2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ソビエト連邦共産党

そびえとれんぽうきょうさんとう

1912年1月から1991年11月まで存続したソビエト連邦の支配・執政政党。マルクス・レーニン主義を掲げる労働者(プロレタリアート)階級前衛党であり、共産主義を理念に同国において一党独裁制を堅持した、世界の共産党組織のセンター。
目次[非表示]

ソビエト連邦共産党党歌(1952–1991)
インターナショナル(Интернационал/インチェールナツィオナラム)」

「1976年ソビエト連邦共産党第25(XXV)回大会」

この動画は、ソ連共産党党歌インターナショナルを、1976年の共産党大会最終日の開会の際に斉唱している様子。この日の会議は、1976年3月5日、モスクワクレムリン大会宮殿で行われた。当時の党書記長は、レオニード・ブレジネフ

概要

ソビエト連邦共産党(そびえとれんぽうきょうさんとう/ロシア語:Коммунисти́ческая па́ртия Сове́тского Сою́за/略称:КПСС[カムニスチーチェスカヤ・パールチヤ・サヴェーツカヴァ・サユーザ/略称:カー・ペー・エス・エス]〈英語:Communist Party of the Soviet Union/略:C.P.S.U.〉)
1912年1月からから1991年11月まで存続したソビエト連邦の一党独裁政党。マルクス・レーニン主義を掲げる労働者(プロレタリアート)階級前衛党として、長く同国に君臨し続けた世界史上唯一無二の共産主義国家の共産主義政党である。党は、1917年の10月革命から内戦での勝利を経て、1922年にソビエト社会主義共和国連邦(そびえとしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう/ロシア語:Союз Советских Социалистических Республик/略:СССР[サユース・サヴェーツキフ・サツィアリスチーチェスキフ・リスプーブリク/略称:エス・エス・エス・エル]〈英語:Union of Soviet Socialist Republics/略:U.S.S.R〉)を成立(建国)させた勢力である為に、その権威は絶対的なものであった。また、党は憲法で、ソビエト社会の「指導的かつ先導的勢力」であり、「政治制度及び国家・社会組織の中核」として認められていた為に、その歴史のほぼ全期間に渡ってソ連における唯一の政党であり続け、ソ連政府及びソ連邦全体を統治する共産党として、各ソビエト共和国共産党を支配下に置いた。

詳細

…党員数の推移
1924年約73万人→1925年約109万人→1930年約200万人→
1946年約550万人→1965年約1180万人→1981年約1748万人→1986年1900万人(この時点で有権者の1割以上を占める)
なお、1980年代後半をピークに、以降減少。

  • 機関紙:プラウダ(Правда/プラーヴダ[真実])紙
  • シンボル:鎌と槌
  • 党歌
「ボリシェヴィキ党歌(Гимн партии большевиков/ギムン・パールチ・バリシェヴィコフ)」(1939年10月 – 1952年10月)


インターナショナル(Интернационал/インチェールナツィオナラム)」(1952年10月 – 1991年11月)

  • 政治思想
ボリシェビズム(初期)
マルクス・レーニン主義
マルクス主義
スターリン主義
社会主義
共産主義
一国社会主義論
「人間的な社会主義」(1990年以降)
左翼
極左

解説

この項目では、ソ連共産党について、複数の参考文献を元に、解説を行っていく。

  • ソ連共産党とは、いかなる組織であったか?
ソビエト連邦共産党は、一口に言えばソ連を動かす原動力である。初代最高指導者のウラジーミル・レーニンは、共産党について、
「我々は、現代の英智と名誉と良心を党のうちに見る。」
と文学的に表現したが、党の性格と役割は1986年3月に第27回党大会で改正され、採択された党規約の前文を見れば、
党はソ連社会の社会・政治組織の最高形態であって、ソビエト社会の政治体制の中核であり、ソビエト社会を指導し続ける勢力である。党は国の発展の基本的展望を定め、国民の創造的活動の科学的指導を確保し、最終目的の達成、即ち共産主義の勝利を目指すその闘争に組織的・計画的且つ一貫的な性格を与える。
と規定している。

1977年10月、第9期最高会議第7臨時会期で採択された、3番目にして最後のソビエト連邦憲法であるブレジネフ憲法を参照しても、第1部「ソ連邦の社会制度と政治の基礎」の第1章「政治体制」第6条で次のように述べている。
ソビエト連邦共産党は、ソビエト社会を指導し、方向付ける勢力であり、ソビエト社会の政治体制、国家機関と社会組織の中核である…。
マルクス・レーニン主義の学説で武装した共産党は、社会発展の全般的な見通しをたて、ソ連邦の内外政策の方針を決定し、ソビエト国民の偉大な創造的活動を指導し、共産主義の勝利を目指すソビエト国民の闘いに計画性と科学的裏付けを与える…。
このように、憲法により社会や国家における党の指導的立場が明記されていた為に、強固な一党独裁支配体制の理論的根拠となっている。言わば、ソビエト連邦は、プロレタリアート独裁と前衛党革命指導を憲法により“保障”されている国家体制であったと言える。

ある国家の歴史が、そっくりそのまま一つの「党」の歴史でもあるというのは、政党政治が自明となった20世紀においても極めて特異な存在であると言える。ソビエト連邦という国家は、「新しいタイプの党」と呼ばれた共産党(プロレタリアート階級独裁の前衛党)による「指導」に基づいて、その意思を伝達、体現する存在でしか無かった。党あってのソビエト連邦であったことは、1991年12月のソ連崩壊の展開過程が示している。党中央が解散した後僅か数ヶ月で『ソ連邦』とは歴史的呼称となったからである。

つまり具体的に言えば、ソ連の最高機関(議会、日本で言う国会)である最高会議(ソビエト)の中核は党である。党の指導と承認が無ければ、最高会議は重要事項を決定する事すら出来ないのである。それだけでは無い。最高会議と同じく、行政権を握る政府も、司法権を掌る裁判所も、一皮捲れば、中核である「党組織」が姿を現す。軍・労働組合・作家同盟・スポーツ団体・婦人団体などの各種大衆組織も、中核たる党のまわりに組織を広げている。正にこの事によって党はソビエト社会を「指導し、方向づける」事が出来るようになっている訳であるが、こうした「主権在党」とも言われる統治方式を成立させていたのは、神経系のように張り巡らした党のネットワークによる国家・経済、社会の制御、そしてそれら党機構と国家・社会の蝶番として縁の下の力持ちをしていた党官僚(アパラチク)達である。
彼らによって、国家の裏に影のように存在した共産党は、ソ連邦の文字通り、東西南北各地の先端に至るまで、人々のイニシアティブを握り、「指導」による統治を実施していったのである。

  • 党による『政治的指導』とは?
「党」がソ連社会を動かすのは、「命令」によってでは無く、「政治的指導」によるとされる。
かつて、ヨシフ・スターリンは、アメリカの労働組合の指導者との会談で、
ソビエトや労働組合、その他の大衆組織は、“『党』の指導”なくしては、重要な政治上、又は組織上(人事上)の問題を決定し得ない。
と、語った事があると言う。
この場合の“党の指導”が、正に「政治的指導」と呼ばれるものであろう。
党はまず、ソ連社会の発展の基本的展望を定め、社会・経済分野やイデオロギー分野の主要課題を設定し、人材の登用と配置を行う。そして、ソビエトやその他の国家機関、経済機関、社会団体、勤労者集団の中の党組織を通じて、一般的統制(監督)を行い、党の政策の実現を図る訳である。
勿論、党が国家的業務の直接管理の機能を引き受けたり、自らソビエト機関や社会団体に取って代わったり、それらを後見する事が、党の指導では無い。
反対に党は、これら諸組織のイニシアティブと自主的活動を全面的に発展させる事を目指しているという。
党規約も、
党組織は、ソビエト、労働組合、協同組合やその他の社会団体に取って代わるような事が無いようにし、党機関の機能と他の機能の混同を避け、活動上の不必要な重複を許さない。(第60条)」
と謳っている。
要は、人事面や実行プロセスから
「党」と「政府や労働組合など」
の関係を比べた場合は、
「金と人事権を握っているホールディングス会社」と「同じグループの事業会社」
の関係になるし、
「党」と「各地の自治体の評議会(ソビエト)」
との関係は
「職員会議」と「生徒会と学級委員」
となる。
そして、「政治的指導」を学校で例えるならば、
「部長と部員の基本的な自治に任せるけど、校則や法律に触れそうになったり、部内のトラブルを収めたりする時に、“助言”する顧問」
を思い浮かべてくれれば良いだろう。この場合の顧問は、部長などにとって代わって運営し直接指揮下に置くことはせず、“道を示す”事を主な役割としているが、党の政治的指導の役割も、それとほぼ同じ事なのである。

党名

  • (前身政党)ロシア社会民主労働党

(1898年3月 - 1912年1月)
…1912年1月の[ボリシェヴィキ“多数派”]成立まで

  • ロシア社会民主労働党ボリシェビキ(多数派)
(1912年1月 - 1918年3月)
…1918年3月のロシア共産党ボリシェヴィキへの改称まで

  • ロシア共産党(ボリシェヴィキ)
(1918年3月 - 1925年12月)
…別名「全ロシア共産党」、あるいは「全ロシア共産党ボリシェヴィキ」。

  • 全連邦共産党(ボリシェヴィキ)
(1925年12月 - 1952年10月)
…別名「全地域ソビエト連邦共産主義多数派党」、通称:全連邦共産党(ボ)[ロシア語:ВКП(Б)、ボリシェヴィキの(ボ)]。ロシア語読みは「フシェサユーズナヤ・カムニスチーチェスカヤ・パールチヤ(バリシェヴィーキ)」。スターリン書記長が改称。

  • ソビエト連邦共産党(ロシア語:КПСС)
(1952年10月 - 1991年11月)
…ロシア語読みは「カムニスチーチェスカヤ・パールチヤ・サヴェーツカヴァ・サユーザ/略称:カー・ペー・エス・エス」。全連邦共産党第19回大会において、スターリン書記長が改称。

思想/イデオロギー

マルクス・レーニン主義

ソビエト連邦共産党は、マルクス・レーニン主義を公式のイデオロギーとして定めている。マルクス・レーニン主義とは、ロシア10月革命の指導理念としてボリシェヴィキの指導者ウラジーミル・レーニンが案出したものを、レーニンの死後、ヨシフ・スターリンが提唱し定式化、「帝国主義とプロレタリア革命の時代における階級闘争の新たな条件の下、レーニンに創出されたマルクス主義の教義」と定義された。
ソ連共産党において、マルクス・レーニン主義の存在は、マルクス主義へのレーニンの貢献とみなされ、哲学的、経済的および社会政治的な諸見解の、社会・自然・人類の思考の変化の法則、階級闘争と社会主義への移行(資本主義の打破を含む)、社会主義的・共産主義的社会の建設に直接に携わる勤労者の創造的能力に関する、世界の革命的な変革と知識の概念的な見解を統合する、単一真正の科学的システムとして賞賛された。

この思想の根本には、労働者や農民の階級意識(例えば、資本家や地主に搾取されていること)を目覚めさせ、彼らを闘争に立ち上がらせるには、少数精鋭による職業革命家の集団である共産党(前衛党)による指導が必須である、とした(前衛党論/外部注入論)考えがある。
本来は、階級による独裁を意味するプロレタリア独裁の理論を応用し、党による一党独裁制を正当化したのである。

又、党は労働者、農民、知識人の前衛組織であり、社会・政治組織の最高の形態であると規定されていた為、政府との事実上の一体化、「下部組織は上部組織に従う」(民主集中制)、「鉄の規律」、社会のあらゆる部門に党委員会の細胞を張り巡らせて統制するといったソ連における共産党のあり方が確立された。

これらのシステムは、プロレタリア独裁、民主集中制、前衛党論などで構成されたこの社会主義理論と共に世界へと発信され、後に多くの国家で独裁主義的な社会主義国の指導党を生み出す事となった。

詳しくは、マルクス・レーニン主義を参照のこと。

党歴代最高指導者

党歴代最高指導者

The Great Lenin (3)


最高指導者在任期間:1912年〜1924年
【役職名一覧】
ロシア社会民主労働党中央委員・政治局員(1898年3月 - 1912年1月)
ロシア社会民主労働党ボリシェビキ(多数派)中央委員・政治局員(1912年1月 - 1918年3月)
ロシア共産党(ボリシェヴィキ)中央委員・政治局員(1918年3月 -1924年1月)

約瑟夫•維薩里奧諾維奇•斯大林(スターリン)


最高指導者在任期間:1924年〜1953年
【役職名一覧】
ロシア共産党(ボリシェヴィキ)中央委員会書記長・中央委員・政治局員・組織局員(1922年4月 - 1925年12月)
全連邦共産党(ボリシェヴィキ)中央委員会書記長・中央委員・政治局員・組織局員(1925年12月 -1952年10月)
ソビエト連邦共産党中央委員会筆頭書記・中央委員・政治局員(1952年10月14日-1953年3月5日)

マレンコフおじさん


最高指導者在任期間:1953年
【役職名一覧】
ソビエト連邦共産党中央委員会筆頭書記・中央委員・政治局員(1953年3月7日 - 3月14日)

フルシチョフ


最高指導者在任期間:1953年〜1964年
【役職名一覧】
ソビエト連邦共産党中央委員会筆頭書記・中央委員・政治局員(1953年3月14日 - 1953年9月7日)
ソビエト連邦共産党中央委員会第一書記・中央委員・幹部会員(1953年9月7日 - 1964年10月14日)

レオニード・ブレジネフ


最高指導者在任期間:1953年〜1982年
【役職名一覧】
ソビエト連邦共産党中央委員会第一書記・中央委員・幹部会員(1964年10月14日 - 1966年4月8日)
ソビエト連邦共産党中央委員会書記長・中央委員・政治局員(1966年4月8日 - 1982年11月10日)

Send you to Lubyanka!!!


最高指導者在任期間:1982年〜1984年
【役職名一覧】
ソビエト連邦共産党中央委員会書記長・中央委員・政治局員(1982年11月12日 - 1984年2月9日)

コンスタンティン・ウスチノーヴィチ


最高指導者在任期間:1984年〜1985年
【役職名一覧】
ソビエト連邦共産党中央委員会書記長・中央委員・政治局員( 1984年2月13日 - 1985年3月10日)

Gorbachev


最高指導者在任期間:1985年〜1991年
【役職名一覧】
ソビエト連邦共産党中央委員会書記長・中央委員・政治局員(1985年3月11日 - 1991年8月24日)

〔書記長代行〕

  • (ウラジーミル・アントーノヴィチ・イワシコ)
最高指導者代行在任期間:1991年
【役職名一覧】
ソビエト連邦共産党中央委員会書記長代行・中央委員・政治局員(1991年8月24日 - 1991年8月29日)
※ゴルバチョフ書記長辞任後に、党中央委員会自主解散までの間の5日間、ゴルバチョフに代わって党の最期を仕切った、ゴルバチョフ書記長の時代のNo.2である副書記長。代行であることと、国家の役職を兼任していない事などを含め、彼はソ連共産党最高指導者には含まれていない。因みに、共産党解散後、ゴルバチョフがソビエト連邦の最高指導者であるソ連大統領を辞任するのは、その4ヶ月後の12月のことである。

ソビエト連邦共産党党綱領

〈当時:通称『鉄の規律』(マルクス・レーニン主義派(スターリン派閥のルールとも)〉(引用)

  • ソビエト連邦共産党は、闘争は、プロレタリア(労働者)の本当に先駆的な前衛的(アバンギャルド)な一部、集団農業(コルホーズ)の一部、インテリゲンチュア(知識人)、団結した組織的義勇軍、ソ連の人々の先駆者と『契約』した〈聖書言:『テスタメント』〉。(前衛党)
  • プロレタリア(労働者)の先駆者として共産党の栄光に踏み切ったレーニンによって建設され、偉大なロシア10月社会主義革命、ソビエト連邦における労働者らの独裁の確立への勝利へと汗を流し農民らを主導した。
  • ソビエト連邦共産党の名の下に、邪悪を行っていた階層を排除し、ソビエト連邦における道徳、政治的団結を強化して開発してきました。
  • 共産党、労働者の党はすべての当事者となっています。
  • 党はすべての人々のために存在し、人々に提供します。それはソ連社会の力をリードし導く、社会政治的最高の形である。
  • 当事者(共産党、労働者、ソ連政府)はソ連の人々の偉大な建設的な作業を指示し、究極の目標を達成するために彼らの、組織的、計画的、科学的に実証された物語(計画)を授けます、共産主義の勝利を。(共産党がすべてにおいて最良の計画を与えます。)
  • 党は党の命である、レーニン主義の規範、集団指導の原則、党内民主主義(党員統制、民主集中制ともいう。)、コミュニスト(共産党員)の活動の主導権、批判と自己批判と自己批判の総合的な開発の厳守に基づいてその作業の基礎である。
  • 共産党の命である規律は、イデオロギーと組織の結束、その階層の堅牢性、すべての共産党員の高い意識の規律。当事者はプログラム共産党の規則とその行動で、高い意識の共産党員を損なうことに違反した人から排除する。
  • 共産党の全ての活動に共産主義社会を構築する時に党の主要な任務を定義して、その計画に基づいて開発されたマルクス・レーニン主義教義ドクトリン)によって導かれている。
  • 独創的な共産党、革命的な理論的共産主義党は、修正主義者の論理的教条主義(社会民主主義)、修正主義(社会主義全般〈社会改良主義、民主社会主義国家社会主義他〉)とは徹底的に戦争して、マルクス・レーニン主義を開発する。(社会主義者どまりの者たちは絶対許さぬ。)
  • ソ連共産党、国際共産主義(インターナショナル)と労働運動の重要な、不可欠な部分。それは、プロレタリア国際主義の『契約』とマルクス・レーニン主義の原則にしっかりと立って積極的に国際的な共産主義と労働運動の団結、すべての国の共産主義者の大軍との兄弟関係強化に貢献しています。

【追記2】
  • 本来、社会主義と共産主義にはクレバスよりも深い溝が存在しているようだ。
  • 安易に社会主義を名乗るほうが資本主義よりもソ連共産党の逆鱗に触れた。
  • すべての社会主義・共産主義政党のモデルケースである。
  • 無神論党で有名というより共産党綱領原理以外のものは排除するようにできているので、ロシア正教ほか宗教が教会を破壊され、神父やキリスト教を捨てきれない人々は徹底的に弾圧・処刑された。信仰に生きる人の場合は、を捨て共産党に帰依するしかなった。そして〈信仰を無理やり変えさせる〉というのは背徳性・精神的拷問に近い感覚があるらしい。一応、共産党公認キリスト教会はあった。
  • キリスト教世界、特にカトリック世界では、ローマ帝国東ローマ帝国オスマン帝国次ぐ最大の脅威という認識であった。
  • 党綱領にでてくる『契約』という表現が、キリスト教義における『神と人との契約』もっと言うと『聖書』そのものである。この場合の契約は『共産党と人との契約』だろうか。
  • キリスト教特にカトリックの歴史からすると、〈信仰を強制的に変えられる〉という状況、〈変えさせるほどの存在〉が登場したのは、ローマ帝国の時と大弾圧とオスマン帝国のヨーロッパ世界の一部支配による強制改宗などである。この場合のカトリック体制への脅威度でいうとソビエト連邦はローマ帝国並みに相容れない体制と目された。こうゆう敬意から西側諸国の信仰保守層からは『サタンの党』といわれた。キリスト教ならびに、イスラム世界にも最大の脅威であった。
  • ソ連共産党にはスターリン書記のやりすぎの整理整頓により、右派・左派というものはゴルバチョフ(共産党改革派)が登場するまで存在しない。
  • 同志』という言葉は一言も出てこない。

党員要項

党員(Член/チレン)

共産党員は共産主義の建設、そして物質的・技術的基礎の創出のために戦うことが任務とされている。
単純に言うと、ソ連の体制を支える為の社会的模範になる事である。即ち、眠気と戦いながらマルクス・レーニン主義を学び、指導者が変わる度に中身も変わる党中央の最新の政治動向を常に頭に入れておく必要がある。
又、論文を執筆して党の機関誌に投稿する事も重要な任務で、コツはマルクスやレーニンの言葉をどう上手く引用するか、という点で、更に現在の指導者の言葉も記すなども重要なポイントである。
更に、党員は職場では熱心に働き、残業する事も奨励され、休日には公園や広場で清掃などの無償奉仕もしなくてはならない。
そして、共産党員に相応しい人材を見つけ、体制に忠誠を違う優秀な人材を発掘し、党の勢力の拡大に繋げる事なども重要な仕事になる。こちらの党勢拡大に関しては、将来の出世にも関わってくるので大変重要で、ゆくゆくは自らを後押しする派閥の第一歩になると位置付けられていた。
しかし、それだけに共産党員は特権階級であり、住宅や教育など様々な面で優遇を受けていた。更に給料にも差があり、同じ能力の場合は党員が優先されて職場での出世スピードも上がったり、共産党員専用の商店を利用出来るようになることで品質の良い肉や野菜が手に入る、更にはウォッカやブランデー等も高級なものを購入出来るようになってくるのである。
また、党員は、ソビエト連邦を構成する共和国や自治区にもそれぞれ共産党が置かれていた為、それら地方の党組織の統制下に置かれていた。

  • 入党手続き
①所定(通常1年)の候補期間期間を経る(党員候補)。
18歳以上で入党できるが、通常26歳以下はコムソモールを経る。党員候補は議決権を持たず、審議権のみ持つ。
②入党希望者を1年以上知っている党歴5年以上の3名の党員の推薦。
③入党は公開の初級党組織の党員集会で審議、3分の2の多数決。
  • 入党に関する年齢資格
入党の年齢資格について、1975年の党規約によると「…党には、18歳に達した者が採用される。23歳以下の青年は全連邦レーニン共産主義青年同盟を通してのみ入党する。(第4条)」とある。
この「23歳以下」というコムソモールを通してしか入党し得ない年齢制限は1966年の党規約の改正によって引ぎ上げられたのであって、旧党規約では「20歳以下」とあった。また後に、「26歳以下」と改正されたようである。
  • 党員として
党費を納め、党の統制下に置かれることになる。
綱領・規約と党員「党員は、党綱領・規約を承認し、共産主義建設に積極的に参加し、党組織の1つで活動し、党決定を守り、党費を支払う。」
  • 党員登録カード(人事録)と党員証
入党後に交付。党員登録カードによって党員は名簿として管理され、これがノーメンクラトゥーラ(номенклату́ра)制の基礎となった。
  • 離党
3ヵ月の党費滞納。
  • 除名処分
①初級党組織総員集会で3分の2の多数決。
②各級党委員会委員は当該委員会で3分にの2の多数決。
・(離婚をした場合などは、党員資格剥奪になる場合が多かったとされる。)

党機関の選挙

基本的には、ソ連での選挙は、党組織であってもソビエトであっても、原則として無記名(秘密)投票による普通・平等・直接選挙である。ただし、例外として、15名以下の組織については、公開投票をする事も可能ではある。
投票は、候補者一人ひとりについて投票するのだが、実際には、ノーメンクラトゥーラ制により、定員と同数の候補者が示され投票していた(事実上の任命制かまたは信任投票制)。
・系統的更新および指導の継承性
「系統的更新」は、一定の割合で入れ替えを行ない、また長期の重任をしないということの穏やかな表現であるが、ブレジネフ時代には同一人物が20 年以上同一ポストにとどまる例は珍しくなかった。それは「指導の継承性」で合理化された。

ソ連共産党の役職/党首格のポスト

名目上、共産党には党首がおらず、中央委員会には議長がいない。政治的な最終意思決定を行う中央委員会の上位機関である政治局にも、それを取り纏める政治局長は居ない。これは、共産主義を目指す党故の平等主義から来るものではあったが、しかし、中央委員兼政治局員として、圧倒的なカリスマ性で革命を指導した初代最高指導者のレーニンを除いて、トップとしての役職を持たずに党を指導出来る人間は遂にいなかった。その後、スターリンが書記長として独裁者となったため、実質的に書記長が共産党の党首である。
ここでは、書記長並びにそれに準ずるポストを解説する。

