ピクシブ百科事典

ダークリンク

だーくりんく

ゲーム『ゼルダの伝説』シリーズに登場する敵キャラクター。ここでは「シャドウリンク」も扱う。
目次[非表示]

概要

ダークリンクはゼルダの伝説シリーズでラスボスやボスなどとしてたびたび登場している、全身が黒くリンクと全く同じ姿形と戦闘能力を持つ、リンクの影から生まれた難敵である。
その容姿や設定や強さから敵キャラクターの中では比較的有名で人気が高い。


初出はディスクシステム『リンクの冒険』。名前は「シャドウリンク」(ハイラル百科より)。
大神殿最深部にて待ち受ける最後の試練(ラスボス)であり、リンクと全く同じ形と戦闘能力を持つリンクの影として立ちはだかる。外見も真っ黒なリンク。
その隙のない攻防の前に心をへし折られたプレイヤーも多いはず。

身体能力は基本的に本物のリンクよりも上のように描写されることが多い。
『神々のトライフォース&4つの剣』では本物のリンクには繰り出せない下突き(相手の真上にジャンプし、頭上から剣を突き下ろす技。リンクの冒険が初出)を繰り出してきたり、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』ではCPUレベルがかなり高めに設定されていたり、『時のオカリナ』では突きを繰り出した本物のリンクのマスターソードの上に軽々と飛び乗ったりする。

自分との戦い
リンク & ダークリンク


また、時のオカリナの描写では剣の上に乗られても本物のリンクが全くよろけていない点を鑑みるに、ダークリンクの体重はほとんど無いのではないかと推測される。

シリーズにおける出演

概要参照。プレイしたことのある人にとってはトラウマと感じるかも。

乱丸の漫画版ではゲーム通りの役回りで登場。リンクの悪い心が実体化した存在で、邪悪な顔つき色違いの服を着ていることを覗けばリンクと同じ。しかも一方がダメージを受ければもう一方もダメージを受けるという厄介な特性がある(勝った方が相手を吸収して完全回復する)。
「お前の動きは読めている。なぜならオレは、お前なのだからな!」と言い放ちリンクを圧倒する。
更にはこれまでの冒険でリンクの仲間たちが死んだことを告げ「今のハイラルにはおいぼれとガキばかりだ。これでもまだ守る物があるのか!? まだお前をささえる物があるというのか!?」とトラウマを刺激し「今のハイラルには征服者こそ必要なのだ!! トライフォースはオレがいただく」とリンクにトドメを刺そうとする。
しかしリンクの相棒のオウム「ワット」が命を懸けて助けたことで形勢逆転される。老人たちが築き、子供たちが受け継ぐ未来……仲間たちが命を懸けて守り抜いた物……そのためにリンクは戦うと奮起。
邪悪なリンクは一刀両断にされ、それでも不死身のため死ななかったが最早格付けは住んでおり、リンクから「消えろ!!」と怒鳴られたことで臆病な顔のまま消え去った。
リンクの中にある悪い心……それは、仲間のいない今のハイラルを守る必要があるのかという疑問と、トライフォースの力を我が物にしようとする独占欲だったのかもしれない。

みなづき由宇の漫画版では「ブラック・リンク」という名称で登場。ゲームと同じくラスボスを務める。リンクの悪い心を持った分身であり実力も互角。外見はゲームとは異なり、リンクと同じ容姿で服の色が違うだけ。台詞は一切ないが余裕ぶってニヤリと笑うなど感情はあるようだ。
当初はリンクの攻撃を完璧に捌いて反撃し、一気に優位に立つ。しかし何の迷いもなくリンクを殺そうとしたことから「相手を倒すために戦っている殺人マシンに過ぎない」と見抜かれる。それに気づいたリンクは、ゼルダ姫のためにという想いとハイラルの人々の願いを背に立ち向かう。
そして盾を破壊されたことでリンクの攻撃を捌けなくなり、最期は渾身の突きによって消滅した。

        自分自身に打ち勝つのよ!!
水の神殿の中ボスとして登場。みんなのトラウマ
攻撃力こそハート1/2個分と控えめだが、リンクと一定の間合いを保ち、マスターソードの攻撃に合わせて剣を振るうカウンター攻撃が主体でなかなか隙がない。
突き、ジャンプ斬りはカウンターされ、回転斬りはバク宙で完全に回避される。
初めは全身半透明だが徐々に濃くなり、比例して動きが激しくなるため、戦いが長引くとジリ貧になってしまう。

しかし、弱点はかなり多い。
“Z注目をしない”“盾を構えない”でダークリンクと肉薄(タテ斬り連打)しながら戦うのがコツ。
目に見えて攻撃が通るようになるため、マスターソードのみでも相当楽になる。突き攻撃が出ないのもミソ。
「タテ斬り→タテ斬り→ヨコ斬り」など、こちらの急な太刀筋の変化に対応できない事が多いので、意識して攻撃すると更に楽。

また、マスターソード以外の近接攻撃には対応できないため、メガトンハンマーならよりダメージを与えやすい。
ディンの炎も有効で、接近して発動すれば必中となる。中ボス部屋の手前で、魔力ビン大2本が確定で出ることがヒントになっている。
ダイゴロン刀を持っていれば、上記のような工夫をせずとも楽勝だろう。突きも無効化されない。
総括するとスタルフォス戦などで、Z注目や盾の重要性が染み付いたリンク(プレイヤー)ほど苦戦しやすい、正にアンチキャラと言える。

ちなみにヘビーブーツを装備すると、ダークリンクの動きも重くなるため、(かなり難しいが)フックショットで動きを止められるようになる。どちらも水の神殿絡みのアイテムなので、こちらの仕様を突いて攻略した方もいるのでは?
また、ハートの数(体力)もリンクと比例するため、ハート3つプレイならあっという間に倒せる。逆に多いとかなり時間がかかってしまう。

姫川明のコミカライズ版では、カカリコ村にて対決。人の姿を取る魔物であり、リンクを狙って村に潜み、井戸の底から出現すると「自分自身にやられるがいい!」とリンクに襲い掛かる。最初はリンクを苦戦させるが、インパから「そいつは今のお前のコピーだ」とアドバイスをされたことで逆転される。そこで馬を生み出して騎馬戦を挑むも、エポナの助力を得たリンクには及ばず「自分自身を乗り越える」形で倒された。
動きはゲーム版準拠で、「剣の上に飛び乗る」といったアクションが描かれた。
…あとコイツが井戸の底から現れたせいで、ボンゴボンゴがボスキャラで唯一出番がなかった。ボンゴボンゴ涙目。
時空の章において、ラスボス「ベラン」が召喚するザコ敵として4体登場。
リンクの動きに連動して、鏡のように逆の動き方をする。倒すと必ずハートを落とすありがたい存在。
4つの剣をクリアすると神トラに現れる隠しダンジョン、「4つの剣の神殿」のボスとして登場。
名前はニセリンクで、緑・赤・青・紫の4体のニセリンクと連戦することになる。
神トラの剣術はもちろん、後半のニセリンクになるとGBA版で追加された大回転斬りや4つの剣でのみ使える下突きなど、特別な剣術も織り交ぜてくる強敵。
敵キャラとしてではないが、精霊ラネールに見せられる創世神話の幻影(ムービー)内に登場
リンクの影というキャラクターが登場しているわけではなく、悪しき心を持った人間たちのイメージとしてダークリンクの姿が使われている。
因みに当シーンは、見る人によってはゼルダシリーズ史上最恐とも言われる程の強烈なホラーシーンであり、
ナイフを持ちながらおかしな挙動をするイリヤや白目で苦しみ叫ぶリンクなどの描写が、
ホラー演出に耐性が無いプレイヤーの精神を蝕んで来るので要注意。
ガノンが闇の鏡から召喚したリンクの分身として、シャドウリンクが登場。
鏡から無尽蔵に生み出されており、リンク達の行く先々にたくさん現れて邪魔をしてくる中ボスキャラ。
HPは行動によって変わっており、行動後に逃げるタイプはザコ敵であり、HPが4しかなく一発で倒せる。
中ボス系で倒すタイプは色が変化しない子分型はHPが12。色が変化する親玉型はHPが30もあって高め。
バトルモードのシャドウバトルでは、本物のリンクに代わりプレイヤーキャラクターとして使える。

姫川明のコミカライズ版では、敵側の主要キャラクターとして登場。ガノンが闇の鏡から生み出した「闇の世界のリンクの写し身」。リンクの影のため光を忌み嫌い、リンクを敵視している。一方で「仲間」というものを欲しており、自分と最も近しい性格をしているとして紫(ヴィオ)を仲間に引き入れようとした。
風の魔人グフーの封印を確かめに行こうとしていたゼルダ姫と巫女たちを拉致すると、魔物の軍全を引き連れて「主役交代だ!」と歓喜の叫びをあげてハイラル城を陥落させた。城の人間たちは闇の世界へと引き込み、呪縛によって光の世界には出て来れないように縛り付けた。この際、リンクの父親も騙し討ちで闇の世界に転送させている。
リンクたちの行く先々で妨害工作を行い、4人のリンクを孤立させてから前述の通り紫を仲間に勧誘する。そして紫を緑と対決させ、本当に仲間になったのかを見極めようとした。紫が緑を斬ったと思ったことで親友として扱うようになり、グフーの背後に潜むガノンの存在や、自身が闇の鏡から生まれたことを教えてしまう。実はこれは紫の策略で、緑は当身をされただけで生きていた。紫に鏡を壊されそうになったが小男の乱入によって騒動となり、シャドウリンクは騙されていたことを知る。紫を処刑しようとしたが、3人のリンク達によって阻止されてしまう。最後は4人のリンクが放ったフォーソードの力によって消滅した。
しかし、リンクたちがグフーと死闘を演じている最中、ガノンによって復活させられる。もう光のある場所には行きたくないと望むが、ガノンによって戦うことを強要される。そこへ居合わせたゼルダ姫から「貴方もリンク、勇者の一人なのですよ」と声を掛けられ、少なからず心を揺さぶられる(ゼルダ姫に対しては前々から「囲っていたい」という想いを持っていた)。だがゼルダ姫はガノンの手下である暗黒の雲に連れ去られ、シャドウリンクは一人取り残されることとなった。
リンクたちがグフーに苦戦する中、シャドウリンクは自らの手で闇の鏡を割ることでグフーの力の供給源を断ち、道連れにする形で消滅させた。「影はいつも後ろから追いかけるだけ。だから振り向いてもらいたかった」という想いを告げ、リンクたちから「仲間」として認められた。光に憧れた影は影にあらず。最後はリンクの姿となって、光となり消えていった。シャドウリンクが悪事を働いたのは、リンクたちに振り向いてもらいたかったという想いの裏返しだったのかもしれない。
エンディングでは、フォーソードを封印して一人に戻ったリンクの「影」がサムズアップしながら笑っているシーンが描かれている。
巻末のオマケ漫画では、光が嫌いなので外に出ず引きこもりとなっていたことが判明する。暇なので日記を書き始めたが、引きこもりなので描くことがなく、「カノジョとデーマパークでデートする」など願望日記になってしまった。

エネミーアタックにて最終ボスとしてあらわれる。名前はブラックリンク。
剣だけでなく、弓矢やバクダンなどリンクのおなじみアイテムも使ってくる。
シャドウリンクという名称で登場。今作は敵キャラとしてではなく、すれちがい通信で現れる他プレイヤーの分身として出現する。
カカリコ村のすれちがいじいさんに話しかけてすれちがい通信の設定を行った後、すれ違う度にハイラルの各地に出現。
フィールドにいるシャドウリンクに話しかけた後、専用のフィールドに移動しバトルすることになる。もちろん負けてもゲームオーバーにはならない。
またシャドウリンクの強さはすれ違ったプレイヤーの装備に依存する。
黒の魔女シアがリンクの心の隙をついて生み出した存在として登場。
マスターソードを手にしたことで慢心していたリンクを誘き出し、無数のダークリンクを生み出させた。一転して窮地に降りいるリンクだが、仲間たちが救援に駆けつけたのを見て「自分の力など仲間との力の前にはちっぽけもの」と改めたことで弱さを乗り越える。これによりダークリンクはすべて消滅した。
アドベンチャーモードで戦うダークリンクには、攻撃を受けても怯まないという厄介な特性が付いた個体もおり非常に手強い。
DLCでリンクのコスチュームチェンジとしてプレイも可能。
シャドウリンクという名称で登場。
魔窟の最深部で戦う隠しボスとして、3体のシャドウリンクが同時に登場。
3体ともリンクが使う強化アイテムをランダムで所持しており、体力は個別になっている。
ちなみに、戦闘BGMはリンクの冒険におけるシャドウリンク戦のアレンジ。
マモノショップになりきり用の装備が売っている。魔物素材との交換で手に入る専用通貨が必要。
一式身に着けると夜だけ移動速度がかなり速くなり、モブキャラに近づくと怖がられる。
ただし強化ができないので戦闘には向かない。
なお、髪型が時のオカリナ仕様になっていることから単にブレスオブザワイルドのリンクのダーク版ではなく時のオカリナのダークリンクを意識しているようだ。
シャドウリンクという名前で登場。
「リンク【夢をみる島】」のamiiboを読み込むとダンペイからシャドウリンクの+チップがもらえ、パネルダンジョンでこれをセットした部屋に出現する。
他シリーズの例に漏れない強敵だが、回転斬りを繰り出した直後が隙だらけになるという弱点がある。
倒すと大量のルピーを落とす。

スマブラシリーズにおける出演

大乱闘スマッシュブラザーズDXでは時オカリンクを真っ黒にした姿がイベント戦のCOM専用キャラとして出現するほか、トワイライトプリンセスのダークリンクと同じ姿で大乱闘スマッシュブラザーズXにもリンクの黒カラーとして登場していたり、イベント戦でリンクと一対一で戦ったりもする。


容姿

殆どのダークリンクは真っ黒である。
時のオカリナでは完全に黒かったが、トワイライトプリンセス以降のデザインでは目が赤く銀髪にされることが多い。(おそらく、黒単色だとのっぺりして立体感が薄れるからか)
pixivでは褐色または色白の肌、装備にも色が付いて描かれることが多い。

関連タグ

任天堂 ゼルダの伝説 リンク スマッシュブラザーズ

暗黒面
ドッペルゲンガー

シャドーカービィ ダークメタナイト ダークサムス ブラックピット ブラックデデデ……任天堂ダークキャラの系譜(ある意味後輩?)

関連イラスト

game over


『ゼルダの伝説 時のオカリナ』
ダークリンク

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダークリンク」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ダークリンク」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3635089

コメント