ピクシブ百科事典

ゼルダ姫

ぜるだひめ

『ゼルダの伝説』シリーズに登場するハイラル王家の姫君。作品によって姿や役割などが異なっている。
目次[非表示]

概要

ゼルダの伝説』シリーズに登場するお姫様。通称「ゼルダ」。
※ただし下記するように「姫ではないゼルダ」もいる。

作品名になっているため、知らない人からは主人公だと勘違いされやすいが、主人公はリンク。 彼女の名前がタイトルとなっているがどの作品も必ずメインというわけではなく、ゼルダがヒロインの位置にいることもあれば、出番が少なかったり、名前だけの登場であったり、作中に全く登場しないこともある。
リンクと同じくゼルダ姫も多数存在し、基本的には作品ごとに異なる素性を持つ別人である。

ゼルダの伝説シリーズでのゼルダ

「知恵のトライフォース」を宿したハイラル王国の姫で、「予知能力に長けており、ハイラルの危機を予知する」という設定で登場することが多い。それ故に登場する作品では、彼女のトライフォースや能力を狙った悪役に狙われる役回りが非常に多い。
ただし、剣を扱ったり光の弓矢でリンクの援護をする等、戦闘している描写も度々登場する。

作品ごとに登場するゼルダ姫は同名ではあるものの殆どが生まれた時代の異なる別人である。
同名である理由は、女神ハイリアの生まれ変わりでありハイラル王国の始祖となった女性の名前が「ゼルダ」であり、各時代のハイラル王家が彼女にあやかって姫を名付けたためである。さらに、とある時代以降は、トライフォースを巡ってとある代の王家に起きた悲劇をきっかけとして、生まれてきた代々の姫にゼルダと名付けることを習わしとしている。

「ゼルダ」という名称は、『ゼルダの伝説』シリーズの略称として使われる場合も多いため、人物を指していることを明示する場合は「ゼルダ姫」と呼ばれることが多い。
『スカイウォードソード』のゼルダは一般人であり、姫ではないが、上記の事情から便宜上「ゼルダ姫」と呼ばれる。pixivのタグも同様である。

容姿

容姿は作品によって大きく異なるが、近年では金髪ロングヘアーという共通点が多く見受けられるようになってきた。服装もロングスカート着用が基本となっているが、ブレスオブザワイルドでは普段着がパンツルックになっている。また、ニンテンドーダイレクトで公開されたブレスオブザワイルド続編の映像では、ショートヘア姿を披露した。

女神ハイリアゼルダの伝説(初代)
白き女神
初代ゼルダ姫を無理矢理美化してみたかった
蜃気楼城の戦い※初代版と同一人物神々のトライフォース
蜃気楼城の戦い
神々のトライフォースのゼルダ姫
時のオカリナ(子供)/ムジュラの仮面時のオカリナ(大人)
ゼルダ姫
祝福があらんことを
ふしぎの木の実トゥーンレンタリング版
ゼルダ姫
4つの剣トワイライトプリンセス
★★★★ゼルダ姫@4つの剣
ゼルダ
スカイウォードソード(普段着)スカイウォードソード(巫女)
ゼルダ
ゼルダの涙
神々のトライフォース2ゼルダ無双
ゼルダ姫
王女
ブレスオブザワイルド(普段着)ブレスオブザワイルド(修行時)
ああああああああああああああああああああああ!!!!ブレスオブザ
貴女の主がこの地を訪れるまで
ブレスオブザワイルド(続編)【開発中】
ブレワイ続編ありがとう落書き

大乱闘スマッシュブラザーズでのゼルダ

シークこどもリンクガノンドロフと共に『DX』から参戦。

デザインは『DX』では『時のオカリナ』、『X』と『for』では『トワイライトプリンセス』に準拠しており、大人の風格を醸し出していた。

『DX』と『X』はシークと切り替えて闘うファイターで、下必殺ワザ「シークチェンジ」を使うことでシークに変身する。
スピードファイターのシークに対して、「動きは遅いが魔法で強化した攻撃で闘う」という対になる性能がつけられており、華奢な見た目に反してパワーファイターである。
パワーは無いがスピードがあり、攻めに優れ、1on1で真価を発揮するシークに対し、ゼルダはスピードは無いがパワーがあり、守りに優れ、大乱闘で真価を発揮するよう味付けがされている。
ロイ・キャンベル大佐曰く、ゼルダは魔法で攻撃力を強化し、一見か弱い攻撃でも骨までダメージが響くこともあるとの事。
『for』からはシークの独立に伴い、新たな下必殺ワザとして「ファントムアタック」が追加。『大地の汽笛』のファントムを召喚し、自動で近くにいる相手を攻撃する。
最後の切りふだは「光の弓矢」。ゼルダとシークでは、ダメージやベクトルなど細かい部分が異なる。

ゼルダ姫



SP』でも続投したがなんと神々のトライフォース』版が参戦。外見が大きく変わり、活発で幼いイメージになった。
桜井氏は「『ブレスオブザワイルド』のゼルダが戦闘向きではない。シリーズに合わせる必要はなくなった」とコメントしている。
英訳版では「A Link Between Worlds Style」と説明されている。デザイン的には『1』と『2』のデザインを混ぜたような物で、声優も『2』準拠になっているため、日本版と英訳版で説明に違いが生まれているのだと思われる。

