ピクシブ百科事典

キューバ危機

きゅーばきき

キューバ危機は冷戦期にキューバのミサイル配置をめぐり米ソが軍事対立した事件。
目次[非表示]

背景

 1950年代の世界アメリカ合衆国を筆頭とする民主主義資本主義西側陣営ソビエト社会主義共和国連邦を筆頭とする共産主義社会主義東側陣営に分かれ対立する冷戦時代にあった。
 両国は原子力による核兵器開発やミサイル開発などで競い合ってしのぎを削り、互いに牽制し合っていた。
 その当時、もしも両国が何らかの状況で戦闘に陥って戦争が発生した場合第三次世界大戦となる、あるいはそうならずとも「核戦争」となる可能性が高いと恐れられていた。

キューバの状況

 アメリカの裏庭ともいえるカリブ海に浮かぶキューバ
 もともとこの島を支配していたのは独裁的な親米派のバティスタ政権であったが、1959年にフィデル・カストロチェ・ゲバラとともに政権を打倒し、反米・親ソ的な共産主義国家を宣言する「キューバ革命」が発生。
 アメリカは隣国が共産化し、利権も失われたことに衝撃を受け、両国は対立関係となった。
 アメリカ合衆国大統領ドワイト・D・アイゼンハワーからジョン・F・ケネディに代わり、ケネディはカストロ政権打倒計画を極秘裏に練っていたといわれる。

発生

 1962年。キューバはアメリカの攻撃に備えてソ連武器を求め、ソ連第一書記であったニキータ・フルシチョフはアメリカとの国際的な軍事均衡の主導権を手にするため、核弾頭搭載型中距離大陸間弾道ミサイル、略称ICBM、の配備を決定。
 7月からキューバにミサイルや必要物資を送り、9月でミサイル42基、核弾頭150発、ソ連兵約3万人が配置された。
 アメリカのスパイとなっていたソ連の情報員・ペンコフスキーからキューバへの核ミサイルの情報がもたらされ、10月14日にアメリカは高高度偵察機U-2によってキューバに建設中のミサイル基地を発見。
 ケネディ大統領はキューバ近海の海上封鎖とキューバを目指すソ連籍貨物船への臨検を決定。16日にケネディはNATOやOASに説明して支持を得て、18日にソ連外相アンドレイ・グロムイコがホワイトハウスを訪問、ケネディと会談するがケネディは攻撃用核ミサイルを発見したことを一切語らず。19日にアメリカは同盟国政府にミサイルを撮影した写真を公開し、22日にケネディは全国テレビ演説でキューバのミサイルを国民に公表。
 この時にアメリカ軍は準戦時態勢をとりデフコンレベル( Defense Readiness Condition、戦争への準備態勢を5段階に分けたアメリカ国防総省の規定、平時は5を示す、ちなみに3は後に第四次中東戦争アメリカ同時多発テロの2回である )を3に設定し、国内の核ミサイルを発射準備態勢に置き、日本トルコイギリスの駐留米軍を臨戦態勢とし、核爆弾を搭載したB-52爆撃機や核ミサイル搭載原子力潜水艦をソ連周辺に向かわせ、さらに米軍は密かに沖縄在日米軍基地に核ミサイル1300発を配備し、ソ連の極東方面と中国に標準を定めていた。
 25日に国連安保理会議でアメリカ国連大使がソ連国連大使にミサイルの写真を見せて撤去を求めたが、ソ連側はこれをはぐらかした。
 戦争準備を進めるアメリカだったが、ケネディは先制攻撃を迫る軍部首脳を抑えて平和的解決に必死であった。一方のフルシチョフもあくまで軍事均衡を動かすために核ミサイルを利用したまでで使うことは躊躇っていた。双方は水面下で妥協点を模索し交渉を続けていた。
 その頃、この情報をアメリカにもたらしたペンコフスキーはソ連当局にアメリカスパイだと判明し、拘束、後に処刑された。

危機

 26日にデフコンが2に引き上げられた( ちなみにこのレベルはこのときのみである )時、ソ連はアメリカに「キューバ侵攻をしなければミサイルを撤去する」と提案を伝えたが、27日に提案を「トルコの米軍核ミサイル撤去」に変更。
 アメリカ側は受け入れがたい要求に困ったが、同日昼頃にキューバ上空を飛行中のU-2がソ連の地対空ミサイルによって撃墜され、さらに核魚雷を搭載したソ連潜水艦に米海軍艦船が爆雷を投下、潜水艦は核魚雷で応戦する可能性があったが、ソ連の政治将校の反対により浮上し、指示に従ったということが後に発覚している。
 この日は「暗黒の土曜日」と呼ばれ、ケネディをはじめホワイトハウスの誰もが世界の終末を覚悟して青ざめたと言われる。事件公表以来、国民の多くはマスコミの極端な報道によって、核戦争を恐れて買い溜めに走って大混乱になった。

解決・影響

 28日。フルシチョフは突然ミサイル撤去を発表。これを受け、ケネディはキューバ侵攻をしないことを約束し、トルコの核ミサイルを撤去した。
 対立国であった米ソはこれを機に、危機回避のための直接対話のホットラインを設置した。一方の直接利害関係が存在するキューバのカストロ議長はこの頭越しの決定に憤慨し、またソ連もカストロ議長の強硬政策を知ってか、キューバとソ連は一時期お互いに距離を置くようになった。
 その後、ケネディはダラス暗殺され、フルシチョフは失脚して第一書記を更迭された。
 核戦争の危機は回避されたものの、ベトナム戦争が始まり、冷戦は新たな段階に進んだ。

真相

 当時の状況では特にソ連の状況はわからないことが多く、経緯から推測するしかなかった。その後、ソ連などの状況が明らかとなったことで、真相がわかった点も存在する。

撤去の理由

 なぜフルシチョフはミサイルを撤去したのか?
 有名な話では、KGBがケネディが教会で礼拝した後にテレビ演説をしようとしていると情報を掴み、「アメリカ大統領は教会で礼拝した後に開戦を発表する」という前例から、「ケネディもテレビ演説で開戦を発表して攻撃を実行する」と推測。この憶測を聞いたソ連首脳はアメリカが本気であると狼狽してミサイル撤去を決めたというもの。
 この説は現在ではデマ話として知られるが、当時も不確実な情報が飛び交っていた。後述するが、フルシチョフも本気で戦争する気は無かった。
 まとめると、明確なきっかけによって撤去したわけではなく、地道なギリギリの交渉の末の結果にフルシチョフが決断したことになる。

核戦争の可能性

 もしもどこかで何かが違っていれば、本当に核戦争が発生し、そして第三次世界大戦が起こっていたか?
 当時のアメリカの核兵器保有数が5000発に対してソ連は300発と歴然の差画存在し、当時の科学技術水準ではミサイルの飛距離も本国から敵国領土に直接到達するほどではなかった。
 だからこそソ連はキューバに、アメリカはトルコに核兵器が搭載可能なミサイルを配備していた。
 もしも開戦となって核ミサイルを使用したとしてもソ連側はすぐに使い果たし、アメリカよりもソ連の打撃が大きいとされる。
 そしてフルシチョフはミサイルを使い果たせばヨーロッパを主戦場に通常兵器での戦いに移ると見ていた。第二次世界大戦における独ソ戦の一つ、スターリングラードの攻防戦において指揮をとった経験があるフルシチョフはドイツ軍との苦戦を覚えており、同じ徹を踏むことを恐れていた。
 フルシチョフはミサイルを外交カードに使っただけで本当に戦闘攻撃に使う気はなく、アメリカがキューバ侵攻を諦めてトルコの核ミサイルを撤去でき、国際的軍事均衡を少しでもソ連に有利になるよう変えたただけでも、満足のいく成果としてみていたといわれる。

関連タグ

世界史 冷戦 軍事 歴史
アメリカ合衆国 ソ連 キューバ
核戦争 第三次世界大戦

遥かなる星 佐藤大輔による歴史改変SF。危機がエスカレートして戦闘に陥り、核戦争による第三次世界大戦の発生とその後の世界を描いてる。

参照

wikipedia:同項目

関連記事

親記事

冷戦 れいせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キューバ危機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3479

コメント