ピクシブ百科事典

ドッペルゲンガー

どっぺるげんがー

霊的現象の一つで、自分自身と全く同じ姿をした者がもうひとり存在しているというもの。
目次[非表示]

ドッペルゲンガーとは、

  1. 自分と同じ姿をした者がもうひとり存在する事。
  2. 他人の空似を大げさに言ったもの。ほぼカップやきそば現象と同意義。
  3. BMS楽曲。こちらに関してはDoppelgangerを参照の事。

ここでは1について説明する。

概要

ドッペルゲンガーと言う名称は「二重に歩む者」を意味するドイツ語Doppelgängerに由来する。医学の世界ではAutoscopy(自己像幻視)と呼称する。
江戸時代の日本では同様の現象を「影の病」「影患い」と呼んだ。

ドッペルゲンガーは主に本人に何らかの関わりがある場所に出現する事が多く、また、基本的に周囲の人間と会話をしないと言われている。
また、「自分のドッペルゲンガーに出会うと死ぬ」とも言われており、実際に過去の著名人(例:アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーン、日本の小説家芥川龍之介、ロシア皇帝エカテリーナ2世…等)が自身のドッペルゲンガーを見たと言う記録も残されている。

しかしこれらの人物は目撃した際、精神的に不安定な状態であったという。よって、ドッペルゲンガーはただの幻覚、もしくは思い込みにすぎないのかもしれない。

対処法

もし、自分のドッペルゲンガーと遭遇してしまった場合、とにかく何でもいいので罵倒すれば良いとされている。

注意

医学的にはこれを見るという事はの認識系の異常を示し、自身を他者と誤認するなどの物理的疾患を示しているとされ、見た者は早期に診察を受けたほうが良いともされる。要は病気の疑いがあるので、病を放置するという意味で「出会うと死ぬ」というのもある意味うなずける話なのかもしれない。


フィクション作品におけるドッペルゲンガー

フィクション作品にもたびたび登場する。
何らかの理由でオリジナルから分裂した存在だったり、オリジナルをコピーした存在だったりなど、作品によって設定は様々。
中には自分の意思でドッペルゲンガーを生み出し、分身(影分身)のように使うものもいる。

ドッペルゲンガーの登場する作品の例


関連イラスト

たそがれエクソダス
イツモ ミテイタ


イメレスのネタとして使われる場合もある。

何と初登場、森田一義




関連タグ

 オカルト 分身
キャラかぶり 同一CP
ゲンガー
ゲッペルドンガー

VOCALOIDオリジナル曲

同名の曲が複数存在する。
ひとつはかみかくPによるKAITOオリジナル曲。
ひとつはオセロPによる初音ミクオリジナル曲。
pixivには曲イメージが投稿されている。

関連イラスト

ドッペルゲンガー


外部リンク(ニコニコ動画)

かみかくP
オセロP

関連記事

親記事

オカルト おかると

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドッペルゲンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2545726

コメント