『SP』では「知恵のトライフォース」に変更。一定のダメージを超えた相手をその場で撃墜する。

ゼルダ無双でのゼルダ




ゼルダ無双では主に細剣を使って戦うが、必殺技などで光の矢も使用する。
他にも、タクト、コピーロッド(要DLC)を使用して戦うこともできる。

特典として「スカイウォードソード」「時のオカリナ」「トワイライトプリンセス」「ブレスオブザワイルド(ハイラルオールスターズDXのみ)」のコスチュームに着せ替えることができるようになった。
3DSのハイラルオールスターズで新シナリオ『風のタクト編』が追加されたが、
リンクと共に異変に赴こうとした時にインパに止められてしまい、リンク、ラナと違ってメインキャラの中では唯一出番がない。
リンクとラナは現地で出会ったテトラと共闘するという、大人の事情を感じさせる展開となる。
またDLCで大地の汽笛のトゥーンゼルダが使用可能となり、こちらはファントムに憑依して戦う。難易度が辛口な上に何十回も戦い必要があるので解放まで少々手間が掛かる。

厄災の黙示録のゼルダ姫に関してはこちらを参照

漫画版でのゼルダ

田口順子のコミカライズ版では「神々のトライフォース」に登場。外見も性格もゲームとはまったく異なり、赤茶色の髪にワンピースとマリンに似ている。
リンクとはもともと知り合いであり、お城を抜け出しては遊びに来ていたようである。眠っているリンクの顔面にコッコを投げつけて起こすなどかなりのお転婆。アグニムが賢者の末裔たちを拉致していることをリンクに話し、自分もその一人であることを言おうとしたがおじさんが帰ってきたため話せなかった。序盤はゼルダ視点で物語が描かれるので出番は多いが、アグニムの手に落ちてからはエンディングまで出番がない。

かぢばあたるのコミカライズ版では、「夢をみる島」と「神々のトライフォース」で容姿が異なる。前者はマリンに似ており、後者は原作寄り。ちなみに発売されたのは夢をみる島の方が先。初登場時にはリンクをアグニムの手先と勘違いして攻撃するなど剣の心得がある描写がされた。
当初はリンクの助け方が荒っぽかったことから平手打ちをしたり、おじの死を悲しみ涙する姿を「すぐ泣く男子は信用できない」と言うなど、余り好意的ではなかった。ゼルダ姫との絡みは余りなく、リンクの態度は主従を意識したものとなっている。終盤ではクリスタルから解放された後、賢者の子孫たちと共にバックアップを務めた。この頃になると上記のような振る舞いはなくなり、ゲーム通りのイメージのキャラクターになっている。
リンクに対して最初は態度が悪いという部分はブレスオブザワイルドのゼルダと共通している。

姫川明版では、一貫して清楚華憐で意志の強い持ち主として描かれている。氏の作品は邪悪な敵でもコミカルに描かれたりするケースもあるのだが、ゼルダにはそういった要素のないキャラとなっている。
ただし、例外として『時のオカリナ』に登場する子供時代のゼルダは、城を抜け出して城下町を散歩するなど結構なお転婆として描かれている。リンクが「お金」という概念を知らず飲み食いしたため支払いに困っていたところ、店主たちに200ルピーを渡して助けたことで出会った。そのまま「ふつうの女の子」としてリンクと一緒に遊び回り、店員におだてられて大量に買い物したり、ボムチュウボウリングではリンクが「ゼルダ姫はすごいブスだったりして」と言ったためボムチュウを仕掛けて爆破したりした。夜になるとゲルド族に襲われたがリンクのおかげで撃退され、その間にインパに城まで連れ戻された。翌日、リンクは「ふつうの女の子」の正体を知ることとなる。
ガノンドロフの陰謀を打ち砕くことを承諾したリンクに対してほっぺにキスをするなど好意が窺えた。

著者の作品はオリジナル要素が強いため、元のゲームよりもリンクとの絡みが増えているのもある(ふしぎの木の実など)。
「四つの剣+」では、グフーがゼルダに化けているため「邪悪な顔をしたゼルダ」が描かれている。

担当声優

ゼルダ


トゥーンゼルダ


関連イラスト

神トラゼルダ姫
トワプリ


ゼルダ
ゼルダ様ペロペロペロぉ!!!!


女教皇のカード
きせかえちゃお。ゼルダ


センシティブな作品
パリーン!!



関連タグ

ゼルダの伝説 ゼルダ曖昧さ回避) シーク
 エルフ耳 知恵
ゼルダ(ゼルダの伝説)
ガノン憑依ゼルダ

スマブラガールズ

ロビン・ウィリアムズ:『ゼルダの伝説』の大ファンであり、それが高じて娘に"ゼルダ"と名付けたほど。
シモン・ベルモンド:『スマブラSP」で共演したキャラクター。なんとなく容姿がゼルダに似ているためか、「成長したゼルダ」「ゼルダのお母さん」…等々、ネタが多い。
ゼルダ・セイヤー:名前の元ネタ。過去に宮本氏が発言済み。

関連記事

親記事

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ぜるだのでんせつのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼルダ姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60943227

コメント