変化を遂げたウォーグレイモンとは逆に、こちらは純粋なライズグレイモンの進化体といった要素が強く、背中のウイングは特にそれを思わせる。カラーリング、プロポーション、後述のバーストモードの炎の翼など、歴代の主人公系統ではヴリトラモンに近い姿。
飛行する際には翼からエネルギーを放出する。

シャイングレイモン


武器は太陽の力を秘めていると言われるジオグレイソードであるが、基本的な装備ではなく、アニメではテイマーの呼びかけに応じて召喚された武器となっていた。良く見られるような形状ではなく、両端に刃が付いている。かなりの刃太であり、召喚の際に地面から飛び出すのを利用して敵の攻撃を防ぐこともやっていた。

一方で基本武装はなく、アニメでも肉弾戦で戦っていた時もあった。
必殺技は光エネルギーを翼に集めて高熱火炎を放つ『グロリアスバースト』、輝く翼で薙ぎ払う『シャイニングブラスト』。通常技はシャインハンマー、またはジオグレイソード。余談だが、ジオグレイソードはアニメ版だと何故か折れやすく、「スグオレルソード」とネタにされてしまっていた(初使用の第33話では聖槍グラムに匹敵するギガスティックランスが掠めても折れなかったのにどうしてこうなった)。

実は必殺技の観点から見ても歴代グレイモン系の中でも異質であり、これまでは「ガイア」と名前の付く技を持っていた、あるいは龍脈の力を操っていたりと大地に関する技を使っていたのだが、このシャイングレイモンはそのどれでもない太陽や光をエネルギーにした技が多いのである(太陽を図案化した「勇気の紋章」はアグモンに度々結び付けられていたにも関わらず、大地に関連した技ばかり使っていた歴代の方が異質だったと言えるが)。

カードゲームにて

ブースター2にて参戦。黄の味方テイマーを全員無理やりレストさせてそれをしたテイマー1人ごとに相手のデジモンのDPをマイナスするとかそのテイマー1人につきDPが上がるというブースター2の究極体の中でも最強の力を持つ。強すぎだボケェ!

アニメにて

アニメではセイバーズ版のアグモンに、デジソウルチャージ・オーバードライブを行うことで一気にワープして進化した姿。進化後は、大人っぽく落ち着いた雰囲気になる。中の人のおかげで、かなりのイケボになっている。

初登場は第28話であり、この時はらが感情の昂りで発生させたデジソウルがライズグレイモンに宿り、デジソウルで構成されたオーラ体として権限。グロリアスバーストを放ち、バイオサンダーバーモンを撤退に追い込んだ。続く第29話で正式に進化を遂げた。

劇場版での進化は巨大化していくデジタマから孵化するという特殊なものになっていた。

アグモンがこの姿へと進化を遂げたのは、アドベンチャーのアグモン同様、特別な個体(一部俗称「飛べる方のアグモン」)だったからとも言われているが真偽は不明。兄貴の影響を受けた結果とも言われ、アグモン系統の究極体で「純粋に拳で戦う」、「パートナーを拳に乗せられる」のはシャイングレイモンだけである。
上記の特徴故に兄貴のお立ち台としても有名であり(一部俗称「アシバグレイモン」)、この構図が取れるのは歴代究極体のグレイモンでも彼のみ。
総じて、兄貴の相棒にふさわしいパートナーデジモンと言えよう。

世界観の違いもあるが、歴代の主人公の通常進化でもぶっちぎりの巨躯を誇る(この世界では、たとえばウォーグレイモンデュークモンなども凄まじくデカい)。ただし、後年の作品における、局を超えたまさかのクロスオーバーでは、初代主人公のウォーグレイモンと比較するためにかなり小型になっている。同時に、ウォーグレイモンもTV上でのイメージよりも若干だが大型化している(「ぼくらのウォーゲームオメガモンになる直前に巨大化するほどではないかもしれない)。

  • そもそも、原作のゲームで身体の大きさなどのデータはなく、デジモンはデータの塊つまり容量が体積そのものなので、究極体に近づくほど体が大きくて何ら不思議ではないのだが、過去作の同種と比べると文字通り巨人小人である。
  • また、劇場版などを含めればたとえばオメガモンなんかも、冗談抜きで人が蟻に見えるほど巨大化している場合もあるので、こういうのも全部合わせれば、何だかんだ自然な対比になる。
  • ちなみに若干小型になっていたのは太一との共闘のときであり、歴代キャラが登場した78話および79話ではインペリアルドラモン ファイターモードより一回り小さい程度まで巨大化(セイバーズ基準だとこれでも小さいと思える大きさの時もあるが)している。オメガモンデュークモンスサノオモンと比べてみるとその差は歴然である。

バーストモード

シャイングレイモン


世代究極体
属性ワクチン
タイプ光竜型
必殺技コロナブレイズソード、ファイナルシャイニングバースト、トリッドヴァイス
シャイングレイモンが限界を越えた力を発揮した姿。火炎で出来た剣と盾を武器に戦う。
ボディが真っ赤に染まり、背中のウイングからは炎の羽が飛び出している。エネルギーは太陽に匹敵するらしい。

『セイバーズ』では第38話にて『力は借りたり与えたりするものではなく、合わせる物』である事に気付いた大がデジヴァイスバーストの光に手をかざし『チャージ・デジソウルバースト』を行う事で誕生した。進化バンクではコロナブレイズソードとシールドを太陽から引き抜くというトンデモ演出が取られている。

