ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「行くよキバット!」


「いつか…父さんを超えるようなヴァイオリンを作る…それが僕の夢なんです。」


「僕は僕の音楽を見つけたい…。そうすればもっと強くなれると思うから…。そして、僕の音楽でみんなを幸せにしたい……。」


演:瀬戸康史

大石達也:(クライマックスヒーローズライダージェネレーション)

能澤章宏:(バトライド・ウォーバトライド・ウォー2)

増尾興佑:(バトライド・ウォー創生ライダーレボリューション)

戸松拳也:(クライマックスファイターズクライマックススクランブルジオウ)


概要

仮面ライダーキバ』現代(2008年)パートの主人公。年齢20歳。亜麻色の髪(くせ毛)を持つ。

バイオリン職人にして、仮面ライダーキバの変身者であり、「ライダーとなる運命を背負った男」でもある。


黄金のソースの原料は何か

父である紅音也に憧れの念を抱いており、彼の遺した名器「ブラッディ・ローズ」を超えるバイオリンを作るために試行錯誤を繰り返す日々を送っている。特に色にこだわりを持っており、ニス材料として様々なモノを蒐集している(カタツムリムカデだし汁など)。他にも壊れたバイオリンの修理も(当人は嫌がっているものの)行っており、その筋の人間の中では名前が知られているらしい。バイオリン演奏に関してもかなりの腕前を誇る。

多才な音也を父に持つだけあり、イケメンズでは高い歌唱力を発揮した他、鈴木深央に告白された際には嬉しさのあまりパスタを作り上げ、好評を得ている(しかしザリガニを素材にしている辺り、独特なセンスは料理にも現れるようだ)。


東京都武蔵野市吉祥寺桜町2-1-3の洋館で暮らしており、気弱で人見知りが激しいため普段は洋館に引きこもっている(本編開始まで「この世アレルギー」だと思い込んできたせいもある)。人と接する機会や経験に乏しいため、外部の些細な出来事で感情が浮き沈みすることも多く、相手への気を使った発言が裏目に出てしまうことも多かった。このことから近隣住民から「お化け太郎」なるあだ名で噂になっていた。

変身すると普段の気弱さが一転し、掛け声を発しながら果敢な立ち回りを見せるが(キバフォーム時がわかりやすい)、当初は音也がブラッディ・ローズに込めた祈りの力で本能的に戦っているだけであった。

また、優しい心故にそれをファンガイアに利用されたりするとキバの力を十分に発揮出来ずにピンチになる事もある。


普段の身体能力は十人並でさほど強くは無かったが、過去で音也と出会った後では精神的に大きな成長を遂げ、生身でもファンガイアを撃退させる等の強さを披露した。

キバットに手を噛ませて魔皇力を注入することでパワーを引き出し、キバの鎧を身に付ける。この際には顔に紋章が浮かんでいる(漫画『仮面ライダー』本郷猛がマジギレした際に浮かぶ手術跡に似ていなくもない)。


「人の心の音楽を聞き取って居場所を突き止めるなど様々な潜在能力を秘めている。外の世界と関わることでその厳しさ、ファンガイアとの戦いや他者との交流を通して人間的に少しずつ成長していき、「人の音楽を守りたい」という自身の望みと父の思いを信念にしてゆく。


物語途中で母親がファンガイアの元クイーン真夜/パールシェルファンガイアであることが判明。つまり人間とファンガイアのハーフであり、幼馴染であった登太牙異父兄である(出自を知って以降は太牙のことを「兄さん」と呼んでいる)。


キバットとは、同居人や戦いのサポートの他にも、一緒にお風呂に入る程の仲で、落ち込んだ時や嬉しい事があった時の相談相手になってもらっている。渡が深央に振られた際に、野村静香が「渡の運命の人は意外と近くにいたりする」と言った時には「運命の人…?キバットとか?」と呟いていた。


本編外の作品

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王

TV本編とはパラレルであり、こちらでは渡は最初から「素晴らしき青空の会」に正体が知られている。

この世界では民生委員からの勧告を受け、森羅学園高校に通っている。隣の席になった机なつきと仲良くなるも、

部活選びではサッカーボールと間違えて靴をシュートしてしまったりとトラブルも多い。

レジェンドルガの復活を阻止すべく1986年へと向かうが、榊原とわの誘拐容疑で刑務所へ贈られ、杉村隆を鎮圧させてなんとか現代へと帰ってくるが、結局のところ、レジェンドルガの復活は阻止できず、現代で彼らを討伐することとなる。


ちなみにこの映画では音也が女性の気持ちを理解させるべく、渡を女装させている。


仮面ライダーディケイド

第1話にて、ディケイドこと門矢士のことを「全てを破壊する者」と呼び、世界を救わなければならないとして、9つの仮面ライダーの世界の旅へ誘う。テレビ本編最終話、『MOVIE大戦2010』にも登場。


士の1つ前である渡に旅への誘いが充てられたようで原典と比べて、大人びた人物(演者の瀬戸康史曰く「数年後の渡をイメージした」)になっている。


彼の言動から目的はディケイドを利用し、各シリーズの記号化であるリマジ世界を破壊して原典のライダーの確かな記憶を視聴者に刻み付ける事が目的だったともシリーズのクロスオーバーを円滑にする為に行動していたとも解釈できるが詳しいことはよくわかっていない。だが、彼の「創造は破壊からしか生まれない」と言う言葉は10年後の作品でもある『仮面ライダージオウ』に置いて、非常に重大な役割を果たす事となる。


ちなみに渡とは別の仮面ライダーキバ/ワタルキバの世界に登場しており、彼は家族構成が渡とは逆。


仮面ライダージオウ

演者の瀬戸康史氏のスケジュールが押さえられなかった為か、残念ながら未登場。

アナザーキバが出現したことから、それ以前にオーラに力を奪われたと思われるが、この話ではキバサイドの状況が全く描かれなかったため、渡やキバットバットⅢ世が現在どうなっているのかは不明。


アームズモンスターの三体は渡のもとを離れてアナザーキバに付き従っているが、ガルルの言動(「キバの僕としてアナザーキバを守っている」)を信じれば、「本物のキバ」である渡よりも紛い物であるアナザーライダーを優先する理由があった=「本物のキバ」が存在していない可能性も否めない。

一方でそのガルルはキバライドウォッチを所持しており、こちらも過去のレジェンドを踏まえれば渡がガルルに託したものと考察することもできる。


これらの不明瞭な点について、公式からも今のところは明確な解答は出されていない。


余談

ライダーとしての力を体内に取り込んだ・何らかの要因で普通の人間ではなくなった(またはなくなりかけた)平成ライダー主人公は多いが、渡は平成ライダー20作で唯一の先天的な人外主人公である。(ニチアサも含めればもいるが)

ライダーゲームでの本人ボイスはガンバライド(ガンバライジング)のみ。他のゲームでは代役である。渡の代役は四人も変わっているが

これは渡を担当した声優が青二を離れ別の所属になったりフリーになったりする為。


関連タグ

仮面ライダーキバ キバ(仮面ライダー)

紅音也 真夜 キバットバットⅢ世 タツロット

野村静香 麻生恵 名護啓介 襟立健吾 鈴木深央 登太牙 嶋護


ワタル(仮面ライダーディケイド)別世界のキバ。


乾巧脚本家が同じ作品主役ライダーの先輩「変身するライダーの色彩が似ている」「人付き合いが苦手だが、優しい性格」「人々の音楽(夢)を守る為に戦う」「人間と見せかけて物語開始時点で人外である」「物語後半でその事実が明らかになる」「戦いや自分の正体について葛藤・苦悩する」「人間と怪人の共存を目指す」「最終決戦でと共に怪人の王と激闘を繰り広げる」など共通点が多い。ただし、彼は無愛想な性格の人物。


木場勇治脚本家が同じ作品の「キバ」。人と怪物の側面を持ち、純粋さや優しさ故に周りに流されやすい性格という共通点もある。


五十嵐一輝先天的な人外である主役ライダー人外の力を借りて変身する点や蛇がモチーフの3号ライダーが肉親である点も共通する。ただし、コウモリがモチーフのライダーに変身する弟という意味では彼のに近い。


平成ライダー主人公

野上良太郎紅渡門矢士


外部リンク

紅渡 | 仮面ライダー図鑑 | 東映

紅渡(クライマックス刑事) | 仮面ライダー図鑑 | 東映

紅渡(DCD) | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 564540

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました