ピクシブ百科事典

仮面ライダーディケイド

かめんらいだーでぃけいど

仮面ライダーディケイドとは、2009年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第10作目である。全31話。
目次[非表示]

「通りすがりの仮面ライダーだ、覚えておけ!」

概要

2009年1月25日から8月30日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜日午前8時~8時30分に放映されていた特撮テレビドラマ作品。
本作は平成仮面ライダーシリーズ10作目にあたる。"decade"とは10年間、10周年などを意味する。
略称は「DCD」である事が多い。
主人公門矢士が変身する仮面ライダーについては「ディケイド」の記事を参照。

最大の特徴は「10年に一度のお祭り」とのコンセプトの元、これまで放映された平成ライダーに登場する仮面ライダーに加え、それ以前の作品に登場する仮面ライダー(昭和ライダー)も1部登場するクロスオーバー作品であり、主人公らが、これまでのライダーシリーズ作品をモチーフにした様々な平行世界を巡るという、一種のロードムービー的な要素も備えている。
それらの平行世界で登場する仮面ライダー達は原典の作品と似た別人という扱いであり、演じるキャストも多くは原典とは異なる。製作陣はこれらの平行世界のライダーをリ・イマジネーションライダーと名付けている。キャラの性格・立ち位置・年齢なども原典とはわざとずらしておりその違いを楽しむ作品という色合いが強い。
また、その性質上他作品とのクロスオーバーもしやすく、同時期に放送されたスーパー戦隊シリーズ第33作・侍戦隊シンケンジャーともクロスオーバーしており、作中では同作と並行してストーリーが進む構成となっていた。
原典をよく見ていないとわからない小ネタや原典で没になった設定も使われている。

本作の話数について

多くのアニメ等と異なり、番組が1年間放送される事が「ある意味でのデファクトスタンダード」となっている「ニチアサ枠」は大体4クール50話前後が基本となっている中、本作はTVシリーズが全31話であり「ニチアサ枠のライダー史上、唯一年を越していない作品」である。現時点では他に例を見ないが、これは「ライダーシリーズとスーパー戦隊シリーズの商品販売スケジュールをずらしたい」という、玩具販促側の事情から始まった計画であり、作品が打ち切りになった訳ではない。「ディケイドは約8ヶ月で終了し、次のライダーに枠を引き継がせる」という取り決め自体が番組企画時から定められていたものであり、視聴者に対しても放映開始前からメディアを通じて告知されていた。
実はクウガ当初から仮面ライダースーパー戦隊の放送時期をずらしたい意向はあったが、東映特撮の内規の都合等で長年棚上げ状態だったが、本作で実現を果たした。
このスケジュール調整は上手く機能したようで、ディケイドとそれに続く『W』以降、平成ライダーは玩具売り上げを大きく伸ばす事に成功している。

また、本作のキャラクターである門矢士と海東大樹が、『仮面ライダージオウ』に合わせて18話分出演した事により、2009年の放送分の31話+ジオウ出演分の18話=49話分、つまり10年越しに他の作品と同じ話数に並んだ事になる。

登場人物

主要人物

門矢士/仮面ライダーディケイド
光夏海
小野寺ユウスケ/仮面ライダークウガ
海東大樹/仮面ライダーディエンド
光栄次郎
鳴滝
キバーラ

異世界の主たる仮面ライダー(リ・イマジネーションライダー)

ワタル
辰巳シンジ
剣立カズマ
尾上タクミ
芦河ショウイチ
ソウジ
アスム
海東純一
二人の光太郎
山本ダイスケ

呼称表

が\にユウスケ夏海海東鳴滝キバーラ
ユウスケ夏海/夏みかん海東鳴滝キバーラ
ユウスケ夏海ちゃん海東さん→海東鳴滝さんキバーラ
夏海士君ユウスケ大樹さん鳴滝さんキバーラ
海東小野寺君夏メロン鳴滝さん???
鳴滝ディケイド小野寺君夏海君海東君キバーラ
キバーラユウスケ夏海???鳴滝さん

A.R.WORLD

膨大なデータ故にリ・イマジネーションライダーの項を参照されたし。

エピソードタイトル一覧

2009年1月25日~同年8月30日にTV放送されたエピソード全31話を表示

話数 タイトル
第1話 「仮面ライダー大戦」
第2話 「クウガの世界」
第3話 「超絶」
第4話 「第二楽章♪キバの王子」
第5話 「かみつき王の資格」
第6話 「バトル裁判・龍騎ワールド」
第7話 「超トリックの真犯人」
第8話 「ブレイド食堂いらっしゃいませ」
第9話 「ブレイドブレード」
第10話「ファイズ学園の怪盗」
第11話「555つの顔、一つの宝」
第12話「再会 プロジェクトアギト」
第13話「覚醒 魂のトルネード」
第14話「超・電王ビキニング」
第15話「超モモタロス、参上」
第16話「警告:カブト暴走中」
第17話「おばあちゃん味の道」
第18話「サボる響鬼」
第19話「終わる旅」
第20話「ネガ世界の闇ライダー」
第21話「歩く完全ライダー図鑑」
第22話「ディエンド指名手配」
第23話「エンド・オブ・ディエンド」
第24話「見参侍戦隊」
第25話「外道ライダー、参る!」
第26話「RX!大ショッカー来襲」
第27話「BLACK × BLACK RX」
第28話「アマゾン、トモダチ」
第29話「強くてハダカで強いヤツ」
第30話「仮面ライダー大戦・序章」
第31話「世界の破壊者」

余談

山形テレビでは編成上の都合で、本来仮面ライダーシリーズが放送される時間帯に長年地元討論番組提言の広場が放送されていた為、視聴者からの不満があったが、本作4月放送分から提言の広場が漸く時間帯移動し、念願の同時ネットが叶ったのであった。

関連タグ

仮面ライダー 平成ライダー ディケイド DCD
クライマックスヒーローズ 仮面ライダーダークディケイド
ムネモシュネディケイド 仮面ライダースーパーディケイド
リ・イマジネーションライダー
侍戦隊シンケンジャー
ウルトラマンマックス :制作サイドの都合で従来作品より放送期間が短くなった特撮作品つながり。歴代作品でも類を見ないほど多彩で様々な作風のエピソードが生み出されていたりと、「つなぎの作品という環境も利用して様々な挑戦を行った」という点も共通点

仮面ライダージオウ:ディケイドと同じ記念作品。過去作とのクロスオーバーをはじめ、設定やストーリーに様々な共通点がある。白倉プロデューサー曰く、ディケイドはジオウにとって「物語の劇薬となる」存在とされ、ライドウォッチは中間フォームアイテムとして登場。更に士と海東が新たな変身アイテムを手に登場、そして2人共レジェンドでありながら複数回に渡って登場(特に士は10話以上)するなど、他作品とは異なる特別な扱いを受けている。

マルチバース(ウルトラシリーズ)
海賊戦隊ゴーカイジャー/ウルトラマンギンガ/ウルトラマンオーブ

劇場版

オールライダー対大ショッカー MOVIE大戦2010
スーパーヒーロー大戦 仮面ライダー大戦

ネタ

夏未完 仮面ノリダーの世界 ここが甲子園の世界か… 仮面ライダークウキ


仮面ライダーキバ⇒今作⇒仮面ライダーW

関連記事

親記事

平成一期 へいせいいっき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーディケイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10821277

コメント