ピクシブ百科事典

トライドロン

とらいどろん

『仮面ライダードライブ』の主人公・泊進ノ介の愛車。
目次[非表示]

概要

仮面ライダードライブおよび変身者の泊進ノ介が使用する。自動車なのにトライドロンとか言ってはいけない。

戦闘においてはベルトさんドライブドライバー)の指示の下オートパイロットで走行し、体当たりや車両前部に備えられた機関砲による攻撃でドライブをサポートする。タイヤ交換の際は左前のタイヤから各タイヤを射出する。
さらにシフトカーがトライドロン内部に入り込むことで、「タイヤフエール!」の音声とともに各タイヤがトライドロンに装備され強化。そのタイヤの能力を使うことができる。
また、状況に応じ「ドロン・トライドロン!」の掛け声で形態変化し、悪路の走行に強いタイプワイルド、二本のアームが付いたタイプテクニックへとなる(普段の姿はタイプスピード)。恐らく名前も3種に(トライ)変形(ドロン)ということから来たのだと思われる。

かつてプロトドライブを失い「自分も戦士を守れる強さが欲しい」との想いを抱いたベルトさんの意向により開発された、「ベルトさん自身の強い体」と言う一面を持つことが第11話で明かされた。先述のベルトさんの指示で動く、様々な攻撃手段を持つと言う特徴はこういった経緯が元と思われる。

通常は特状課が置かれている久瑠間運転免許試験場庁舎の玄関前駐車場に待機している。
ただし、トライドロンの本来の格納場所であるドライブピットは特状課のトップシークレットで、当初、ベルトさん以外でドライブピットの存在を知っているのは、進ノ介と詩島霧子沢神りんな詩島剛だけであった(その後、第25話でドライブの正体が進ノ介であることが発覚すると同時に、他の特状課の面々にもその存在が公にされた)。

西部警察』に登場するような改造パトカーではない(その証拠にパトランプなどが装備されていない)が、3話や9話で参考人の事情聴取や家宅捜索に向かう際、ワンボックスカーが随行していることから、作中ではパトカーとして扱われている模様。ということは、警視庁の上層部(少なくとも装備管理を担当する総務部)に、トライドロンの存在を知る人物がいることになる。また進ノ介はドライブに変身後も乗ることがあるが、この場合はほとんどの場合重加速現象が発生しているので、(少なくとも仮面ライダーの正体が公にされた25話までは)一般人に正体がばれることはなかった(ロイミュード達もばらそうとしなかった)。

なお、仮面ライダーの正体が公になった後は特状課以外の警察にも存在が認知されたようで、第27話にて進ノ介が謹慎処分及び変身禁止命令を受けた際には車体全体をテープでぐるぐる巻きにされてドライブピットから没収されてしまった。

進ノ介=ドライブでなくとも、四輪免許とトライドロン専用の特殊免許を所持していれば誰でも運転できるらしく、第40話では仮面ライダーチェイサーが運転している。

形態

タイプスピード

基本形態。基本カラーは赤。通常形態ゆえに突出した能力はない……というか基本スペックが総合的に高過ぎる。主要武装は車体前方に備えた射撃武器。また名前の通り純粋な走行スピードに秀でた形態でもある。
進ノ介が乗り込んだ際にメタルヒーローのように車内変身する場合もある。

タイプワイルド

悪路走行形態。基本カラーは黒。コクピット以外前後と表裏が入れ替わることで完成する。強力な馬力を有し障害物を破壊したりすることが得意。

タイプテクニック

特殊車両形態。二本の自在に動くアームを備える。このアームは車両程度なら軽々と投げ飛ばせるほどのパワーと人間を空中で安全にキャッチできるほどの繊細さを兼ね備えている。

タイプフルーツ

劇場版仮面ライダー鎧武の力を宿したシフトカーの力で変化した特殊形態。大気圏内及び宇宙空間の飛行能力を備える。
なおドライブ・タイプフルーツ及び鎧武・ドライブアームズ外装がつっかえるせいで搭乗できず、基本フォームに変身し直す羽目になった。
ちなみに、この形態は外見も相まって、某映画のタイムマシンのような姿だった。

ブースタートライドロン

スーパーヒーロー大戦GPで先行登場したトライドロンの強化形態で、高速飛行能力を獲得している。トライドロンのサポートマシンである2台のライドブースターがトライドロンに合体する事で完成する。本編では第27話より登場。
詳しくはライドブースターの個別記事を参照。

タイプトライドロン

lap.33「だれが泊進ノ介の命を奪ったのか」


特状課との絆で引き寄せた奇跡によって、ドライブとトライドロンが融合したドライブの最強フォーム
トライドロンは変身の際に真っ赤なオーラーとなって分解、ドライブに吸収される。
変身解除後はドライブはタイプスピードになり、トライドロンも元に戻る。

人型形態(オトモ忍トライドロン)

スーパーヒーロー大戦GPで登場。トライドロンシュリケンを使用することで変形する。頭部はドライブドライバーと同形状。シュリケンジンと合体する。

余談

ベースとなっている車はホンダNSX。現実においては栃木県警がホンダからの寄贈を受けて採用したケースがある。これはNSXを生産していたのがホンダ栃木製作所高根沢工場(2004年4月閉鎖。現在は四輪車R&Dセンター・四輪新機種センターが所在)だったためである。
外装や装飾(シートベルトが標準の3点式が外され競技専用の5点式を使用する)など保安基準に適合しない要素があるため、ナンバープレートが取得できない=公道の走行は不可の車両のため実物での撮影は私道で行っている(次回予告にその旨を記したテロップが流れる)他、第4話で高速道路に侵入したシーンではCG処理がなされている。

関連イラスト

Buddy "Drive" Cop
光の車!トライドロン!!★出動!!仮面ライダードライブ【完全版】



関連記事

仮面ライダードライブ ライダーマシン ドライブ(仮面ライダー) ベルトさん
泊進ノ介  詩島霧子・・・主な搭乗者
ライドマッハー ライドチェイサー ライドクロッサー・・・同作品にて他の仮面ライダーが使用するマシン。
ライドロン -同じくライダー用の自動車。名前が酷似しているためモチーフと思われる。
RX-7 -こちらがベース車なら、話題の方向がさらに変わっていた

pixivに投稿された作品 pixivで「トライドロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 162453

コメント