ピクシブ百科事典

妖怪フタクチオンナ

ようかいふたくちおんな

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』忍びの15「妖怪、ワタシ失敗しないので」に登場する妖怪。
目次[非表示]

「ワタシ、失敗しないので」
声:沢城みゆき

データ

身長:187cm
体重:209kg
好きな物:おだんご
好きな場所:応接室
攻撃力:★☆☆☆☆
不思議な技:★★★★☆
話し合い:★★★★★
集める恐れ:無し

概要

眼鏡牙鬼幻月の邪気が宿る封印の手裏剣が刺さったことで変化した、古来の「二口女」の伝承を受け継ぐ女の妖怪
オトモ忍を利用した計略の為に晦正影に仕える。

眼鏡をかけてスーツを着た人間の女性のような姿をしているが、頭から口が生えているなど元の妖怪を思わせる意匠も併せ持っている。

呪術が施された契約書に拇印を押させることで、その相手を自在に操ることができる能力を持つ。この能力は、人間だけでなくオトモ忍にも有効である。また、契約を有利に進めるため、契約の話が終了するまで一切戦闘が出来なくなる会議室風の空間を作り出すことも可能。
話術にも長け、晦正影に対して「ワタシ、失敗しないので」と強気に言うあたり、自分の話術に相当の自信を持っていることが窺える。
他にも先端に歯のような機関を備えた伸縮自在の髪を触手のように操ることができるが、戦闘能力自体はあまり高くない。

本編中での活躍

スターニンジャー=キンジ・タキガワと別行動をとったロデオマルを騙して契約書に拇印を押させ、ニンニンジャーとの同士討ちを狙った。
この作戦は正影が立案したものであり、フタクチオンナはそれに併せてニンニンジャーのメンバーにも契約の呪いを与えることを提案するも、「お前如きがワシに意見するな」と一喝されてしまう。
それに対して不満を感じたフタクチオンナは、独断でキンジにも「ロデオマルを元に戻す」と言って契約を結ぶように迫り、それを阻止しようと駆けつけた八雲共々、契約交渉の専用空間へと引きずり込んだ。

結果、キンジを契約の呪いに陥れることに成功するが(ちなみにこの際ロデオマルは暴れたままであり、キンジとの契約内容が嘘であった事が窺える)、霞の口車に乗ってしまったことで次第に正影への不満を爆発させ、ついには「今までの自分を捨てて新しい自分へと変わる」と舞い上がった勢いでうっかりキンジとロデオマルの契約書を破り捨て、自ら呪術を解いてしまった。
その後、まんまと乗せられたことに逆上して単身で
モモニンジャーと交戦するが、彼女に敗北し、他の4人を含めた
ニンニンジャーに倒された(その際に「ワタシ、失敗しましたので・・・。」と言い残している)。

余談

妖怪、ワタシ失敗しないので
失敗シナイノデ


声を演じた沢城みゆきは、同時期にニチアサ枠で放送されていた『Go!プリンセスプリキュア』にてトワイライト(後の紅城トワおよびキュアスカーレット)役でレギュラー出演していたのだが、これまでプリキュアに出た女性声優が後に、あるいはそれ以前に戦隊シリーズに出たことは何度かあったものの、その年のプリキュア声優が同じ年の別のニチアサ作品に出るケースは珍しい。

ちなみにこの翌週には同作でクローズを演じた真殿光昭が妖怪カサバケとして出演している。さらに本作の1年後の作品にはカナタ王子役の立花慎之介敵怪人として登場していたりする。

後のストーリーにて、両者は「言葉巧みに騙されたのが命取り」という共通点も持つことが判明してしまった。どうしてこうなった

沢城女史は他に、過去の平成ライダーシリーズにも仮面ライダーディケイドキバーラ役等で出演しており、本作の出演に伴いニチアサ枠の東映系の番組に全て出演したこととなった。

また、フタクチオンナの発した「失敗しないので」は、言うまでもなくテレ朝系の某医療ドラマのパロディであり、次回予告の際、サブタイトルを名乗った(印象的なセリフが採用された)数少ない妖怪である。

関連タグ

手裏剣戦隊ニンニンジャー
牙鬼軍団 妖怪(ニンニンジャー) 晦正影
ヒトツミニチアサの二口女モチーフ繋がり。

6期鬼太郎妖怪城回では沢城女史の演じる鬼太郎が二口女とも戦った。

関連記事

親記事

妖怪(ニンニンジャー) きばおにぐんだんのようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖怪フタクチオンナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45775

コメント