ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

藤山律子


概要

Σ団の幹部の一人で、悪之宮博士の秘書兼ボディガード。
普段は頭に伸縮自在の2本のアンテナをつけた、銀のボディに大きな黒マントをまとう。
マントを使っての瞬間移動や、相手の攻撃を防ぐ技を持つ。その防御力は、ザボーガーのチェーンパンチやブーメランカッターも跳ね返すほど。
普通の女性に変身できるほか、サイボーグ体となって活動することも可能。
私服姿での登場も多く、情報収集のために一般市民の女性に変装することもある。

現場に出て指揮する事も多く、Σ団の各ロボットや戦闘員を指揮して作戦を遂行する。
しかし、自己中心的なところから、形勢不利になると一人逃亡する事もある。

失敗を重ねた結果、悪之宮からの小型カプセル爆弾を飲まされて、無理やり命令を聞かされるはめに(31話)。それでもザボーガーと大門により失敗が続き、とうとう36話で責任を取らされる形で爆弾を爆発され、処刑されてしまった。

変身ミスボーグ

1話と2話のみ、戦闘体に変身し、大門およびザボーガーと直接戦った。この形態は、書籍など資料では「変身ミスボーグ」と呼称されている。
人間とほぼ同じ通常時と異なり、こちらの形体は完全なロボットの外観。逞しい外観なので、見ようによっては男性的にも見える(全身を覆う着ぐるみで、演者も異なる)。
その姿に違わず数倍パワーアップされており、手先から火炎や毒ガスを噴射する他、踵からのジェット噴射により飛行も可能。
なぜか、最初に登場してからそれっきり二度と変身する事はなかった。

余談

  • 演者の藤山律子によると、全身を覆う銀色の衣装の通気性は悪く、夏場は下に水着を着ていた事もあったという。また、発泡スチロール製の頭部の角は、衣装の裏から釘で止めていただけなのでバランスが悪く、常に修正が必要だったとの事。目元のメイクには銀粉が用いられていたが、それが落ちる事もまた多く、自宅にも落ちていたらしい。


劇場版に登場したミスボーグ

2011年公開の、井口昇監督によりリメイクされた劇場版にも登場した(演者は山崎真実)。
Σ団の幹部の一人で、唯一の女性サイボーグ。男に捨てられて死んだ女性の細胞を基に作られた。
その心には、男性への憎悪だけがインプットされている。しかしΣ団の他の幹部たちは、女性への憎悪がインプットされていたため対立しており、悪ノ宮博士からも失敗作呼ばわりされているため、Σ内では孤立している。
劇中でザボーガーを駆る大門と戦うも、ふとしたことから大門と恋におちた。

関連タグ

電人ザボーガー

関連記事

親記事

電人ザボーガー でんじんざぼーがー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミスボーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1938

コメント