ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

デジモンを題材にしたRPGで、2006年6月15日にニンテンドーDS用ソフトとして発売された。
世界観のベースはデジモンセイバーズのようだが、あくまで設定は近未来である為、パラレル設定と見るべきだろう。この点はワンダースワンで展開されていたシリーズの扱いに近い。
登場デジモンはデジモンフロンティアを除いたアニメ作品のパートナーデジモンが全て登場しているのが特徴。一部のキャラクターはアニメ版の設定のオマージュも見られ、テイマーを主軸に据えている為かデジモンテイマーズのキャラクターが多い。
また、本作では完全新規デジモンとしてクロノモンチッチモンが追加された。

なお、本作のタイトルロゴのベースは超クロスウォーズまで流用された。


シリーズの特徴

進化と退化を繰り返せる育成システムが特徴的で、デジモンは野生デジモンに何度も遭遇してデータを100%集める事でデジコンバートして仲間に引き入れる事が可能。
仲間にしたデジモンはデジファームと呼ばれる農場に預けて、特訓を行う(第3作で武器と防具の作成が可能なアイテムの購入が可能になった)。

また、デジモンがタイプや属性といった区分ではなく、セイ(光)、リュウ(火)、ミズ(水)、トリ(風)、アンコク(闇)、ケモノ(地)、キカイ・ヘンイ(鉱)、ムシクサキ(雷)の8種族に分かれているのが特徴(『デジモンネクスト』の種族もこれに倣っている)。

また戦闘シーンでは素早さの高い順番で行動順が決まる。戦闘範囲は6レンジに分かれており、基本的には1デジモンに付き、1レンジという計算だが、中には複数レンジに跨る敵も存在し、そうした相手にはこちらも複数レンジの技を使うと大ダメージが与えられる(こちら側にもレンジの概念がある為、配置次第で恩恵を得られたり、こちらに降りかかるデメリットを和らげる事も出来る)。

攻撃力や防御力などの補正は武器・防具・リングの3つで構成される装備アイテムで行う。中には各種族限定の装備もあり、装備ごとに技が追加されるというケースも存在する。

なお、シリーズを通して歩行グラフィックと会話グラフィックしか存在せず、仲間にできないデジモンも多い。

シリーズの功績

デジモンセイバーズ』が終了してから4年間はアニメ放送がなく、『カードゲームα』が短期間で終了、DCD『究極対戦!!デジモンバトルターミナル』も2008年で終了するなど、デジモンストーリーシリーズが展開された時期はデジモンというコンテンツがかなり苦戦を強いられていた時期であった。
しかし、DSで展開されたデジモンストーリーシリーズはそんな中であっても4作続き、デジモンの魅力を古参ファンのみならず、新規ファンにも届け続け、『クロスウォーズ』の放送へと繋いだ。
ニンテンドーハードでの展開は超クロスウォーズで終わってしまったが、新たにPSVitaにてデジモンストーリーサイバースルゥースが販売され、子供向けから脱却した高年齢層向けへとシフトするようになる。

ストーリー

デジタルワールドの噂を聞きつけてPCルームを訪れた主人公はデジタルワールドに転送されてしまう。
主人公はデジモンテイマーとなり、デジタルワールドの裏で蠢く陰謀に立ち向かって行く…。

登場人物

  • 主人公(男の子/女の子)

PCルームからデジタルワールドに転送されてきた小学生。
最初のデジモンはツノモンタネモンコロモンの中から選ぶことになる。
タイキを除いたDSシリーズの主人公の中で唯一喋る。
デジヴァイスはセイバーズと同じデジヴァイスiCとなっている。

序盤から中盤にかけて敵対するデジモン。
過去に何かあったようだが…?

デジファームの管理など身の回りの世話をしてくれる。
性格はテイマーズ版とほぼ同一。

プラチナテイマーのオブザーバーを務める天使型デジモン。
シリーズではこの作品にのみ登場する一方で、プレイアブルキャラクターに一度も採用されなかった。

ブロンズからゴールドまでのオブザーバーを務めるデジモン達。

  • バッドテイマーズ
デジモンの力を悪用するテイマー達で、悪ガキ然とした性格のメンツが揃っている一方で、強力なレアデジモンを使役しており、実力は高め。
リーダー格はケインと取り巻きのトモミ。

  • コグレ(グレさん)
デジモン研究の第一人者で、テイマーズポイントを一定数貯めると彼から貴重なアイテムを貰うことが出来る。
以降のシリーズでもゲストキャラクターとして度々登場している。

セイバーズ』からゲストとして登場するが、発売当時はまだ放送中という設定であった為、DATSの隊員という設定はそのままである。

なお、セイバーズのパートナーデジモンは登場している進化系にバラツキがある。
アグモン(2006)ガオモンララモンの進化系は完全体までであり、ロゼモンリリモンの究極体とされている。
サブメンバーのパートナーデジモンも似た扱いであり、カメモンは成熟期のガワッパモンポーンチェスモンは成長期までである。加えて、アニメ序盤の頃に発売された為、イクトも未登場だが、彼のパートナーであるファルコモンの進化系はペックモンまでが登場した(ヤタガラモンはアクセル版のデザインで登場)。究極体までが登場したのはクダモンだけであり、DATSメンバーの究極体が出揃うのは次回作まで待たねばならない。

また、幼年期も同様でワニャモンとバドモンが実装されたのは次回作からである(一方でイクトらのパートナーの幼年期であるピナモンプワモンパフモンキャロモンチャップモンはシリーズを通して未登場である)。

クリア後に登場。DSで展開されたシリーズで全員登場したのはこの作品のみ。
加えてリヴァイアモンベルフェモンデーモン(ローブなし)は未プレイアブル化。

余談

なお、本作においてデジモン達が覚えている技は本家の設定に則っている訳ではなく、全く別のデジモンの必殺技を覚えている事が殆ど。ツッコミどころの一つに挙げられる。なお、本来の技の持ち主がシリーズに未実装、あるいは会話が可能なキャラクターとしては登場したが、育成可能キャラにはならなかったというパターンも多い。
(なお、進化前から技を引き継ぐデジモンもいるのでなんとも言えないところである…)

習得者本来の使用者備考
アイスアローチンロンモンなどシードラモン
アクセルアームマッハガオガモンジャスティモン
うらイヅナスレイプモンなどクズハモン
エンプレスヘイズリリスモンババモン
ギガデストロイヤーベルフェモンメタルグレイモン
クォ・ヴァディスサクヤモンデュークモン:クリムゾンモード
クリムゾンフレアD・ファルコモンホウオウモン
こようせつD・ファルコモンレナモン
サンダージャベリンメタルシードラモンなどメガシードラモン
シャドーウイングスーツェーモンガルダモンスーツェーモンはピヨモンの究極体の一つとされる
スクラッチビートギルモンなどアルマジモン
セブンヘブンズルーチェモン:FMセラフィモン
ダークネスゾーンベルフェモンアポカリモン
ダイナ・キャノングランドロコモンキャノンドラモン
ダークブラストスカルグレイモンなどエンシェントスフィンクモン後者は第3作で登場
データクラッシャールーチェモン:FMクリサリモン
ティーダ・イヤアンティラモンシーサモン
デスアローベルフェモンデスモン前者はDSで展開されたシリーズではエネミー専用
デスクロウスカルグレイモンデビモン
デススリンガーベルゼブモンベルゼブモン:BM
ナイトレイドデーモンヴァンデモン
ハードシェルクラブゴマモンなどガニモン
パラダイスロストリヴァイアモンなどルーチェモン:FM前者はDSで展開されたシリーズではエネミー専用
パワーギロチンゴキモンなどクワガーモン
パワーメタルグランドロコモンドルガモンなぜかバフ技となっている
ヒートブレスティラノモンなどサラマンダモンサラマンダモンはシリーズ未登場
ファイアブレスチンロンモンティラノモン
フラウカノンライラモンリリモン
プラグボムグランドロコモンナノモン
ブレイドツイスターバイフーモンキュウキモン
ぶんぶんパンチオーガモンなどブイモン
ペトラファイアデラモンコカトリモン
ベビースリングティラノモンコエモンコエモンは2作目で登場したが、育成可能キャラにはならず
ヘブンズナックルアンティラモンエンジェモン
メガブラスターシェンウーモンカブテリモンシェンウーモンはテントモンの究極体の一つとされる
メテオウイングクロスモンバードラモン
ラブセレナーデレディーデビモンエテモン
れんぞくウンチなげトノサマゲコモンヌメモン

