ピクシブ百科事典

シートベルト

しーとべると

自動車などの安全装置。自動車の安全装備としては最も効果が高いものであるとされ、現代の乗用車の必須装備である。

概要

自動車飛行機・船舶などの乗り物に備え付けられる安全装備の一つ。乗員を座席に固定する。戦闘機ジェットコースターでは急旋回・横転・反転運転を行うので必須の装備である。レーシングカーでは運転時に強い横Gがかかることがあるので、ドライビングポジションを維持するためにも必要となる。これらの乗り物は6点式や4点式のハーネスで強く乗員を座席に拘束する。

乗用車のシートベルト

サーキット走行をしない乗用車では、レーシングカーと違って運転時に激しい横Gはかからないので乗員をシートに固定することが必須というわけではないが、交通事故に遭った、または交通事故を起こした時に車外に投げ出されたり、ダッシュボードやハンドル、あるいは他の乗員などに激突するのを防ぐ効果がある。現在主流の3点式シートベルトは1959年にボルボが開発、同社が特許を無償公開したことで普及し、1970年代以降の乗用車では運転席・助手席に3点式シートベルトが必ず備え付けられており、2012年以降の新車は後席への3点式シートベルトを備え付けることが義務化されている。自動車の安全装備としては最も効果が高いものであるとされ、現在まで100万人を超える人々の命を救ったとされている。1990年代以降のシートベルトには衝突時にシートベルトのゆるみを巻き取るプリテンショナーが装備され乗員の拘束性能を高めてさらに安全性が向上している。

当然だが、シートベルトは乗員が着用しないと全く効果は無い。前席は着用が義務で、2008年からは後席にも着用が義務化された。ただし、商用車には後席シートベルトがないものがある。その場合は着用義務はないが、事故に遭った(起こした)際の死亡率は高くなる。

メーターにはシートベルト警告灯があり、運転者がシートベルトを着用している場合は消灯、着用していない場合は点灯または点滅する。

メーカーによってはシートベルトをしないで走行すると警告音が鳴る。また、助手席側のシートベルト警告機能がある車種もあり、その車種は助手席に重さを検知するセンサーが内蔵されていて、人の重さを検知するとシートベルト未着用で警告灯がつく。

その他の詳細はWikipediaへ。

pixivに投稿された作品 pixivで「シートベルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499464

コメント