ピクシブ百科事典

神原晶

かんばらあきら

神原晶とは、テレビ朝日系列の医療ドラマ「Doctor-x」に登場する元医師である。(メイン画像中央の人物)
目次[非表示]

概要

プロフィール

氏名神原晶
年齢70歳(第5期放送時点)
所属神原名医紹介所
演者岸部一徳


主人公大門未知子などが所属する神原名医紹介所(当初は医師紹介所神原)の所長。未知子達の契約や報酬請求など事務方全てを引き受けており、話の終盤に風呂敷に包んだ木箱入りメロンと請求書を持って雇い主を訪ねるのは本作の定番シーンの一つとなっている。

未知子に勤め先や患者の内部事情など教える役割も持っており、相当な情報網を持っていると思われる。

未知子の医者の師匠で、かつては医師免許を持つ凄腕の医者だったが、同僚(後述の黒須貫太郎)の策略により免許を取り消されている。

本作のタイトル「ドクターX」とは、元々医師免許剥奪後の神原を含めた複数の天才医師達の総称で、神原達は未承認術式や成功率の低い術式を成功させ、法外な報酬を請求する現在の神原名医紹介所と同様のスタイルで世界中を飛び回っていた。

大学病院勤務時代の同期に、未知子の父 大門寛、第1期で未知子に立ちはだかった毒島隆之介、第1期・第4期序盤で舞台の病院で病院長を務めていた久保茂がいる。また、大学病院退職後にキューバで活動していた頃の同僚には現クロス医療センター病院長 黒須貫太郎がいるなど、作中の大物と繋がりが多い。

人物

基本的ににこやかで飄々としながらも、底が知れないしたたかさを持っている。それが如実に現れるのが本作定番の法外請求場面で、未知子達が担当した手術や雇い主の事情を徹底的にリサーチし、値段を良心的な価格のように思わせ、納得の上支払わせてしまう。そのため、やり口はかなり悪どいのだが脅し文句などはほとんど口にしない。

紹介所に所属する医師達を非常に気にかけており、特に医師のイロハから叩き込んで育てた未知子への愛情は人一倍で、もはや父と娘のような関係性である。

医療技術

未知子の師匠なだけあって知識・技量共に作中最高レベルで、未知子が作中で披露する仰天の術式も、即座に理解し解説できるほどである。それどころか、未知子が術中に異常事態などで手が止まった時、観覧スペースからスピーカー越しにアドバイスを与えることすらある。

親族

血縁者は今まで登場しておらず、家族と呼べるほど付き合いが深いのは未知子とペットのネコ(名はベンケーシー)くらいである。

活躍

全シーズンを通して未知子達のサポートやアドバイス役をしているが、第3期終盤では自身が肺ガン及びガンの脳転移という重篤な状態で未知子の患者となり手術を受けた。

関連タグ

Doctor-X 大門未知子 城之内博美

関連記事

親記事

Doctor-X どくたーえっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神原晶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8425

コメント