また、進化系も全て登場しているわけではない為、アニメなどで主流の進化ルートではなく、育成ギアなどで主流などこかチグハグな進化パターンが多い(特に初代)。さらにワーガルルモン(黒)はいるのにブラックガブモン系列が軒並みいない、ブラックアグモンブラックウォーグレイモンはいるのにウィルス種のグレイモンメタルグレイモンがいないなんて事はザラであったが、そうした傾向もシリーズが進むうちに改善されていった。

なお、ストーリー中や公式サイト、CMでは「シュゾクEXPの多さなど育て方によって進化先が変わる」といった旨の宣伝がなされていた(例:アグモンはリュウデジモンを多く倒すとジオグレイモン、ケモノデジモンを多く倒すとドルガモンに進化する、アトラーカブテリモングランクワガーモンに進化する等)が、実際は全くそんなことはなかった。確かにEXPの多さの違いで進化が分岐するデジモンはいたが、最初から進化ツリーも条件も全て設定されている上でのその一環でしかない。故に、アグモンはドルガモン、アトラーカブテリモンはグランクワガーモンには進化しない。

「02」で登場したアーマー体フレイドラモンマグナモンシュリモンぐらいしか実装されておらず、超クロスウォーズにてやっとネフェルティモンが実装された。しかし、それ以外はアニメで敵として登場するアーマー体が殆どであり、残念ながらDSで展開されたシリーズを含め、02のアーマー体が全て揃うことは終ぞ来なかった。

続編タイトル一覧

サンシャインCITYのテイマーチーム「ライトファング」とダークムーンCITYテイマーチーム「ナイトクロウ」の戦いを描く。所属チームはバージョンによって異なり、パートナーデジモンもサンバーストではコロナモン、ムーンライトではルナモンとなっている。これに2体のデジモンがセットとなったパーティを選ぶことになるのだが、コロナモンとルナモン以外は諸事情で強制的に退化する事になる。
主人公のデフォルトネームはサンバースト版男の子主人公は「コウ」、ムーンライト版女の子主人公は「サヨ」となっているもの、色以外のデザインはどのバージョンでも共通である。

新たな育成システムとしてジョグレス進化やそれを応用したジョグレス退化が実装され、条件を満たすと通常の進化ルートでは進化できない別のデジモンに進化する事が出来た。

また、装備で技が追加されるシステムが廃止された。

完全新規デジモンとしてコロナモン系、ルナモン系、グリムモン系が登場した他、この作品からセイバーズのパートナーデジモンの究極体が解禁され、デジヴァイスもデジヴァイスバーストに変更された(ヤタガラモンもセイバーズ版に変更された)。
加えて、サンバーストではセイ、リュウ、ミズ、トリが、ムーンライトではアンコク、ケモノ、キカイ、ムシクサ種族が出現しやすい傾向にある。

また、ゲストとして『セイバーズ』のキャラクターや『ネクスト』のキャラクターが登場しているのが特徴的だが、前作のようにストーリーに絡むことはなく、お楽しみ要素程度。

Pixivにおいてはムーンライト版主人公のサヨの投稿数が多い。

前作から3年の沈黙を破り、デジモンクロスウォーズ放送直前に発売された作品で、イレイザーの暗躍で失われたデジモン達の進化を取り戻して行く内容となっている。進化の復元はデジプレートと呼ばれる欠片を収集して修復、進化ツリーにはめ込む事で完成する。パートナーデジモンはアグモン(グラフィックは初代仕様)とガブモン
奇しくも、発売から5日後に放送されたクロスウォーズでは進化の概念が一時的に失われるのであった。
登場デジモンの種類は前作より大幅に絞られた一方で、ロイヤルナイツ十闘士など主役格のデジモンが揃い始めた。

なお、この世界観では多くのデジモンが絶滅した模様で、進化ツリーに存在しないデジモンはもう二度とデジタルワールドに現れる事はない(例えば進化ツリーに存在が確認できないデジモンの中には生き残りも存在しているが(ゲレモンベジーモン)、事実上彼らが最後の一体ということになるわけだ)。

本作から種族もテンシ、ゲンジュウ、ミズ、トリ、アクマ、ケモノ、キカイ、コンチュウ、ショクブツに改められ、攻撃属性のうち風属性が光属性に、鉱属性が格闘属性(初代の地属性)及び雷属性に統合された他、ポケモンのように各デジモンごとに耐性と弱点が備わるようになった。
また、素早さが一定以上あると一定回数連続攻撃を仕掛けられる「ACTIONチェーン」が導入された。

本作ではクロノモン系の成長期から完全体に加え、シードラモンプレシオモン系の新種であるイージスドラモンが新規登場した。

装備はアクセサリーが廃止され、剣と防具の二種類のみになり、ランクが付くようになった。

マップにある障害物をデジモンの能力で突破していくシステムが導入されたが導入され、一度破壊した障害物は復活しないが、地中や海に潜るスキルは必須となる為、そうしたゲートのあるダンジョンを巡る際には必然的にパーティが塞がってしまうのが難点(控えに置くことである程度は解消されるが)。

ちなみに特典として『デジモンクロスウォーズ超デジカ大戦』のオメガモンが付属していた事を鑑みるに、やはりクロスウォーズの番宣として販売された側面もあるようだ。とは言うものの、DSで展開された作品の中で唯一、アニメシリーズとの繋がりが一切ない。

 デジモンクロスウォーズをベースとしたDSシリーズ最終作で、進化が廃止された代わりにデジモンの「合体」が物語の鍵になっており、戦闘時に必殺技の発動(デジクロス技)のみならず、歴代シリーズにおける進化も合体(デジフュージョン)で行う。デジコンバートの代わりに倒したデジモンからメロディを入手して実体化させるメロディ再生で仲間を増やしていく(弱点攻撃で一撃で倒すか、メロディ化攻撃で倒す必要がある)。ジョグレス進化はジョグレスアップというシステムで残され、レベルの上限を上げたり、技を引き継がせる際に使用される。

デジモンクロスウォーズが軍団戦をコンセプトにしている為、各デジモンのターンごとに指令を下すのではなく、事前に作戦を練ってからオートバトルをスタートさせるという形式になっている。また、前線(バンガード)に出ている3体が攻撃に参加するというシステムを進化させ、後続の三体(リアガード)も攻撃に参加できるようになった。しかも、攻撃を受けるのはバンガードだけなので、より戦略性に富んだバトルを展開できるように(勿論、相手もシャッフル技を使って戦略を崩してくる)。
また、初代の進化ディスクに相当するアイテムとして原作でも登場したデジメモリの使用も可能である。

装備アイテムは武器と防具の二種類あるが、どちらか一方しか装備できなくなった。

また、当時アニメやアーケードゲームなどで配信されていた『デジメロディ』を読み込ませる事(パスワード入力でも可能)でデジモンやアイテムの入手が可能。ゲームの難易度を大きく下げる事が出来る。歩行グラフィックと会話グラフィックしか存在しないデジモンの場合はアイテムを貰える。

デジモンクロスウォーズの外伝作品でありながらも、バグラ軍が全く登場しない完全なパラレル作品(アニメから見て第17話以降で分岐したものと思われる)。最大の差異はRED版にてスカルナイトモンデッドリーアックスモンがクロスハートに加わることにある(BLUE版で味方になるブルーフレアはアニメ版でも最終的に味方になったが、スカルナイトモンデッドリーアックスモンは最後まで敵だった為)。

この他、デジモン1体につき、1レンジという共通規格が設けられている為、複数レンジに跨る敵が登場しない。

ちなみにDSで展開されたシリーズでは唯一、現行アニメと主人公が全く同じ作品である上にCVまで付いている。

該当項目参照。

外部リンク

デジモンストーリー - Wikipedia

関連記事

親記事

デジモンセイバーズ でじもんせいばーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「デジモンストーリー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「デジモンストーリー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 311152

コメント