2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

演:中村嘉惟人

キニンジャーの変身者で、ラストニンジャ伊賀崎好天の孫の1人。16歳の高校2年生。
伊賀崎天晴を「タカちゃん」、伊賀崎風花を「ふうちゃん」、加藤クラウド八雲を「やっくん」、百地霞を「霞ちゃん」、キンジ・タキガワを「キンさん」と呼ぶ。
天晴によると以前からいたずら小僧であったらしい(ただし第1話では登場初っ端から丸腰の相手に対して忍シュリケンによる不意打ちをするという、かなり危険なイタズラをかましている。皆笑って許しており、さらには直後にによるイタズラを受けてはいるのだが)。

性格

明るく人懐っこく、それ故何も考えていないようにも見えるが、将来に備えて資格を取るのが好きという「資格マニア」としての一面も持つ。どうやら忍者も資格の一つ程度に捉えているらしく、忍術の参考書も沢山読み込んでいる。但しそのために幾分マニュアル思考に陥りがちな部分も出てしまい、第3話では敵の不意打ち等に対応しきれなかったため一旦参考書を片付けている。将来の目標は公務員らしい。
第8話で風花と2人で同じ鳥見台西高校に転校した。

また、縁の下の力持ち的存在で、13話では天晴・キンジとの二人三脚の呼吸合わせの役を、24話では旋風に対し、風花が遊園地で喜ぶためのアドバイスを的確に提供していた。

物語中盤以降は発想の柔軟ぶりにさらに磨きがかかり、23話では上級手裏剣忍法をマスターし、31話では十六夜流忍者ムジナを先回りする作戦で倒したりした(この時の作戦で使った忍法は、後に新しいオトモ忍を完成させるきっかけとなる)。ちなみに、どちらも霞の助言がきっかけである。
また、忍者として戦う中でラストニンジャになりたいという思いが強くなったようで、37話で進路希望調査票にラストニンジャを第一希望として書いた。同話では好天から差し出されたラストニンジャになる過程を体験するゲームを通じて「強さ」、「優しさ」、そして何より「覚悟」が必要であると知るが、終盤では彼らの予想を遥かに超える重い宿命を突き付けられることとなる…

余談

名前の由来は伊賀出身の俳諧師・松尾芭蕉だと思われる。
芭蕉の忍者説は賛否両論あるものの、少なくとも忍者には、様々な職業をそつなくこなせる技能が必要な事、そして芭蕉がかつて現在で言う「公共工事の現場監督」の経験があった事は事実である。
凪が資格マニアで、オトモ忍が工事関係のメカなのもそういった設定からかもしれない。

魔法戦隊マジレンジャー小津翼(マジイエロー)以来実に10年ぶりとなる男性イエローであり、歴代で18人目にあたる。ちなみに翼はニンニンジャー本編にもゲスト出演している。

関連タグ

手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンジャー

戦隊イエロー
ミオ松尾凪レオ

関連記事

親記事

ニンニンジャー にんにんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「松尾凪」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「松尾凪」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 287573

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました