ピクシブ百科事典

大門未知子

だいもんみちこ

大門未知子とは、テレビ朝日系列の医療ドラマ「Doctor-X」の主人公である。
目次[非表示]

概要

プロフィール

氏名大門未知子
生年月日昭和51年(1976年)1月7日
年齢41歳(第5期放送時点)
出身地広島県呉市
最終学歴明英医科大学 医学部 医学科
所属神原名医紹介所
特技、趣味手術
演者米倉涼子


Doctor-X」シリーズの主人公であるフリーランス外科医「私、失敗しないので」を口癖とし、その口癖通り完璧な施術を行う天才的外科医である。

特定の病院に属さない一流の医者達が所属する神原名医紹介所の所長神原晶を師としている。

人物

良く言えばクール。悪く言えば愛想がない。自分が心を開いた名医紹介所の人間などには子供のようなはっちゃけも見せるが、それ以外の人間に対しては冷淡に接し、物言いもかなり鋭い。特に、雇用契約を結んだ医療機関(主に大学病院)への態度は辛辣を通り越し無礼の域に達しており、契約成立早々に神原より「厳守事項」と称して自身が行わないこと(医師免許を必要としないあらゆる行為の強要)を一方的に通告し、それを飲んだとしても合意の握手すら「医師免許がいらない行為」として手を出さない。そのため、大学病院の医師の一部からは名字をもじって「デーモン」などとあだ名される。ただし、患者に対しては言葉遣いこそ素っ気ないが治療に全身全霊を注ぐ。

「三度の飯より手術が好き」な手術好きで、自身の履歴書の趣味や特技の項目には手術と記載している。3日以上メスを持たないと手が震えるとも語っており、もはや趣味・特技を超えた手術ジャンキーである。そのため、手術に対してはかなり積極的だが、病院の利権などが絡むと後述の理由からかその手術への関与を一切拒否する。

手術以外の趣味は麻雀卓球銭湯巡り、飲食ギャンブルなどがあるが、特段強かったり、グルメだったりという訳ではなく、医療以外の才は皆無のようである。

医療技術

日本キューバで医師免許を持っている。師の神原を除けば作中トップクラスの技量を持ち、未知子の施術を初めて見る医療関係者はその正確性と速度に圧倒される。知識も非常に広範囲で、基本的な医療知識に加え軍医船医など特殊な環境下でのみ培われる知識を備える。

また、両国で獣医師免許も持っており、未経験の競走馬の骨折治療をやってのける程に技術力は高い。

なお、未知子は手術に相当な体力を使うようで、術後はガムシロップをコップ一杯分飲み干す。

親族

父親の大門寛も外科医で、神原や第1シーズンで未知子に立ちはだかった毒島隆之介とは大学病院に勤務していた頃の同期だった。大学病院を退職後は小さな診療所を営んでいたが、病院内での選挙資金提供を拒否した逆恨みから毒島に営業妨害をされ診療所は閉鎖に追い込まれた。寛本人は診療所閉鎖からまもなく病気で他界しており、未知子は診療所が抱えた借金を1人で背負うことになった。神原はこの未知子の借金を肩代わりして支払っており、これがきっかけで未知子は神原に師事することになる。

診療所の閉鎖が毒島の病院内での権力闘争に協力しなかったことが原因であるためか、未知子は病院内での権力闘争や利権が絡むとその手術に対して協力することを拒むことが多い。

活躍

第1期では人材流出で人手不足に陥った帝都医科大学附属病院第三分院の第二外科に雇われるが、当時の久保院長の方針に逆らったため第1話で解雇される。だが、直後に久保が脳梗塞の発作を理由に院長を解任され、後任の毒島が改めて未知子と契約した。その後は毒島を中心とする第三分院の医師達と衝突しながら数々の患者を治療する。

第2期では旅行先の北海道で帝都医科大学附属病院本院の馬淵内科統括部長が飼育する競走馬の手術を行ったことからその手腕を買われ同病院に雇われた。しかし、馬淵の意図に反した手術を執刀したため早々に解雇される。だが、執刀した手術で同病院の蛭間外科統括部長が過去に手術ミスをしていたことが判明し、今度は蛭間に口封じもかねて雇われた。それ以降は外科と内科の権力闘争に巻き込まれながら様々な患者の治療を行っていく。

第3期ではバカンス中に毒島夫妻とクルーズ船で乗り合わせ、その船で発生した海難事故で毒島が倒れたため救護した。その際、毒島に疾患の兆候を発見したため、後にそれが原因で毒島が国立高度医療センターへ入院すると、先の救護活動を理由に毒島を「私の患者」だと主張してセンターに乗り込み、紆余曲折を経て毒島を治療した。執刀時、腐敗した当時のセンターの総長の後任に内定していた天堂の目に留まり、以後センターに雇われることになる。終盤では蛭間と神原がガンで倒れるが、未知子が手術を執刀し治療した。

スペシャル版では金沢のクロス医療センター病院長である黒須から雇われ、センターに入院したフィギュアスケート選手の氷室を手術することになった。しかし、それは投薬治療を支持する黒須が投薬治療の優位性を見せるための噛ませ犬として雇われただけで、未知子は手術直前に黒須が差し向けた暴漢に襲われ利き腕を負傷した。手術からの長期離脱を余儀なくされた未知子は自暴自棄気味になり、一時は神原達とも連絡を経ち偶然出会った山里の集落で生活していた。しかし、集落の者から発破をかけられて外科医に復帰し、氷室の手術に成功する。

第4期ではニューヨーク滞在中に中華料理店で倒れた妊婦を急性胆道炎と見抜き、手術で救った。この時、現場に居合わせた久保東子(1期に登場した久保院長の妹)の目に留まり、東子が副院長として赴任した東帝大学病院に雇われた。直後に東子とは対立し解雇されるが、執刀医が想定以上の腫瘍範囲を理由に執刀拒否をした難手術を成功させたため、院長の蛭間により病院に再雇用された。終盤では第2期から相棒同然として共に活動していた麻酔科医城之内博美がガンとなり、彼女の手術を執刀し治療した。

第5期では温泉帰りに乗った路線バス運転手が心臓疾患で意識不明となり、偶然通りかかった志村東帝大学病院院長の車に乗せて近くの病院に搬送して緊急手術を行った。この時の手際の良さが志村の目に留まり、東帝大学病院に雇われることになる。その後、志村は不倫スキャンダルで院長の座を追われるが、後任の蛭間により雇用契約は継続された。

関連タグ

Doctor-X 神原晶 城之内博美

pixivに投稿された作品 pixivで「大門未知子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36095

コメント