ピクシブ百科事典

第三次世界大戦

だいさんじせかいたいせん

第三次世界大戦とは、第二次世界大戦に続く3つ目の世界大戦のこと。今後起こるであろう仮想の世界大戦を指す。
目次[非表示]

何が始まるんです?
第三次大戦だ。」

概要

近代における世界戦争第一次ヨーロッパが中心となり、第二次アジア太平洋地域およびヨーロッパが主な戦場となった。

また第二次大戦後、が世界覇権を賭けて対立する冷戦状態となったものの、第二次世界大戦末期に使用された核兵器により世界的な戦争は地球人類の絶滅につながると恐れられ、これが逆に米ソが世界を二分し正面からの衝突を避ける要因となった。これを核抑止とも言う。

戦争の危機

1991年ソ連崩壊により、アメリカに伍する軍事力を持つ大国が事実上消滅したため、大陸間全面戦争の可能性は低くなったとされている。

一方で核保有国であるインドパキスタンの間の緊張、中東からアジアにかけては民族および宗教の対立により紛争、9.11に代表されるテロリストの暗躍が続いている。さらに近年は新興国の台頭や新冷戦とも呼ばれる米中間のアジアにおける軍事的・経済的対立が顕著となっており、新たな世界大戦の要因となることを懸念する向きもある。

第四次世界大戦

アインシュタイン博士は第三次大戦について「第三次大戦がどんな戦い方かはわからない。だが、第四次世界大戦はわかる。それは棍棒による戦いだ( I know not with what weapons World War III will be fought, but World War IV will be fought with sticks and stones. )」と述べている。
この発言の意図は、「第三次大戦ではどういうものか具体的には分からない」ものの、恐らく「それまでの文明破壊しかねない超兵器の応酬となる」ためこれまでの文明は滅亡、結果「原始レベルまで文明レベルが衰退してしまう」という予測であるとされる。
他にも文明滅亡とまではいかなくても、「超兵器があまりにも危険すぎるために超兵器やそれに通じる技術の全てを放棄、或いは封印」した結果、原始的な戦い方になるとも言われている。

「第三次世界大戦」を扱うフィクション作品

フィクションにおいてもこの題材はよく用いられる。無論架空戦記などの戦争自体を扱ったものも存在するが、多くは戦後荒廃した世界を扱っていると思われる。

  など多数


コマンドー(ボソッ

外部リンク

第三次世界大戦 - wikipedia

関連タグ

戦争
第一次世界大戦 第二次世界大戦 第四次世界大戦
核戦争 架空戦記

関連記事

親記事

戦争 せんそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「第三次世界大戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52834

コメント