書記長

(正式名称:ソビエト連邦共産党中央委員会書記長/Генеральный секретарь ЦК КПСС[通称:ゲネラル・セクレタリー、略:ゲンセク])
党の事務方トップであり、ノーメンクラトゥーラ(指命職名表)に基づいて党人事を決定出来る人事権を握っていた、事実上の党最高指導者。
初代書記長はヨシフ・スターリン、最後はミハイル・ゴルバチョフ

  • 概要
書記局及び所属する書記、そして党全体を指導する党最高指導者
ソ連の最高権力者は、国家元首として西側世界の大統領などに相当する最高会議幹部会議長では無い。ましてや首相でも無い。この、ソ連共産党中央委員会書記長こそが、ソ連とソ連共産党全体を“指導”する絶対的な最高権力者なのである。
無論、ソ連のファーストレディーは、書記長夫人に他ならない。
確かに、ソ連の最高会議幹部会議長は、国家権力の最高機関である、「最高会議(ソビエト)」(日本で言う国会に相当)によって選出される国家元首である。議長が諸外国を訪問すれば、大統領や国王並みに21発の礼砲で迎えられる。が、このポストには実権が伴っていない。単なる権威的、儀礼的な役職でしか無く、つまるところ、日本の象徴天皇やドイツやイタリアにあるような儀礼的な大統領などと、本質的に同じものであると考えてもらって良い。
それに引き換え共産党書記長は、幹部会議長を兼ねていなければ、首相並みの19発の礼砲で遇せられる事もあるのである。
だが、最高会議で幹部会議長の候補者を指名するのは、代議員としての共産党書記長であり、行政府の長である首相もこれまた最高会議で選出されるが、こちらの候補者を推薦するのも、これまたやはり、共産党書記長なのである。
最高会議は常に書記長の推薦を満場一致で採択する為、事実上、国家元首である幹部会議長も、行政府の長である首相も、党書記長によって選任されるのに等しい。書記長がこれらの、実質的な役職より上位にある事への証左である。
もっとも、後のブレジネフ書記長の時代になると、この様な矛盾を解消する為、共産党書記長が半ば自動的に最高会議幹部会議長を兼任する慣習が出来るようにはなる。
  • 書記長の権力
ソ連のワンマンとも言える書記長の権威と権力は、ソ連社会全体を動かしている共産党の“党首”である事、それに基づいてソ連の内外政策の指導権と幹部要員の任免権を握っている事、更にソ連体制を実力で支え続けているKGBをはじめとする秘密警察と、強大な武力でソ連内外に影響を及ぼしているソ連軍の事実上の統率者である事に由来する。
ソ連の当面の内外路線は、5年毎の党大会によって策定されるが、この党大会で基調報告を行うのは書記長であり、報告は満場一致の承認を受けて、その具体化と執行が、最高会議の常設機関である最高会議幹部会や、閣僚会議(政府)に依託される。
つまり、党こそがソ連の政治のイニシアティブを取っているのである。
政治だけでは無い。国民のモラルや教育、文化の分野に至るまで、全てしっかりと党の指導と統制が行き渡っている。国民にウォッカの暴飲をやめるように諭し、職場規律の確立を呼び掛け、汚職を厳しく糾弾するのは党である。科学技術の時代に相応しく教育改革を進める一方で、正統的なイデオロギーを鼓吹して、国民を社会主義の完成に奮い立たせようとするのも党である。
そのような党の“顔”である書記長は、従って、単に政治指導者であるだけでは無く、“人民の教師”でもなければならない。文字通り、「万能の人」として機能する事が求められるのである。
その言葉通り、スターリンが死んだ時、モスクワ放送は彼を
「ソ連共産党とソ連人民の賢明な指導者にして教師」
と呼んだものである。
その為、彼らはそれなりの長時間勤務に耐えていた。例えばブレジネフ書記長は一日のうち、具体的には朝8時45分頃から夜中10時30分まで勤務して、それでも余ってしまう書類をパンパンになるまでカバンにつめて家に仕事を持ち帰る日々を送っており、時に一日16時間労働になったと言われている。(もっとも、夜型人間であったスターリン時代に鍛え上げられたブレジネフにとっては、この位の勤務は、どうということは無かったらしい。)勿論、それは必要な事で、彼ら共産党書記長は、ソ連という国の全てを動かしていているし、また、動かさなければならないのである。
書記長とは、その名の通り、本来は事務組織である書記局の長で、党の事務方のトップとしての、いわゆる事務総長、事務局長などのような意味合いの役職として創設された。しかし、スターリン書記長によって、書記局が組織局を事実上の支配下に置かれた後、書記長の権限の中に、党人事の記録を管理するという、本来は組織局の管轄であるはずの権限が付与されるようになり、その為に、ノーメンクラトゥーラ(指命職名表)に基づく重要管理者ポスト人事の任命制と呼ばれる、人事表を使って党人事を決定出来る人事権を握るようになった事から、「同志人事カード」等と呼ばれるようになった。これを契機に権限が拡大されていったこの書記長というポストは、党の最高政治機関である政治局に政治局長というポストが無い事を利用して、人事権を握っている事を背景に事実上書記長が、政治局の長となるようになり、以降、党最高指導部である政治局の毎週の定例会議を主宰し、議長を務めるのは書記長となった。この事から書記長は、人事権を一手に握り、党最高指導部も抑える、事実上の党の代表者となったのである。
日本などに分かりやすい例を出して敢えて例えるならば、総裁というポストが無いので、権限の大きさ故に非公式に党首になってしまった自民党幹事長、あるいは委員長を置かない委員会を非公式に取り仕切る事になってしまった事務局長という所だろうか。
  • 待遇
・書記長の基本給
ソ連共産党中央委員会書記長の基本給は、1ヶ月900ルーブル
これは、1981年当時のソ連の労働者の平均月収167ルーブルの約5倍程度で、そこまで多い額ではない。
ただし、これは書記長という役職に付く給料単体で見た場合である。書記長は連邦最高会議代議員(国会議員)になっているので、この手当が月100ルーブル。更に連邦構成共和国であるロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の最高会議代議員も兼ねるのでその手当が月50ルーブル。ここまでで合わせて1050ルーブルになるが、高給には違いないものの、それでもやはり作曲家同盟第一書記(ソ連の作曲家が必ず加入させられるソ連の作曲家による協同組合。第一書記はそこのトップで、作曲家事務所の社長みたいなもの。基本給800ルーブルに著作権料などを加算すると推定約1400ルーブル)には劣り、全国的に著名なバレリーナ(公表500ルーブルに出演料を加えて約900~1200ルーブル)と肩を並べる程度である。
しかし書記長は、必ず最高会議幹部会員を兼ね、場合によっては幹部会議長にも就任する事があるのでそれに見合った手当や、書記長が軍の階級を持っている時にはその階級に応じた給料が発生する。更にはその他の兼任するポストに付く手当を含めた場合、はっきりとしている1050ルーブル+αと言ったところだろう。
そうなってくると、やはり書記長の給与はソ連でもトップクラスとなりそうである。
なお、アメリカの大衆紙ピープルによれば、ゴルバチョフ書記長の年収は約1万8700ドル(日本円で約300万円、ルーブルの月収に直すと約1230ルーブル)だという。
※ちなみに、映画「ロッキー」や「ランボー」で売ったハリウッド・スターであるシルヴェスター・スタローンの映画1本の出演料約1200万ドルを書記長が稼ぐには、約642年間も働かなければならない計算になる。言う程のべらぼうな高給取りでは無いのである。

・その他の党首格のポスト

  • 第一書記(通称:ペールヴィ・セクレタリー。書記長の、主にフルシチョフ時代の呼び方。スターリンによる独裁体制を批判したフルシチョフが、その反省から書記の一人である事を含意して変更した名称。後に第一書記となるブレジネフによって、元の書記長という名前に戻される。)
  • 筆頭書記(ゲオルギー・マレンコフによる集団指導体制下での党指導者の名前。長年に渡り党の最高指導者であり続けた、党書記長ヨシフ・スターリンは、晩年、書記長のポストを廃し、書記局の筆頭にのみ、名を連ねた。彼の死後、彼の補佐役であったゲオルギー・マレンコフが、臨時の指導者として政権を握り、スターリンの後継者として第2代閣僚会議議長[首相]に就任したが、その時マレンコフは同時に書記局の局員(つまりは書記)の名簿筆頭にも名を連ねた為に、筆頭書記の通称が定着した。上記の為、この役職名は、正規のものではない事に注意が必要。)


《党首相当の役職》

  • 書記長代行(ゴルバチョフの書記長辞任後に、党中央委員会自主解散までの間の5日間、ゴルバチョフに代わって党の最期を仕切った際の、ゴルバチョフ政権の副書記長、ウラジーミル・イワシコの役職名。あくまで「代行」であって、正規の党首ポジションでは無いものの、実質的に最後の党首格に相当するので記載する。)

ソ連共産党中央の役職/幹部級のポスト

党の幹部級のポスト

ソ連共産党の原動力の1つが、前述の通り、党幹部“カードル”である。彼らは、ノーメンクラトゥーラ制の過酷な出世競争を重ねながら、ソ連共産党の活動の、文字通り手足となって働き、共産党の発展を支え続けて来た。ここでは、ソ連共産党にあまたある役職の中でも、特に主要なものを紹介する。

《書記局》

  • 副書記長(別名:書記長代行。ゴルバチョフ政権時に新設された、“正式なNo.2”の役職。ゴルバチョフの腹心であった、ウラジーミル・イワシコが、最初にして最後の副書記長を務めた。)
  • 第二書記(正式名称:はソ連共産党中央委員会イデオロギー担当書記。第二書記というのは正式な名前ではなく、あくまで非公式の呼び方。これはソ連後期のマルクス・レーニン主義の指導的理論家(イデオローグ)にしてレオニード・ブレジネフ書記長時代のイデオロギー担当書記、ミハイル・スースロフが、党政治局員及び日本の国会にあたる最高会議(ソビエト)における外交政策のトップ、最高会議連邦会議(≒国会下院)外交委員長を兼任し、同政権のNo.2、事実上の第二書記として辣腕を振るい、後々まで「クレムリンのキングメーカー」との異名を取る権力者として君臨した事に由来する。これ以降、この役職に就く者は、スースロフ同様に政治局員と最高会議連邦会議外交委員長を兼任する事で、実質上の党のNo.2、つまりは第二書記、と認識される事になり、これは事実上のソ連No.2になる事を意味していた。実際、イデオロギー担当書記はソ連共産党において最も重要な役職であった。ソ連はマルクス・レーニン主義のイデオロギー国家としての側面が強く存在し、イデオロギー担当書記はそのマルクス・レーニン主義の解釈権を握っていた為に、ソ連国内では絶大な権限を有していたのである。これはつまり、物事の正当性を決定する事の出来る権限を握っていたのと同等で、時の党最高指導者であったとしても、政策の実行にはイデオロギー担当書記に同意を得て、「これはマルクス・レーニン主義的に正しい、科学的政策である!(意訳)」と逐一正当化する為の説明をして貰わなければ次の段階に進む事すら出来なかったのである。つまるところ、このイデオロギー担当書記の保持する「イデオロギー解釈権」こそが、一党独裁の要石でもあったと言えるのである。なお、書記長死去の際には第二書記が後継者になることがほとんど制度化されつつあった。)
  • 専門書記(ボリシェヴィキの書記局において、最初に置かれた書記局のまとめ役となる役職。要は書記局の初代トップ。だが、書記長とは違い、ただの事務方のトップと言うだけである。初代専門書記:エレーナ・スタソヴァ。)
  • 書記局長(党の草創期において置かれた書記局の取りまとめ役。書記“局”長は書記長とは異なり、ただの事務方のトップと言うだけである事に注意が必要。初代書記局長:ヤーコフ・スヴェルドロフ。)
  • 責任書記(党の草創期において、書記局長の次に置かれた書記局のトップの役職で、書記長が置かれる前の書記局の取りまとめ役。こちらもただの事務方のトップと言うだけである。初代責任書記:ニコライ・クレチンスキー。)
  • 書記(通称:セクレタリー、党最高幹部。書記局の局員として、党全体の意思決定に携わる。各政策ごとに担当の書記がおり、それぞれ〇〇担当書記、あるいは〇〇書記と呼ばれる。書記長と同じ様に書記と政治局員を兼任する事が出来るのは、わずか数人の最高指導者のみであり、スターリン後の時代においては、これが最高権力への階段となった。)
【書記の例(ゴルバチョフ政権で新設の書記は*)】
イデオロギー担当書記/上記の通り、後に第二書記と同義となる。
人事担当書記/イデオロギー担当と兼任する事も多い。
農業担当書記
文化担当書記*
文化・教育・マスコミ担当書記
軽工業担当書記
軽工業・消費生活担当書記*
燃料・エネルギー担当書記
軍需産業担当書記
重工業・軍事工業担当書記*
国際共産主義運動担当書記
  • 副書記(ロシア語:замести́тель секрета́ря)
《政治局》
  • 政治局員(ロシア語:член политического бюро ЦК。政治局を構成する局員。発言権に加え、投票権をもつ。1952年から1966年までの間は、幹部会員[ロシア語:член Президиума ЦК]と呼ばれていた。
  • 政治局員候補(ロシア語:кандидат в члены политического бюро ЦК。発言権のみを持つ。1952年から1966年までの間は、幹部会員候補[ロシア語:кандидат в члены Президиума ЦК]と呼ばれていた。
《党中央委員会》
  • 中央委員
  • 中央委員候補
《その他の党幹部》
  • 中央統制委員会議長
  • 中央監査委員会議長
  • 総務部長
  • 組織・党活動部長
  • 行政機関部長
  • 投書部長
  • 宣伝部長
  • 文化部長
  • 科学・教育機関部長
  • 海外要員部長
  • 国際部長
  • 国際情報部長
  • 社会主義諸国共産党・労働者党連絡部長
  • 軍事部長(陸海軍政治総本部長)
  • 国防工業部長
  • 機械製作工業部長
  • 化学工業部長
  • 重工業部長
  • 建設部長
  • 運輸・通信部長
  • 軽工業・消費財部長
  • 農業・食品工業部長
  • 農業機械製作部長
  • 商業・サービス部長
  • 経済部長
  • 事務局長
  • ロシア共和国・ビューロー(事務局)局長
  • ソ連共産党中央委員会附属マルクス・レーニン主義研究所所長
  • ソ連共産党中央委員会附属社会科学アカデミー学長
  • ソ連共産党中央委員会附属高等党学校校長
  • ソ連共産党中央委員会附属通信高等党学校校長
  • ソ連共産党中央委員会附属全連邦レーニン共産主義青年同盟(コムソモール)中央委員会第一書記
《ソ連共産党中央委員会附属プラウダ編集局》
プラウダ紙編集委員会
  • プラウダ紙編集長:1名
  • 副編集長:2名
  • 事務長:2名
  • 編集委員 兼 各部編集主任:8名
…計13名で構成。編集委員は選抜された主要部編集主任が就任する。各委員会毎に輪番制であり、編集長、副編集長、事務長のみが当直制を採っている。

ソ連共産党地方の役職/幹部級のポスト


最上級地方党組織

《共和国共産党》[※90年までロシア共和国以外]

  • 共和国共産党第一書記
  • 共和国共産党第二書記(組織・党活動問題担当)
  • イデオロギー担当書記
  • 社会・経済問題担当書記
  • 重工業担当書記
  • 農業担当書記
  • ビューロー員
  • ビューロー員候補
  • 中央委員
  • 中央委員候補
  • 中央委員会付属党統制委員会議長
  • 組織・党活動部長
  • イデオロギー部長
  • 社会・経済部長
  • 財務・計画部長
  • 科学・教育機関部長
  • 運輸・通信部長
  • 行政機関部長
  • 宣伝扇動部長
  • 国際情報部長
  • 重工業部長
  • 女性部長
  • 軍事部長
  • 農業部長
  • 貿易部長
  • 建設部長

《州・市党組織》[※〜1990年/ロシア共和国内]
  • 州・市党委員会第一書記
  • 州・市党委員会第二書記
  • 書記
  • 党ビューロー員
  • 党ビューロー員候補
  • 市党委員
  • 市党委員候補
  • 総務部長
  • 文化部長
  • 工業部長
  • 宣伝扇動部長
  • 行政金融機関部長
  • 教育科学機関部長
  • 軽工業・食品・経済部長
  • 建設輸送・地方自治体サービス部長
  • 州党委員会附属歴史研究所所長

州・地方級党組織[※ロシア共和国以外]

《州・地方共産党組織》

  • 州・地方党委員会第一書記
  • 州・地方党委員会第二書記
  • 州・地方党委員会書記
  • 党ビューロー員
  • 党ビューロー員候補
  • 州・地方党委員
  • 州・地方党委員候補

地区・市・辺区・管区級党組織

《地区党組織》

  • 地区党委員会第一書記
  • 地区党委員会第二書記
  • 地区党委員会書記
  • 地区党委員会第一書記補佐官
  • 党ビューロー員
  • 党ビューロー員候補
  • 地区党委員
  • 地区党委員候補
  • 地区党委員会イデオロギー部長
  • 地区党委員会組織部長
  • 地区党委員会社会・経済発展部長
  • 地区党委員会総務部長
  • 地区党委員会財政・経営部長
《辺区共産党(крайко́м)》
  • 辺区党委員会第一書記
《管区共産党(окружко́й комите́)》
  • 管区党委員会第一書記

初級党組織

《共産党初級党組織/перви́чная парти́йная организа́ция(略称:ППО/旧称:党細胞)》

  • 初級党組織書記
  • 初級党組織ビューロー員
  • 初級党組織ビューロー員候補
  • 初級党組織委員
  • 初級党組織委員候補

その他の党幹部関連

《その他の党活動家の呼称》

  • 高級幹部(通称:ノーメンクラトゥーラ。元々は党書記局の管轄する指命職名表の名前。全人口に対して約1%のソ連における特権階級である。「赤い貴族」とも呼ばれる。)
  • 党幹部/幹部活動家(通称:カードル。党の中核を担う共産党専属の党員。特にその中でも幹部級の人材の事。)
  • 党官僚(ロシア語:аппара́тчик/通称:アパラチク[あるいはアパラチキ]。直訳すると「器官」の意味。党務を担う専属党員。「専従党員」、あるいは「党機関専従員」、「専従活動家」とも言う。)

党の幹部陣についてのまとめ

以上を図式的に整理すると、おおよそ以下のようになる。即ち、最高指導者としてソ連共産党中央委員会書記長がいる。その下に、ソ連共産党中央委員会政治局員、同政治局員候補、同書記が、合計で20人ほどいる。そしてその下にソ連共産党中央委員と中央委員候補が100人から300人ほどいる。これがソ連における最高エリート集団である。
最高ソヴィエトも閣僚会議も、形式的にはソ連共産党の «指導» を受ける立場であるから、この下に位置するということになる。とはいえ、閣僚会議議長や主要閣僚は、ソ連共産党中央委員を兼務しており、特に閣僚会議議長は必ず政治局員でもあった。国防相や外相、秘密警察長官なども、同じく政治局員を兼務していたことがある。このため、単純に政府は共産党の下に位置する、とも言い切れない。
さて、このエリート集団を形作っていたシステムがカードル政策である。カードル政策こそが、即ちノーメンクラトゥーラ制の真髄であり、幹部の選抜、配置、教育によって行われるカードル政策による間接支配の社会構造がソ連共産党組織の基本だったのである。その為、このカードル政策を分析することがソ連共産党の果たしていた機能を知ることにとって最重要なのである。

ソ連共産党の中央組織

主要組織

  • 党大会(ロシア語:Съезд КПСС。基本的には5年毎に1回以上開催され、党規上は最高意思決定機関として党全体を監督する機関である。定期党大会は5年に1回、臨時党大会は中央委員会の発意、または全党員の3分の1以上の要求によって、それぞれ中央委員会が召集する。党大会は、内外政策の基本方針を決定し、経済・社会発展計画(五カ年計画)や、より長期の経済戦略の基本方向の決定の他、党の綱領、規約の採択と改正、中央委員会と中央監査委員会の選出、中央委員会、中央監査委員会報告の聴取と承認、当面の主要問題に関する政策についての党の戦術の決定などを行う。だが、この最高意思決定というプロセスは、共産党自体が官僚主義的になって行く中で、形式的なものとなっていき、上記の通り、理論的にはこの党大会で〈党綱領、鉄の規律〉を変更できるのだが、実際には鉄の規律はまったく変更できないまま28回大会で終わることになる。国家の最高機関(要は国会)である『最高ソビエト』と一緒くたにされている感もある。ソ連成立までは、様々な場所で開かれていたが、首都モスクワに移転してからは、主にモスクワクレムリン大会宮殿で開かれる事が多くなった。

・党大会の代表選出基準
党員何人につき代議員1人か、という問題に、例えば党員5000 人に1人という決定がなされると、仮に党員が1万人いる工場からは2人の代議員が出られるということになるが、実際にはそうはならなず、モスクワの閣僚や党幹部、地方の党幹部が力関係によって選出される為に、必ずしもその過程が公平という訳では無かった。

  • 党協議会[全国協議会](本来は党大会の閉会中に党を監督する機関で、要は本来中央委員会と党大会の間にあったはずの会議”。通常、年に1度開催されるはずであった。第1回党協議会は1905年に帝政ロシア支配下にあったフィンランド大公国の首都タンペレで開催された。以後1920年代まで頻繁に開催されたが、スターリン書記長の時代の1941年にモスクワで開催された第18回党協議会を最後に長らく開催されず、名前こそ存在しているものの、実質的には存在しない会議となっていた[つまり、殆どの事項が書記局、あるいはその影響下にある政治局で決定され、それを中央委員会で追認し、更にそれを党大会に下ろして承認させるだけのルーティーンになっていたので必要無くなってしまったのである。]。ところが、ミハイル・ゴルバチョフ書記長により1988年に、なんと実に47年ぶりとなる第19回党協議会が開催され、ソ連共産党と党機関の改革、国家と共産党の関係、人民代議員大会の創設に関して活発な討論が行われ、最高会議(ソビエト)議長職の新設、党役員の任期制(1期5年で2期10年を限度とする)の導入や、ソビエト制度の改革(ソビエトの権限拡大)に伴って各官庁の部門別構成と並行する形でで存在していた党中央委員会を始めとする党機関の付属部局を削減する事などが決定され、党当局者がリコールの対象となることも決定された。これは、党と国家の分離が明確化された事を、つまりは事実上のノーメンクラトゥーラ制の廃止が決定された事になる。この第19回党協議会の開催によって、極めて久しぶりに党協議会は復活したのである。)
  • 中央委員会(旧名:中央執行委員会/通称:中央委、あるいはЦК[ツェーカ]。中央委員会は、決議権をもつ中央委員と審議権のみをもつ中央委員候補からなり、少なくとも年2回[6か月に1回]以上、中央委員会の総会である、「党中央委員会総会」を開き、大会間のすべての党活動を指導した。総会は,約500人の中央委員、及び中央委員候補により開催され、大会の代行として党〈ソ連他〈社会主義国〉の場合中央省庁・国家機関もだけど〉の運営をする。また、執行部の報告を受け、承認を与えた。党中央委員に選ばれるのは、党・国家機関のあるレベル以上の役職者であり、非常に少数のエリートである。しかし、総会自体は形式化し、政策決定機関とはいえなかった。また、中央委員会は政治局員、書記などの党幹部、そして書記長を選出し、党幹部人事を決定すると共に、中央委員会付属党統制委員会を組織した。この党統制委員会とは、中央委員会・中央統制委員会合同総会を共同で開催し、中央委員の解任などの舞台となる事も多かった。書記長の更迭、選出などの重要案件が生じた時には臨時総会が招集される。なお、委員数は増加傾向にあった。)
  • 書記局(通称:セクレタリアト、中央委員会付属部局の1つで、初期は主に文書管理などを担っていた中央委員会の事務機関という扱いだったが、レーニンの死後、スターリン書記長は人事権を握っていた組織局:オルグ・ビューローの実権を握った事もあって、人事配置や組織統制等の権限を強め、実質的に中央委員会を統率する局となり、中央委員会各部局の指導、政策決定に依然と重要な役割を果たし、実際は中央委員会よりも上の、事実上の最高意思決定機関となった。これは、中央委員会や政治局などの構成員は選挙で選ばれる事になっているものの、実際には信任投票で、候補者となるには書記局の推薦が必要であること、そして都合の悪い文書や記録を封印出来る権限を手にしていること、又、歴代書記長にはいずれも政治局員を兼ねる書記が就任していること、などからもこれは明らかであろう。政策の決定は大抵、政治局で行うのに対し、書記局は党の運営の中心を担っていた。主に、内外政策の立案、党の決定の履行状況の監督と指導、要員の選抜・配置、などを行っていたのである。通常10人内外(政治局員、政治局員候補兼任者を含む)の書記で構成される書記局は、政治局と共にソ連共産党の(即ちソ連全体の)政治的権力の中枢であった。書記局は、クレムリンから少し離れた党本部、モスクワ市スターラヤ広場4番地の中央委員会本部ビルに置かれており、通常、毎週火曜日に書記長以下全書記の集まる定例会議、「書記局会議」を開いて政治局に上程する事案が決定され、書記長がこの会議を主宰した。中央委員会書記は中央委員会総会で選ばれ、書記局会議を構成する。なお、綱領記載の役割は次の通り「日常業務の指導、主として幹部の選択、組織、執行の点検」。)
  • 政治局(通称:ポリト・ビューロー。中央委員会付属部局の1つで、政治的決定を行う為の政策決定機関および管理機関 。党中央委員会の総会から総会の間の党活動を指導する機関で、ソ連の内政・外交の全般について基本政策を決定する、事実上のソ連共産党の最高指導部である。大抵は14人の政治局員と8人の政治局員候補から構成されるが、政治局員は16人以下、政治局員候補は9人を上回らないという内規がある。政治局員が評議権に加え表決権を持つのに対し、政治局員候補は評議権だけを持ち、表決権は無い。通常、週に1回、木曜日の午後、クレムリン内の閣僚会議ビルで定例会議を開き、党活動を指導した。この会議の決定は全会一致の形で行われ、表決に持ち込まれた例は無いと言われる。なお、1982年、アンドロポフ政権が発足してから、討議事項と決定事項が翌金曜日のプラウダ紙を始めソ連各紙の一面に発表されるようになった(土曜日になることがある)。元々は中央委員会が党の最高機関だったのだが、党が拡大するにつれ中央委も大きくなり、機動性が低下してしまった為に、さらに1919年、政治局を設置してそれを党の指導機関とした。レーニンらが社会民主労働党員を制御するのに使ったのに始まる。共産党世界ではここが最高政治決定機関になる。一時期、幹部会(プレジディウム/ロシア語:Президиум)と改称された(1952年〜1966年まで)。公式には局長は存在しなかったが、通常、中央委員会及び書記局の長を務めていた書記長が、常に政治局でも主導的な役割を担い、毎週の政治局の定例会議を主宰し、議長を務めた。その為、ブレジネフ時代の政治局は、「同志レオニード・イリイチ・ブレジネフの率いる政治局」「同志レオニード・イリイチ・ブレジネフを長(シェフ)とする政治局」と呼ばれ、「書記長の率いる政治局」との呼称が当たり前となった。政治局員は基本、専任ではなく、党あるいは政府その他の機関の機関のメンバーとの兼任であり、その陣容は、書記長を始め、ソ連閣僚会議議長(首相)ソ連最高会議[ソビエト]幹部会議長(国家元首)、党中央統制委員会議長、更に外相や国防相、国家保安委員会(KGB)議長、国家計画委員会議長などの主要閣僚、モスクワ市党委員会やウクライナ共産党等の大規模な党組織の第一書記、等の錚々たるものであった。)
  • 組織局(通称:オルグ・ビューロー。レーニン時代には元々3つあった中央委員会付属部局の1つで、本来人事権を握っていた部局。1920年代後半から、スターリン書記長率いる実務機関の書記局によって、次々と権限を吸収される。後の1952年第19回党大会において名実共に書記局に完全併合され、遂に廃止される。)
  • 中央統制委員会(正式名称:中央委員会付属党統制委員会。党員と党員候補の党規律に関する遵守状況を点検し、党綱領と規約、党と国家の規律を犯した党員、党員候補、党生活モラルの審判者の責任を追及するとともに、党からの除名や処罰に関する連邦構成共和国の党中央委員会、地方・州の党委員会の決定に対する上訴を審査する。元々、統制委員会は中央委員会と並ぶ強力な権限を持っていた。しかし1934年の組織改正で中央委員会の付属機関に格下げされ、その地位は下落した。その後は中央委員会に付属して設置されていたが、1990年、再び中央委員会から独立した組織となった。)
  • 中央監査委員会(ロシア語:ЦРК。党大会により選出され、6か月に1回以上会議を開き、党中央諸機関の業務、中央委員会の会計及び党予算の執行状況の監査、労働者からの投書や申請、苦情の処理作業、プラウダの発行所などの党の経営する企業の監査を行い、党大会に報告する。議長は中央監査委員の中から選出される。中央監査委員は、ソ連共産党の中では中央委員より一段下に格付けされ、党中央監査委員→中央委員といった具合に昇進するコースがあった。)

中央委員会部局

中央委員会には事務局の他、20余の部門別直属部局が設置された。ブレジネフ期からゴルバチョフ期まで24の部局が確認されている。これら中央委員会部局はそれぞれの分野における党の政策立案や関連分野の政府各省庁の指導、監督に重要な役割を果たした。
【中央委員会部局一覧(〜1988年10月1日)】
《主な中央委員会部局》

  • 総務部(通称:「書記長官房」。政治局の議題設定、中央委員会が策定した多数の法案と決議案の準備、さまざまな党幹部の電話を盗聴し、行動を監視する、等の任務を遂行する。)
  • 組織・党活動部
  • 行政機関部
  • 投書部(書簡受入部)
  • 宣伝部(通称:アギト・プロッブ)
  • 文化部
  • 科学・教育機関部
  • 海外要員部
  • 国際部
  • 国際情報部
  • 社会主義諸国共産党・労働者党連絡部
  • 軍事部(陸海軍政治総本部)
  • 国防工業部
  • 機械製作工業部
  • 化学工業部
  • 重工業部
  • 建設部
  • 運輸・通信部
  • 軽工業・消費財部
  • 農業・食品工業部
  • 農業機械製作部
  • 商業・サービス部
  • 経済部
  • 事務局(事務管理部)

《その他の中央委員会附属部局》
  • ソ連共産党中央委員会附属ロシア共和国・ビューロー(事務局)
通称:ロシア・ビューロー。1956年のニキータ・フルシチョフ時代に設置された、ソ連共産党中央委員会直属のロシア共和国の党組織管理機関。後のロシア共産党の前身となる。
元来、ソ連共産党は、イコールロシア共産党であり、ロシア共和国はいわばソ連構成各共和国の長兄として、独自の共和国党を持っておらず、ソ連共産党が直接統治していたのである。このロシア共和国とソ連共産党中央委員会の窓口として設置された実務機関が、ロシア・ビューロー(事務局)なのである。
  • ソ連共産党中央委員会附属プラウダ編集局
ソ連共産党中央委員会の日刊公式機関誌であるプラウダ(Правда/プラーヴダ[真実])紙の編集局。ソ連共産党中央委員会直属。
・【プラウダ編集委員会】
編集長1名、副編集長2名、事務長2名、編集主任7名の計13名の編集委員で構成するプラウダ編集局の最高意思決定機関。
〔委員会直属部局〕
・記事部
・地方記者部
・読者来信部
・写真部
・新聞雑誌部
・国際部(内部部局に、欧州部、米州部、植民地・半植民地部、人民民主主義国家部、国際資料室を設置している。)
・文学芸術部(文芸部)
・図書評論部
・短文部
・経済部
・ソビエト建設部(1950年代に廃止、その役割は党本体及び編集局記事部に分割・吸収される。)
・新聞局(地方統括担当組織。)
※プラウダ編集局直属の地方支部組織については地方組織の欄にて記述。


【中央委員会部局(1988年10月1日〜1991年12月24日)】
中央委員会機構にはこれら20数部があったとされるが、ゴルバチョフ政権下で大幅な機構改革が行われた。
ソ連の国内行政の重要な問題点の一つは、政府の各省庁や地方行政機関の各部門と同様の担当領域を持つソ連共産党の機関が存在し、その党機関が細々とした行政上の問題にまであれこれと指導を下してしまう事で、各行政機関が党の命令を待つかたちになって、国家の議会、即ち人民代議員大会が形骸化してしまい、結局の所、ソビエトを通じて実現されるはずの民主主義が実現されないということであった。
したがって、人民代議員選挙制度の改革を、ただの追認機関では無く、純粋な議会或いは評議会としての、ソビエトの活性化と行政の民主化に繋げる為には、是非ともこうした党機関による国家行政機関の代行を禁止しなければな らない。
そこで、この問題を解決するために、各官庁の部門別構成と並行する形でで存在していた党中央委員会を始めとする党機関の付属部局を削減する事が、前述の通り、第19回党協議会で決定された。
1988年9月30日から10月1日にかけて、第19回党協議会の決定に基づいて、ソ連共産党中央委員会総会が開かれ、中央委員会内に
  • 法律委員会(ヴィクトル・チェブリコフ議長/旧・行政機関部)
  • 農業委員会(エゴール・リガチョフ議長/旧・農業・食品工業部)
  • イデオロギー委員会(ワジム・メドヴェージェフ議長/旧・宣伝部、文化部、科学・教育機関部の3部)
  • 党建設・人事委員会(ゲオルギー・ラズモフスキー議長/旧・組織・党活動部)
  • 社会・経済委員会(ニコライ・スリュニコフ議長/旧・重工業・エネルギー産業部、機械製作部、運輸・通信部、経済部、軽工業・消費財部、商業・サービス部、建設部の8部)
  • 国際政策委員会(アレクサンドル・ヤコブレフ議長/旧・国際部、社会主義党連絡部、海外要員部の3部)
の6つの委員会が新設され、上記の通り、各部局はこれらの委員会が指導する10の部局に統合・廃止された。 
これら6委員会は、その後の89年初めの時点で、既に従来の24ある部局の一部の業務を委任され、その頃には書記局の機関も半減している。

ソ連共産党の地方組織

ソ連共産党は民主集中制(民主主義的中央集権制、または民主的権力統合制)に基づき、中央集権的な組織形態を採っていた。党組織は党規約によって定められた。
地域的党組織は、初級党組織を基礎に、その上に地区、都市の区、市、州・地方、連邦構成共和国の各段階ごとにピラミッド型の党組織を構築し、最上級の党組織としてソビエト連邦の党組織があって、ソ連の全共産党組織を統一する形式になっていた。
党機関は、代表機関(指導機関)と執行機関に二分され、執行機関は代表機関(指導機関)の選挙によって選出される。
厳密に言うならば、ソビエト連邦共産党の下には、1990年6月2つの指揮系統が存在した。
1つは、ソ連共産党の下に、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国を除く各連邦加盟共和国に存在した共和国級共産党が存在し、そこから州の党組織、地区、市の党組織、初級党組織へと連なる指揮系統。
もう1つが、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国、通称ロシア共和国の指揮系統で、この共和国はソ連共産党直属として、共和国共産党が置かれず、モスクワ市共産党、レニングラード市共産党と、各州の共産党が同格の組織としてソ連共産党の直属の下部組織となっていた。
共和国共産党以下の地方党組織は、基本的に最高意思決定機関として、政治局や書記局等は置かれず、その代わりに事務局(ビューローと称される。直訳すると事務机の意。)が置かれ、書記を中心としてこのビューローで全てが決定される。

【地方組織一覧(上位組織順)】

最上級党組織

《共和国共産党》[※90年までロシア共和国以外]
共和国級共産党組織
代表機関(指導機関)…共和国共産党大会
執行機関…共和国共産党中央委員会
〔組織詳細〕
各連邦構成ソビエト共和国の共産党。1990年まではロシア・ソビエト連邦社会主義共和国を除く共和国にのみ存在した。

  • 共和国共産党大会
  • 共和国共産党中央委員会
  • 共和国共産党ビューロー
  • 共和国共産党協議会
  • 中央委員会付属党統制委員会
  • 組織・党活動部
  • イデオロギー部
  • 社会・経済部
  • 財務・計画部
  • 科学・教育機関部
  • 運輸・通信部
  • 行政機関部
  • 宣伝扇動部
  • 国際情報部
  • 重工業部
  • 女性部
  • 軍事部
  • 農業部
  • 貿易部
  • 建設部
【各共和国級共産党組織一覧】
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国共産党
(ロシア語:Коммунистическая партия Российской Советской Федеративной Социалистической Республики/通称:ロシア共産党。※1990年6月設置。前身となる組織は、ソ連共産党中央委員会附属ロシア共和国・ビューロー(事務局)。前述の通り、これはソ連共産党中央委員会が直接統治していたロシア共和国との窓口としての実務機関であったが、ソ連末期の1990年6月に、国内の民族主義の噴出に伴って、全共和国は平等であるとの観点から、ロシア共和国だけの特別扱いを取りやめると共にロシア共産党が結成され、ソ連共産党保守派を代表する領袖であるイワン・ポロスコフが第一書記に選出された。彼は同年7月には共産党党規約の改正にともない、各共和国党第一書記とともに党政治局員に就任している。結成後はソビエト連邦共産党の全組織中、約58%の党員を確保し、ミハイル・ゴルバチョフ書記長に対する党内保守派の中核の一つとなった。後のロシア連邦共産党の直接の源流であり、この事から現・ロシア連邦共産党は、往時のソビエト連邦共産党の中でも更に強硬的保守派が結成した政党である事が窺える。)
ウクライナ共産党
(ソ連三大幹部級構成国筆頭にして、ソ連邦No.2の構成国、ウクライナの執政党。ウクライナは革命前からのロシアや他国に対する自主独立の気風が強く、ウクライナ共産党にも、ビューローでは無く、正式な「政治局」が置かれるなど、ソ連共産党政治局の絶対的支配から多少独立している傾向がある。)
白ロシア共産党
(通称:ベロルシア/ベラルーシ共産党。ソ連三大幹部級構成国の次席に位置するベラルーシの執政党。本国・ロシアへの忠誠に関しては、革命前からの自主独立の気風の強いウクライナと比して自他共に認めるトップクラスの従順度を誇る。)
カザフスタン共産党
(通称:カザフ共産党。ソ連三大幹部級構成国の末席に位置し、ソ連構成国の中では本国・ロシアに次ぐ巨大な国土を有するカザフスタンの執政党。)
ウズベキスタン共産党
(通称:ウズベク共産党)
グルジア共産党
モルダビア共産党
タジク共産党
アルメニア共産党
トルクメン共産党
リトアニア共産党
ラトビア共産党
キルギス共産党
アゼルバイジャン共産党
エストニア共産党
※ソビエト連邦共産党中央委員会は各共和国級共産党の中央委員を初めとした最高幹部を中心に選出される。各共産党の党首は第一書記。

《州・市党組織》[※〜1990年/ロシア共和国内]
州・市級共産党組織
代表機関(指導機関)…州・地方党会議
執行機関…州・地方党委員会
〔組織詳細〕
  • 州・市党委員会
  • 州・市ビューロー
  • 総務部
  • 文化部
  • 工業部
  • 宣伝扇動部
  • 行政金融機関部
  • 教育科学機関部
  • 軽工業・食品・経済部
  • 建設輸送・地方自治体サービス部
  • 州党委員会附属歴史研究所

【直属の市級党組織】
・モスクワ市党委員会
革命の首都、党中央のお膝元のモスクワ市の護りを堅めるソ連共産党中央委員会直属の市党委員会。レニングラード市と並んで、州級党組織と同格である事を許されたエリート組織で、モスクワ市党委員会第一書記は、ソ連共産党内における出世コースの一つである。)
・レニングラード市党委員会
(ソ連の革命から建国歴史上重要な場所で、10月革命の主力、ペトログラード・ソビエトのあった都市であるレニングラードに置かれたソ連共産党中央委員会直属の市党委員会。即ちこここそが『ソビエト』と『共産党』が融合した場所であり、レーニンの名を冠したソ連第二の都市である。クレムリンに党中央が移動する前は、ここにボリシェヴィキの本部があった。)
【直属の州級党組織】
・モスクワ州党委員会
・レニングラード州党委員会
・スベルドロフスク州党委員会
・チェリャビンスク州党委員会
・ウリヤノフスク州党委員会
・タタール州党委員会
・ケメロボ州党委員会
・ロストフ州党委員会
・ペルミ州党委員会
…その他、上記含め40の州党委員会が存在。

州・地方級党組織[※ロシア共和国以外]

《州・地方共産党組織》
州・地方級共産党組織
代表機関(指導機関)…州・地方党会議
執行機関…州・地方党委員会

地区・市・辺区・管区級党組織

《地区・市共産党》
地区・市級共産党組織
代表機関(指導機関)…地区・市党会議
執行機関…地区・市党委員会
〔組織詳細〕

  • 地区・市党会議…通常は2、3年に1度、臨時の場合は全党員1/3の要求、或いは地区・市党委員会総会の決議によって開催。
  • 地区・市党委員会…少なくとも3ヶ月に1度総会を開催する。
  • 地区・市ビューロー…2週間に1度ビューロー会議を開催する。
  • イデオロギー部…組織No.2の第二書記直属機関。
  • 総務部
  • 組織部
  • 社会・経済発展部
  • 財政・経営部
  • 社会・経済発展部
《辺区共産党(крайко́м)》
  • 辺区党委員会
《管区共産党(окружко́й комите́)》
  • 管区党委員会

初級党組織

《共産党初級党組織/перви́чная парти́йная организа́ция(略称:ППО/旧称:党細胞)》
初(職場、村落)級共産党組織
代表機関(指導機関)…初級党組織党員総会
執行機関…初級党組織委員会またはビューロー
〔組織詳細〕
共産党によりあらゆる社会活動が規定されるという原則及び規約により、党は職場と地域ごとに組織された。すなわち官庁、企業、コルホーズ(集団農場)、ソフホーズ(国営農場)、軍、学校など職場ごと、または村落ごとなどのあらゆる部門に、党員3人以上によって党員の集合体が設立され、それぞれ、工場細胞、街頭細胞、農村細胞 (農細)などより構成されていた。そしてこれが社会の隅々にまで綿密に張り巡らされたのである。
これがソ連共産党の末端に位置する、組織的な基礎となる。
この組織は1919年第8回ロシア共産党ボリシェヴィキの党協議会採択の党規約(第6次規約)で「党細胞」と称されることとなり、のちに初級党組織の名称に改められる。規則により
「工業、運輸、通信、建設、資材供給、商業、公共給食、公共生活サービスの諸企業、コルホーズ、ソフホーズおよびその他の農業企業、設計組織、建設事務所、学術研究所、学校、文化・啓蒙施設、医療施設の初級党組織は、管理部の活動に対する監督権を持つ。」
と定められ、管理部に対する監督による直接支配を確立していた。そうして確立したこの初級党組織には、上意下達の指揮系統が明確に規則に刻み込まれた。
初級党組織は、党の幹部要員(кадр)政策の実行に積極的に参加する。
これは党指導部の指令に絶対的に服従し、日常活動を実践するという役割を持っており、党細胞組織は社会全体の掌握には有効な手段と考えられたのである。そのため、この党細胞のシステムは、ソ連共産党が指導した共産主義運動の為の国際組織、共産主義インターナショナル(コミンテルン)を通じてソ連共産党の指導を受ける各国の共産党や、組織形態では共産党を模倣したとされる国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP/ナチス党)でも採用された。
因みに、組織の構成単位として「細胞」(covert cell) を最初に組織したのは、19世紀フランスの革命家で、カルボナリ党員でもあり、パリ・コミューンの指導者ともなったルイ・オーギュスト・ブランキである。その後、社会主義や無政府主義のグループにおいても取り入れられ、その流れを引くソ連共産党でも取り入れられたのである。


プラウダ編集局地方支部組織

  • プラウダ編集局地方新聞局

プラウダ編集紙の地方支部。

  • プラウダ紙担当地方党委員会
プラウダ紙の地方支部に対するお目付役。
・宣伝教育部
・生産部
・文化部
・「プラウダ人」紙編集部
プラウダ編集局の内部出版紙「プラウダ人」の編集部。2つの編集委員会によって構成される。「プラウダ人」紙は、「プラウダ」紙を表立って批判する事の出来る唯一の新聞とされる。
・ゼミナール班/自習班
党の方針及びイデオロギーと自らの仕事を結び付けた理論の学習を行う組織。

ソ連共産党の教育・研究組織

  • ソビエト連邦共産党中央委員会附属マルクス・レーニン主義研究所(通称:ML研究所、ロシア語略:ИМЛ。ソ連共産党中央委員会直属の中央研究機関であった研究所。共産主義イデオロギーを支える学者たちの聖域とも言うべき場所であった。モスクワに所在し、カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルスウラジーミル・レーニン等、その他指導的共産主義者たちの著作や関連資料、マルクス・レーニン主義の研究、党大会決定やソ連共産党史の資料を始めとした党関係資料等の、収集・保存・編集・出版などを行っていた。機関誌は、1957年創刊の「ソ連共産党史の諸問題(Вопро́сы исто́рии КПСС)」。研究所は、(1)マルクス、エンゲルス、レーニンの著作(2)ソビエト連邦共産党史(3)党建設(4)科学的共産主義(5)国際共産主義運動史(6)支部および研究の調整(7)中央党アルヒーフ(文書館)(8)図書館(9)マルクス=エンゲルス博物館[1962年5月7日、モスクワに開設]の諸部門を擁し、連邦の中心であるロシア・ソビエト連邦社会主義共和国を除く、ソ連を構成する14の共和国モスクワレニングラード(現サンクトペテルブルク)に計16の支部があった。所長には代々、ピョートル・ポスペーロフやミハイル・スースロフといった、その当時を代表するマルクス・レーニン主義の理論家が就任し、その知見を集積させていった。)

【マルクス・レーニン主義研究所の歴史】
・1921年:マルクス・エンゲルス研究所設立。
初代所長ダヴィト・リャザーノフ。同研究所の目的は、様々な時期に様々な言語で刊行された、マルクスとエンゲルスの著作を集め、彼らの未刊の著作物(草稿、書簡、彼らが読んで下線や欄外書き込みを入れてある書籍、等)を収集する事、また、これと並んで、その当時の国外におけるマルクスとエンゲルスについての研究活動(書籍、雑誌論文、等)をサーベイする事であった。中でも、ロシアの外部での当時の世界のマルクス主義にとって最も重要な地域であった、ドイツオーストリアにおける研究のサーベイは特に重視された。リャザーノフは研究の為に、研究所を党の干渉から保護し、弾圧対象であったメンシェビキ(旧・社会民主労働党の穏健・少数派)、或いは党の異端者をも雇った。例えば、「マルクス主義価値論概説」(初版:1923年)の著者であるイサーク・イリイチ・ルービンは、この研究所の主要なメンバーの一人であり、彼はリャザーノフとの密接な協力関係の下に、こうした研究所の任務に携わった。彼の「概説」は、この研究所における以上のような研究活動の1つの結果であったと見なすことが出来る。また、この研究所のもう1つの任務は、カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルスの全集である、「マルクス・エンゲルス全集(Marx-Engels-Gesamtausgabe/マルクス・エンゲルス・ゲザムタウスガーベ、略称MEGA[メガ])」の旧版(通称:旧メガ)の編纂を行う事であった。所長のダヴィト・リャザーノフは、当時第一級のロシアにおけるマルクスの文献学者であり、1917年のロシア革命以前からマルクス学者として活躍していた(1930年には彼の生誕60周年の行事[記念論文集刊行、最良のマルクス主義研究に与える2年ごとのリャザーノフ賞設立、党幹部の称賛メッセージ]なども行われている。)。また彼は、カール・マルクスが党の創設に携わり、フリードリヒ・エンゲルスが名誉会長を務めた19世紀後半〜第一次世界大戦前に至るまでの社会主義運動の国際組織である国際社会主義者大会第二インターナショナル)を牽引した為に、ロシア革命以前の社会主義運動の中心的政党であった、ドイツ社会民主党(SPD)の様々な理論的指導者達とも緊密な関係にあった。彼は、ドイツ社会民主党の党文庫に保管されていたマルクスやエンゲルスの草稿に、自由にアクセスする事が出来たのである。1922年にリャザーノフはドイツ社会民主党の幹部にして社会民主主義、修正主義の理論的創始者であるエドゥアルト・ベルンシュタインに依頼して、社会民主党に保管されていた、彼らの原稿の利用を許可された。その結果、同研究所は充実した資料を元に全集を編集し、1927年、フランクフルトで最初の巻が刊行された。なお、新版である通称:新メガは、現在も刊行が続けられている。
・1923年:レーニン研究所設立
初代所長レフ・カーメネフ。1920年のレーニン生誕50周年を記念して、同年に開かれたロシア共産党ボリシェヴィキ第9回党大会の決定に基づき、ソ連の初代指導者、ウラジーミル・イリイチ・レーニンの著作・書簡・ノートを集めたロシア語の著作集、ヴェ・イ・レーニン全集の編纂の任に当たる。1924年発行の改訂版の序文は所長カメーネフ自らが書いている。
・1931年:マルクス・エンゲルス・レーニン研究所(MEL研究所)設立。
初代所長:ウラジーミル・アドラツキー。全連邦共産党ボリシェヴィキ中央委員会の決定により、マルクス・エンゲルス研究所とレーニン研究所を合併して設立。同年にリャザーノフは合併されたマルクス・エンゲルス研究所の所長を解任、ルービンを含む若干の研究スタッフも追放を余儀なくされる。党中央文書保管局次長であった同研究所の初代所長、アドラツキーが責任編集者となり、彼の主導の元、リャザーノフから引き継いだ旧メガ編纂のプロジェクトを継続し、完成させる。またアドラツキーはその他にも、レーニン研究所のカーメネフから引き継いだヴェ・イ・レーニン全集の編集責任者も務めた。
・1954年:マルクス=エンゲルス=レーニン=スターリン研究所(MELS研究所)に改称。
・1956年:マルクス=レーニン主義研究所(ML研究所)に改称。
・1991年6月:社会主義理論歴史研究所と改称。
・1991年11月:廃止。
ソ連共産党中央委員会附属マルクス・レーニン主義研究所附属ソ連共産党中央文書館(中央党アルヒーフ)、ロシア現代史資料保存・研究センター等に所蔵資料を移行。
・1999年3月:研究センター、ロシア国立社会政治史文書館(ロシア語:Российский государственный архив социально-политической истории/略称:РГАСПИ[ルガスピ])に改称。
現在もモスクワ市にある公文書館として、マルクス・レーニン主義研究所所蔵文書などの、コミンテルン国際共産主義運動、ソビエト連邦共産党に関する文書を所蔵・公開している。同文書館の保管文書には、4000通にのぼるレーニンの未公開書簡やコミンテルンの会議の速記録が含まれている。
(この研究所で研究していた思想である、マルクス・レーニン主義については、右記リンクを参照の事。→【マルクス・レーニン主義】)
《地方党研究機関》
・州党委員会附属歴史研究所
(モスクワ州などの党委員会に存在。)
…など

  • ソ連共産党附属高等党学校(ロシア語略:ВПШ。1946年から1991年にかけて存在したソ連共産党直属の高等教育機関で、指導的な党員の養成を目的とした高等党学校組織であり、主に、党幹部及び国家官僚の教育や、プロパガンダ及びメディア方面の幹部の教育を行った。党は党員の思想・政治教育に関心を注ぎ、またそれなりの努力を、成果はともかくとして払ってきた。とくに1956年以後関心が急速に高まり、1965年の大規模な改革を経て、党の教育機関は以下の通りとなった。高等党学校は、全日制と通信制の2コースがあり、全日制は、ソ連共産党中央委員会附属高等党学校をはじめ、2年制及び4年制の中央委員会附属各地方高等党学校や各共和国共産党中央委員会附属高等党学校などが存在する。通信制は、ソ連共産党中央委員会附属通信高等党学校がよく知られる。党学校への入学は、いずれも党員にのみ限定されているばかりでなく、ソ連共産党中央委員会による直々の推薦、あるいは共和国共産党の中央委員会、または地区委員会等の推薦によって許可された。申請要件は、共産党、ソビエト、コムソモールでの活動経験、あるいはメディアでの仕事経験、等であった。科目は(1)ソ連共産党の歴史(2)マルクス・レーニン主義とその哲学(3)政治経済(4)科学的社会主義(5)党建設(6)ソビエト国家建設と法律(7)国際共産主義と国家解放運動(8)ソビエト経済と国民経済(9)共産主義(10)ロシア語(11)外国語、等であった。決して勘違いしてはならないのが、この学校は名前に「高等」「学校」とついてはいるものの、いわゆる日本の「高等学校(通称:高校)」では無い。あくまでも高等「党」学校なのである。この学校は、純粋無垢な少年少女が素敵な甘酸っぱい青春を送る為の機関ではなく、将来を嘱望されし革命的な若手の共産党活動家(多くの場合は20代後半〜30代にかけて)が、マルクスとレーニンの思想及びソ連共産党の活動について徹底的に叩き込まれる為の機関なのである。決して「JK」など居ないという事に留意されたい。各高等党学校は、ソ連共産党及び共和国共産党の中央委員会、又は地区委員会の指導下に置かれた。1991年廃止。その後はソ連共産党資産の国有化に伴い、高等党学校はカードル・センターに改組された。その中央機関はロシア共和国国家勤務局が格上げされて生まれた「国家勤務のためのカードル育成総局」(略称:ロスカードルィ)であった。こうして、旧ソ連高等党学校のシステムはほぼ無傷でロシア連邦政府に吸収され、 1992年までに国内に7つのカードル・センターが生まれた。1994年には口スカードルィは廃止され、モスクワの国家勤務アカデミー(ソ連共産党中央委員会付属社会科学アカデミーが改組されたもの)が各地のカードル・センターの統括機関となった。ロスカードルィが省に準ずる機関として政府に属していたのに対し、国家勤務アカデミーはロシア大統領府直属の機関である。)
【ソ連共産党(連邦党)中央委員会直属の教育・研究機関】
ソ連共産党中央委員会附属の中でも直属校。
即ち、ソ連最高峰の選ばれし者のみが所属する超エリート組織。多くはモスクワに所在し、党最高幹部の若き候補生達を養成している。

《直属高等党学校》
・ソ連共産党中央委員会附属高等党学校=社会科学アカデミー
1978年、ソ連共産党中央委員会附属社会科学アカデミーが高等党学校及び通信高等党学校と統合された形で、全高等党学校組織の頂点に君臨する最高学術機関。1991年廃止。

・ソ連共産党中央委員会附属社会科学アカデミー
1978年以前に全高等党学校組織の頂点に君臨していた最高学術機関。
1978年、高等党学校及び通信高等党学校と統合される。

・ソ連共産党中央委員会附属高等党学校
ソ連共産党中央委員会直属の教育機関。別名は、連邦党中央委員会附属高等党学校、など。
ソ連で最高の政治教育機関であり、ソ連共産党及び政府の主要幹部、及びラジオ、印刷物、テレビを含めたプロパガンダ・メディア方面の幹部の教育を行った。
入学資格は年齢40歳以下、党歴5年以上の党員であって、高等教育、つまり大学・専門学校の終了者に限られ、地方・州党委員会あるいは共和国党中央委員会の推薦を必要としている。
また修業年限は4年、入学の際には、マルクス・レーニン主義の基礎についての面接試験を受けなければならない。
多くの党及び政府の幹部がこの高等党学校を卒業したが、1978年、高等党学校は社会科学アカデミー及び通信高等党学校と統合される。

・ソ連共産党中央委員会附属通信高等党学校
国土の広いソ連では、通信教育が盛んであったが、それは党幹部養成機関でも同様であった。
ソ連共産党中央委員会附属通信高等党学校は、遠くの地方の党員も党幹部として養成できるように作られた機関である。
入学資格は、年齢40歳以下、党歴3年以上の党員であって、中等教育の終了者に限られる。
修業年限は4年、入学試験も存在する。

・ソ連共産党中央委員会附属組織者高等党学校

・Ya・M・スヴェルドロフ名称全連邦共産党(ボリシェヴィキ)中央委員会附属高等宣伝学校
ソ連初期の幹部養成機関であったYa・M・スヴェルドロフ名称共産大学が、共産党中央委員会直属となった時の名前で、これは1935年から1938年までのもの。
名称は、1918年7月開設当時の「全ロシア中央執行委員会附属煽動・宣伝コース」、1919年1月の「ソビエト・党務中央学校」など、しばしば変更されている。


【2年制・4年制中央委員会附属各地方高等党学校】
ソ連共産党中央委員会附属だが、直属という訳ではなく、各地方や共和国の大きな都市におかれている高等党学校。ランクは直属校よりは少し下がる。なお、いずれもソ連共産党中央委員会付属高等党学校と同様の推薦条件を必要としている。
詳細は以下の通り。

…2年制高等党学校
入学資格は、年齢40歳以下、党歴3年以上の党員であって、高等教育の終了者である。
入学に際しては、中等党教育機関のプログラムで定められた程度のマルクス・レーニン主義の基礎、ロシア語、中等教育程度の地理学を試験課目とした入学試験が課せられている。
…4年制高等党学校
入学資格は、年齢35歳以下、党歴3年以上の党員であって、中等教育の終了者である。
入学に際しては、連邦党中央委員会付属の高等党学校の場合と同様の面接試験が要求されている。

《2年制・4年制ソ連共産党中央委員会附属高等党学校》
・モスクワ高等党学校
・レニングラード高等党学校
・アルマアタ高等党学校
・ハバロフスク高等党学校
・ノボシビルスク高等党学校
…など


【2年制・4年制 各共和国共産党中央委員会附属高等党学校】
ソ連共産党中央委員会附属では無く、各共和国共産党中央委員会附属の高等党学校。共和国共産党直属の幹部養成機関である。

《2年制・4年制 各共和国共産党中央委員会附属高等党学校》
ウクライナ共産党中央委員会附属高等党学校
カザフスタン共産党中央委員会附属高等党学校
…など

  • 全連邦レーニン共産主義青年同盟(通称:コムソモール。共産党中央委員会の直接の指導のもとに活動する青年組織で、ボーイスカウト的な側面を持つ。青年団。コムソモール員は14〜15歳から28歳までの青年達で構成される。このステップまで来ると審査基準はかなり厳しく、若き党員候補として自己を律する事が求められる。これは、少しでも党の不興を買うような事をすると容赦なく除名される事を意味しており、体制批判のような大袈裟なものに限らず、性的、或いは暴力を扱った音楽や詩、絵画なども規制対象で、年頃の若者達にとっては、かなり窮屈な世界であったとされる。共産党員は18歳以上ということになっており、23歳までの青年はコムソモールを経てしか入党できなかった。その為、コムソモールから共産党に入党した党員は、エリート党員とみなされる。23歳になったコムソモール員の中でソ連共産党に入党を希望する場合、要求されるコムソモール員としての入党の条件(在籍期間、等)は以下の通り。『ソ連共産党の組織と規約、間答集』によると、「党規約はこの期間を定めてはいないが、党員は一年以上にわたる共同の生産活動及び社会活動によって被推薦者を熟知している場合に推薦することが出来ると規定している。したがってコムソモール機関は、入党を希望するコムソモール員に推薦状を与える際にはこの規定に準拠する。」とされている。この規定がコムソモールの対象年齢と重なっているのは、大きな功績をあげた者をすぐさま党員に抜擢する為であり、こうした“飛び級”を考慮してのものなのである。)
  • レーニン記念全ソ連邦ピオネール組織(通称:ピオネール[意味は「開拓者」(英単語ではパイオニアが該当)]。団歌/愛唱歌:焚き火を起こせ(ロシア語:Взвейтесь кострами。1922年に作られたピオネールの愛唱歌で、クルプスカヤの着想のもと、2人の若きコムソモール団員によって作られた。)。ソ連の10歳から15歳の児童の自主的な参加に基づく共産主義教育の組織で、少年団のようなもの。スカウト運動の創始者であるイギリスの軍人、ロバート・ベーデン=パウエル卿による創成期のボーイスカウト運動が旧ソ連に伝わった後、国策・党策に合わせてその方針、形態が変化したもので、1922年5月1日のコムソモール第5回大会で、レーニンの妻であり、教育人民委員であったナデジダ・クループスカヤの指導の下、その設立が決定された。彼女はピオネールに対して、「形はボーイスカウトで、中身は共産主義」であると述べている。ピオネールは、児童にさまざまな社会的活動を遂行させることによって祖国愛、労働愛、友情、協力、忍耐、平和、国際連帯などの精神を育成することを目的としていた。活動は、上部組織であるコムソモールの指導のもとに、自らが選出した会議(ソビエト)の決定に基づいて自主的に運営されていた。組織の基本単位は、学校や「子供の家」に設けられるピオネール団であり、団は隊に分けられ、隊はさらに班に分けられていた。活動内容としては、集会、討論会、展覧会、社会奉仕などの日常活動のほか、最大の定期的行事として夏季にはピオネール・キャンプが各地で催された。80年時点の組織人員は約2000万人であり、2年後の82年時点の組織人員は約2500万人であった。スローガンはボーイスカウト(Be prepared、備えよ常に)を真似てВсегда готов![フシグダー・ガトーフ。“(何時でも)全ての準備よし!”]であり、団員のシンボルは赤いネッカチーフである。建前上、参加は自由意志とされていたが、ソ連の場合は後述の通り段階を踏んだ上で入団希望者を少しずつ受け入れ、最終的に所属できるのは全児童の二割程であった。この頃から既に体制に忠実であることが求められ、学校の成績や素行が審査される事になる。もっとも、「嘘つき、怠け者、遊んでばかりいる子、非行少年の入団は認めない。」と、あるだけなので、実際の基準はかなり曖昧であった。そうして、実際に3年生になると入団が認められるが、最初に入団できるのは「優秀な」子どもたちのみとされる。数週間後に「次に『行いの良い』」子どもたちの入団が認められ、「出来が悪い」とされた子どもたちでも入団選抜の対象とされるのは4年生以降とされていた。自由意志による入団を原則としながらも、共産党の意を汲んだ学校教員による優等生への勧誘に対し、当該児童に入団意思が無い場合であっても(児童の家族共々)疑念の目が向けられる事となった為、結局は児童自身が忖度して入団する流れが一般的であった。ピオネールは、プロレタリアート出身で、健康、学力優秀、品行方正な青少年の中から選抜される、言わば共産主義社会における将来の幹部候補としてのエリート的な存在であった。性別による区分はない。入団式にはピオネール宮殿においてレーニン像の前で宣誓文を読む儀礼があった。旧ソ連の教員養成制度では、教育実習は1年間となっており、うち9ヶ月は学校における実習、3ヶ月はピオネールにおける実習に充てられた。)
  • 十月の子(通称:オクチャブリャータ。7歳から11歳までの低学年の全児童が加入する児童組織。ピオネールの下位組織であり、子供たちが上位組織のピオネールに入る準備段階である。この団会で入団を断られる事はまず有り得ない。)

加盟した国際組織

別名:第3インターナショナル[第3インター]、コミンテルン、国際共産党。レーニンらロシア共産党ボリシェヴィキが主導して、モスクワで結成。

別名:コミンフォルム、共産党国際情報局。第二次世界大戦後にスターリンチトーが提唱。全連邦共産党ボリシェヴィキが主導して結成。

党史

元々『ソビエト政府』と『共産党』は別の組織だったが、共産党独裁側のスターリンとレーニンがソビエト革命政府側の元首トロツキーなどを粛清した経緯を経た後、ソビエト政府の機構も共産党の組織で行うように組織改変を行ない、スターリン書記長の時代にその形が完成した。スターリンが完成させた書記長を頂点とした一糸乱れぬガチガチの共産党員のピラミッド体制スターリン主義(共産党の無制限独裁体制)の完成の一つとされた。共産党綱領『鉄の規律』・共産党の無制限独裁体制を明記したソ連憲法『スターリン憲法』もスターリンの治世中に実現した。

これにより『ソビエト社会主義共和国連邦』は世界で一番恐い国というイメージが完成し、党も世界で一番恐いプロレタリア政党・悪魔のように強い政党というイメージが定着した。もともとは日本社会党と同レベル的なある程度穏健な形で独裁を立てようとしたら、一気に非人道的な権力組織にならざるを得なかった。

【共産主義国の共産党】

スターリンの治世末期のソ連邦公式設定として、1951年よりソ連は『社会主義(ソーシャリズム)国』から『共産主義(コミュニズム)国』に移行したとされたので、共産党とソ連は他のソーシャリズム国の一段上の存在として振舞った。その後1953年3月にスターリンは死去した。

その後歴代の党首であるマレンコフ、フルシチョフ、ブレジネフアンドロポフチェルネンコがガチガチの党『鉄の規律』と『スターリン憲法』に穏健な改良を加えようと試みたが、『世界で一番恐い帝国・ソ連共産党も世界で一番恐い独裁政党・悪魔のように強い政党ブランド』を崩すことをおののいた共産党員の妨害と、書記長自身に新共産党構想が生まれなかったこと、実際問題として変わりたかったのか・変わらなかったのかが問題となった。

1964年10月にブレジネフが党首に就任し、1977年10月に憲法改正(ブレジネフ憲法)を実施した。ブレジネフ憲法ではソ連邦と同盟国の維持のためには社会主義的自由意思を奪うのが当然という立場を明確にしたので、一気にソーシャリズム諸国の中では失望が広がった。

1985年2月にチェルネンコが急死し、後任のゴルバチョフ書記長の時代に一気に動いた。ゴルバチョフはあの性格が歪まざるを得ない共産党内にいながら奇跡的な善良な性格を保持していたのでスターリンが完成した書記長を頂点とした一糸乱れぬガチガチの共産党員のピラミッド体制の場合には効力を持った、つまりいい人が独裁者になれば一糸乱れぬいい政党になる原理なので、ゴルバチョフ書記長時代の共産党はかなり、既存の共産党員には不本意ながら最高の能力を発揮していたと思われる。

1990年3月の憲法改正によってソ連の政治に複数政党制・大統領制が導入されたが、ソ連全土地域で共産党員に対する批判が集中(特に構成国ロシア・ソ連邦社会主義共和国(後のロシア)が急先鋒にたった)、複数政党制に入った瞬間から共産党はただの与党になったということを、ゴルバチョフも共産党員もあまり理解していなかったように思われる。まあ党利党略というものが存在しなかったのだから(はむかう者は始末してきた性分の政党なので、他党との議論というものが存在しなかった)。

その後ゴルバチョフのペレストロイカ政策・ソビエト連邦を中央集権体制から緩やかな国家連合に再編する新連邦条約の締結に反発した保守派によるクーデターが失敗に終わったことで共産党の権威は失墜した。以前に独立宣言したロシア共和国主導の『ソ連下ろし』によって、12月末にソビエト連邦が消滅を宣言され、党の全ての解散がロシアによって決められた。その後ゴルバチョフがソ連大統領を辞職しクレムリンを去った。入れ替わるようにロシア共和国の元首であるエリツィンがクレムリンに入った。

1996年以降ロシア共和国に入っても、旧共産党員によってロシアの政府庁舎で武装蜂起が行われたが、その後の動向は不明である。後継を名乗る勢力は幾つかロシア・旧ソ連の範囲に存在しており、このソ連共産党自体が滅んでいるのか、いないのかは判らない、どこかに漂っている感じがする。

【追記1】

  • 『書記長』ではスターリン路線、『第一書記』では大衆路線的意味合いが多少あった。


関連動画

・【ソ連共産党第26回大会(Съезд КПСС XXVI)】

・会期:1981年2月23日ー2月25日
・書記長:レオニード・ブレジネフ
YouTubeにおいて、最初から最後までほぼ通して見る事の出来る数少ないソ連共産党大会である。いわゆる冷戦時代の最も典型的なソ連共産党大会の1つである。

・【全連邦共産党(ボリシェヴィキ)第19回大会(Съезд ВКП(Б)XIX)】

・会期:1952年10月5日ー1952年10月14日
・書記長:ヨシフ・スターリン
スターリン体制下で行われた最後の党大会。党大会においてスターリンが書記長として行った最後の演説が収められている。この大会で全連邦共産党ボリシェヴィキからソビエト連邦共産党へと改称される。

・【ソ連共産党第20回大会(Съезд КПСС XX)】

・会期:1956年2月14日ー1956年2月25日
・第一書記:ニキータ・フルシチョフ
恐らくは、世界で最も有名なソ連共産党大会。日本においても、高校の世界史で必ず覚えさせられる事でその知名度は抜群に高い。あるいは、正式名称を言えずとも、「スターリン批判」の通称を聞けば意味は何となく分かる、という人は相当に多いと思われる。
この大会は、ソ連の内外政策を、180度大転換させた画期的な党大会として知られる。
雪解けの機運が高まりつつあったこの時、フルシチョフは、アナスタス・ミコヤン閣僚会議第一副議長(第一副首相)らの主張を受けいれ、1916年来の古参ボリシェヴィキにして、ソ連共産党を代表する理論家であり、当時、マルクス・レーニン主義研究所の所長を務めていたピョートル・ポスペーロフを筆頭とするポスペーロフ委員会によって、スターリンの大粛清に対する調査が行われる事となった。その結果はフルシチョフらの想像を遥かに上回る悲惨なもので、衝撃を受けたフルシチョフやミコヤンは即座に党大会への報告を決める。こうして、大会前日の2月13日に開かれた幹部会で、この問題についての報告をフルシチョフが行うこと、この報告を大会の秘密会議で行うことを決定した。同日に行われた中央委員会総会は、内容が伏せられたうえでフルシチョフ報告が行われることを承認した。
大会11日目に当たる2月25日、外国の共産党・労働者党の代表には公開されない、国内の代議員だけに向けた秘密会議において、特別報告「個人崇拝とその結果について」が発表された。後に言う「スターリン批判」である。
動画の内容は、外に向けて公開されている普通の中央委員会報告(一般報告)の様子であり、スターリン批判直接のシーンでは無い。(本来、門外不出の最重要機密レベルの話をしている“秘密報告”の為、もちろん撮影なんかされていない。なので、そもそも動画として残っていない。)

関連タグ

ソ連 共産党
ソ連共産党(略称) センター

参照

  • 参考文献

・『ソ連共産党書記長』著:木村明生/講談社現代新書
・『ソビエト連邦史』著:下斗米伸夫/講談社学術文庫
・『日本共産党の研究〔一〕』著:立花隆/講談社文庫
・『いまさらですがソ連邦』著:速水螺旋人、津久田重吾/三才ブックス
・『ソ連の新聞制作の実際』(ソ連報道出版界代表団報告)著:ソ連報道出版界代表団、編:人民日報総編集室、訳:古沢周一/NBS出版社/1958年発行
…その他


  • 参考ページ
・『pixiv ソビエト連邦』
・『wikipedia(日本語・ロシア語・英語版)』
・『コトバンク』
・『ロシアビヨンド』
・『ソビエト連邦共産党党綱領』
・『広辞苑』
・『マイペディア辞典』

…その他

関連記事

親記事

共産党 きょうさんとう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ソビエト連邦共産党」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3850

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました