ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

Axis Powers ヘタリア」(APH)におけるオーストリアは、ローデリヒ・エーデルシュタインを参照。

概要

ヨーロッパの中央部に位置する内陸の連邦共和制国家。

国土面積は約8.4万平方キロメートルで、北海道とほぼ同じ大きさである。
人口は約880万人。
首都ウィーン

国民の大半は民族としてのドイツ人で、言語もドイツ語である。
宗教はキリスト教カトリック派が約65%を占める。

欧州連合加盟国で、2020年現在は共通通貨ユーロを導入している。
国際的に認められた永世中立国であるものの本来の厳密な意義からは形骸化しつつある。

中世から第一次世界大戦にかけてハプスブルク家の下で繁栄し、ドイツ人帝国として欧州大陸に多大な影響や支配を及ぼしてきた。

クラシック音楽や、スキースケートなどウインタースポーツが発展している国でもある。

地理

内陸国として北はドイツチェコ、西はリヒテンシュタインスイス、南はイタリアスロベニア、東はハンガリースロバキアに囲まれる形で隣接する。

位置的には中欧とされるが、歴史や経済力的には西欧国かつ先進国である。

アルプス山脈が国土を東西に走り、面積の3分の2が山岳地帯である。
北部を国際河川の大河ドナウ川が東に流れ、ウィーン盆地とハンガリーの平原地帯に続く緩やかな丘陵地が開けている。
西高東低という起伏に富んだ地形で、各地にが点在している。

最高峰は「グロースグロックナー」(Großglockner)というアルプス上の山で、標高は3,798mと富士山よりほんの22mだけ高い。

気候は大陸性で全国的に冬の寒さがかなり厳しい。
西部の山岳地帯では特に降雪が多く、東部の平原は比較的乾燥している。

農業小麦テンサイトウモロコシなどが主に栽培され、山岳部では酪農が行われて輸出も盛ん。

地下資源では潤沢とまではいかないが、鉄鉱石石炭亜鉛などを産出する。
山がちな国土を活かした水力発電が発達しており、鉄道の電化や登山鉄道の整備も早くから進められていった。
工業は伝統的手工業から重工業電子工業まで幅広く発展している。

音楽の都ウィーンや、山岳地帯の保養地・スキー場などでは観光業も盛んである。

歴史

オーストリア(Österreich)という国名は「東の国」という意味である。
これは西ローマ帝国滅亡後の中世フランク王国時代にオストマルクという領邦が設置された事に由来するとされている。

976年頃、中世ドイツを地方分権体制で支配した神聖ローマ帝国の皇帝がイタリアなどの東南方面の防衛のために封建諸侯の領土であるオーストリア辺境伯領を設置する。辺境伯領はボヘミア王家などに渡ったのち、最終的にハプスブルク家の封土となった。その後オーストリアの領主として力をつけていったハプスブルク家が皇帝の位を手にし、遂には完全世襲化させてオーストリア・ハプスブルク家は全ドイツ人国家の盟主となる。
この間に周辺地域であるクライナ・チロル・シュタイアーマルクなども統合し、現代オーストリアにつながる領土をまとめていった。
またハプスブルク家は巧みな政略結婚によりスペインや東欧諸国の君主ともなり、オランダベルギー、イタリア、中南米の大部分やフィリピンマラッカなど世界中の植民地を手にする王朝となった。

しかしその後オーストリアとスペイン王室が分離し、スペインは独立したオランダ、イギリスフランスとの植民地政策で負けて国力の斜陽化の中ハプスブルク系の王族が断絶。
オーストリアも長年東欧諸国に侵攻するオスマン帝国の侵攻阻止に国力を費やされ、イタリアを巡ってフランスとも戦争を続けていた。
ローマ教皇のいるイタリア政策の注力からドイツの中央集権制の統一国家化も実現せず、さらに宗教改革後のプロテスタントのドイツ諸侯や西欧・北欧国との内戦や戦争が相次いで勃発する。
そして三十年戦争によってドイツ諸国が自立していった事から神聖ローマ帝国は形骸化してしまう。

フランス革命ナポレオン戦争の影響を受けて神聖ローマ帝国が解体されると、ドイツの覇権を巡りプロイセンと対立。
その結果普墺戦争で敗れ、オーストリアはプロイセン主導のドイツ帝国から締め出されてしまう。

その後はすでにオスマン帝国の勢力を追い出していたバルカン半島に勢力を伸ばし、ハンガリーの皇室と合流してオーストリア=ハンガリー帝国の中心をなしていたが、第一次世界大戦での敗戦で同帝国が崩壊。
東欧諸国の独立により、オーストリアは小国の内陸国となる。

第二次世界大戦前にナチス政権のドイツと併合するが、敗戦後に分離独立。
1955年には連合国による分割占領が完全に終了した。

冷戦期は中立国でありながら、自由民主主義国家として西側寄りの体制を取っていた。
民主化を進める東側の隣国ハンガリーとの国境を開放し、東ドイツ国民を亡命させた『汎ヨーロッパピクニック』は結果として冷戦を終結に導く一因となった。

現在は欧州連合の一員としてヨーロッパ統一を推進し、ドイツとも友好的な関係にある。

文化

音楽

皇帝たちが征服したイタリアからしきりに芸術家を招聘したこともあって、音楽の伝統文化は特に有名である。
ハイドンモーツァルトベートーヴェンという古典派三大音楽家は全員オーストリアで多くの活動を行い、イタリア出身の音楽家達から学ぶだけでなく次第に独自のドイツ音楽を形成していった。
その後もシューベルトブルックナーマーラーらの偉人が活躍をした。

オペラではウィーン国立歌劇場があり、また同劇場有志によるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団も著名なオーケストラである。
音楽のイベントとしてはモーツァルトを記念したザルツブルク音楽祭等がある。

美術

オーストリアの美術が特に注目を集めたのは、19世紀末〜20世紀初頭のアール・ヌーヴォー・表現主義の時代である。
画家に官能的な作風のクリムトや激しく捻じれた造形で知られるエゴン・シーレらが挙げられる。

建築ではオットー・ワーグナーが現れ、合理的な建築を追求して後のモダニズム建築への道を開いた。
美術館はウィーンの美術史美術館が、ハプスブルク家の集めた欧州各地各時代の作品を収蔵する。特に世界最大のブリューゲルフランドル地方の画家)コレクションで有名。

食文化

皇室や貴族階級はフランス料理を伝統的に取り入れてきたが、一般階級の間ではドイツ料理と、チェコやハンガリーの料理などが影響し合って生まれた独特のオーストリア料理の伝統がある。
牛肉を煮込んだ『ターフェルシュピッツ』、ミラノから伝わった子牛肉のカツレツである『ウィンナー・シュニッツェル』、ハンガリー風ビーフシチュー『グラーシュ』などがある。

また宮廷の保護もあってケーキを中心にお菓子も豊富でチョコケーキザッハー・トルテ』が特に名高い。

酒類は白ワインが多く産出される。

学術

長年ドイツ人国家と中央ヨーロッパの盟主であり続けたオーストリアでは学術も発展し、首都ウィーンは学都でもあった。
明治維新後の日本ではドイツやオーストリア出身の各分野の有識者も招き入れており、初めて本格的なスキー指導を行ったのもオーストリアの軍人であった。
また伊藤博文が海外視察に出かけた際に、ウィーンでドイツ人の憲法学者と対談をし大日本帝国憲法草案への影響を受けたとされる。

関連イラスト

2.ドイツとオーストリアの国境付近
ベルベデール宮殿



関連項目

ヨーロッパ 西欧 中欧
ドイツ 欧州連合

関連作品

アマデウス
会議は踊る
サウンド・オブ・ミュージックトラップ一家物語
ふたりのロッテ

関連人物

カール5世
モーツァルト
ヘルベルト・フォン・カラヤン
シュレディンガー
マリア・テレジア
マリー・アントワネット
ヒトラー
アーノルド・シュワルツェネッガー
メンデル
フランツ・シューベルト
グスタフ・マーラー
クリムト
イビチャ・オシム

関連キャラクター

ローデリヒ・エーデルシュタイン(ヘタリア/APH)
ソレント(聖闘士星矢)
カルル=クローバー(ブレイブルー)
前田敦博(TARITARI)
海魔女のソレント/地妖星パピヨンのミュー(聖闘士星矢)
トーマ・H・ノルシュタイン(デジモンセイバーズ)
アマデウス (Fateシリーズ)
ノイズ・マリ(D.Gray-man)
執事の斉藤(けいおん!)斉藤菫(けいおん!highschool)
詩花(アイドルマスターステラステージ)
山田木はなこ(音楽少女)
ローレンツ(千銃士)
ゴースト・メロディアン(キン肉マン)

関連記事

親記事

ヨーロッパ よーろっぱ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーストリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 797180

コメント