ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

仮面ライダーディケイド

かめんらいだーでぃけいど

仮面ライダーディケイドとは、2009年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第10作目である。全31話。
目次 [非表示]

世界の破壊者ディケイド。9つの世界を巡り、その瞳は何を見る?


通りすがりの仮面ライダーだ!覚えておけ!


全てを破壊し、全てを繋げ!


概要

2009年1月25日から8月30日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜日午前8時~8時30分に放映されていた特撮テレビドラマ作品。

本作は平成仮面ライダーシリーズ第10作目にあたる。"decade"とは10年間、10周年などを意味する。

略称は「DCD」である事が多い。

主人公の門矢士が変身する仮面ライダーについては「ディケイド」の記事を参照。


最大の特徴は「10年に一度のお祭り」とのコンセプトの元、これまで放映された平成ライダーに登場する仮面ライダーに加え、それ以前の作品に登場する仮面ライダー(昭和ライダー)も一部登場するクロスオーバー作品であり、主人公らが、これまでのライダーシリーズ作品をモチーフにした様々な平行世界を巡るという、一種のロードムービー的な要素も備えている。

それらの平行世界で登場する仮面ライダー達は原典の作品と似た別人という扱いであり、演じるキャストも多くは原典とは異なる。制作陣はこれらの平行世界のライダーをリ・イマジネーションライダーと名付けている。キャラの性格・立ち位置・年齢なども原典とはわざとずらしており、その違いを楽しむ作品という色合いが強い。

また、その性質上他作品とのクロスオーバーもしやすく、同時期に放送されたスーパー戦隊シリーズ第33作・『侍戦隊シンケンジャー』ともクロスオーバーしており、作中では同作と並行してストーリーが進む構成となっていた。

原典をよく見ていないとわからない小ネタや、原典で没になった設定も使われている。


あらすじ

西暦2009年。光夏海は無数の仮面ライダーがある一点を目指してディケイドと呼ばれる仮面ライダーに総攻撃を仕掛けて全滅するという夢を繰り返し見てはうなされていた。現実に戻れば家業の「光写真館」に居候している青年・門矢士が「きちんと写真を撮らない」と客から苦情を受け、謝罪と士への説教をする毎日。


ある日、突如世界のあちこちで謎のオーロラと共に無数の怪人が現れ、人々を襲い始める。夏海と離れ離れになった士は謎の青年と接触し、自分がディケイドという仮面ライダーであることを知らされる。夏海と合流した士は、彼女が見つけたバックルとカードで仮面ライダーディケイドに変身して怪人たちを倒すが、世界の崩壊は止まらない。


士は再び現れた謎の青年により、それぞれの仮面ライダーが戦う9つの並行世界が1つに融合し、最終的に崩壊しようとしているということ、そして士は9つの世界を旅してそれを防ぐ使命を課せられた存在だということを告げられる。こうして士は自分の写せる世界を探すために、そして夏海は夢で見たディケイドへの不安から、異世界への旅に出ることを決意。ロールスクリーンを使っての異世界転移が可能になった光写真館と共に、いくつもの異世界を巡っていく。


本作の話数について

多くのアニメ等と異なり、番組が1年間放送される事が「ある意味でのデファクトスタンダード」となっている「ニチアサ枠」は大体4クール50話前後が基本となっている中、本作はTVシリーズが全31話でありニチアサ枠および平成ライダーシリーズとしては「唯一年を越していない作品」である。

現時点では他に例を見ないが、これは「仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズの商品販売スケジュールをずらしたい」という、玩具販促側の事情から始まった計画であり、作品が打ち切りになった訳ではない。「ディケイドは約8ヶ月で終了し、次のライダーに枠を引き継がせる」という取り決め自体が番組企画時から定められていたものであり、視聴者に対しても放映開始前からメディアを通じて告知されていた。

実は『仮面ライダークウガ』当初から『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』の放送時期をずらしたい意向はあったが、東映特撮の内規の都合等で長年棚上げ状態だった。それが本作で実現を果たしたことになる。(クウガ開始延期に関しては2001年1月発売の「東映ヒーローMAX」「仮面ライダークウガ終了特集」のスタッフのインタビューより抜粋)

このスケジュール調整は上手く機能したようで、ディケイドとそれに続く『仮面ライダーW』以降、平成ライダーは玩具売り上げを大きく伸ばす事に成功している。

ここからは完全に余談だが、本作のキャラクターである門矢士と海東大樹が、『仮面ライダージオウ』に合わせて18話分出演した事により、2009年の放送分の31話+ジオウ出演分の18話=49話分、つまり10年越しに他の作品と同じ話数に並ぶことになった。TVシリーズ単体で「完結」出来なかった事を踏まえれば、せめてもの救いだと解釈する事も出来なくは無い。


ちなみに、本作は元々テレビ放送の予定はなく仮面ライダーキバの後番組は仮面ライダーWになる予定であったというのはご存じだろうか?

