ピクシブ百科事典

妖怪カッパ

ようかいかっぱ

ここでは『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に登場する敵怪人としての河童について説明する。
目次[非表示]

「貴様!俺の消火器を火事にするとは、あべこべだ!」
CV:近藤浩徳

データ

身長:188cm(肥大蕃息時身長:45.1m)
体重:221kg(肥大蕃息時体重:530.4t)
好きな物:相撲
好きな場所:レイクサイド
攻撃力:★★☆☆☆
不思議な技:★★★☆☆
吹雪ガス:★★★★★
集める恐れ:突然湖から姿を現しては暴れ回り、水辺で襲われる人々から生み出される恐れ

概要

消火器」が封印の手裏剣と融合し、牙鬼幻月の邪悪な妖気の影響によって古来の「河童」伝承を受け継いで変化した妖怪
河童の皿に当たる頭部がまるで消防士のヘルメットの様になっており、上半身の赤い鎧に消火器の意匠が見られる姿をしている。

元となる器物が火を消す為の消火器だからか、絶対零度吹雪を噴霧して攻撃して来る。更に原典において相撲好きの河童らしく相撲の腕前も横綱級で、自慢の上手投げで相手を水中に叩き落とす事を得意としている。
また、腰にぶら下げた無数のチューブからガスを噴射しての飛行も可能。

活躍

既に誕生して街中で暴れていた所、基地に有ったガマガマ銃の感知能力を受けてニンニンジャーが駆け付けた為に交戦。

熱血漢なアカ「(※色は赤いが)まだまだ青い」と見下して相撲勝負で彼を投げ飛ばし、更に残りのメンバーも冷凍ガスを噴射させて苦戦させるが、エリート肌で忍法を易々と使えるアオ火属性の「めらめらじゃー」で燃やされ、一時撤退する(※因みに良く見ると、去り際に踏み付けられたにも火が引火していた)。

その後、再び街に出没して暴れていると単身でやって来たアオと交戦。慢心している彼の油断を誘い、今度は両手を使って威力を倍増させた冷凍ガスで彼の「めらめらじゃー」を打ち破る事に成功する。
然し、八雲を変身解除に追い込んだ物の、「本番で強くなる」と自称する天晴の助太刀で妨げられ、2人が変身したニンニンジャーと戦闘を再開。
互いにライバル心を抱いて切磋琢磨する2人を相手に苦戦し、更に金属性の「きんきらじゃー」の発動に警戒していたが、それが頭上からの盥落としだと気付かず、頭部に直撃して大事な皿を割られてしまう。
そして疲労困憊している所へ二人の必殺技の同時攻撃を叩き込まれて敗北した。

直後、九衛門の「肥大蕃息」の力で巨大化し、シュリケンジンと交戦。
お得意の冷凍ガスがドラゴシールドに防がれて無効化されると、背後のジェットで空を飛んで逃走を図り、身軽であっても対空戦術を持たないシノビマルを翻弄する。
だが、ロボの主導権がアオに移った事でシュリケンジンが「シュリケンジンドラゴ」に変形すると形勢が逆転。
自分以上に大空を縦横無尽に飛び回るドラゴに全方位から斬り刻まれて近くの山場に叩き落され、最期は必殺の「ドラゴバースト」を浴びて爆散するのだった。

余談

モチーフは言うまでも無く河童消火器。更に消防士スキューバーも含まれていると思われる。

DVDの映像特典の「忍者秘伝ノ書」にて、デザイナーのK-SuKe氏は「『器物に封印の手裏剣が刺さり、それが妖怪になる』という話だった為、消火器の殻を割って、河童が内側から無理矢理出てきたような姿をコンセプトにデザインした」らしく、他にも「『消火』からの連想で頭部の皿を消防士のヘルメットのようにし、泳ぎの得意な河童から消火器をスキューバダイビングの装備のようにした」とコメントしている。

声を演じた近藤氏は3年前の『特命戦隊ゴーバスターズ』にてデンシャロイド2の声を担当しており、更に2年後の『宇宙戦隊キュウレンジャー』でもユメパックンと言う序盤の敵怪人の声を演じる事となる。

関連タグ

手裏剣戦隊ニンニンジャー 牙鬼軍団 妖怪(ニンニンジャー) 河童
氷属性

カッパ(カクレンジャー):『忍者戦隊カクレンジャー』に登場した偉大な先輩。
河童のギエム郎:『天装戦隊ゴセイジャー』に登場した河童繋がりの怪人。

カッパ(魔化魍)カッパード:ニチアサの河童モチーフの敵繋がり。

関連記事

親記事

妖怪(ニンニンジャー) きばおにぐんだんのようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖怪カッパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント