ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ポップスタープププランド上空に存在する、映し出された願いを実現させるといわれる大型の丸鏡。また、鏡の国内部への入口であり、さらに鏡の国の中心にある「セントラルサークル」から中枢へと繋がる門にもこれが使われている。
本来ならば願いを実現させる機能自体はニュートラルなものだったが、ある時を境に災厄をもたらす悪夢の産物と化す。
作中ではメタナイトがその異変を探ったものの、この鏡によって生み出されたダークメタナイトによって逆に鏡へと取り込まれてしまう。

その原因はダークマインド。この者は鏡の国を悪意で満たすために、鏡の機能を「悪意のみ反映する」よう作り変えていたのである。すなわちダークメタナイトとはメタナイトの心の影であり、既に作り変えられていた鏡の前に立った時点で悪夢が生み出されることは確定していたようだ。
カービィからもシャドーカービィが生み出されたが、こちらは奇跡的にカービィがあまりにも裏表の無さ過ぎる性格だったことで、生み出されたシャドーカービィも相応の悪意しか持っておらず、脅威には全くならなかったばかりか、ダークマインド打倒への一翼を担い、のちに鏡の国を守る役割を持つことになる。
また、ダークメタナイトによってカービィが4人に分割・増殖した件も含めて、カービィはダークマインドにとっての天敵だったと言える。

後の作品への影響

ダークマインドは敗れ去ったが、『トリプルデラックス』で再びこの鏡は事件を引き起こす。同じくプププランド上空に存在していたフロラルドタランザが、クィン・セクトニアのためにこの鏡を献上。
しかし、歪められた鏡の機能はそのままだったらしく、結果としてセクトニアの豹変・暴走という、タランザにとっては取り返しのつかない事態へと向かっていく。
同じくデデデ大王からもブラックデデデが生み出されたものの、デデデ大王は対決に勝利。彼のハンマーによって鏡は破壊された。
ちなみにダークメタナイトもこの際に再び「ダークメタナイト リベンジ」として再登場。ダークマインドが倒されればどうにかなる類のものではないようだ。

関連タグ

鏡の大迷宮

関連記事

親記事

鏡の大迷宮 かがみのだいめいきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ディメンションミラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2467

コメント