ピクシブ百科事典

キャッスルドラン

きゃっするどらん

東映の特撮作品『仮面ライダーキバ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

キャッスルドランとは、『仮面ライダーキバ』に登場する動く城である。

解説

かつてファンガイア族がドラン族の最強の個体『グレートワイバーン』を捕獲し、生きた城として改造したもの。
普段は都市部のビルの一部に化けているが、キバがフエッスルで召喚し、月光を受けるとその正体を表す。常に擬態しているため、人間名護啓介でない者を差す)には目にすることが出来ない。
キバが倒したファンガイアのライフエナジーをとしており、過去では上位ファンガイアたちの居城、現在ではガルルバッシャードッガの三人が幽閉されている。取り込んだライフエナジーは幽閉されている三人に均等に分配される。
いわゆる「移動要塞」であり、その巨大な飛翔し、口から魔皇力を弾丸として発射する。魔皇力のブレスを照射することでキバドラゴンライダーキックのように打ち出すことが可能な他、フエッスルの音を聞いた三人のアームズモンスターたちをから射出できる。

シュードランと渡たん


また腰の一のある塔の天辺に、小型偵察・爆撃用の改造個体シュードランを接続させることで、本来の野性を取り戻し、翼が大きくなって飛翔能力が向上する。

過去(1986年)では元々キング=バットファンガイアの居城として使われており、キングの創り出したサバト融合させられたこともある。

年齢は人間で言うと二十代後半ぐらいらしい。

現在と過去を繋ぐ存在

キャッスルドラン内には1986年と2008年を繋ぐ遺物がそこかしこに封印されている。
たとえば場内の奥部には、時代を渡り歩ける禁断の扉が存在する。
また玉室の絵画にはザンバットソードが突き刺さっており、ステンドグラスの裏にはタツロットが潜んでいた。
このようにキャッスルドランは、単なる居城(牢獄)といった場所ではなく、現在と過去を繋ぐアイテムや痕跡を多く残す、物語のキースポットでもあるのだ。

仮面ライダーディケイド

キバの世界」でも上級ファンガイアの居城として登場。本作ではワタルは先代キング=ビートルファンガイアの失踪に伴いキングの座に着いているため、アームズモンスターのみならずビショップルークもこの中で暮らしている。キバの世界に飛ばされた小野寺ユウスケ仮面ライダークウガ)も一時期ここで働いていた。
帰還したビートルファンガイアの王位簒奪に伴い乗っ取られてしまったが、ディケイドとキバ(ワタル)の攻撃によりビートルファンガイアは倒され、元の鞘に収まった。

なお、この世界では擬態はせず、昼夜を問わずその姿を露わにしている。
キャッスルドランの存在に最初に気付くのが光夏海である、という演出も、完結編まで見ると感慨深いものがある。

その他の登場

クライマックス刑事』ではデンライナーゼロライナーとコネクトすることでフリーエネルギーを吸収し強力なブレスを放ち、ネガタロス軍団に引導を引き渡した。
仮面ライダーウィザード』でもデンライナーと協力し、アマダムの部下を殲滅している。
また『超スーパーヒーロー大戦』では仮面戦隊ゴライダーに力を貸し、デンライナーやマジドラゴンと協力して大要塞アンドアジェネシスナムコSTGゼビウス』に登場する悪の円盤)を攻撃した。

関連タグ

仮面ライダーキバ
ドラゴン 要塞
アームズモンスター
仮面ライダーディケイド ワタル(仮面ライダーディケイド) ビートルファンガイア
仮面ライダーウィザード

pixivに投稿された作品 pixivで「キャッスルドラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8961

コメント