ピクシブ百科事典

ツインローバ

ついんろーば

ツインローバとは、任天堂のゲーム『ゼルダの伝説』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

『双生魔道師』の異名を持つ炎と氷の魔道師。



時のオカリナ』を中心に、ゼルダの伝説シリーズの複数作品に登場。
大魔王ガノンドロフの育ての親にして片腕でもあり、洗脳魔法や巨大化、さらには合体魔法を操り、で空を飛ぶ双子の魔女。ボスとしての登場も最終ボスの手前とかなりの強敵である。
おどろおどろしくもどこか陽気な曲調と二人の婆さんのコミカルな性格は特徴的。
ツインローバとしての登場は『時のオカリナ』のみだが、以降の作品においても、コウメとコタケをセットでこのように呼称することがある。

一説には育ての親だけにガノンドロフにとって唯一の頭が上がらない人とかなんとか。


おばば


左が炎を操るコウメ。右が氷を操るコタケ
戦闘になると炎の髪と氷の髪を露わにする。非戦闘時は判別がつきにくいが、前掛けとヘアバンドをよく見るとそれぞれに「コウメ」「コタケ」と書かれているのがわかる。

ビジンローバ


上の画像は、合体した時にのみ見られる美女形態。本人ら曰く「セクシーダイナマイツアタ~ック!」。
合体した分、一瞬にしてフィールドを極寒の世界や灼熱地獄に変えるなど恐ろしい魔力を持つ。


時のオカリナ

初登場。盗賊王ガノンドロフの乳母にして部下。
ナボールを拉致して7年間の間洗脳するなど、リンクの行く先々で暗躍する。
年齢はコタケ曰く400歳、コウメ曰く380歳。が、双子なのでコウメは20年サバを読んでいるようだ。操ったナボールとリンクを戦わせるなど、ろくな婆さんではない。

魂の神殿のボスステージで戦いを挑んでくるが、ちょっと前の部屋での小柄な婆さんから魔法の力で巨大化、ビッグババアとなる。一見すると意味なさそうな巨大化だが、おかげで炎や氷の矢が通用しない。
追い詰められると合体し、合体前の姿からは想像もつかない上述の美女へと変貌を遂げ、1体で2種類の魔法を繰り出しながら襲ってくる。

リンクに負けると合体が解けてしまい、頭の上に輪っかが登場。
年齢のサバ読みなどで目の前のリンクを無視してそのまま口喧嘩を始めてしまい、呆気にとられた彼の前で2人揃ってお迎えが来て、昇天してしまった。
ここまで亡者の群れなり数多の強敵を退けてきたプレイヤーとて流石に直後は開いた口が塞がらない。

ムジュラの仮面

ムジュラの仮面』にも登場。
前作のパラレルワールドである今作では、善良な民間人として登場し、沼地の奥で薬屋とボートクルーズを営んでいる。沼が綺麗になった後は射的ゲームをさせてくれるが当然撃つのは的であって婆さん撃たないように。ハートのかけらが手に入らないからって婆さん撃って八つ当たりしないように。
魔法使いである点も外見も名前も変わっていない。

風のタクト

直接の登場はないが、実はガノンドロフが最終決戦で使う双剣の名がコウメとコタケ
おばあちゃん愛してる。

ふしぎの木の実

『大地の章』『時空の章』それぞれのラスボスであったゴルゴンとベランの背後で暗躍していた黒幕。その目的はガノンの復活だった。
魔王の復活に人々の絶望や悲しみを捧げ、ゼルダ姫を生贄にガノンを復活させようとした済んでのところでリンクに阻止されるも、最期に自らの命を捧げて、とうとうガノンを蘇らせてしまう。
だが、聖なる生贄を捧げられず不完全な復活となったため、ガノンは知性を持たない凶暴な魔物と化してしまった。

一説には聖なる生贄ではなく、よこしまな腹黒い婆さんなんぞ生贄にした結果とされる。

任天堂公式ガイドブック「ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説大全」の『ガノンがかつてゲルドの盗賊ガノンドロフであったころの、育ての親。』という記述から、時のオカリナに登場したツインローバと同一人物だと思われる。時のオカリナで倒されて幽霊と化した際に「化けてでてやる」と発言していたので、お化けなのかもしれない。

大乱闘スマッシュブラザーズ_for_Nintendo_3DS

ゲルドの谷に登場。笑い声と共に現れて、地面を火の海にしたり氷漬けにしてしまう。
中に入ってしまうと脱出が困難になる。

名前の由来

双子(Twins)の老婆なのでツインローバ。ネーミングが単純である。

また、姉妹それぞれの名前は推理小説『金田一耕助』シリーズの一つ『八つ墓村』に登場する田治見小梅(たじみ こうめ)・小竹(こたけ)が元ネタと思われる。
(こちらも一卵性双生児の老姉妹である。)

関連タグ

ゼルダの伝説 ガノンドロフ ゲルド族 魔女 姉妹
時のオカリナ ムジュラの仮面 ふしぎの木の実

pixivに投稿された作品 pixivで「ツインローバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45191

コメント