ピクシブ百科事典

ダークナイト・リターンズ

ばっとまんだーくないとりたーんず

1986年にDCコミックスから出版されたアメコミ作品であり、フランク・ミラーによる『バットマン』のミニシリーズ。現代アメコミの原点にして頂点。原題は『Batman:The Dark Knight Returns』。
目次[非表示]

概要

DCコミックスが出版するアメリカンコミックバットマン』のミニ・シリーズ。脚本&作画はフランク・ミラーで、1986年2月から6月まで4巻が出版された。

続編として2001年に『バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン』2015年に『バットマン:ダークナイト・マスター・レイス』が出版された他、アニメ化もされており2012年にPart1が、2013年にPart2が発売された。

日本では1998年に小学館集英社プロダクションから邦訳本が発売され、2009年に同じく小学館集英社プロダクションから『バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン』を同時収録した邦訳本が発売されている。2019年には『ダークナイト:マスター・レイス』の邦訳本が発売されている。

作品解説

『バットマン』の外伝的な作品であり、本編から約20年後の世紀末的時代を舞台に、バットマンを引退していたブルース・ウェインが政府や周囲の反対を押し切って再び犯罪に立ち向かう様と、宿敵ジョーカーとの決着やかつての盟友スーパーマンとの意地を賭けた最後の戦いを通して、「正義とは何か?そして、ヒーローとは何か?」を読者に問いかける漢の物語が展開される。

それまであくまで子供向けと考えられていたアメコミに、シニカルで徹底したリアリズムによる視点と重厚な人間ドラマ、そして単なる勧善懲悪に留まらない高いテーマ性を持ち込んで、アメコミの在り方そのものに変革をもたらした一作であり、翌年に発表されたアラン・ムーアの『ウォッチメン』と並んでアメコミ史上において特に重要な位置を占める傑作として知られている。

本作が起こした一大ムーブメントはアメコミに大人の読者を呼び戻し、また本作以降、現実味のある設定や世界観、ストーリー性を重視したアメコミ作品が多く創作されるようになっていった。

外伝作でありながら本作の影響力は『バットマン』シリーズ本編や他の関連作品にまで波及することになり、現在よく知られている『バットマン』特有のダークでシリアスな作風は本作によって決定づけられたと言っても過言ではない。1989年公開のティム・バートン監督の映画『バットマン』も本作の起こしたムーブメントに連なる一作であり、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイトライジング』や、DCエクステンデッド・ユニバースの『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』も本作から得たプロットを元にしている。

関連イラスト

OLD BAT
The red capes are coming!


DKRバットマン
ロビン ー キャリー・ケリー



関連動画




関連タグ

DCコミック アメコミ
バットマン スーパーマン

関連記事

親記事

バットマン ばっとまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークナイト・リターンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6155

コメント