ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「オレに愛などあってはならない」


演:新納慎也


概要

仮面ライダーキバ』の登場人物の一人。

チェックメイトフォーのキングにして、すべてのファンガイアの頂点に君臨する存在。バットファンガイアの人間態。

真夜の夫であり、登太牙の実の父親でもある。

レジェンドルガ族に敗れ命を落とした初代キングに代わって二代目キングとなり、完成して間もないダークキバの鎧を纏うことでレジェンドルガ族の王アークを封印した。

1986年時点でもダークキバに変身し、ファンガイアの王として君臨している。


ルークビショップと同じく、真夜の様な人間名はない。視聴者からは「過去キング」「過去キン」等と呼ばれることもある。

ロックミュージシャンかV系の様な服装で、(そのせいか紅音也にはパンク野郎と言われた)後に紅渡がキングを名乗った時もこの服装をしている。ちなみに髪は亜麻色(くせ毛)。


一部の視聴者からは「紅一族に全てを奪われた男」と呼ばれることがあるが、実際に妻とキバットバットⅡ世は音也に、衣装やザンバットソードキャッスルドランアームズモンスターは渡に奪われてしまっている(ちなみに衣装は復活した時自分で破っている)。終いには大牙もファンガイアと人間の共存という方向性にシフトしてしまったので、事実上、実子にさえ離反された事になる(「いつの日か必ず、俺の息子がお前たちを倒す」と捨て台詞を残したにもかかわらずである)。

流石に可哀想かと思いきや、そもそも人間などの他種族から見れば脅威である事は間違いないし、ファンガイアの価値観故とは言え、妻にDVをして、彼女やⅡ世が離反するきっかけを作っているなど彼にも非があるのは否めない事実である。

一応フォローしておくと、王足り得る威厳やパワーを備えた人物である事に違いはない。ただし、それを他者のために使わず自分勝手な暴君へと成り下がってしまったことこそが彼の運命を決定づけたと言えよう。


唯一残された物といっていい自我すらも、死後にビショップによって蘇らせられた際に失うという悲惨な末路を辿っている。当のビショップ本人からは狂信にも等しい忠誠心を向けられており、彼を復活させる為に自分の命を捧げたものの、やっている事は結果的に君主から自我を奪い、自分の目的の為に君主を利用しているも同然の行為だったのは皮肉なものである(尚、ビショップはファンガイア全体の為と言いつつ、大牙を自分の目的の為に利用する面があった)。


余談

仮面ライダーオーズ/OOO』のアンクとやや外見が似ている。


演じた新納慎也は『仮面ライダーキバ』終了後も渡役の瀬戸康史と共演する機会が多く、度々ファンを湧かせている。


関連タグ

仮面ライダーキバ 仮面ライダーダークキバ

チェックメイトフォー ファンガイア

キング


草加雅人脚本家が同じ作品サブライダーの先輩「井上キャラ」「愛する女性への思いが一方通行」「愛情表現も交流関係も独善的」「別のに愛する女性が惹かれると怒りを表す」「強引すぎる一面もあり、周囲から孤立してしまう」「最終的には最期まで主人公と和解せずに死亡した」という共通点がある。


キング(仮面ライダー剣):名前が同じ上級怪人。ただしこちらがキングサイズなのは態度と実力だけであり、自分さえ愉快なら種族の繁栄も誇りもどうでも良く、何もかもを無茶苦茶に荒らして楽しみたいという思考を持つ破滅的快楽主義者。曲がりなりにも種族を率いる王として誇りや責任感を持っていた『キバ』のキングとは対照的である。


笛木奏サブライダーの後輩「冷酷非情な性格」「怪人トップ」「主要人物の父親」「家族への愛情表現が独善的」「主役ライダー変身ベルト色違いの変身ベルトを使用して強力なダークライダーに変身」「戦闘時はライダーの姿で戦う事が多い為、怪人の姿で戦う事は少ない」「強引すぎる一面もあり、家族から拒絶されてしまう」「主人公と激闘を繰り広げる」「最終的には生身の状態で強力な攻撃を受けた事で致命傷を負い、主人公と家族の目の前で死亡・消滅する」といった多くの共通点がある。


4号ライダー変身者

ザンキキング紅音也登太牙呉島貴虎


外部リンク

キング | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

チェックメイトフォー ちぇっくめいとふぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1852

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました