ピクシブ百科事典

コーカサスビートルアンデッド

こーかさすびーとるあんでっど

コーカサスビートルアンデッドとは、仮面ライダー剣に登場するアンデッドである。
目次[非表示]

「気をつけなよ。レンゲルのように、封印したつもりで僕に支配されないようにね。」

CV:上条誠

詳細

スート・スペードカテゴリーKに属する、劇中におけるコーカサスオオカブトムシの始祖にあたる上級アンデッド
普段はキングを名乗る少年の姿をした人間態になっている。
厳つい見た目とは裏腹に幼稚かつ残忍な性格で、仲間を繁栄させるという自らの使命には興味が無く、世の中の全てを滅茶苦茶にする事が願望(詳しくは上記のキングの項目を参照)。

外見

ビートルアンデッドをベースに、ギラファアンデッドと同様の純金のような体色が特徴。
この派手さは後のキングフォームへも受け継がれている(ただし、実際のコーカサスオオカブトムシは金色ではない)。
派手なカラーリングはその重厚なデザインとの相性も良く、人気の高いアンデッドでもある。
右手にはあらゆるものを両断できる巨大な剣オールオーバーを、左手には150tの衝撃にも耐え切れる頑丈な盾ソリッドシールドをそれぞれ装備している。

能力

怪人態時は怪力が自慢だが、キングの姿でも強力な念動力やソリッドシールドが使用できる。
ソリッドシールドは何も無い空間から展開することが可能であり、キング本体を守る強力な防御壁である。
その戦闘スタイルはソリッドシールドで攻撃を防ぎオールオーバーで反撃するという、シンプルだがそれゆえに強力なもの。
また、同じ昆虫型のアンデッドであるスカラベアンデッドをマインドコントロールで操り使役している。

作中の活躍

第33話にてキングの正体として登場。ブレイドジャックフォームを上記の戦闘スタイルで一方的に攻撃し、ライトニングスラッシュをオールオーバーの一撃で弾き返すなど、圧倒的な実力を披露した。
第34話ではさらにブレイドの所有するカードを奪い『君の力じゃ僕を封印することなんてできない』『君はアンデッドの力を借りていただけ、今は無力だ』と勝ち誇るも、それでもただひたすらソリッドシールドに拳を叩きつけるブレイドに徐々に押されていく。
そこに焦りを感じたのか防御より攻撃を優先しブレイドを倒そうとするも、その隙をつかれ自身の武器であるオールオーバーを奪われ攻撃を受け、さらにソリッドシールドまでも破壊されてしまう。
自身の最強の剣と盾を失い呆然とした瞬間、ブレイドにブレイラウザーとオールーオーバーによる二刀流の猛攻を受け、怯んだ隙にブレイラウザーによる渾身の唐竹割りを食らい、そのダメージによりアンデットバックルが開き、封印されてしまった。
終わってみれば通常フォームにひたすら通常攻撃を受け倒されるという、字面だけ見ればとても最強アンデッドの一角とは思えないような最後である。しかしこの最終決戦はブレイドと剣崎の成長、さらにはその先の可能性までも内包したものと言える。

余談

  • スーツは劇場版に登場したビートルアンデッドをリペイントしたもの(また、ベルトのアンデッドの紋章が上級アンデッド特有の「骨のウロボロス」へと変更されている)。
  • 仮面ライダーディケイド』では第1話で人間達を襲うアンデッド軍団の一員として登場し、後に彼のスーツは第22話の怪人・ボスローチにリペイントされている。
  • PS2の仮面ライダー剣にもゲーム出演しており、ブレイドルートのボスキャラを務めている。


関連タグ

仮面ライダー剣 アンデッド(仮面ライダー剣) キング(仮面ライダー剣)
スート・スペード 上級アンデッド カテゴリーK
仮面ライダーブレイド キングフォーム

カブトムシワルド17年後の戦隊作品に登場する、カブトムシの世界の力を司る怪人。彼の司るカブトムシトピアとは、まさに彼かビートルアンデッドがバトルファイトで勝ち残った世界に近いそれと思われる。

関連記事

親記事

カテゴリーK かてごりーきんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コーカサスビートルアンデッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22699

コメント