ピクシブ百科事典

シャイングレイモン

しゃいんぐれいもん

デジモンの一種。主にライズグレイモンから進化する。
目次[非表示]

概要

通称「社員」
ワクチン種の光竜型デジモン究極体

メタルグレイモンと対になるようなデザインとなっていたライズグレイモンとは違い、こちらは対となるであろうウォーグレイモン的な要素が薄く、独自の進化を遂げている。これは、当時の選ばれし子供たちのパートナーにガルルモン系統がいなかった事が影響しているのかもしれない。また、ガイオウモンビクトリーグレイモンがこの位置にいる。

サイボーグから竜騎士へと変化を遂げたウォーグレイモンとは逆に、こちらは純粋なライズグレイモンの進化体といった要素が強く、背中のウイングは特にそれを思わせる。カラーリング、プロポーション、後述のバーストモードの炎の翼など、歴代の主人公系統ではヴリトラモンに近い姿。

シャイングレイモン


武器は太陽の力を秘めていると言われるジオグレイソードであるが、基本的な装備ではなく、アニメではテイマーの呼びかけに応じて召喚された武器となっていた。良く見られるような形状ではなく、両端に刃が付いている。かなりの刃太であり、召喚の際に地面から飛び出すのを利用して敵の攻撃を防ぐこともやっていた。

一方で基本武装はなく、アニメでも肉弾戦で戦っていた時もあった。
必殺技はグロリアスバースト、シャイニングブラスト。通常技はシャインハンマー、またはジオグレイソード。余談だが、ジオグレイソードはアニメ版だと何故か折れやすく、「スグオレルソード」とネタにされてしまっていた。

アニメにて

アニメではセイバーズ版のアグモンに、デジソウルチャージ・オーバードライブを行うことで一気にワープして進化した姿。進化後は、大人っぽく落ち着いた雰囲気になる。中の人のおかげで、かなりのイケボになっている。

アグモンがこの姿へと進化を遂げたのは、アドベンチャーのアグモン同様、特別な個体(一部俗称「飛べる方のアグモン」)だったからとも言われているが真偽は不明。兄貴の影響を受けた結果でもあり、アグモン系統の究極体で「拳で語れる」、「パートナーを拳に乗せられる」のはシャイングレイモンだけ?である。

兄貴のお立ち台として有名であり(一部俗称「アシバグレイモン」)、この構図が取れるのも、歴代グレイモンでも彼のみである。

世界観の違いもあるが、歴代の主人公の通常進化でもぶっちぎりの巨躯を誇る(この世界では、たとえばウォーグレイモンやデュークモンなども凄まじくデカい)。ただし、後年の作品における、局を超えたまさかのクロスオーバーでは、初代主人公のウォーグレイモンと比較するためにかなり小型になっている。同時に、ウォーグレイモンもTV上でのイメージよりも若干だが大型化している(「ぼくらのウォーゲームオメガモンになる直前に巨大化するほどではないかもしれない)。

  • そもそも、原作のゲームで身体の大きさなどのデータはなく、デジモンはデータの塊つまり容量が体積そのものなので、究極体に近づくほど体が大きくて何ら不思議ではないのだが、過去作の同種と比べると文字通り巨人小人である。
  • また、劇場版などを含めればたとえばオメガモンなんかも、冗談抜きで人が蟻に見えるほど巨大化している場合もあるので、こういうのも全部合わせれば、何だかんだ自然な対比になる。

バーストモード

シャイングレイモン


シャイングレイモンが限界を越えた力を発揮した姿。火炎で出来た剣と盾を武器に戦う。
ボディが真っ赤に染まり、背中のウイングからは炎の羽が飛び出している。
ちなみにアニメでは両手の炎を合わせて巨大な盾を作る、剣を二刀流にする、炎を地面に走らせる、一本の巨大な剣にするなど多彩な利用法を行っていた。いくら人間と合体しておかしくなっているとは言え、かのベルフェモン一方的に追い詰めるなど、もはや超究極体という部類に片足を突っ込んでいる。
アニメではめったに技を呼称しなかったが、設定上の必殺技はコロナブレイズソード、ファイナルシャイニングバースト、通常技はトリッドヴァイスなど。

ルインモード

シャイングレイモン ルインモード


セイバーズ版の暗黒進化
バーストモードが黒くなったバージョンと言えば通りが良いだろう。
アニメ版では憎しみのデジソウルを流し込まれたアグモンが進化したが、力を使い果たしてデジタマ化してしまった。
技はカードによって異なり、元のシャイングレイモンと同じだったり、バーストモードと同じだったりする。

余談

  • 歴代でも珍しい、「第1話からいるメインの面子の初進化が同時」というシチュエーションであるが、作画のミスなのか尻尾がない場面もあった。
  • 丸みを帯びたデザイン、鶏冠や模様、パンチを前提とした腕、マスク然とした口元、赤や黄色を基調とした派手なカラーリング、前述の巨大さ、パンチを主体とした攻撃、武器の召喚必殺技の雰囲気などから、良く「ウルトラマンっぽい」と言われる。あっちは「光の巨人/巨神」でこちらは「光の巨龍」であり、イメージ的にもばっちりかぶっているので全く問題ない。だれうま。ちなみに劇場版では、敵さん(アルゴモン)のイメージも相まってエヴァンゲリオン的な印象を持たれることも(通常モードがエヴァっぽく、バーストモードがウルトラマンっぽい)。
  • ファン発見だが、バーストモードでは全員装飾などが逆になる。
  • 初のバーストモード進化時のバンチョーレオモンカイセツレオモンと呼ばれることも(カイゼル○○モンと語呂が似ている)。

関連動画




関連イラスト

さぁハントだ、ハントをやろうぜ!! ド派手なハントをよォッ!!!
シャイングレイモン


太陽の戦士
最強の喧嘩番長



関連項目

デジモンセイバーズ アグモン 大門大

pixivに投稿された作品 pixivで「シャイングレイモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37237

コメント