ピクシブ百科事典

カーンルイア

かーんるいあ

オープンワールドRPG「原神」に登場する国。 500年前に滅亡した謎多き地。

※記事内容全体がネタバレを含んでいる為、閲覧注意

概要

始まりも終わりもない永遠に向けて、人は夢のない安寧の一生を過ごす。
されど神の視線の届かない所で、誰かが夢に飢えているのだ。
人には人の誇りがある。我々は神に選ばれし者から零れ落ちた残滓ではない。

 『鉄と血で畑を耕せ』 ——カーンルイアの国是

500年前に滅亡した国。その存在こそ現在でも知られているが詳細が記述文献などは残っておらず、何があったのか、そして何が起こったのかは謎に包まれている。

  • その真実と考察
カーンルイアは他の七国とは違い、神ではなく人類によって建てられた強大な国だった。そこに住まう人々はその輝かしい繁栄と文明に誇りを持っていた。
しかし、ある日突如としてカーンルイアに神々が降臨し、全てを滅ぼした。
この神々というのは七神のことを指しているのかは不明。ただし、とある公式ムービーにおいて天理の調停者が手繰る謎の物質がカーンルイアを覆っていた為、彼女が関わっていることはほぼ確定といっていいだろう。
また、これだけ聞くとカーンルイアはいきなり神々によって滅ぼされた悲劇の国のように思えるが、この国はあの遺跡守衛などの機械系エネミーを生み出すほどの非常に高い技術を持ったことが判明している。更にこの機械系エネミーは防衛用ではなく当時は「耕運機」というコードネームで呼ばれ、人間を殺戮してその土地を奪うための兵器として開発されていたもの。
その国是とは「土地とは農具で耕すものではなく鉄と血で簒奪するもの」というものであり、技術力の高さも相まってかなり血生臭い歴史を持った侵略国家であったことが推察される。
特にタルタリヤの伝説任務をクリアした旅人であれば、カーンルイアがテイワット大陸においてどれだけ危険かつ異常な技術と思想を持っていたかは容易に察せられるだろう。
この為、カーンルイアとそれを滅ぼした神々のどちらが悪となるのかは現在はっきりしていない。

関連タグ

原神
テイワット

























現状、カーンルイア滅亡の真相を知る者は、生き残りが魔物に変異したアビス教団、教団の「姫/王子」である/、彼らを追うダインスレイヴなど、何らかの形で現代まで生きている「生き証人」か、風神バルバトスウェンティ岩神モラクス鍾離たち神のみとなっている。
しかし、Ver1.5で追加された鍾離の伝説任務第二章ラストで主人公がそのことを聞こうとしたが、「契約により話すことができない(要約)」と断られてしまう。例え友と思っている主人公であっても契約の神である以上、鍾離に契約を破ることはできなかった(主人公もこうなるだろうと予想していたのでショックは受けなかった)。

いったい誰がモラクスに口止めの契約をしたのか、滅亡の真相そのものも含めて謎は深まるばかりとなっている。

関連記事

親記事

テイワット ていわっと

兄弟記事

コメント