ピクシブ百科事典

カブテリモン

かぶてりもん

バンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種。 「デジモンアドベンチャー」では泉 光子郎のパートナーデジモン「テントモン」の進化形態として登場した。
目次[非表示]

概要

レベル成熟期
種族昆虫
タイプワクチン種(Va)
必殺技メガブラスター

携帯機の『デジタルモンスターver2』に初登場。

公式設定

新たに発見されたデジモンのなかでも、かなり特異な昆虫型デジモン。
どのような経緯で昆虫タイプに進化したのかは不明だが、蟻のようなパワーと甲虫が持つ完璧な防御能力を併せ持っている。
性格は昆虫そのもので、生き抜くための本能しか持っていないため知性などは皆無。
敵対関係であるウィルス属性のデジモンには容赦なく襲いかかる。頭部は金属化しており、鉄壁の防御を誇る。必殺技は『メガブラスター』。

アニメでのカブテリモン

TVアニメ『デジモンアドベンチャー』にて、泉光子郎のパートナーデジモンのテントモン進化系として登場。
公式設定では「生き抜くための本能しかなく知性は皆無」な種族とされているが
このカブテリモンは成長期のとき同様に剽軽な関西弁で流暢にしゃべる。(それに加えて、対応する性質は『知識』)
野生か、テイマーと共にいるかの差なのだろうか。

ただし、「アドベンチャー」では、カブテリモン及びアトラーカブテリモンに進化した際、技名や掛け声以外を口にする機会が少なかった。

そのためか、tri.でヘラクルカブテリモンに進化した時にはそれなりに熱いセリフを披露し、令和版の「アドベンチャー:」では、やたら歌舞伎のように見得を切ったり(加えてアトラーカブテリモンに進化するとなぜか歌舞伎の拍子木の効果音が流れるように)、攻撃を受けた際に「いてててて」と慌てるような、成熟期でシリアスなクリーチャーじみた外見ながらコミカルなキャラになっている。
また、36話にてブレイドクワガーモンの群れに襲われた際、「ブレイド 『クワガーモン』やて・・・・・?」と反応していたあたり、クワガーモン種に対する対抗意識が少なからずある模様。
また、落下するISSを狙撃した際、伏線と思われるシルエットに包まれており、今回はアグモンとガブモン以外も本編で究極体に進化すると思われる。(それでもメタルグレイモンとワーガルルモンだけ武装強化してたりアグモンだけブリッツグレイモンにも進化するなどやはりこの2体が優遇されている感は否めない。まぁ伝統なので仕方ない・・・・・。)


進化系統

幼年期モチモン成長期テントモン成熟期カブテリモン完全体アトラーカブテリモン究極体ヘラクルカブテリモン

余談

元々はバードラモンユキダルモンエンジェモン同様に公募企画で誕生したデジモンであるが、このカブテリモンのデザイン元は実はロックマンX3のボスキャラクターグラビティー・ビートブードの丸パクリである。これが問題となった為か、名前とモチーフだけを借用する程度に留まり、同時期に投稿された『カブモン』のアイデアと折衷する事で現在のカブテリモン像が完成した。(カブテリモンのみならず、公募デジモンのアイデア元となったハガキは雑誌によって異なる。)
しかし、なんだかんだで前者の完全体という設定やフォルムなどはアトラーカブテリモンのデザインに受け継がれている。(ワクチン種の色はまんまビートブードのオマージュ。)

名前はビーファイターカブト大甲神カブテリオスからと思われる。

ちなみに彼を含めたカブテリモン系は名前とモチーフが一致していないという現象が発生している。

しかし、こうしたネーミングでも違和感がないのは世代に見合ったカブトムシの名前が選ばれているからなのかもしれない。


関連タグ

デジタルモンスター デジモン
成熟期 昆虫 ワクチン

派生種・亜種一覧

アトラーカブテリモン
ヘラクルカブテリモン
ライノカブテリモン
コカブテリモン
タイラントカブテリモン

関連デジモン

クワガーモン(対になるデジモンとして語られる事が多く、本能的にも宿敵同士である)

関連記事

親記事

テントモン てんともん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カブテリモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85663

コメント