一時期バンダイに入社していた怪談師、西浦和也氏がガンバライドとディケイドの企画を担当していた事を説明している。

(動画の11:14あたりから)

この動画によると、ディケイドは元々ガンバライドに登場するオリジナルライダーの予定だったらしいのだが、スポンサーのバンダイからの無茶振り(前述した平成ライダー10周年記念作品制作と放送時期調整)によってWの放送が先送りになり、その間を埋める作品として急遽ディケイドのテレビ放映が決定したとのこと。


オールライダーVS大ショッカーは当初の予定ではキバまでのオリキャスが集合する映画の予定であった。

また初期の予定ではウルころのようなアーカイブや電王2といった案も用意されていた。

しかし平成ライダー10周年であることとガンバライドの販促もあって番組としてのディケイドが企画された。


登場人物

主要人物

門矢士/仮面ライダーディケイド

光夏海

小野寺ユウスケ/仮面ライダークウガ

海東大樹/仮面ライダーディエンド

光栄次郎

鳴滝

キバーラ


異世界の主たる仮面ライダー(リ・イマジネーションライダー)

ワタル/仮面ライダーキバ

辰巳シンジ/仮面ライダー龍騎

剣立カズマ/仮面ライダーブレイド

尾上タクミ/ウルフオルフェノク/仮面ライダーファイズ

芦河ショウイチ/仮面ライダーエクシードギルス/仮面ライダーアギト

モモタロス/仮面ライダー電王ソードフォーム

ソウジ/仮面ライダーカブト

アスム/仮面ライダー響鬼

海東純一/仮面ライダーグレイブ

二人の光太郎/仮面ライダーBLACK/仮面ライダーBLACKRX

山本ダイスケ/仮面ライダーアマゾン


呼称表

が\にユウスケ夏海海東鳴滝キバーラ栄次郎
ユウスケ夏海/夏みかん海東鳴滝キバーラじいさん
ユウスケ夏海ちゃん海東さん→海東鳴滝さんキバーラおじさん
夏海士君ユウスケ大樹さん鳴滝さんキバーラおじいちゃん
海東小野寺君→ユウスケ夏海/夏メロン鳴滝さんマスター
鳴滝ディケイド小野寺君夏海君海東君キバーラ
キバーラユウスケ夏海鳴滝さん栄ちゃん
栄次郎士君ユウスケ君夏海キバーラちゃん

A.R.WORLD

膨大なデータ故にリ・イマジネーションライダーの項を参照されたし。


各話リスト

話数サブタイトル放送日登場怪人世界
第1話ライダー大戦2009年1月25日メ・ギャリド・ギラ・ドルド・グドラグレッダードラグブラッカーマグナギガハイドラグーンドルフィンオルフェノクライノセラスビートルオルフェノクオクトパスオルフェノクピジョンオルフェノクオクラオルフェノクペッカーアンデッドコーカサスビートルアンデッドタイガーアンデッドリザードアンデッドスキッドアンデッド怪童子バケガニイッタンモメンオオアリウブメアミキリサナギ体キュレックスワームセクティオワームセパルチュラワームジオフィリドワームバットイマジンホエールイマジンスパイダーイマジンスコーピオンイマジンゲッコーイマジンシャークファンガイアムースファンガイアホースフライファンガイアマンティスファンガイアシームーンファンガイアキャッスルドラン-
第2話クウガの世界2月1日メ・ギャリド・ギ、ラ・ドルド・グ、ズ・グムン・バズ・ザイン・ダゴ・バベル・ダゴ・ベミウ・ギメ・ビラン・ギン・ガミオ・ゼダクウガの世界
第3話超絶2月8日ズ・グムン・バ、ズ・メビオ・ダメ・バヂス・バズ・ザイン・ダ、メ・ビラン・ギ、メ・ギャリド・ギ、メ・ガドラ・ダメ・ギノガ・デメ・ガルメ・レメ・ガリマ・バゴ・ブウロ・グ、ゴ・ベミウ・ギ、ゴ・ジャーザ・ギ、ゴ・バベル・ダ、ラ・ドルド・グ、ン・ガミオ・ゼダクウガの世界
第4話第二楽章♪キバの王子2月15日ビートルファンガイアスパイダーファンガイアラットファンガイア、マンティスファンガイア、ライオンファンガイアスワローテイルファンガイアガルルバッシャードッガ、キャッスルドランキバの世界
第5話かみつき王の資格2月22日ビートルファンガイア、スワローテイルファンガイア、ガルル、バッシャー、ドッガ、キャッスルドランキバの世界
第6話バトル裁判・龍騎ワールド3月1日ゼブラスカル・アイアンガルドサンダーオメガゼールデストワイルダーボルキャンサーダークウイングアビスハンマーアビスラッシャーメガゼールギガゼールネガゼールマガゼール龍騎の世界
第7話超トリックの真犯人3月8日アビスハンマー、アビスラッシャー、アビソドン龍騎の世界
第8話ブレイド食堂いらっしゃいませ3月15日パラドキサアンデッドカプリコーンアンデッドエレファントアンデッドバッファローアンデッドブレイドの世界
第9話ブレイドブレード3月22日パラドキサアンデッド、ジョーカーブレイドの世界
第10話ファイズ学園の怪盗3月29日タイガーオルフェノクロブスターオルフェノクセンチピードオルフェノクドラゴンオルフェノクロングホーンオルフェノクバタフライオルフェノクウルフオルフェノクファイズの世界
第11話555つの顔、一つの宝4月5日タイガーオルフェノク、ロブスターオルフェノク、ドラゴンオルフェノク、ウルフオルフェノク、ドラグブラッカーファイズの世界
第12話再会 プロジェクトアギト4月12日ズ・メビオ・ダ、メ・バヂス・バ、メ・ギノガ・デ、バッファローロード タウルス・バリスタアントロード フォルミカ・ペデスアギトの世界
第13話覚醒 魂のトルネード4月19日バッファローロード タウルス・バリスタ、アントロード フォルミカ・ペデス、クイーンアントロード フォルミカ・レギアアギトの世界
第14話超・電王ビキニング4月26日アリゲーターイマジンモールイマジンゲルニュート電王の世界
第15話超モモタロス、参上5月3日アリゲーターイマジン、モールイマジン、ゲルニュート電王の世界
第16話警告:カブト暴走中5月10日コレオプテラワーム・アージェンタム、ジオフィリドワーム、サナギ体カブトの世界
第17話おばあちゃん味の道5月17日フィロキセラワームシシーラワームサブストワーム、サナギ体カブトの世界
第18話サボる響鬼5月24日牛鬼カッパバケネコテング響鬼の世界
第19話終わる旅5月31日牛鬼、バケガニ変異体響鬼の世界
第20話ネガ世界の闇ライダー6月7日レイドラグーンネガの世界
第21話歩く完全ライダー図鑑6月14日レイドラグーン、ドラグブラッカーネガの世界
第22話ディエンド指名手配6月28日ボスローチダークローチディエンドの世界
第23話エンド・オブ・ディエンド7月5日ダークローチ、巨大邪神14ディエンドの世界
第24話見参侍戦隊7月12日チノマナコチノマナコ ディエンド変身態骨のシタリナナシ連中スス木霊シンケンジャーの世界
第25話外道ライダー、参る!7月19日チノマナコ ディエンド変身態、ナナシ連中、イーグルアンデッド、ムースファンガイアシンケンジャーの世界
第26話RX!大ショッカー来襲7月26日怪魔ロボット・シュバリアンチャップアポロガイストサイ怪人、スコーピオンイマジン、マンティスファンガイア、シームーンファンガイアRXの世界/BLACKの世界
第27話BLACK×BLACK RX8月2日怪魔ロボット・シュバリアン、チャップ、アポロガイスト、サイ怪人、フリルドリザードオルフェノクオックスオルフェノクワームオルフェノクブラキペルマワーム・オーランタムブラキペルマワーム・ビリディスタランテスワーム・パープラ、マンティスファンガイアRXの世界/BLACKの世界
第28話アマゾン、トモダチ8月9日十面鬼 ユム・キミル、アポロガイスト、大ショッカー戦闘員ゴ・ジャラジ・ダマンティスロード プロフェタ・クルエントゥス、バケネコ、カンポノタスワーム・マキシラアマゾンの世界
第29話強くてハダカで強いヤツ8月16日十面鬼 ユム・キミル、アポロガイスト、大ショッカー戦闘員、大ショッカー科学陣、マンティスロード プロフェタ・クルエントゥス、ヨブコアマゾンの世界
第30話仮面ライダー大戦・序章8月23日スーパーアポロガイストディアーアンデッド、リザードアンデッド、スカラベアンデッドソーンファンガイア、シャークファンガイア、シルクモスファンガイア、ホースフライファンガイア、ウォートホッグファンガイアライダー大戦の世界
最終話世界の破壊者8月30日スーパーアポロガイスト、バッファローロード タウルス・バリスタ、マンティスロード プロフェタ・クルエントゥス 、アントロード フォルミカ・ペデス、クイーンアントロード フォルミカ・レギア、タイガーオルフェノク、ドラゴンオルフェノク、センチピードオルフェノク、アークオルフェノク、パラドキサアンデッド、カプリコーンアンデッド、エレファントアンデッド、バッファローアンデッド、ギラファアンデッド、フィロキセラワーム、コレオプテラワーム・クロセウス、コレオプテラワーム・アージェンタム、ジオフィリドワーム、アリゲーターイマジン、スコーピオンイマジン、アルビノレオイマジンNEWモールイマジン、ビートルファンガイア、ライオンファンガイア、ムースファンガイア、スワローテイルファンガイア、ラットファンガイアライダー大戦の世界

音楽

主題歌

Journey through the Decade

作詞:藤林聖子/作曲:Ryo/編曲:中川幸太郎・Ryo/歌:GACKT

OP主題歌。中盤からは2番が使用された。


The Next Decade

作詞:藤林聖子/作曲:Ryo/編曲:中川幸太郎&Ryo/歌:GACKT

劇場版主題歌。


Stay the Ride Alive

作詞:藤林聖子/作曲:Ryo/編曲:中川幸太郎・Ryo/歌:GACKT

MOVIE大戦2010主題歌。


挿入歌

Ride the Wind

作詞:藤林聖子/作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:門矢士(井上正大)

ディケイドのテーマソング。コンプリートフォームの戦闘シーンでも使用されている。

「まさに辛味噌ワールド」、「やけにテンションいいBBA」、「タカイタカーイ」などの空耳がある。


Treasure Sniper

作詞:藤林聖子/作曲・編曲:Ryo/歌:海東大樹(戸谷公人)

タイトルが「宝を狙う者」を意味する事からもわかるように、ディエンドのテーマソング…なのだが、後期挿入歌としての側面も持つため、コンプリートフォームが活躍するシーンでもよく流されている(第24話ではオリジナルのディエンドが登場していない)。


関連映像作品

劇場版

2009年5月1日公開。『仮面ライダー電王』とのクロスオーバー作品。第15話と第16話の間に位置するエピソード。


2009年8月8日公開。本作品の単独作品。第29話と第30話の間に位置するエピソード。


2009年12月12日公開。『仮面ライダーW』とのクロスオーバー作品。最終話の後日談。


2010年6月19日公開。海東大樹/仮面ライダーディエンドをメインに据えた作品。


2012年4月21日公開。仮面ライダーシリーズとスーパー戦隊シリーズのクロスオーバー作品。


2014年3月29日公開。門矢士/仮面ライダーディケイドが主要人物として登場。


スピンオフ

2021年2月より配信。本作品と『仮面ライダージオウ』のスピンオフドラマ。


役者本人が出演した作品(時系列)

2009年

2010年

2012年

2013年

2014年

2018年

2019年

  • 『仮面ライダージオウ』EP17 - LAST
    • 士が出演。EP28以降は海東も出演。

2020年

2021年

2022年

2023年


余談

山形テレビでは編成上の都合で、本来仮面ライダーシリーズが放送される時間帯に長年地元討論番組提言の広場が放送されていた為、視聴者からの不満があったが、本作4月放送分から提言の広場が漸く時間帯移動し、念願の同時ネットが叶ったのであった。


関連動画


関連タグ

仮面ライダー 平成ライダー ディケイド DCD カードライダーズ

クライマックスヒーローズ 仮面ライダーダークディケイド

ムネモシュネディケイド 仮面ライダースーパーディケイド

リ・イマジネーションライダー

夏未完 仮面ノリダーの世界 ここが甲子園の世界か… 仮面ライダークウキ

侍戦隊シンケンジャー


仮面ライダービルド:ディケイドと逆に「創造」を象徴する仮面ライダー。ブットバソウルで「破壊と創造」ネタで共演している。


仮面ライダージオウ:ディケイドと同じ記念作品。過去作とのクロスオーバーをはじめ、設定やストーリーに様々な共通点がある。白倉プロデューサー曰く、ディケイドはジオウにとって「物語の劇薬となる」存在とされ、ライドウォッチ中間フォームアイテムとして登場。更に士と海東が新たな変身アイテムを手に登場、そして2人共レジェンドでありながら複数回に渡って登場(特に士は10話以上)するなど、他作品とは異なる特別な扱いを受けている。


平成ライダー

仮面ライダーキバ仮面ライダーディケイド仮面ライダーW

関連記事

親記事

平成一期 へいせいいっき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20535098

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました