ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

昆虫

こんちゅう

六脚亜門のうち昆虫綱に分類される節足動物のこと。6本脚の虫として広く知られ、種数が最多に誇る動物群である。
目次 [非表示]

概要

昆虫とは、六脚亜門のうち昆虫綱に属する節足動物のこと。昆虫類、外顎類ともいう。

いわゆる「」として最も一般に知られる動物である。トンボバッタセミハチカブトムシテントウムシチョウなどが含まれる。


学名は「Insecta」(インセクタ)、英語名は「insect」(インセクト)。これらは「節に別れた体」ないし「切り分ける」を意味するラテン語「insectum」に由来で、後述の体の特徴に因んでいる。


全世界でおよそ100万種が知られ、これは地球上全動物の実に四分の三、全生物の半分以上を占める。それでもまだ未発見の種が多数存在すると言われる。地中から地上や淡空中まで、様々な陸上生態系に圧倒的な種数と個体数で栄えている。


ただ不思議なことに、に進出する昆虫はウミアメンボなど僅かでしかなく、この分布具合は近縁(後述)である甲殻類とはまるで正反対である。これについては「海に甲殻類が栄えてニッチを占められた」・「海の環境は甲殻類より昆虫の外骨格の作りに不利」などの説があるが、どれも議論の余地があり、未だに決着が付いていない。


体の特徴

昆虫の体は関節した外骨格に覆われ、基本的に頭部・胸部・腹部の3つに分かれていて、3対6本のを胸部に持つのが特徴。また、多くの種類は胸部に2対4本のを持つ。


この点により、一般に「虫」と呼ばれる動物の中で、カタツムリナメクジなどの陸棲巻貝(体節と関節を持たない)、ミミズなどの環形動物(外骨格と体の区分を持たない)、そして昆虫と同じ節足動物であるクモサソリ(体が二つに分かれて8本の脚を頭に持つ)、ダンゴムシムカデ(脚を数十本以上持つ)などが昆虫でないことが分かる。


各部位の特徴は具体的には次の通り。

  • 頭部:原則として1対の触角と3対の(大顎・小顎・下唇)で計4対の肢、1対の複眼と3つの単眼で計五つのを併せ持つ。
  • 胸部:前胸・中胸・後胸の計3節で1節につき脚を1対有し、翅は中胸と後胸のみに持つ。
  • 腹部:見かけ上10節以下で、末端には生殖器や尾毛などの器官が見える場合がある。
  • 呼吸器:原則として全身を行き渡る気管で、胸部と腹部の両筋に呼吸用の穴(気門)が開く。

昆虫デフォルメに挑戦ノコギリクワガタ蚕スケッチ

ただし昆虫は非常に多様で、一見上記の特徴から逸脱した種類も多くいる。例えば甲虫カメムシは胸部と腹部の境目が密着して分かりにくく、ハエの幼虫は脚を持たず、イモムシは胸部の他に腹部にも脚として機能する器官を持つ。チョウは大顎が退化し、完全変態幼虫は複眼を持たず、一部の水生昆虫は気管ではなく呼吸である。翅は成長段階(後述)や種類により持たない場合があり、古生代一部の昆虫は前胸に更に1対の翅らしき構造を持つ。

また、上記の特徴に当たる節足動物の中でも、現在では昆虫扱いされないものがいる(後述の「系統分類」を参照)。


他の節足動物と同様、脱皮を介して段階的に成長する。昆虫の未成年個体は「幼虫」、成年個体は「成虫」、その間に起こる明らかな姿の変化は「変態」と呼ばれる。変態を行う昆虫のうち成虫になる瞬間の脱皮は「羽化」という。


系統分類

節足動物の中では六脚類(六脚亜門)に所属し、これは昆虫と内顎類(トビムシカマアシムシコムシ)をまとめたグループである。かつて、内顎類は昆虫に所属(つまり六脚類=昆虫)とされた。どれも頭・胸・腹に分かれる体と6本の脚を胸部に持つが、昆虫は別名「外顎類」の通り顎が外に露出し、触角が付け根のみ筋肉を有するのに対して、内顎類は名前の通り顎を頭の内部に格納され、触角が全ての節に筋肉を有するなど根本的な違いによって、両者が後に区別されるようになった。


この六脚類の位置付けについて、かつては似た頭部構造(1対の触角+3対の顎)と呼吸器(気管)を持つ多足類(多足亜門、ムカデヤスデなどのグループ)が近縁と考えられた。しかし遺伝子解析により、むしろ甲殻類(甲殻亜門)の方が近縁で、しかも六脚類は甲殻類の間から派生したグループであると判明した(詳細については汎甲殻類を参照)。


一般に昆虫と共に「」としてよく知られるクモやムカデ、ダンゴムシなどだが、下記の系統図の通り、どれも昆虫とは大して近縁ではない。


節足動物

┗┳━鋏角類クモサソリカブトガニなど)

 ┗┳━多足類ムカデヤスデなど)

 汎甲殻類

  ┗┳━甲殻類貝虫ウオジラミなど

   ┗┳━甲殻類:エビカニダンゴムシフジツボなど

    ┗┳━甲殻類:ミジンコカブトエビなど

     ┗┳━甲殻類:ムカデエビ

      ┗━六脚類(内顎類、昆虫


今の系統関係から見ると、昆虫などの六脚類は多足類とは別の海洋生物、しかも甲殻類であった祖先から上陸した可能性が高いが、未だに明確な化石証拠は見つからないため、起源は謎に包まれている(六脚類に最も近縁な甲殻類であるムカデエビも六脚類との共通点が少なく、手掛かりにならない)。知られる最古の昆虫化石はデボン紀(約4億年前)までだが、遺伝子解析によるとシルル紀(4億4,000万年前)で既に内顎類と分けて進化したと示される。


内部系統

古典的な分類では変態の有無を基に、昆虫を下記の2群に分かれている:


無翅類

元から翅がなく、変態しない(無変態・不変態)。イシノミシミが属する。


有翅類

祖先的に翅があり(退化したケースも該当)、変態する。大部分の昆虫を含む(昆虫全種の98%以上)。この有翅類は変態の仕様を基に、更に下記の2群に分かれている。


不完全変態(外翅類)

トンボバッタのように、幼虫から成虫と同じ基本体制を保ちつつ、蛹を経ずに変態をして成虫になる。翅は幼虫から齢期を重ねて表皮で段々と発達する。


完全変態(内翅類)

チョウカブトムシのように、幼虫が成虫と根本的に異なる基本体制で、を経て劇的な変態をして成虫になる。翅は幼虫に現れず、蛹から一気に雛形が発達する。


同様遺伝子解析によると、これらの具体的な系統関係は下記の系統図の通りになる。イシノミやシミなどの無翅類が最も起源が古く、約4億年前のデボン紀でその間から不完全変態の有翅類の祖先(〇)が進化、更に約3億4,500万年前の石炭紀で不完全変態昆虫の間から完全変態昆虫の祖先(◎)が進化したと示される。


昆虫

┗┳━イシノミ(無翅類)

 ┗┳━シミ(無翅類)

  ┗〇┳━トンボカゲロウ

    ┗┳┳━ハサミムシ

     ┃┣━ジュズヒゲムシ

     ┃┗┳━カワゲラ

     ┃ ┗┳━直翅類バッタコオロギなど)

     ┃  ┗┳━カカトアルキガロアムシナナフシシロアリモドキ

     ┃   ┗┳━ゴキブリシロアリ

     ┃    ┗━カマキリ

     ┗┳━アザミウマ半翅類カメムシセミなど)

      ┣━チャタテムシシラミ

      ┗◎┳━膜翅類ハチアリ

        ┗┳┳━脈翅類ヘビトンボウスバカゲロウなど)

         ┃┗━ネジレバネ甲虫

         ┗┳━トビケラ鱗翅類チョウ

          ┗┳━シリアゲムシノミ

           ┗━双翅類ハエなど)


主なグループ

昆虫は主に次の30ほどのグループ(主に目)が知られ、ここで簡潔に述べる。(特記しない限り成虫基準。それぞれの詳細や省略された種類と表記揺れは、リンクのある各記事および後述の昆虫名タグを参照)


無翅類

イシノミ(古顎目/イシノミ目)

イシノミの住む森(with シロアリ&マダラシミ)

ノミではない。現在生きている昆虫の中で最も起源が古い。後述のシミと似ているが、ゴーグルのような複眼が背に向けて、口元の顎髭が脚のように発達。腹部の下が節ごとに痕跡的な肢を持つ。500種ほど知られている。


シミ(総尾目/房尾目/シミ目)

ヤマトシミくん

イシノミの次に起源が古い。体はしずく型で、末端から3本の長い尾毛が伸びる。550種ほど知られている。


有翅類:不完全変態

ムカシアミバネムシ(ムカシアミバネムシ目)

F・M(古代の巨大昆虫展)(イラスト左上の奥の羽虫)

石炭紀~ペルム紀古生物。原始的な有翅類で、多くは2対の大きなの他に前胸にも短い翅っぽい構造を持ち、翅6本に見える。口元は細長い。メゾサイロスステノディクティアなどが属する。300種ほど知られている。


カゲロウ(蜉蝣目/カゲロウ目)

モンカゲロウ

成虫が数日しか生きれない小さな羽虫。シミと似た3本の長い尾毛を持ち、前脚は長いが触角は目立たない。幼虫水生昆虫。3,000種ほど知られている。


トンボ(蜻蛉目/トンボ目)

蜻蛉ヒガシカワトンボヤゴ

大きな複眼、長大なと細長い腹部を持ち、触角は目立たない。水辺を飛び回り他の羽虫を捕食する。幼虫(ヤゴ)は水生昆虫。5,000種ほど知られている。


オオトンボ(原トンボ目/オオトンボ目)

メガネウラ

トンボに近い石炭紀~ペルム紀の古生物。トンボと比べて翅はやや単調で、触角は長い。翅を広げて50cmほどの巨大種が多い。メガネウラなどが属する。50種ほど知られている。


ハサミムシ(革翅目/ハサミムシ目)

コブハサミムシ

末端の強大なハサミが特徴。後翅のみで飛行し、それを細かく折り畳んで小さな前翅に収納する。2,000種ほど知られている。


ジュズヒゲムシ(絶翅目/ジュズヒゲムシ目)

ジュズヒゲムシ

数珠状の触角を持つ微小な虫。翅のある種類はごく一部。シロアリと似ているが全く別。日本にはいない。60種ほど知られている。


カワゲラ(襀翅目/カワゲラ目)

カワゲラの幼虫(イラストは幼虫)

ケラではない。平たく縦長い寸胴で、末端2本の尾毛が目立つ。幼虫は水生昆虫が多い。3,500種ほど知られている。


直翅類(直翅目/バッタ目)

トノサマバッタ直翅目幼虫のラクガキクサキリ

翅を真っ直ぐに畳み、後脚が発達したものが多い。2万種ほど知られている。バッタコオロギキリギリスなどが属する。


カカトアルキ/マントファスマ(踵行目/カカトアルキ目/マントファスマ目)

カカトアルキ(イラストは擬人化表現)

カマキリナナフシを足して二で割ったかような見た目。日本にはいない。21種ほど知られている。

ガロアムシ/コオロギモドキ(非翅目/ガロアムシ目)

ガロアムシ

茶色でスレンダー体型、末端の尾毛が目立つ。現生種は複眼が退化的で翅を持たず、低温環境に適している。34種ほど知られている。


ナナフシ(ナナフシ目)

ダイエットオオコノハムシ

にそっくりで植物擬態の達者。コノハムシも属する。3,000種ほど知られている。


シロアリモドキ(紡脚目/シロアリモドキ目)

【ぴく虫】コケシロアリモドキ(イラストは擬人化表現)

シロアリではない。細長い体型の小さな虫で、前脚先端の膨らみからを繰り出し、樹皮などでを作る。400種ほど知られている。


ゴキブリ(ゴキブリ目:シロアリ以外、旧ゴキブリ目)

【むしーる】第G弾の一覧

平たい楕円形の体にトゲトゲな脚と長い糸状の触角を持つ。4,400種ほど知られている。


シロアリ(ゴキブリ目:シロアリ下目、旧シロアリ目)

ヤマトシロアリちゃん

アリではない。寸胴で白っぽい体の社会性昆虫。3,000種ほど知られている。


カマキリ(蟷螂目/カマキリ目)

ん、だれか呼んだ?

逆三角形の頭部に大きな複眼を有し、前脚は捕食用の鎌。2,400種ほど知られている。


アザミウマ(総翅目/アザミウマ目)

うま

葉を食害する微小な虫で、細長い体型と羽毛状の翅を持つ。6,000種ほど知られている。


半翅類(半翅目/カメムシ目)

アオクチブトカメムシ蝉の姿にときめいたあの頃。整形虫

針状の口吻と節の少ない触角を持つ。カメムシセミアブラムシなどが属する。8万種ほど知られている。


チャタテムシ(咀顎目:シラミ以外、旧噛虫目/チャタテムシ目)

長い糸状の触角を持つ微小な虫。翅を持つ種類は背中が盛り上がる。5,500種ほど知られている。


シラミ(咀顎目:シラミ上科、旧裸尾目/シラミ目)

MINORDER 34

哺乳類鳥類の毛で暮らす微小な寄生虫。翅を持たず、足元に大きな鉤爪を持つ。5,000種ほど知られている。


有翅類:完全変態

膜翅類(膜翅目/ハチ目)

オオスズメバチ花の蜜を吸うミツバチ…おかたづけ

膜質で脈の少ない翅を持つ。腰がくびれたものが多い。ハチアリからなる。15万種ほど知られている。


脈翅類(脈翅上目、広義の脈翅目/アミメカゲロウ目)

ヘビトンボラクダムシウスバカゲロウ

網目状の脈の大きな翅を持つ。ヘビトンボラクダムシウスバカゲロウなどが属する。6,000種ほど知られている。


ネジレバネ(撚翅目/ネジレバネ目)

ネジレバネ(雌雄)

メスと2齢以降の幼虫はハチの腹部の寄生虫。オスはねじれた後翅のみで飛行し、枝分かれた触角と偽平均棍に変化した前翅を持つ。600種ほど知られている。


甲虫(鞘翅目/甲虫目/コウチュウ目)

【むしーる】世界の兜鍬 一覧日本産構造色トリオナナホシテントウ

後翅のみで飛行し、前翅とほぼ全身の外骨格が硬い外皮に変化。カブトムシクワガタムシテントウムシなどが属する。36万種ほど知られている。


トビケラ(毛翅目/トビケラ目)

切り折り紙-トビケラ-

ケラではない。毛に覆われた大きな翅と長い触角を持つ。幼虫は水生昆虫。1万4,500種ほど知られている。


鱗翅類(鱗翅目/ガ目/チョウ目)

もふもすまとめ②オオミズアオ夢の蝶

鱗粉に覆われた大きな翅を持つ。幼虫はいわゆるイモムシケムシチョウからなる。17万5,000種ほど知られている。


シリアゲムシ(長翅目/シリアゲムシ目)

ヤマトシリアゲくん

縦長い頭部と細長い脚を持つ。オスの交尾器はハサミ状、多くがサソリの尻尾のように反る。ガガンボモドキも属する。600種ほど知られている。


ノミ(隠翅目/ノミ目)

ノミ

哺乳類や鳥類の表皮で吸血する微小な寄生虫。体は左右に平たく、翅を持たず、後脚が高いジャンプ力を持つ。2,500種ほど知られている。


双翅類(双翅目/ハエ目)

ヒトスジシマカ【勝手に昆虫切手作っちゃったシリーズ】No.16ギンバエ

前翅のみで飛行し、後翅は平均棍に変化。ガガンボハエなどが属する。12万種ほど知られている。


フィクションでの扱い

平安時代に記された物語『虫愛づる姫君』、『赤とんぼ』や『黄金虫』、『虫のこえ』に代表される童謡など古くから昆虫に纏わる文化が見られる日本においては昆虫を題材とした作品は非常に多い。

特に男児向けコンテンツにおいてはカブトムシクワガタムシは群を抜いた人気を誇る。



関連タグ

生き物 生物 動物 節足動物

小動物   バグ/bug

insect/インセクト

虫擬人化 昆虫擬人化 ぴく虫 ロリ昆

外骨格 関節 複眼 単眼 触角 六本足 五つ目

虫人


甲殻類:近縁。

トビムシカマアシムシコムシ:昆虫と同じ六脚類。

多足類ムカデヤスデなど)、クモガタ類クモサソリなど)、等脚類ダンゴムシフナムシなど):昆虫と同じ「虫」と呼ばれる節足動物。よく昆虫と誤解される。


成長過程完全変態の場合):

幼虫芋虫/いもむし/イモムシ 毛虫/ケムシ /蛆虫 孵化 脱皮

/さなぎ/サナギ 羽化

成虫 羽虫 飛行/飛翔 求愛 交尾 産卵


昆虫名タグ

▲付きは他の意味にも使われる。


無翅類

古顎目/イシノミ目:

イシノミ


総尾目/房尾目/シミ目:

シミ▲/衣魚/紙魚


不完全変態

蜉蝣目/カゲロウ目:

カゲロウ(昆虫)/カゲロウ▲/蜉蝣


蜻蛉目/トンボ目:

トンボ/蜻蛉/とんぼ/ヤゴヤンマ▲ ・・・その他まとめあり


革翅目/ハサミムシ目:

ハサミムシ


絶翅目/ジュズヒゲムシ目:

ジュズヒゲムシ


襀翅目/カワゲラ目:

カワゲラ


直翅目/バッタ目:

バッタ/飛蝗イナゴ▲ ・・・その他まとめあり

コオロギ/蟋蟀 キリギリス スズムシ/鈴虫 ケラ▲/オケラ/螻蛄 カマドウマ クツワムシ マツムシ ウェタ リオック


踵行目/カカトアルキ目/マントファスマ目:

カカトアルキ/マントファスマ


非翅目/ガロアムシ目:

ガロアムシ


ナナフシ目:

ナナフシコノハムシ


紡脚目/シロアリモドキ目:

シロアリモドキ


ゴキブリ目:

ゴキブリ シロアリ


蟷螂目/カマキリ目:

カマキリ/蟷螂/かまきり


総翅目/アザミウマ目:

アザミウマ/薊馬


半翅目/カメムシ目:

カメムシサシガメトコジラミ/ナンキンムシ/南京虫グンバイムシ ・・・タガメアメンボなどは水生カメムシにまとめ有り

セミ/せみ/▲:ツクツクボウシヒグラシ▲ ・・・その他まとめあり

アブラムシ/あぶらむし雪虫/ゆきむし

ツノゼミ ヨコバイ ウンカ/雲霞 ハゴロモ▲ カイガラムシ コナジラミ


咀顎目:

チャタテムシ シラミ/


完全変態

膜翅目/ハチ目:

/ハチ▲/はち /アリ/あり ・・・各項目にまとめ有り


広義の脈翅目/アミメカゲロウ目:

ヘビトンボ アリジゴク/蟻地獄 ウスバカゲロウ ツノトンボ クサカゲロウ カマキリモドキ ・・・その他まとめあり


撚翅目//ネジレバネ目:

ネジレバネ


鞘翅目/甲虫目/コウチュウ目:

甲虫カミキリムシテントウムシコガネムシカブトムシクワガタムシ ・・・その他および各項目にまとめ有り


毛翅目//トビケラ目:

トビケラ


鱗翅目/ガ目/チョウ目:

/▲ /チョウ ・・・各項目にまとめ有り


長翅目/シリアゲムシ目:

シリアゲムシガガンボモドキ


隠翅目/ノミ目:

/ノミ


双翅目/ハエ目:

/▲ ガガンボ ユスリカ チョウバエ

//ハエ /アブ /ブユ/ブヨ

関連記事

親記事

汎甲殻類 はんこうかくるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11182515

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました