ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

原神に登場するフィールドエネミー(雑魚敵)。
テイワットの人類文明と敵対する魔物たちの勢力「アビス教団」に所属する魔術師。
その名の通り攻防両面で強力な元素使いであるほか、指揮能力も持ち合わせており、
ヒルチャールの言葉を理解し彼らを従え、世界各地の争いに加担している。

リリース当初は炎・水・氷の3タイプが存在。Ver2.0の稲妻マップ追加に伴って雷タイプが追加されている。


攻略時のコツ・注意点

彼ら自身の元素属性に対応した強力なシールドで守りを固めて浮遊したりワープしながら、元素攻撃を繰り出す。
このシールドを破壊しない限りプレイヤー側のほぼ全ての攻撃が通らない。シールドは物理攻撃に対しては強力無比な防御効果を誇るが、元素攻撃、特に弱点となる元素を叩き込めばそれほど苦労せずに破壊できる。特に弓キャラの狙い撃ちフルチャージ時の元素攻撃はシールド削りの効果が高い(ただし、近接戦闘で狙い撃ちは至難の業であるため、大概は相手が気付く前に離れた場所から一発撃ちこむことになるだろう)。

シールドを破壊してしまえばダウンして一切の攻撃が出来なくなるのでこちらのもの。ダウンが解除されると周囲に元素力を展開しシールドを張り直そうとするので、その前に最大火力を叩き込むか重撃で吹き飛ばすなど、シールドの再展開を阻止しながら押し切ると良い。

彼らの元素攻撃は厄介なものが多いが、特に水タイプ(水アビス)の追尾シャボン玉攻撃はヘイトのかなり凄いみんなのトラウマ
シャボン玉は何らかの攻撃を当てれば割ることができるが(飛び道具系が安全)食らうとダメージとともに拘束状態となる。
シャボン玉から逃げ切れずに何度も何度も拘束されるのはよくある話。

余談

  • 単騎で出てくる分にはそこまで問題にはならないのだが、元素弓ヒルチャールや元素属性違いのアビスの魔術師が同時に出現した場合、引き起こされる元素反応で火力も攻略難易度も爆発的に跳ね上がる。パーティの元素攻撃の強さを考え、速攻で落とせる敵から各個撃破を心がけよう。
  • 風・岩元素による攻撃はそれぞれの弱点元素には遠く及ばないが、全てのタイプのシールドを削ることが出来るため、いずれかの元素使いをパーティに1人入れておくだけで突然の戦闘でも楽に対応できる。なお、同じノリでファデュイ先遣隊に戦いを挑むと痛い目を見るので注意が必要。あちらはダメージが完全カットされる事こそ無いが、強化ゲージ削りは弱点元素以外はほぼ通らない。
  • イベント中は流暢に人語を操るが、戦闘中は独特の言葉を放つ。特に一部の言葉はハンバーガーを食べたくなるようにしか聞こえない。
  • クレーが言うには「もふもふ」らしい(伝説任務で「もふもふさん」と言っている)。
  • Ver1.3アップデート~海灯祭終了までの間(2021/2/3~2/28)、極稀にではあるが、ダウンから回復してもシールドを張らずに行動する事があった。アビスの魔術師は海灯祭内でのタワーディフェンスイベント「機関棋譚」でも敵として登場し、この際にシールドの再展開なしで行動していたので、この挙動が通常マップの個体にも適用されたバグの可能性もある。
  • 彼らの元素シールドは弱点元素で容易く削られるが、環境による元素付与でもシールド削りが発生し、勝手にダウンしている事がある。そうそう条件が揃うものでもないので、勝手に解けていたらラッキーくらいに思っておくと良いかもしれない。
    • 炎タイプなら水元素に弱いため、水辺に足を踏み入れる(水の上にワープする)、雨に打たれる(雷雨なら確実、普通の雨では削り切られない場合あり)などでシールドが削られて行きダウンする。水辺の近くで戦っていたら水上にワープ→シールドが解けて落下→溺れて自滅、などという事も稀にだがある。
    • 氷タイプの場合は炎に弱く、燃える草むらの上にいると凄まじい勢いでシールドが削れあっという間に無力化される。しかし燃える草むらが足元にある=火種がある=大抵の場合はこちらが炎キャラを使っている、という事になるので、シールドを割ったのが自分の攻撃か草むらの炎かを見分けるのは困難である。
    • 水タイプの弱点は雷元素になるのだが、雷に打たれたり電気水晶に近づくことは極めて稀である。
    • 雷タイプの弱点は氷元素。霧氷花が側にあれば偶然削られる事もあるが、これも滅多に起こることではない。水タイプと雷タイプのシールドが自然に割れる所を見たなら話のネタに出来るレベルだろう。


関連タグ

原神 ヒルチャール












??or???……上司





















これより先、重大なネタバレ注意!



























Ver.1.4にて追加された魔神任務において、アビスの魔術師は皆元々はカーンルイアの民だったことが判明した。
500年前にカーンルイアが滅亡してから遺民達は次々に歪んでいき、化け物になった事が主人公のから語られた。なぜそのような事が起こってしまったのかについては今のところ不明。

彼らを怪物へと変じてしまった悲劇の存在と重く受け止めその上で戦うか、経緯はどうあれ今を生きる多くの民を危険に晒す存在である事には変わりないと躊躇なく刃を向けるか。今後も彼らとの衝突自体は(物語の上でも、普段の戦闘でも)避けられないため、彼らを知った上でどう向き合うかは旅人諸氏の心次第となる。

関連記事

親記事

アビス教団 あびすきょうだん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アビスの魔術師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107178

コメント