ピクシブ百科事典

キンジ・タキガワ

きんじたきがわ

キンジ・タキガワとは「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のキャラクターである。

「忍なれどもパーリナイッ!(party night !)」

概要

演:多和田秀弥
スターニンジャーに変身する、自称「妖怪ハンター」の青年。
伊賀崎好天を倒し弟子入りを果たすため、アメリカ西部の田舎町から彼を追いかけて日本へとやって来た。見た目は明らかに日本人だが、そこは先代のように日系アメリカ人という立場なのかもしれない。

西部出身らしく(?)容姿はカウボーイガンマンを彷彿とさせるウエスタンルック(ちなみに後述の家族も同じような服装をしている)で、背中には武器の「スターソードガン」を収めたファイヤーパターンのギターケースを担いでいる。また、妖怪の足跡を標本にするための石膏なども持ち歩いている。
アメリカ出身故に英語のネイティブスピーカーであるが、芝居がかった江戸っ子風の日本語(時代劇落語を聴いて勉強したらしい)も話すことのできるバイリンガルである。
忍術は独学、使役するオトモ忍や各種装備は好天の著書を参考に自作したものと、高い知能や技術力を持っている事を窺わせる。

口調は腰が低いが、アメリカ人特有の良く言えば積極的、悪く言えば図々しい態度の持ち主。そのせいかイギリス育ちの八雲とは衝突しがち。
自分の戦いは人助けではないと嘯くが、実際は危機に陥った者を見過ごせない正義感も備えている。
また、大の妖怪マニアであり、自分と妖怪のツーショット写真をコレクションしているほか、天狗河童などメジャーな妖怪が既にニンニンジャーたちに倒されていると知った際には酷い落胆振りを見せた。

封印の手裏剣には興味を示さずその場に捨ててしまうが、ニンニンジャーや十六夜九衛門とはまた別に、独自に終わりの手裏剣を探している模様。

好天に孫達を倒せば弟子入りを認めると言われ、彼らを付け狙いつつも家におしかけて朝食を勝手に作ったりと世話を焼いていた(ただし作る食事は朝からステーキなどやたらボリュームのきついもの)が、好天に「そんな中途半端な気持ちの奴は弟子にせん」と言われてしまったため、以後は刺客に専念するようになっており、1ヶ月という期限もあってか所かまわずかかってくる(妖怪が現れた時は別)。おかげで風花に「いい加減にして」とマジギレされてしまい、刺客に門限を設けられる羽目に合ったりもした。
そんな状態だからかニンニンジャーからもなかなか本名で呼ばれず、「スターニンジャーさん」とか「スター」とか呼ばれてしまっており(なお、彼は天晴達を名前の後ろに「坊ちゃん」・「お嬢ちゃん」と付けて呼んでいる)、「キンジ君」と名前で呼んでくれているのは旋風さんぐらいだったが、17話からは天晴も「キンちゃん」と呼ぶようになったのを皮切りに他のメンバーも名前で呼ぶようになっていった。最終的に意固地にスター呼ばわりしていた八雲とも和解して「キンジ」と名前で呼ばれるようになり、こちらも彼に「ヤッキー」のニックネームを贈った(本人は嫌がったが)。

常に持ち歩いている写真の人物は父と兄のレイジであり彼と同じく妖怪ハンターだったが、いつも家におらずその写真も一度だけ三人で集まれた際に撮れたものであった。二人は彼が幼い頃に妖怪に殺されており、家族と言うものを知らずに育った過去を持つ。
そのため、伊賀崎親子が見せる家族の温かみを内心複雑そうに見ていたりする。

17話で弟子入りの期限が過ぎてしまい(原因は日付変更線による時差ボケで期日を間違えていた)、得たばかりのサーファーマルに乗って一端は帰国するものの、18話の巨大戦の最中、天晴が(サーファーマルの)オトモ忍シュリケンを渡し忘れていた事に気付き、それを使った事で半強制的に呼び戻される。戦いの後、また帰国しようとするも5人の説得により、再びニンニンジャーと共に戦う事を決意し、九衛門の誘いも断った。

その後第20話で天晴が獅子王を仲間にしたこともあり、好天の「弟子見習い」という微妙な立場ではあるが、ニンニンジャーへと加入することになった。
獅子王からも実力を認められているが「天晴ほど面白くない」らしく、第22話では八雲と共に超絶勝負チェンジャーを使いこなそうとするも全く上手くいかなかった。しかしその後二人が柔軟な発想を得たことで獅子王に認められ、超絶勝負チェンジャーの使用が可能になった。

そして第27話で西洋三大妖怪の最後の一体であり、自らの父と兄を手にかけた因縁の相手であるオオカミオトコとついに遭遇。仇を討つべく挑むも、オオカミオトコには「人間の武器は効かない」という特性があったために攻撃がまったく効かず、敗北を喫してしまう。
復讐心から戦っていることを以前から好天には見抜かれていたようであり、「妖怪ハンターとしてはそれでいいが、忍びを続けさせるわけにはいかない」と今回の一件でついには破門を言い渡されてしまう。
実は好天の弟子入りを望んでいたのは、いずれ弟子として「終わりの手裏剣」を手に入れ死んだ父と兄を蘇らせようとしているためであった。
一人オオカミオトコを打倒する術を探していた所に、またしても十六夜九衛門に接触され、復讐を遂げるために焦る気持ちに付け込まれて、妖怪の力を一体化、危うくその手に落ちかける。
しかし「妖怪ハンターとして妖怪を倒す」のではなく「私情を捨て忍びとして人々を守る」という忍びの本質に気付き、九衛門と決別。オオカミオトコとの戦いに苦戦するニンニンジャーの元に駆けつけ、復讐心からではなく、忍びとして人々を守るためにオオカミオトコと戦うことを決意。普通の武器は効かないオオカミオトコに対し、精霊である獅子王と融合しその力を引き出した「スターニンジャー超絶」となってこれを圧倒、見事撃破に成功した。
巨大戦終了後に覇王シュリケンジンのコクピットで、ニンニンジャー一同との写真を撮影、そしてついに好天から正式に弟子入りを認められ、それらをもって自らの新たなスタートとした。

しかしこのオオカミオトコとの戦いで生身で左腕を傷つけられた際に妖力が注入されており、その影響で徐々に妖怪化が進んでいた。
35話で再会した九衛門に「妖刀浦鮫(ウラサメ)なら妖力を吸い取り、妖怪化を防いでくれる」という言葉を信じて手にするが、これは九衛門の罠であり、同話ラストで遂にオオカミオトコに変身してしまう。
しかし精神世界で葛藤する中、仲間達の言葉を思い出し妖力をパワーに変え、スーパースターニンジャーへとパワーアップを遂げたのだった(同時に浦鮫も忍者激熱刀に変化し、ニンニンジャー全体のパワーアップにも貢献する)。

関連タグ

手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンジャー スターニンジャー
ジライヤシュリケンジャー:同じく英語混じりの口調で話すアメリカン忍者
梅盛源太/シンケンゴールド食べ物モチーフの変身アイテムを使うゴールド戦士繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「キンジ・タキガワ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364198

コメント