ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ミラージュガオガモン

みらーじゅがおがもん

ミラージュガオガモンとは、バンダイの育成ホビーを中心としたメディアミックス『デジタルモンスター』に登場するデジモン(キャラクター)の1体である。
目次 [非表示]

データ編集

世代究極体
獣騎士型
属性データ種
必殺技フルムーンブラスター、ダブルクレセントミラージュ、ゲイルクロー

概要編集

ガオモン系が究極体に進化した姿で、青い鎧に身を包んだ騎士の姿をしている。造形はマグナガルルモンの外見に近いか。(と言っても「聖騎士型」ではないので、ロイヤルナイツの所属ではない。)

全身を包む青い鎧はクロンデジソイド製で桁違いのスピードで移動するため、敵からはさながら蜃気楼を見た気分になるという。伊達にミラージュを名乗っているわけではないという事がわかるだろう。(なお、スピードに特化した金属にブルーデジソイドがあるのは内緒である。)

必殺技は爪から放つ三日月状のカッター「ダブルクレセントミラージュ」、胸から放つ破壊光線「フルムーンブラスター」、疾風の如く駆け抜けて敵を切り裂く「ゲイルクロー」。


シャイングレイモン   ミラージュガオガモン

対になっているデジモンはシャイングレイモンで、象徴するものも異なる。(シャイングレイモンは太陽、ミラージュガオガモンは月。)

ちなみに胸にはギルモンなどに見られるデジタルハザードのマークがあるが、デュークモンなどとの関係は不明。


ミラージュガオガモン:バーストモード編集

ミラージュガオガモン バーストモード

世代究極体
獣騎士型
属性データ種
必殺技フルムーンメテオインパクト、ファイナルミラージュバースト、ルナハーケンスラッシャー

ミラージュガオガモンがバースト進化し、一時的に能力を限界まで引き出した惑星級の高エネルギーの武器とオーラをまとった特殊な姿。騎士然とした通常モードとは打って変わって、さながら満月の夜に覚醒した狼男のような印象を受ける。

武器は月のような鉄球と三日月型の薙刀が一つになった武器「ルナハーケンスラッシャー」

必殺技は惑星級のエネルギーを持つ光球を敵に叩きつける「フルムーンメテオインパクト」と、全身全霊を込めて武器に秘められたエネルギーを解き放つ「ファイナルミラージュバースト」


ドットミラージュガオガモン編集

デジモンストーリームーンライトで初登場した亜種。姿形はキーチェーンゲームを思わせるドット絵だが、デジヴァイスicなどで見られるドット絵とは違ったデザインとなっている。

デジモンストーリームーンライト時点での必殺技は虹色の光球を放つ「オメガレインボーフォース」、オリジナルと同様の「ゲイルクロー」。ロストエボリューションではゲイルクローが削除されてオメガレインボーフォースが最強技となった。第1作でドットアグモンの対になる形で実装されたドットデジモンはドットファルコモンであった為、彼の必殺技「レインボーフォース」に対応する形で編成されたものと思われる。なので、ドットガオモンなるデジモンはいない。


ムーンライトではパスワード入力で入手ができた。しかも、序盤でデジコロシアムが解放されてパスワード入力が出来る為、究極体が即戦力として手に入ってしまうのである。彼を入手できれば道中の攻略は楽になるだろう。


アニメでは編集

デジモンセイバーズ編集

トーマ・H・ノルシュタインのパートナーガオモンが「デジソウルチャージ・オーバードライブ」により究極体に進化した姿。


初登場は第28話であり、この時はトーマが感情の昂りで発生させたデジソウルがマッハガオガモンに宿り、デジソウルで構成されたオーラ体として権限。

フルムーンブラスターを放ち、バイオクアトルモンを撤退に追い込んだ。続く第29話で正式に進化を遂げた。


42話のロードナイトモンとの戦いでバーストモードに進化して勝利を掴み取った。


余談編集

ガオモン系はガジモンの亜種とされるが、ポジション的にはガルルモン系の系譜にあるらしく、カードゲームαでは「メタルガルルモン」としても扱うカードも存在していた。


関連タグ編集

メタルガルルモン クーレスガルルモン ズィードガルルモン マグナガルルモン:似たポジションのデジモンたち。


ディアナモン:同じく月を象徴するデジモン。デジモンストーリームーンライトでは同じくバージョン限定デジモンとして登場している。


ティアルドモン

関連記事

親記事

マッハガオガモン まっはがおがもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25809

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました