ピクシブ百科事典

目次[非表示]

定義・呼称

一般的には自動二輪車のことを指すが、広義には三輪バイクサイドカーのような3輪の乗り物も含まれる。

二輪車を意味する英語の【Bicycle】の略語である【Bike】が語源。
英語圏で【Bike】というとマウンテンバイクなどの自転車を指すのが一般的で、自動二輪車は【Motor Cycle】と呼ばれるとされるが、【Bike】も通称の一つとして使われるので十分通じる。
というか市販車ベースのレースの最高峰は"World Super Bike Championship"だし、ダカールラリーの二輪部門の英語名も"BIKE"なので、エンスー的にはむしろBike呼びのほうが主流と思われる

日本ではオートバイとも言うが、こちらは和製英語であり、バイクに比べるとタグの付いた作品はかなり少ない。しかし英語圏同様に自転車と紛らわしいので、オートバイのほうが推奨できる場面もままある。

特徴

道が混みやすく平均所得が低い南アジア東南アジアの発展途上国では、細い道や渋滞もすり抜けられる、車両価格や維持費が安い、街角のどこにでも停められるといったメリットからうってつけの乗り物で、旅行に行けばバイクがごった返しているのを見ることができる。

例えばベトナムでは深刻な渋滞問題のために政府が四輪自動車の輸入を制限している分バイクの法律は緩いため、1台に3人4人と乗れるし、バイク1台あれば屋台も開けるし海や山の収穫をすぐ市場で売ることができるので、バイクさえあればそこそこの生活が維持できる。「家は売ってもバイクは売るな」という格言もあるほどである。まぁそんな状態で事故が起こらないわけがなく、ベトナムではバイク事故は日常茶飯事。街角では壊れたバイクとゴザを被せられた遺体の横でお香が焚かれている有様は割とよく見かける。が、その危険を冒すだけの理由があるのも事実である。

しかし逆にインフラ・法整備・経済が成熟しており、大衆でも四輪の自動車が当たり前な現代日本を含む先進諸国ではデメリットばかりが目立つ。具体的には、

  • 発展途上国と違い無造作に路上に停められない。特に日本の都会では路上駐車禁止の場所が多く、駐車場所に気をつかう
  • 身体がむき出しなので、肌の露出を無くした上でヘルメットやプロテクターなどの防具の装着が必須だが、それでもなお傷害率、死亡率が高い
  • タイヤが2つしかないので不安定で、風や路面変化に弱い。落ち葉やマンホールでも踏むと滑って危険なことがある。また、落下物や横断する動物に遭っても死傷する恐れが大きい
  • 自動車では一般的な、衝突被害軽減ブレーキのような先進安全装備は一切ない。ABSは2018年10月以降に発売されたモデルからようやく義務化された(継続生産車は2021年10月以降)。
  • ワイパーも屋根もない(ジャイロキャノピーは例外)ので、の危険度が自動車の比ではない
  • 路面が見えづらい夜は、危険度が遥かに上がる
  • 雪が降ったらお手上げ。郵便局員はチェーンを巻いて走るが素人にはおすすめできない
  • 小さいので他の自動車に見落とされる危険が大きく、大型車の風圧の影響も受ける。渋滞中のすり抜けはダメ、ゼッタイ。
  • 空調が無いので夏は暑いし冬は寒い
  • 2人乗りはできるが、荷物がほとんど載らなくなる。
  • 車中泊ができない
  • 小さいので窃盗団からすれば盗みやすい
  • ただ跨っているだけでも「立ちゴケ」のリスクがある。大型になると引き起こしも一苦労

など危険と不便を芋づる式に挙げることができる。
言っちゃなんだが、まるでデメリットという概念がタイヤをつけて走っているような存在である。

近年の日本では中型以上のバイクは案外高価であり、安い軽自動車と変わらないほどになってしまった(ついでに言うと燃費も軽自動車と大して変わらない)。軽自動車と比べてメリットらしいメリットは、細い道ですれ違いしやすい車幅の短さと車庫証明が要らないことくらいしかない。安価な原付バイクであれば維持費が安く燃費が良いという利点もあるが、今度は自転車との競合が視野に入ってくる...。こういうわけで、バイクの需要自体が激減してしまった。

しかし上に羅列したデメリット全てを覆してあまりある楽しさがあるのもまた事実である。
バイク漫画『ばくおん!!』に出てくる、

「バイクは バカにしか乗れん」

という台詞は、こうしたバイクの本質を一言で言い表している(賢い人は軽自動車を買って、どうぞ)。

そうしたことから、日本では日常の足としては原付バイクにほぼ限られ、中型以上は趣味の乗り物という側面が強い。ファッション感覚で乗る人も居れば、大量の荷物を積載してツーリングで遠くを目指す人、カスタムを専門に楽しむ人もいる。
四輪より安いのを活かしてサーキット走行やモータースポーツに参加するのもいいだろう。

ただし"バカ"と言っても、"人に迷惑をかけるバカ"は乗ってはいけない

昭和時代のバイク文化が花開いていた頃、各地の若者が組織した暴走族が幅をきかせていたため、「バイク=暴走族・不良」といった偏った解釈により「3ない運動(免許を取らせない、買わせない、運転させない)」が全国で展開され、バイク文化の衰退につながった。
今は暴走族こそなりを潜めてはいるものの、マナーの悪いライダーは依然として多い。もし発展途上国なら街角に停めるのも、渋滞をひょいひょいすり抜けるのも何の問題ないかもしれないが、この日本ではどちらも迷惑行為、危険行為である。四輪車が世のスタンダードな日本社会で、二輪車のそうした自分勝手な振る舞いはすぐに槍玉に挙げられてしまい、バイク=不良というイメージに繋がってしまい、余計な規制が増えてしまいかねない。
もちろん実際は決して「バイク乗り=暴走族」ではないので、これからバイクに乗ろうと思っている人には間違ったイメージを持ってほしくないし、現役のライダーにはイメージを下げるようなライディングは絶対に避けてほしい。

そして万一が起きた際、後の人生に支障をきたさないためにも、ヘルメットやプロテクターのような各種防具の装備はもちろん、任意保険や傷害保険、ロードサービスといった有事の際の保険は必ず入っておこう。特に任意保険の未加入は、相手はおろか自分の身すら破滅に追い込むテロのような所業であることをキモに命ずるべきである。

バイクの種類・区分

法律(排気量)による区分

日本の場合、エンジンの排気量をもとに下記のように分類され、運転免許もそれぞれ用意されている。原付を除くそれぞれのクラスに、AT限定免許が存在する。

  • 大型自動二輪:排気量401cc以上。教習を受ける際には普通自動二輪の取得を前提条件とする自動車学校が多いが、免許センターの一発試験なら何も持ってない状態からでも受けられる(受かるかどうかは別のお話)。
  • 普通自動二輪:排気量126cc~400cc。最もオーソドックスなクラス。同じ普通自動二輪でも、250ccより上の排気量では車検が必要になる。
  • 小型自動二輪:排気量51cc~125cc。道路運送車両法では原付二種に分類されるため高速道路には乗れないが、法定時速は自動車と同じ。車検がない、原付一種と同じ保険(ファミリーバイク特約)が使えるなど維持費面で有利な部分が多い。
  • 原動機付自転車:排気量50cc以下。原付一種。法定時速は30km/h。一般的にバイクとは呼ばれず、"二段階右折"など法的にも異なる部分が多い。原付専用の免許もあるが、四輪の普通自動車免許でも乗れる。

自動車と同じ様に排気量によって税金が異なるが、251cc以上は一律6000円である。

ボディタイプの種類

  • スクーター:エンジンを座席下に格納し、両足を揃えて乗る二輪車。ATのものが多い。収納が広く、主に日常の足として使われる。大型のものは「ビクスク」と呼ばれる。当該項目参照。
  • ネイキッド:直訳すると「裸」で、カウルのついていない、一般的にイメージされるようなオーソドックスなバイク。「スタンダード」とも呼ばれる。
  • ツアラー:ネイキッドにカウルが装着されたような形状と性能のバイク。カウルのお陰で空気抵抗を身体で受ける必要がないので長距離の移動が楽だが、取り回しや整備性が悪くなるというデメリットがある。特にハヤブサのように、直線ならスーパースポーツを凌ぐ走行性能を持つツアラーは「メガスポーツ」と呼ばれる。
  • スーパースポーツ(SS):本格的なスポーツ走行を前提に開発されたバイク。バブル時代前後に一斉を風靡したものたちは特にレーサーレプリカとも呼ばれる。カウルがあるという点でツアラーと同じだが、サーキットでのパフォーマンスを重視しているため車重は軽くしたり、空気抵抗を減らすためにきつめの前傾姿勢を強いたり、高回転型のエンジンを搭載していたりする。ツアラーとの境界線は曖昧で、定義を巡って四輪におけるスポーツカー論争のような議論もしばしば起きる。
  • ストリートファイター:スーパースポーツの性能はそのままカウルを取っ払った形状をしており、スーパースポーツと同時に発売されることが多い。前傾姿勢は基本的に直されるなど、日常での取扱いのしやすさも重視しつつスポーティーな走りも味わえる。ツアラーとは逆の意味で、ネイキッドとスーパースポーツの中間にある存在で、自動車で言えばホットハッチが近い存在かもしれない。「〇〇(スーパースポーツ)のネイキッド版」と紹介されることもある。
  • オフロード:読んで字のごとく、オフロードを走るためのバイク。パフォーマンスや整備などの都合上、競技では単気筒や中小排気量がメインである。外観の好みは人を選ぶが、バイクの大きな弱点である路面変化を苦にしないため、これを最強のバイクと言って憚らない者もいる。近年は前輪も駆動する、二輪駆動(=全輪駆動)のオフロードも開発が進められている。
  • アドベンチャー:カウルのついたオフロードのような形状で、「冒険」を意味する名称の通り長距離ツーリングが主眼。舗装路性能も重視されるためオフロードに比べると大排気量が好まれる。「マルチパーパス」「デュアルパーパス」「アルプスローダー」など呼び方が多数あるが、それぞれ微妙に違うと主張する者もいる。四輪自動車でいうところのクロスオーバーSUVのような存在。
  • クルーザー:大陸の長い直線をゆったり走るために設計された、アメリカスタイルのバイク。一般には「アメリカンバイク」のほうが通りが良いだろう。ハーレーダビッドソン社が特に有名で、バイクを知らない人からは「ハーレー」という名のボディタイプと勘違いされやすい。
  • トライク:タイヤが3つついたバイク。転倒の心配が圧倒的に少ない。車種によっては道路運送車両法上「特定二輪」に区分されるが、これは普通自動車免許で乗れる上、ヘルメット着用の義務がない。最近YAMAHAが熱心に開発しているジャンル。
  • サイドカー:横にもう一台「側車」と呼ばれる車がついた乗り物で、一見するとバイクではないが、運転には排気量に応じた自動二輪免許が必要となる。


工業製品としてのバイク

四輪に比べると構造が比較的シンプルで法規制も緩く製造しやすい二輪は、現在も各国に中小規模なメーカーが多く存在している。過去には富士重工業(現SUBARU)、トヨタブリヂストンも二輪事業に参入していたこともある。

概要で述べたとおり、アジアの発展途上国はメイン市場となっているのに加えて人件費も安いため、そこで生産をして世界中に輸出するのが一般的となっている。ちなみに世界最多保有台数国はインドで1億5000台(年間生産2000万台、年間販売2000万台も同国が世界一)、一人あたり保有率1位は台湾で100人あたり63台にも及ぶ。
タイフィリピンバングラディシュサウジアラビアなど現地独自のバイクメーカーも多数存在する。

四輪同様日本勢が得意とする分野だが、その強さは四輪以上である。世界シェアでは常に本田技研工業(ホンダ)とヤマハ発動機が1-2位を占めており、モータースポーツではMotoGP、EWC(世界耐久)、世界トライアル、MotoAmericaなどはここ10年日本車以外のチャンピオンがいないほどである。

代表的なメーカー

ここに掲載しているのはほんの一部である。
自動車メーカーリストも参照のこと。


Pixivでは

Pixivでは実在するバイクから架空のバイクまで様々な車種が描かれており、クルーザー(アメリカン)やスクーター、スーパースポーツなどが好まれて描かれている。
人物と一緒に描かれる場合は女性とセットになっていることが多いが、これはバイクの機械的で武骨なカッコよさを引き立たせる効果が大きいことや、しなやかな女性の肉体との対比が大きな魅力を生むからであろう。もちろんそうした事情抜きに単純に、バイクに乗ってる女性は良いぞ。
またライダーの若さや、反対に老いによる渋さを演出するアイコンとして用いられる場合もある。

架空バイク・バイクモチーフキャラ一覧

仮面ライダーシリーズ

平成ライダーマシン年譜


 仮面ライダーが「ライダー」たる所以
 ただし平成作品以降、まともにバイクに乗らないライダーも増えている。挙句の果てには仮面ライダーがバイクになるという事案まで。
 詳しくはライダーマシンを参照。

ライダーとは別のバイク

作品名画像バイク名搭乗キャラ
仮面ライダーV3名称不明魔女スミロドーン/原始タイガー
仮面ライダーBLACKヘルシューター剣聖ビルゲニア
仮面ライダークウガ 
激走
バギブソンゴ・バダー・バ
仮面ライダー剣ブラックファング???
仮面ライダーウィザードブラックドッグヘルハウンド
仮面ライダーエグゼイドモータスヴァイパーモータスバグスター
仮面ライダージオウキャピタルローダーガーディアン

トランスフォーマーシリーズ


その他のバイク

漫画・アニメ

作品名画像バイク名搭乗キャラ
キノの旅 
The beautiful world
モデルはブラフ・シューペリアSS100エルメス
 〃  
フォトとソウ
モデルはモトコンポソウ
AKIRA 
金田のバイク
金田のバイク※1金田正太郎
メガゾーン23 
背中越しにセンチメンタル
ガーランド
機甲創世記モスピーダ 
琥珀色の男の夢
モスピーダ※2スティック・バーナード
超音戦士ボーグマン 
超音戦士ボーグマン 詰め合わせ
ロードサンダースーパーサンダー
RIDEBACK 
少女は鉄馬に恋をする
ライドバック
キン肉マン 
バイクマン改
バイクマン
キン肉マンⅡ世 
荒野の悪魔!!!
メルトダウン
機甲戦記ドラグナー 
ガンドーラ
ガンドーラ※3
機動戦士Vガンダム 
あどらすてあ
アドラステア※4、ガリクソン
デジモンテイマーズ 
Behemoth
ベヒーモスベルゼブモン
遊戯王5D's 
Dホイール!
Dホイール※5不動遊星ジャック・アトラス他多数

※1:現実のバイクにも強い影響を与えた一台。
※2:パワードスーツ形態に変形するライドアーマー。
※3:陸戦型メタルアーマー
※4:ドゥカー・イクが発案したバイク戦艦
※5:バイクで走りながらカードバトルをするという斬新な設定。レースとは違うためバイクの速さで勝敗が決まるわけではないが、速い方が先攻を取れる、周回遅れにしまくると相手のスピードカウンターを減らせるなど得なこともある。

ゲーム

作品名画像バイク名搭乗キャラ
Fate/Zero 
セイバーバイク
セイバー・モータード・キュイラッシェセイバー
FF7アドベントチルドレン 
ちょっとコンビニ行ってくる
フェンリル
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 
Zelda
マスターバイク零式※1リンク
ロックマン10 
ニトロマン・アクション
ニトロマン
メタルマックス4 
メタルマックス4期待絵
サーシャ※2
可変走攻ガンバイク 
可変走攻 ガンバイク
ガンバイク
ペルソナ5 
新島真&ヨハンナ
ヨハンナ新島真※3
戦国BASARAシリーズ 
ハーレー伊達ッドソン
馬イク※4伊達政宗
魔法少女まどか☆マギカポータブル 
銀の魔女 ロボットモード!
銀の魔女

※1:DLCで配信された。
※2:エージェント・アンドロイドでバイクに変形する。
※3:彼女のペルソナ
※4:馬とバイクを組み合わせた乗り物(?)。

特撮

作品名画像バイク名搭乗キャラ
五星戦隊ダイレンジャー 
ひやま
神風大将
百獣戦隊ガオレンジャー 
千年の時を経て
ウルフローダーガオシルバー
百獣戦隊ガオレンジャー 
原付から750CCへ!
バイクオルグ
特捜戦隊デカレンジャー 
ツインカムエンジェル
デカバイクデカブレイク
炎神戦隊ゴーオンジャー 
ばるかだよー
バルカ城範人/ゴーオングリーン※1
特命戦隊ゴーバスターズ 
レッドバスター
チダ・ニック桜田ヒロム/レッドバスター※1
獣電戦隊キョウリュウジャーディノチェイサーキョウリュウジャー
動物戦隊ジュウオウジャー 
ヤバイカー
ヤバイカー
兄弟拳バイクロッサー 
兄弟拳バイクロッサー
ギンクロン水野銀次郎
電人ザボーガー 
07112015
マシーンザボーガー※2大門豊
映画版『電人ザボーガー』ブラックホークミスボーグ秋月玄

※1:相棒ポジション。
※2:バイクに変形する特撮ロボットの元祖。

映画

作品名画像バイク名搭乗キャラ
ダークナイト・トリロジー 
Good Bye
バットポッドバットマンセリーナ・カイル

※:バットモービルから分離する脱出用ユニット。

他ジャンル

作品名画像バイク名搭乗キャラ
ペルソナ×探偵NAOTO 
黒直
黒神創世※1

※1:正式名称は対シャドウ特別制圧兵装 R零式・コードネーム『GENESIS』。


関連タグ

乗り物  自動車 機械 メカ
オートバイ スクーター スーパースポーツ 原付 白バイ
単車 自動二輪 二輪 二輪車 サイドカー
自転車 水上バイク エアバイク
モトクロス ナナハン ライダースーツ 痛単車
ヨシムラ 8耐 PIXIV走り屋 レーサーレプリカ バイク擬人化

関連記事

親記事

自動車 じどうしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バイク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36272165

コメント