ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※記事内容全体がネタバレを含んでいる為、閲覧注意

概要

始まりも終わりもない永遠に向けて、人は夢のない安寧の一生を過ごす。
されど神の視線の届かない所で、誰かが夢に飢えているのだ。
人には人の誇りがある。我々は神に選ばれし者から零れ落ちた残滓ではない。

 『鉄と血で畑を耕せ』 ——カーンルイアの国是

500年前に滅亡した国。その存在こそ現在でも知られているが詳細が記述文献などは残っておらず、何があったのか、そして何が起こったのかは謎に包まれている。

「インテイワット」なる固有の草花が国花になっていた事は語られており、カーンルイアの土壌から離すと化石のように固まり長期保存が出来る特色があった。

  • その真実と考察
カーンルイアは他の七国とは違い、神ではなく人類によって建てられた強大な国だった。そこに住まう人々はその輝かしい繁栄と文明に誇りを持っていた。
彼らは大戦を開始し、大陸は乱れたが、カーンルイアに神々が降臨して全てを滅ぼした。

この神々というのは七神のことを指しているのかは不明。ただし、とある公式ムービーにおいて天理の調停者が手繰る謎の物質がカーンルイアを覆っていた為、彼女が関わっていることはほぼ確定といっていいだろう。
また、結果だけ見ればカーンルイアは神々によって滅ぼされた悲劇の国のように思えるが、他国に大戦を仕掛け人々を虐殺し、土地を強奪したのがカーンルイアでもある。

  • 遺跡守衛=耕運機
現在は「遺跡守衛」と呼ばれるエネミーだが、学者たちによると古代文明と遺跡守衛は同源ではないという。テイワット各地にある古代遺跡は、遺跡守衛よりも数千年は昔の古代文明のものであり、時代が大幅に異なるという謎があった。
実は、ストーリを進めていくと、このエネミーは実はカーンルイアが運用したものであり、その用途は防衛用ではなく殺人兵器だったことがわかる。当時は『耕運機』というコードネームで呼ばれ、人間を殺戮してその土地を奪うための兵器として使われていた。
その殺戮兵器が今も大陸の至るところにあるということは、大勢の人々がその犠牲になっていたことを意味する。

  • 簒奪国家
その国是とは『土地とは農具で耕すものではなく鉄と血で簒奪するもの』というもの。自国の発展のために他国から土地を奪い、人々に血を流させてきた生粋の略奪民族であることを意味する。

  • 錬金術
錬金術で発展したカーンルイアだが、その錬金術によって禁忌に触れ、世界に災厄をもたらした。
カーンルイアが破滅した後も、その力で生み出された「海に関係する怪物」が璃月を襲ったという数々の伝説が残されている。また、本来は争いを好まないモンドの竜「ドゥリン」は、カーンルイアの技術でモンドを害する毒竜と成りはてた。

以上のことから、高い技術力を持つと同時に、血生臭い歴史を持った侵略国家であったことが推察される。
特にタルタリヤの伝説任務をクリアした旅人であれば、カーンルイアがテイワット大陸においてどれだけ危険かつ異常な技術と思想を持っていたかは容易に察せられるだろう。
この為、カーンルイアとそれを滅ぼした神々のどちらが悪となるのかは現在はっきりしていない。


関連タグ

原神
テイワット





現状、カーンルイア滅亡の真相を知る者は、生き残りが魔物に変異したアビス教団、教団の「姫/王子」である/、彼らを追うダインスレイヴなど、何らかの形で現代まで生きている「生き証人」か、風神バルバトスウェンティ岩神モラクス鍾離たち神のみとなっている。

しかし、Ver1.5で追加された鍾離の伝説任務第二章ラストで主人公がそのことを聞こうとしたが、「契約により話すことができない(要約)」と断られてしまう。例え友と思っている主人公であっても契約の神である以上、鍾離に契約を破ることはできなかった(主人公もこうなるだろうと予想していたのでショックは受けなかった)。

いったい誰がモラクスに口止めの契約をしたのか、滅亡の真相そのものも含めて謎は深まるばかりとなっている。

また、直接言及されたわけではないものの、雷神の片方がこの対戦で戦死し、代変わりしたことが仄めかされている。

モチーフ国は明かされていないものの、
鉄と血で畑を耕せ』 ——カーンルイアの国是
鉄血政策を彷彿とさせることから、ドイツなのではないかと言われている。




その目的

まるで不明な彼らの行動だが、多くの情報を整理すると目的がぼんやりと見えてくる。

  • 天空の神が住む島「セレスティア」。この世界の神の目を持つ英雄「原神」が死後行きつくところ。漫画版「セレベンツ」では言及されゲームにも存在するが、メインストーリーでは未だ名前すら出てきておらず、カーンルイア以上に謎が多いとされている。

  • およそ数千年前のテイワットには、「空からの啓示」によって栄えた古代文明があった(○祭りの冠シリーズテキスト)。現在テイワットに残る古代遺跡や秘境は、これら数千年前の古代文明のものだと学者たちは分析している。この「空からの啓示」による恩恵は、天空の島「セレスティア」からもたらされたものと考えられる。(前述のとおり、古代遺跡と遺跡守衛=耕運機は同源ではなく年代に数千年以上の隔たりがある)

  • ドラゴンスパイン遺跡の壁画を見ると、この空に浮かぶ島=セレスティアを信仰していた痕跡が見られる。

  • ドラゴンスパインにある「遺跡守衛=耕運機」の暗号を解読すると「For the nation, We can't forgo this skyborne power, but we failed.(この空に浮かぶ力(=セレスティアの力?)は国にとって必要だったが失敗した)」となる。すなわち、カーンルイアは古代文明の祭事を発掘し「セレスティアの力」の恩恵を手に入れようとしたが、何者か(=神?)に返り討ちにあったと推察できる。

  • 時は下り現代、カーンルイアの残党であるアビス教団は、モンドに執拗に攻勢を仕掛けている。そして、モンド城にあるバルバトス像には、「THE GATEWAY OF CELESTIA(セレスティアへの扉)」と刻まれているのだ。

  • ダインスレイヴやガイアらのカーンルイア出身者は瞳に星のマーク(◆)を持つが、何故かモナディルックなどのモンドキャラクターや、パイモンにも同じ意匠が見られる。また、モンドを象徴する紋章にもこの星のマークが使われている。


つまり、アビスとなっても彼らの目的は一貫して…

余談

カーンルイアの語源はヘブライ語で「鍛冶屋」・「鋳造者」を意味し、また、アダムイヴの長男で、世界で最初の殺人を行った人物である「Cain(カイン)」である。また、カインの子孫はあまりの傲慢さに神の怒りを買い、Teyvat Norh(ノアの方舟)の大洪水にて滅亡した。

関連記事

親記事

テイワット ていわっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カーンルイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27753

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました