ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョフ(ロシア語:Ники́та Серге́евич Хрущёв、ウクライナ語:Мики́та Сергі́йович Хрущо́в、ムィクィータ・セルヒーヨヴィチ・フルシチョーウ、ラテン文字表記の例:Nikita Sergeyevich Khrushchev、1894年4月17日 - 1971年9月11日)は、ソビエト連邦の政治家。第3代ソビエト連邦最高指導者。中央委員会第一書記、閣僚会議議長(首相)を兼任した。

スターリン批判によってその独裁と恐怖政治を世界に暴露し、非スターリン化を掲げた。在任時にはアメリカ合衆国を中心とする西側陣営と平和共存を図り、軍拡競争を抑制して軍縮と宇宙開発競争を積極的に行った。他方で中華人民共和国・アルバニアと激しく対立し、ハンガリー動乱に際して軍事介入を行い、キューバに核ミサイルを配備してキューバ危機を招いた。

また、自身が無神論者であった為に宗教に対する弾圧を再び強化した。それでもスターリン時代よりは物流・学術の交流といった点で開放的だったとされている。

1918年にロシア社民労働党多数派(ボリシェビキ)に参加し、党運動員から赤軍の幹部にまで昇格した。レーニンの没後は後継者もスターリンクレムリン(党本部)の辞令によりウクライナ共和国(彼は民族的にはウクライナ人)の第一書記に着任し、その後党中央政治局員に昇格してクレムリンに入城した。1953年にスターリン直々の後継者のマレンコフとバックボーンのベリヤを放逐し、筆頭書記・書記長に就任した。そして肩書きを第一書記に変更する(後任のブレジネフが書記長に戻す。)。スターリンの死後に「スターリン批判」を行った。また在任中はスプートニク打ち上げ・キューバ危機といった重大な事件が起き、日本ソビエト連邦との国交回復も彼と鳩山一郎によって行われた。

1964年10月13日から10月14日にかけて開かれた臨時の中央委員会総会で全職を辞する。

経歴

1894年4月17日にロシア帝国のクルスク県カリノフカに誕生する。父親のセルゲイ・フルシチョフは炭坑夫で、母親はクセニアである。母方の祖父は農奴でロシア帝国陸軍に勤務していた。家族と共にウクライナ・ドンバス地方のユゾフカ(スターリノ、現在のドネツィク)に移り、15歳で鉛管工として働き始める。第一次世界大戦では工場で勤務していた為、徴兵を猶予された。

共産党入党

1917年のロシア革命の以前から労働運動に参加したことが切っ掛けとなり、1918年にロシア共産党(ボリシェヴィキ)に入党した。ロシア内戦中の1919年には赤軍政治委員として参加した。1920年にはセミョーン・ブジョーンヌイ元帥の下で勤務し、反革命を標榜した白軍やポーランド軍との戦闘に参加した。1921年にユゾフカに戻る。

1925年にユゾフカのペトロフスコ・マリインスク地区党書記に就任し、以後党活動に専従することとなる。ウクライナでのフルシチョフは、精力的な仕事ぶりと経験から学んだ実際的な現地事情に関する広範な知識で台頭し、ヨシフ・スターリンの側近であったカガノーヴィチに注目されることになる。1929年にはスターリン記念工業アカデミーに入学を許可されて冶金学を学ぶと共に、大学内でも党活動を熱心に推進して学内の共産党書記に選出される。

中央委員就任

1931年にモスクワ党専従となり、モスクワ地下鉄の建設の功でレーニン勲章を受章した。この功績がスターリンの目に留まり、1934年の第17回大会で中央委員に選出され、翌年の1935年にはモスクワ党第一書記となる。1938年に政治局員候補となり、スターリンに粛清されたスタニスラフ・コシオールの後任として、ウクライナ共産党第一書記となった。1939年に第18回党大会で政治局員に昇格する。

この時期、党中央では大粛清の嵐が吹き荒れていたが、フルシチョフもスターリンを称える演説をし、さらにはウクライナにて大規模な粛清を実行した。1938年だけで10万人以上が逮捕され、大部分が処刑された。当時200人いた中央委員会の役員の中で生き残れたのは、わずか3人であった。

第二次世界大戦

第二次世界大戦では、1941年のドイツによる侵攻以降ウクライナ共産党の責任者としてウクライナの産業を東部に疎開させることに尽力する。疎開作業の完了後、陸軍中将と同位の政治委員の階級を授与され、南部戦線でドイツ軍と戦った。

スターリングラード攻防戦では、アンドレイ・エリョーメンコ大将の政治委員となり、1943年のクルスクの戦いでは、ニコライ・ヴァトゥーチン中将の政治委員として直接前線に参加している。

第一書記兼首相

1953年3月5日のスターリンの死後、ラヴレンチー・ベリヤによってゲオルギー・マレンコフが閣僚会議議長(首相)に祭り上げられ、書記局の名簿筆頭にも名を連ねた事により、暫定的にスターリンの後継者となったが、ベリヤの権力掌握を警戒する指導層の抵抗に遭い、マレンコフは書記局の主導権をフルシチョフに譲ることになった。フルシチョフはまずベリヤを逮捕・粛清して権力基盤を固めた後に共産党党首たる党中央委員会第一書記に就任し、最高指導者としての地位を確立した。次いでマレンコフに首相を辞任させ、後任には腹心のニコライ・ブルガーニンを充てた。

1957年にモロトフ、マレンコフ、カガノーヴィチらがフルシチョフの解任を要求し、中央委員会幹部会の投票で一旦フルシチョフの第一書記からの解任が決まるが、中央委員会総会での投票で逆転勝ちして辛くも第一書記の座に留まった(反党グループ事件)。「反党グループ」の3人は追放されたが、この時フルシチョフを積極的に支持しなかったブルガーニンは程無く首相を辞任させられ、フルシチョフが首相を兼任した。

反党グループ事件の時にフルシチョフを積極的に支持した人物の中に、第二次世界大戦の英雄であるゲオルギー・ジューコフ国防相が居たが、ジューコフは広大なソ連各地から中央委員を集めるのに軍用機まで動員してフルシチョフに協力し、反党グループ追放後は中央委員会幹部会員(政治局員)として迎えられた。しかし軍縮をめぐってすぐにフルシチョフと対立した結果、大臣を解任されて中央委員会からも追放された。

外交

アメリカ合衆国

1959年にはアメリカをソ連の最高指導者として初めて公式訪問し、アメリカのアイゼンハワー大統領との友好関係を築くことで、冷戦下の世界に一時的な「雪融け」をもたらした。

その一方で、1959年のキューバ革命後に同国の政権を握ったフィデル・カストロとの関係を深め、1962年に発生したキューバ危機ではアメリカとの戦争の瀬戸際まで進むことになるが、寸前で譲歩して戦争を回避した。1960年に発生したU-2撃墜事件ではアメリカと激しく対立し、翌年の1961年に行われたウィーン会談では、アイゼンハワー大統領の後を継いで第35代アメリカ合衆国大統領に就任したケネディ大統領と会談を行ったものの、ベルリンの処遇について対立し、その後の「ベルリンの壁」の構築につながった。

日本

日ソ交渉を行った当時の最高指導者であり、フルシチョフは晩年に記した回想記の中で「平和条約締結後とはいえ歯舞・色丹の引き渡しに合意したのは、漁民と軍人しか利用していない島で防衛的・経済的にあまり価値が無く、これらを引き換えに日本から得られる友好関係の方が極めて大きい」と考えており、戦後の日本の経済成長を羨んで「ソ連がサンフランシスコ講和条約に調印しなかったことは大きな失策だった」・「たとえ北方領土問題で譲歩してでも日本との関係改善に努めるべきであった」と述べていた。

フルシチョフは「日本との平和条約締結に失敗したのは、スターリン個人のプライドとモロトフの頑迷さにあった」と指摘している。この件は結局フルシチョフ本人の政治的配慮によって回想記からは削除されたが、ゴルバチョフ政権でのグラスノスチ(情報公開)によって、1989年になって初めてその内容が公開された。

逸話

  • フルシチョフがスターリンの側近になれたのは、スターリンの2番目の妻であるナジェージダ・アリルーエワ(通称ナージャ)のおかげである。ナージャの通う工業大学には論敵を次々に論破する耳の大きな太った若者がいた。後のフルシチョフである。ナージャはスターリンにフルシチョフを推薦し、定期的に家でナージャと3人で食事をするようになったのが出世の始まりとなる。これ以降フルシチョフはスターリンのお気に入りになる。
  • 「こうやって私は生き延びた・・・・・・ナージャの存在は私の幸運の宝くじだった」。フルシチョフには自分がスターリンと同じ場所にいること自体が信じられなかったという。半ば神様のように尊敬していたスターリンが目の前にいて、いとも謙虚に「笑ったり、冗談を言ったり」していたからである。
  • そんな彼だが第一書記に就任した後、一転してスターリン批判を行なった。記者会見でスターリンの悪行を述べている時、「その時あんたは何をしていたんだ」と野次が飛んだ。するとフルシチョフは「今質問したのは誰だ!?」と怒鳴り、会場が静まり返ると「……そう、今の君たちのように沈黙していたのだ」と言ったという。
  • 激情家として知られ、国際的な舞台で話題を呼ぶ事件をいくつも引き起こした。有名なものの1つは、1956年11月18日にモスクワのポーランド大使館でのレセプションで、西側諸国の大使に向って「あんたらを葬ってやる」(ロシア語:Мы вас похороним!)との暴言を吐いたことである。
  • 1959年7月にアメリカのニクソン副大統領がモスクワを訪問した際に、博覧会会場に展示してあるアメリカ製のキッチン及び電化製品を前にして、ソ連の人工衛星である「スプートニク」の開発成功・アメリカにおける宇宙開発の遅れ・アメリカの自由経済とソ連の計画経済を対比し、資本主義と共産主義のそれぞれの長所と短所について討論した。この際に、ニクソンは消費財の充実と民生の重要性を堂々かつ理路整然と語ったのとは対照的に、フルシチョフは自国の宇宙及び軍事分野における成功を感情的にまくしたてた。その討論内容は後に「台所論争」(キッチン討論)として有名になった。
  • 1960年10月12日の国際連合総会で、ソ連代表の提出した「植民地主義非難決議」に対し、フィリピンのロレンソ・スムロン代表が「ソ連の東ヨーロッパ諸国への関与こそ正に植民地主義であり非難されるべき」と逆襲したことに怒ったフルシチョフは、腕時計が壊れるほど拳で机をバンバン叩き始めてスムロンの演説を妨害した事件がある。


関連項目

ソ連 ソビエト連邦共産党 スターリン
マレンコフ(前任) ブレジネフ(後任)

参考文献

wikipedeia『二キータ・フルシチョフ』

関連記事

親記事

ソビエト連邦共産党 そびえとれんぽうきょうさんとう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ニキータ・フルシチョフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3811

コメント