劇場版では大が極限までデジソウルを高めただけでなく、リズムもデジソウルを込めた事で進化している(進化バンクは本編とは異なり、全身がバーストモードの姿に変わったのちにシールド、ウイング、ソードが発生していくというものになっている)。

ちなみにアニメでは両手の炎を合わせて巨大な盾を作る、剣を二刀流にする、炎を地面に走らせる、一本の巨大な剣にするなど多彩な利用法を行っていた(盾を使わずに両手で剣を持つ事もある)。いくら人間と合体しておかしくなっているとは言え、かのベルフェモン一方的に追い詰めるアルゴモンソードをぶっ刺して撃破するなど、もはや超究極体という部類に片足を突っ込んでいる(第38話のサブタイからして『バーストモード 究極を超える力』であり、バンチョーレオモンも究極体を上回る最大の力と評している)。

アニメではめったに技を呼称しなかったが、設定上の必殺技は剣と盾を合体させた巨大剣で切り裂く『コロナブレイズソード』(『デジモンリアライズ』では敵を2回切り裂く技となっている)、炎エネルギー全開放し、敵に発射する『ファイナルシャイニングバースト』、火炎弾を連続で放つ『トリッドヴァイス』など。

ルインモード

シャイングレイモン ルインモード


セイバーズ版の暗黒進化。究極体の暗黒進化はこれが初となる。
バーストモードが黒くなったバージョンと言えば通りが良いだろう。目の色は黒塗りで描かれる事が多いが、第35話を見る限りでは瞳の色は赤色であるようだ。
アニメ版では(トーマへの誤解から)憎しみのデジソウルを流し込まれたアグモンが進化したが、暴走の末に市街地に甚大な被害を及ぼした。デジヴァイスバーストが大の涙に反応した事で漸く力を使い果たしてデジタマ化してしまった。バンチョーレオモン曰く、暴走した時点で自滅するのを待つ以外に方法はないとのこと。

技はカードによって異なり、元のシャイングレイモンと同じだったり、バーストモードと同じだったりする。アニメではコロナブレイズソードを持っておらず、両腕に黒炎を纏って格闘したり、投げ付けたりするのが主な戦闘スタイルである(おそらくこれが『トリッドヴァイス』であろう)。その威力はミラージュガオガモンの腕の装甲にヒビを入れるほど。
デジモンストーリーシリーズではアニメの影響からか攻撃モーション時にのみコロナブレイズソードが現れる仕様となっている。また、コロナブレイズソードのデザインも媒体によって異なり、バーストモードと同じ形状の場合もあれば、ジオグレイソードのような双剣タイプのデザインも見られる。

こんな禍々しい姿をしているが、ワクチン種のままである。

亜種

ドットシャイングレイモン

デジモンストーリーサンバーストで追加された亜種。姿形はキーチェーンゲームを思わせるドット絵だが、デジヴァイスicなどで見られるドット絵とは違ったデザインとなっている。
サンバースト時点での必殺技は虹色の光球を放つ「オメガレインボーフォース」とオリジナルと同様の「グロリアスバースト」、ロストエボリューションでは新たにドットアグモンのレインボーフレアの強化版「オメガレインボーフレア」を習得した。
サンバーストではパスワード入力さえすれば、序盤で仲間に出来てしまう為、ストーリーが楽々進んでしまう。

余談

  • 歴代でも珍しい、「第1話からいるメインの面子の初進化が同時」というシチュエーションであるが、作画のミスなのか尻尾がない場面もあった。
  • 丸みを帯びたデザイン、鶏冠や模様、パンチを前提とした腕、マスク然とした口元、赤や黄色を基調とした派手なカラーリング、前述の巨大さ、パンチを主体とした攻撃、武器の召喚必殺技の雰囲気などから、良く「ウルトラマンっぽい」と言われる。あっちは「光の巨人/巨神」でこちらは「光の巨龍」であり、イメージ的にもばっちりかぶっているので全く問題ない。だれうま。ちなみに劇場版では、敵さん(アルゴモン)のイメージも相まってエヴァンゲリオン的な印象を持たれることも(通常モードがエヴァっぽく、バーストモードがウルトラマンっぽい)。
  • ファン発見だが、バーストモードでは全員装飾などが逆になる。
  • 初のバーストモード進化時のバンチョーレオモンカイセツレオモンと呼ばれることも(カイゼル○○モンと語呂が似ている)。
  • 最後までシャイングレイモンから誕生するオメガモンは登場しなかったが、カードゲームαには「ウォーグレイモン」としても扱う効果が記載されたカードも存在し、同じくメタルガルルモンとしても扱える「ミラージュガオガモン」と組み合わせてオメガモンに進化させることはできた。


関連イラスト

さぁハントだ、ハントをやろうぜ!! ド派手なハントをよォッ!!!
シャイングレイモン


太陽の戦士
最強の喧嘩番長



関連項目

デジモンセイバーズ アグモン 大門大
カイゼルグレイモンビクトリーグレイモン:同じく大剣を手にして戦うグレイモン系統の究極体(相当)デジモン
デスティニーガンダム:翼からエネルギーを放出する事と大剣を手にして戦う共通点を持っている。

関連記事

親記事

ライズグレイモン らいずぐれいもん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャイングレイモン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シャイングレイモン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126131

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました