ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クワガライジャー

くわがらいじゃー

クワガライジャーとは、スーパー戦隊シリーズ第26作目『忍風戦隊ハリケンジャー』に登場する戦士である。
目次 [非表示]

「蒼天の霹靂!牙忍、クワガライジャー!」


声:姜暢雄

スーツアクター:今井靖彦


概要

電光石火ゴウライジャーである霞兄弟次男の霞一鍬がゴウライチェンジャーで変身した姿。

スーツカラーは紺色でスーツ特性はクワガタムシ


が変身したカブトライジャーがパワー系に対し、クワガライジャーはスピードとテクニックに優れる。


戦力・超忍法

イカヅチ丸

兄弟の共通装備である手。攻撃タイプの「十字の型」防御タイプの「円月の型」に変形する。


スタッグブレイカー

ゴウライガジェットのひとつでハサミ型。挟んだ敵に電流を流し込む。

イカヅチ丸の先端に取り付ける事も可能。

アバレンジャーVSハリケンジャー』では当時まだ敵だったアバレキラー相手にコレで本気で攻撃した事も

クワガタをモチーフにしてるだけあり、その挟む力凄まじい。パワー自慢のハリケンイエローが腹部を挟み込まれた際は、手も足もでず、自身で脱出することは出来なかった。最初は身体を仰け反らせ、腰を突き上げながら絶叫を上げて必死に苦痛を逃していたイエローであったが、クワガライジャーが容赦なく長時間グイグイとイエローの腹部を締め上げた為、途中からは流石の吼太も息も絶え絶えになってしまい、喘ぐ様に苦しんでいた。しかし、クワガライジャーがハリケンイエローを甚振ることに集中していた余り隙が生まれ、レッドとブルーに反撃を許すことにも繋がってしまった。


超忍法・牙稲妻

頭部のハサミ部分から電撃を放つ。電撃で相手を拘束することも可能で、ハリケンイエローを縛り上げたまま空中で何度も振り回して苦しめ、そのまま海に投げ捨てた。


迅雷流剣技・雷牙一撃

稲妻を纏ったイカズチ丸を大きく袈裟斬りに振るう必殺技。最終回ではスタッグブレイカーを取り付けた状態で発動。


迅雷流剣技・雷牙一閃

稲妻を纏ったイカズチ丸とスタッグブレイカーで敵を罰の字に切り裂く必殺技。


迅雷流奥義・鬼雷爆撃破

伝説の魔剣「鬼雷丸」を使って発動する奥義。

しかし、その本質は味方を攻撃してしまう味方殺しの奥義である。


迅雷流奥義・鬼雷爆撃破(自己流)

電撃の効かない風船忍者ゴムビ・ローンに使用。

鬼雷丸を叩き折り、片刃を投げ付けて敵に突き刺し、もう片方の刃で唐竹割りを見舞う。

恐らく、片方の刃は相手に傷口を作って体内に電気を流しやすくする他、電撃を誘導する目的で投擲したのだと思われる。また、一鬼を乗り越えた証故か、ゴムビ・ローン諸共、鬼雷丸は爆散した。


バリサンダークワガタイプ

クワガライジャーが乗るバイク。ハリケンジャーと敵対していた際には3人を何度も轢いて苦しめた。また、ハリケンイエローに対しては、車体で身体を押し潰したこともある。巻之三十七ではマンマルバ暴走体の体内に囚われたゴウライジャーを救出するため、野乃七海が乗った。


ゴウライスタッグ

5弾/ゴウライスタッグ

クワガライジャーのシノビマシン。クワガタムシを模した戦車。

轟雷神の下半身を構成する。


余談

公式で紺色カウントだが199ヒーロー大決戦にて黒十字王の手でレンジャーキーから実体化させられた際にはグリーン・ブラックチームに入れられている(兄もクリムゾンでありながらレッドチームに入れられているが)


海賊戦隊ゴーカイジャーではアイム・ド・ファミーユ/ゴーカイピンクが変身するため、スカートになったクワガライジャーが見れる。また、本家が血の気に満ちているため、おっとりした彼女だと違和感があるだろう。


関連タグ

電光石火ゴウライジャー


キョウリュウネイビーホウオウソルジャー:後に登場した紺色の戦士。後者は深紅)とのツートンカラー。


スタッグバスタークワガタオージャーオオクワガタオージャー:クワガタモチーフの後輩。


仮面ライダーアマゾンネオアルファ中の人繋がり。


歴代追加戦士

ガオシルバーカブトライジャー/クワガライジャー/シュリケンジャーアバレキラー

関連記事

親記事

霞一鍬 かすみいっしゅう

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19492

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました