ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

  1. オーストリアのブリュン(現在のチェコ・ブルノ)の司祭でもあった生物学者。
  2. ゲームすれちがいガ~デン」のナビゲーター。1.が名前の由来。→メンデルさん
  3. 乙女ゲームラヴヘブン」のキャラクター。1.がモデルのキャラクター。

生物学者のメンデル編集

メンデル

グレゴール・ヨハン・メンデル(1822年7月20日~1884年1月6日)


1822年、オーストリア帝国ハインツェンドルフ(チェコ)の果樹農家の子として生まれた。

1843年に聖アウグスチノ修道会に入会し、ブリュン修道院に属した。1847年に司祭に叙階される。

1851年からウィーン大学に留学し、物理学、数学、解剖学、生理学、動物学などを学んだ。

1853年にブリュンに戻り、高等実技学校で自然科学を教えた。

1868年、ブリュン修道院長に就任。

1884年に死去。

生物学史上最重要人物の1人である。


えんどう豆を用いた交配実験により、生物の形質遺伝に一定の法則性があることを発見。

発表した当時は数学的で抽象的な解釈が理解されなかったが、1900年、ユーゴー・ド・フリースカール・エーリヒ・コレンスエーリヒ・フォン・チェルマクらが彼の研究成果を再発見し、彼の名に因んで「メンデルの法則」と命名した。

この法則は遺伝学という学問分野が誕生するきっかけとなり、今日においても遺伝学の基礎中の基礎とされる重要な法則である。


天文学気象学の研究も行っており、晩年には気象学者としての評価の方が高かったという。


「ラヴヘブン」のメンデル編集

乙女パズルゲームの攻略キャラクター。→メンデル(ラヴヘブン)

生物学者のメンデルを題材にしたキャラクター。

豆を模したネックレスやエプロンを身に着けており、全体的に緑色がイメージカラーとなっている。

異世界の危機を救うため、主人公により召喚された。

関連記事

親記事

欧州人名の一覧 おうしゅうじんめいのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18176

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました