ピクシブ百科事典

目次[非表示]

緑の光弾!天空忍者シュリケンジャー参上!

CV:松野太紀(『ハリケンジャー』、『ニンニンジャー』) 、橋本仰未(『10_YEARS_AFTER』)
スーツアクター:三村幸司(『ハリケンジャー』)、田中宏幸(『10_YEARS_AFTER』、『ニンニンジャー』)

概要

忍風戦隊ハリケンジャー』に登場する、御前様直属の天空忍者英語混じりで話す。
疾風流と迅雷流の両方の忍術を極めている宇宙統一忍者流の忍者で、その実力はハリケンジャーゴウライジャーを軽く凌ぐほど高い。
またここ一番では重いプロテクターを脱ぎ捨てマスクの上部を回転させファイヤーモードにパワーアップ、野球をベースとした戦闘スタイルで戦う。その際、なぜか江戸っ子口調になる。

千の顔を持つ男」の異名通り、劇中では一度も素顔を見せることはなく、毎回変装した姿で登場した。戦闘においても、例えハリケンジャーらが変身解除するほどの大ダメージを負ったとしても決してその変身が解けることはなかった。ちなみに、変身している状態でも飲食ができるらしく、第27話では焼き鳥をほおぼっていた。ただし、度々変装前の素が出ることがあり、これが身バレに繋がる事もあった。
その姿は歴代スーパー戦隊シリーズに出演したことのある俳優が演じている。変身後の声は共通して松野太紀が演じる。
使命感と徹底して正体を秘匿する姿勢からハリケンジャーたちの反感を買った事もあったが、流れバチの習得後に和解している。

6人目の戦士」ポジションであり、『海賊戦隊ゴーカイジャー』ではレジェンド大戦にも参戦している。

変身前の変装した姿を演じた俳優は以下の通り。

変装した姿俳優話数
柿生太郎大柴邦彦電磁戦隊メガレンジャーメガレッド巻之二十三
鼓六平西岡竜一朗救急戦隊ゴーゴーファイブゴーレッド巻之乳十四、最終巻
三崎和也松風雅也電磁戦隊メガレンジャーメガブルー巻之二十六、最終巻
羅門勇作藤敏也地球戦隊ファイブマンファイブレッド巻之二十八
橋本善成増島愛浩激走戦隊カーレンジャーブルーレーサー巻之三十四、最終巻
滑川数馬岸祐二激走戦隊カーレンジャーレッドレーサー巻之三十五、最終巻
坂木鉄平和泉宗兵未来戦隊タイムレンジャータイムイエロー巻之三十九
浜田三平能見達也五星戦隊ダイレンジャーシシレンジャー巻之四十二、最終巻
菊池丈宍戸勝超力戦隊オーレンジャーオーレッド巻之四十四、最終巻
烈堂大葉健二バトルフィーバーJバトルケニア電子戦隊デンジマンデンジブルー巻之四十五

変身ポーズは変身前の俳優がかつて演じていた各戦隊での変身ポーズや名乗りポーズをアレンジしたものだが、大葉健二のみ『宇宙刑事ギャバン』の蒸着のポーズをとっている。(大葉氏曰く「バトルフィーバーには決まった変身ポーズが無く、デンジマンは指輪で変身するためボールで例えられないから」なお、アンパンを食するシーンがあるが、これがデンジマンネタになっている。)

最終話ではホームランそば朱里軒でシュリケンジャーゲストが総集結し、従業員がシュリケンジャーである事を匂わすラストで締めくくられた。

武器・技

  • シュリケンボール

緑色の小さなボール。シュリケンジャーへの変身アイテムであり、武器でもある。

  • シュリケンズバット
シュリケンジャーの主な武器となる刀。ファイヤーモード時にはバットになる。鞘の石突部分はマイクになっており、音声入力によって様々な技を発動できる他、通信機にもなる。
「シュリケン’sバット」であり、シュリケン「ズバット」ではない。多分。
アカニンジャーVSスターニンジャーではスターニンジャーが使用し、『機界戦隊ゼンカイジャー』ではツーカイザーも使用した。

  • ニンジャミセン
6人のシノビメダルを集めて入手した三味線型の武器でリボルバーマンモスの召喚の他、ガンモードとしても使用可能。
各々の刀を合体させて使用し、ハリケンジャーとゴウライジャーは専用のバチ、シュリケンジャーはメダルで演奏する。必殺技は衝撃波を次いで大ダメージを与える「衝撃波六重奏」とビクトリーガジェットとの同時攻撃「最強奥義・天風雷撃波」。「10 YEARS AFTER」ではビクトリーガジェットと合体した「六重連ファイナルガジェット」を披露

  • 冷凍剣
シュリケンズバットの刀身から冷凍エネルギーを放つ。 
ハリケンジャー達を凍らせて一時的な仮死状態にし、宇宙サソリを切除した。解凍は解凍剣で行う。

  • プラズマ剣
シュリケンズバットの刀身からプラズマエネルギーを放つ。

  • ファイヤー剣 / 火炎剣
シュリケンズバットの刀身から火炎放射を放つ。通常時とファイヤーモード時では、技名が異なっている。

  • 翼忍剣技・天空斬
宙返りからシュリケンズバットでの斬撃を決める。

  • 超忍法・秘打千本ノック
シュリケンズバットで無数のボールを打ち、相手をめった打ちにする。
後に『アメトーク』のスーパー戦隊大好き芸人回で野球仮面がこれを使用した。

  • 超忍法・分身魔球
分裂するボールを投げつけて攻撃する。

  • 超忍法・空駆け
元々は疾風流の空忍が使う技。ハムスター館長がシュリケンジャーの出自に疑念を抱く切っ掛けとなった。

ゴーカイグリーンに大ダメージを与えた。

シュリケンジャー専用のカラクリ巨人)。ヘリコプター型のシノビマシン形態からカラクリ巨人形態に変形する。






※以下、ネタバレ注意




その正体と最後の活躍


その正体は最後まで明らかにならなかったが、ハリケンレッド同様に空忍科専用の技も使用していることから、日向無限斎は10年前に突如失踪した忍風館・空忍科の「ハリケンジャーに一番近かった男」ではないかと推測しており、日向おぼろと顔見知りの可能性が示唆されている。

終盤、仕えていた主である御前様=覚羅が奮闘虚しく命を落としたことで鷹介たち5人がそのショックから立ち直れない中、覚羅の意思を組んで5人を叱咤激励する。

そんな中人々から生体エネルギーを吸い取っていたサタラクラを迎え撃つことになるが、そこに仇敵サンダールが現れる。
怒りをあらわにしながらサンダールに挑むシュリケンジャーだったが、その実力を前に返り討ちに遭ってしまう。

満身創痍になりながらも5人に忍者の使命を伝えるが、仮面を割られて素顔を暴かれたサタラクラが怒りのままに巨大化。

「天空忍者、シュリケンジャーの力…今こそ見せてやるっ!」

天空神で特攻をかけたシュリケンジャーは我が身を犠牲にサタラクラを討ち取った。

「御前様の仇を、この星を、未来を…!
 頼むぞ、ハリケンジャー!頼むぞ、ゴウライジャー!」

遺影も飾られたのだがその後の生死については作品によって扱いが異なっている。

その後のシュリケンジャー

「アバレンジャーVSハリケンジャー」

終盤での邪忍イーガとの決戦でリボルバーマンモスと共に駆けつけて援護を行い、「地球の平和を乱す奴がいる限り、ミーはいつでも現れるのさ。」と言い残して去っていった。
生存していたのか、一時的に蘇生したのかは不明。

「10 years after」(ネタバレ注意)

「我こそは、忍者の中の忍者!」
本作では明確に死亡している扱いになっているため、かつて戦っていた本人は登場しない。
鷹介を慕う少年・天界が「伝説の後継者」になる決意をしたことでシュリケンジャーのシノビメダルに選ばれ、彼がシノビチェンジ。
ハリケンジャー、ゴウライジャーと共にジャカンジャと戦った。
名乗り口上も変わり、「我こそは忍者の中の忍者」と和訳になった。

手裏剣戦隊ニンニンジャー

天界ではなく、テレビ本編と同じ松野氏が演じている。英語交じりの口調や変装(忍装束姿の伊賀崎旋風に変装した)も健在であった。
「忍者の名誉を守る会」の会員となっており、冬期講習の講師として現れ、ニンニンジャーたちと共に妖怪フダガエシと戦った。
彼が去った直後、ニンニンジャーと牙鬼軍団の最終決戦が繰り広げられることとなる。

ちなみに、そのコードネームとマスクが十字手裏剣型であることから松尾凪ミドニンジャーっぽいね」と言われて即座に訂正していたのだがまさかその後本当にミドニンジャーが現れることになるとは当時誰も思ってなかったであろう。

スーパー戦隊最強バトル!!

BATTLE1で惑星ネメシスに招待されたばかりの朝加圭一郎の側を大剣人ズバーンニンジャマンと共に通り過ぎて行ったり、カグラ梅盛源太の後ろにいるが確認できる。
トーナメントでは『変化球チーム』に振り分けられ、ニンジャマンやシグナルマンと組んで『怪力チーム』(グリーンサイガオブラックボウケンイエロー)と戦ったが、グリーンとブラックによって3人纏めて抑え込まれた処へバケットスクーパーを受けて生き埋めになり、出現したジェムをイエローに取られて敗北。別れの挨拶をして3人共姿を消した(恐らくリタによって地球へ帰されたと思われる)。
なお、変身後のみの登場で声も別人だが、英語混じりの口振りから初代の可能性が高い。

余談

劇中では最後まで素顔を見せない特殊な戦士となったが、既にゴウライジャーが追加メンバーとして存在しており、彼らが中心となるエピソードも予定されていたため、限られた話数で更なる追加メンバーの掘り下げを行うことは難しいと判断されたからとされている。そのためキャストクレジット上では人間態を持たない戦士と同様の扱いとなっている。

海外版『パワーレンジャー・ニンジャストーム』では「グリーンサムライレンジャー」として登場するが、こちらは変身者が明確になっており、センセイ・カノイ・ワタナベ(原典の無限斎)の息子のキャメロン・ワタナベが変身する。

声を演じる松野氏は、昨年の百獣戦隊ガオレンジャーで、時計オルグの声を演じていた。

関連タグ

忍風戦隊ハリケンジャー ゴウライジャー
スーパー戦隊シリーズ 忍者 戦隊グリーン 追加戦士
ニンジャブラック/スターニンジャー:前後の忍者戦隊におけるアメリカ枠。

ウルトラセブン21・・・・ポジション的に似ている。また、こちらも複数の人物に変身した。

キグナス・ゾディアーツ…松野氏が声を演じたが人間態の演者が異なるライダー怪人
ヨシー・ウラザー…同じ演者で顔が変形して性格が変わる戦隊怪人

番場壮吉/ビッグワンジャッカー電撃隊における元祖変装の名人
ゴーカイチェンジ…こちらは逆に歴代のレジェンド戦隊(変身後)に変身する

平行線コンビ…東映アニメの中の人能力繋がり。高遠が『good luck!』と言ったこともある。次回作で、樹らんる金田一少年の事件簿名探偵コナンを混ぜたような台詞を発する回がある(銃口に詰め物をして暴発させるという作戦を練ったこともあった)

スーパー戦隊シリーズ歴代グリーン(追加戦士、番外戦士)
ドラゴンレンジャーシュリケンジャーメレ

歴代追加戦士
大神月麿霞一甲/霞一鍬/シュリケンジャー→仲代壬琴

関連記事

親記事

忍風戦隊ハリケンジャー にんぷうせんたいはりけんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シュリケンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27898

コメント