ピクシブ百科事典

ゼルダ

ぜるだ

ゼルダとは、任天堂のゲーム『ゼルダの伝説』シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

一般・実在する人物

  1. 欧州女性の名前。「ゼルダ(Zelda)」
  2. アメリカ合衆国の女優。俳優ロビン・ウィリアムズの娘。→ゼルダ・ウィリアムズ
  3. アメリカ合衆国の脚本家。→ゼルダ・シアーズ
  4. アメリカ合衆国の作家。同じく作家であるF・スコット・フィッツジェラルドの妻。→ゼルダ・セイヤー
  5. アメリカ合衆国の女優。→ゼルダ・ハリスゼルダ・ルビンスタイン
  6. ゲーム『ゼルダの伝説』シリーズの略称。
  7. 電子ゲーム『ゲーム&ウオッチ』版のシリーズ作品。日本では未発売。→ZELDA(ゲーム&ウオッチ)
  8. 日本のロックバンド。→ZELDA(バンド)
  9. M113装甲兵員輸送車のイスラエル国防軍における愛称
  10. トルコの伝統的なデザート。「ゼルダ」とも表記。→ゼルデ

架空の人物
  1. ゼルダの伝説』シリーズに登場するキャラクター。本項で解説。
  2. イギリスの特撮人形劇テレビ番組『地球防衛軍テラホークス』に登場するキャラクター。


概要

『ゼルダの伝説』シリーズに登場するお姫様。
※ただし下記するように「姫でないゼルダ」もいる。

作品名になっているため、知らない人からは主人公だと勘違いされやすいが、主人公はリンク。 彼女の名前がタイトルとなっているがどの作品も必ずメインというわけではなく、ゼルダがヒロインの位置にいることもあれば、出番が少なかったり、名前だけの登場であったり、作中に全く登場しないこともある。
リンクと同じくゼルダ姫も多数存在し、基本的には作品ごとに異なる素性を持つ別人である。

ゼルダの伝説シリーズでのゼルダ

「知恵のトライフォース」を宿したハイラル王国の姫で、「予知能力に長けており、ハイラルの危機を予知する」という設定で登場することが多い。それ故に登場する作品では、彼女のトライフォースや能力を狙った悪役に狙われる役回りが非常に多い。
ただし、剣を扱ったり光の弓矢でリンクの援護をする等、戦闘している描写も度々登場する。

作品ごとに登場するゼルダ姫は同名ではあるものの殆どが生まれた時代の異なる別人である。
同名である理由は、女神ハイリアの生まれ変わりでありハイラル王国の始祖となった女性の名前が「ゼルダ」であり、各時代のハイラル王家が彼女にあやかって姫を名付けたためである。さらに、とある時代以降は、トライフォースを巡ってとある代の王家に起きた悲劇をきっかけとして、生まれてきた代々の姫にゼルダと名付けることを習わしとしている。

「ゼルダ」という名称は、『ゼルダの伝説』シリーズの略称として使われる場合も多いため、人物を指していることを明示する場合は「ゼルダ姫」と呼ばれることが多い。
スカイウォーソードのゼルダは一般人であり、姫ではないが、上記の事情から便宜上「ゼルダ姫」と呼ばれる。pixivのタグも同様である。

スマブラシリーズでのゼルダ

ゼルダ姫(大人時代)
zelda
ゼルダ姫


大乱闘スマッシュブラザーズ」では「DX」以降の作品にプレイヤーキャラ「ゼルダ」として登場する。キャラクターデザインは、準拠した作品によって大きく変わる。


「DX」と「X」では、シークとキャラクターを切り替えて闘うファイターだった。
そのため、スピードファイターのシークに対して、「動きは遅いが魔法で強化した攻撃で闘う」という対になる性能がつけられており、華奢な見た目に反してパワーファイターである。

「for」以降は変身キャラの撤廃のため、別キャラクターとして参戦しているものの、「動きは遅く攻撃力が高い」というシークと対になるファイターなのは変わっていない。

Xのアドベンチャーモード「亜空の使者」ではリンクの他にもピーチと絡んでいる描写がある。

スネークは「こんな乱戦の中にドレス姿」と疑問視していたが、大佐に「女を甘く見ないほうがいい」と警告される。彼が言うにはゼルダは魔法で攻撃力を強化し、一見か弱い攻撃でも骨までダメージが響くこともあるとの事。

3DS/WiiUでは、デザインは前作と同じトワプリ仕様で参戦。
当時の最新作である「スカイウォードソード」のゼルダが戦闘に不向きなためと思われる。
シークとは完全に分離し、下必殺ワザでファントムを召喚するようになった。自動で近くにいる相手を攻撃するが、飛び道具扱いのため、反射されたりむらびとにしまわれたりすることに注意。


SPECIALでも続投。
リンクは「ブレスオブザワイルド」仕様に変更されたが、桜井曰く『同作品のゼルダが戦闘向きでない。シリーズに合わせる必要はなくなった』とコメントし、神々のトライフォース(英訳版によれば神々のトライフォース2)仕様になった。なお、デザイン的には神々のトライフォースと2のデザインを混ぜたような物となっているため、日本版と英訳版で説明に違いが生まれているのだと思われる。
外見が大きく変わり、活発で幼いイメージに。最後の切り札は「光の弓矢」から「知恵のトライフォース」に変更された。さらに担当声優も神々のトライフォース2を演じた藤村歩に変更された。

ゼルダ無双でのゼルダ

王女


ゼルダ無双では主に細剣を使って戦うが、必殺技などで光の矢も使用する。
他にも、タクト、コピーロッド(要DLC)を使用して戦うこともできる。

特典として「スカイウォードソード」「時のオカリナ」「トワイライトプリンセス」「ブレスオブザワイルド(ハイラルオールスターズDXのみ)」のコスチュームに着せ替えることができるようになった。
3DSのハイラルオールスターズで新シナリオ『風のタクト編』が追加されたが、
リンクと共に異変に赴こうとした時にインパに止められてしまい、リンク、ラナと違ってメインキャラの中では唯一出番がない。
リンクとラナは現地で出会ったテトラと共闘するという、大人の事情を感じさせる展開となる。
またDLCで大地の汽笛のトゥーンゼルダが使用可能となり、こちらはファントムに憑依して戦う。

容姿

容姿は作品によって大きく異なるが、近年では金髪ロングヘアーという共通点が多く見受けられるようになってきた。服装もロングスカート着用が基本となっているが、ブレスオブザワイルドでは普段着がパンツルックになっている。

<
女神ハイリアゼルダの伝説(初代)蜃気楼城の戦い※初代版と同一人物
白き女神
初代ゼルダ姫を無理矢理美化してみたかった
蜃気楼城の戦い
神々のトライフォース時のオカリナ(子供)時のオカリナ(大人)
神々のトライフォースのゼルダ姫
ゼルダ姫
祝福があらんことを
ふしぎの木の実トゥーンレンタリング版4つの剣
ゼルダ姫
ゼルダ姫
★★★★ゼルダ姫@4つの剣
トワイライトプリンセススカイウォードソード(普段着)スカイウォードソード(巫女)
ゼルダ
ゼルダ
ゼルダの涙
神々のトライフォース2ブレスオブザワイルド(普段着)ブレスオブザワイルド(修行時)
ゼルダ姫
ああああああああああああああああああああああ!!!!ブレスオブザ
貴女の主がこの地を訪れるまで
ゼルダ無双
王女

担当声優

ゼルダ


トゥーンゼルダ


関連イラスト

神トラゼルダ姫
トワプリ


ゼルダ
ゼルダ様ペロペロペロぉ!!!!


女教皇のカード
きせかえちゃお。ゼルダ


スカイウォードソードッッ!!
パリーン!!



関連タグ

ゼルダの伝説 ゼルダ姫 シーク
 エルフ耳 知恵
ゼルダ(ゼルダの伝説)

ロビン・ウィリアムズ:『ゼルダの伝説』の大ファンであり、それが高じて娘に"ゼルダ"と名付けたほど。
シモン・ベルモンド大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALで共演したキャラクター。なんとなく容姿がゼルダに似ているためか、「成長したゼルダ」「ゼルダのお母さん」…等々、ネタが多い。
ゼルダ・セイヤー:名前の元ネタ。過去に宮本氏が発言済み。

関連記事

親記事

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ぜるだのでんせつのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼルダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20822740

コメント