2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

バットモービル

ばっともーびる

バットモービル(Batmobile)とはアメリカンコミック『バットマン』に登場する乗り物である。
目次[非表示]

概要

バットマンが愛用している特殊車両。コミック、アニメ作品、実写作品、ゲーム作品など全てのシリーズで必ずと言ってもいいほど登場しており、バットマンが使用する乗り物の中では代表的な装備である。

基本的にカラーリングはバットマンと同じ黒系で、銃火器類を装備している。実写作品では実際に乗車し稼働する実物が制作されている。

原作コミック

1940年代から、専用車両として劇中に登場。当初は実用性を重視した車両だったが、後にバットマンの乗り物らしく、コウモリの意匠を施すようになった。
特に初期のバットモービルには、そのフロント部分に、コウモリの顔をモチーフにしたグリルを装備。ナイフのようにとがった突起で、障害物を破壊し走行するように。
以後、全てのバットモービルには、どこかにコウモリの意匠を施している。
その全ては、連載時の時代における最新鋭かつ最高性能を持つ車両をベースにしており、何度もモデルチェンジを行ってきた。
スポーツカーのように流線型の車両の時もあれば、重装甲で様々な仕掛けが施されている車両もある。
また、数多くのワンショット(一冊限りの特別編)やグラフィックノベルなどでは、他には登場しないオリジナルデザインのものも多く見られた。
ダークナイト・リターンズ」に登場したバットモービルは、重装甲で巨大な車体を有し、まるで装甲車や戦車にしか見えないデザインになっている。

映画版・実車

また、実写映像化された時、撮影用の実車が製作されている。

  • 初代バットモービル
1966年のドラマの宣伝用に製作。ベース車は1956年製オールズモビル88。
史上初の、DCコミック社公認のバットモービル。
66年以降行方不明になっていたが、2008年にニューハンプシャー州にて、原野に放置されていたのを発見される。現在は回収され、レストアされた。
  • バットモービル(バットマンカー)

1966
1171 自動車部ツチヤさん、バットモービルに同乗


同じく、1966年に製作・放送された、アダム・ウエスト主演のドラマ版バットマン劇中に登場した車両。日本でも放送され、その際には「バットマンカー」という名称で商品化された。
ベース車は1955年製リンカーン・フューチュラ・コンセプトをベースにカスタマイズされたもの。
後部にジェットエンジンの噴射口が付いている。

  • ティム・バートン版バットモービル

1989 Trans FX Batmobile
Batmobile1989  テクスチャ改良版


89年「バットマン」、92年「バットマン・リターンズ」に登場したバットモービル。
中央部にジェットエンジンが搭載され、フロント部分にはファンが露出。後部にはジェットエンジンの噴射口が同じくついている。機関銃を内蔵し、ワイヤーを用いて減速せずにカーブを曲がる事が可能。
自動操縦機能の他、装甲を展開させて包み込み、完全防御形態「コクーン」になる事が可能。
リターンズ版は、車体の左右を分離し、運転席のある中心部のみで走行・脱出する「バットミサイル」形態になる機能を披露した。

  • フォーエバー版バットモービル
96年、ジョエル・シュマッカー監督作「バットマン・フォーエヴァー」に登場したもの。
バートン版に近い形状だが、スケルトンボディで、ところどころの外装が肋骨状になっており、隙間から内部機構がクリアパーツ越しに見える。
  • バットマン&ロビン版バットモービル
97年「バットマン&ロビン Mrフリーズの逆襲」に登場したもの。フォーエヴァー版と同じスタイルだが、スケルトンボディではなくなった。運転席には屋根が無く、1人乗り。
  • ダークナイト・トリロジー版(タンブラー)

THE TUMBLER
Badpod&Batmobile


2005年からの、ダークナイト・トリロジーに登場するバットモービル。劇中では「タンブラー(曲芸師)」とも呼ばれ『バットポッド』という分離形態も作られた。
外観および機能は、装甲車であるが、高速走行が可能な他、様々な機能を内蔵している。

  • 「バットマンvsスーパーマン」版

バットモービル2015


2015年「バットマンvsスーパーマン」に登場したタイプ。フロント部に重火器を内蔵し、攻撃が可能。タンブラーを多少バートン版に近づけたような形状になっている。

  • 「ザ・バットマン」版
2022年「ザ・バットマン」に登場したもの。見た目は黒いスポーツカーだがジェットエンジンによる加速や衝撃に耐えられる装甲等々魔改造が施されている。

  • アニメイテッド版
90年代のアニメイテッド版は、バートン版をモデルとしたバットモービルが登場する。形状はほぼ同じだが、フロント部にジェットエンジンが露出しておらず、外装で覆われている。

※これらの他、ゲームなどでも登場。

その他

車両型のバットモービル以外に、バットマンが使用する乗り物はいくつも登場している。代表的なのは航空機「バットウィング」、潜水機能のある「バットサブマリン」など。
他に、各種専用バイク「バットサイクル」、水上移動用の「バットボート」など、陸海空を網羅した乗り物を用意している。
ロビン専用のバイクとして「レッドバード(「バットマン&ロビン」に登場)」、バットガール専用バイク「バットガール・サイクル(60年代ドラマに登場)」も存在する。
原作コミックでは、1人乗りの超小型ヘリ「ホイリーバット」、同じく個人用小型グライダー「バットグライダー」の他、一時期「フライング・バットケイブ」という、科学設備を多く搭載した巨大ヘリコプターも登場していた。

これらは全て別々の乗り物とされている作品が多いが、ニンジャバットマンではバットモービルがバットウィング、バットポット、パワードスーツに変形する(というよりはパーツ排除でバットモービル→バットウィング→バットポッド、変形でパワードスーツ)といった演出が行われる。
DCvs鷹の爪」では、ロボ形態に変形するバットモービルも登場している。

関連動画





関連タグ

バットマン batmobile

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バットモービル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57804

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました