ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

miHoYo

みほよ

中華人民共和国のゲームメーカー。代表作は「崩壊」シリーズおよび「原神」。日本のオタク文化への造詣と敬愛が深い。
目次 [非表示]

概要

中華人民共和国上海市に本社を置くゲーム開発企業。

理事長劉偉
設立2012年2月13日
本社上海市

※それまでは蔡浩宇が理事長、劉偉が社長、羅宇浩が副社長だったが、2023年9月15日にトップ交代し、蔡浩宇に入れ替わる形で劉偉が理事長に就任した。


  • 運営状況
    • ユーザーへの配慮の高さ・対応の迅速さでも知られ、日本の大手メーカーとも遜色ないほどにユーザーファーストを貫いている。

  • オタク文化
    • 日本のオタク文化に対し、強い関心と造詣、そしてリスペクトを抱いた企業で、制作したアプリケーションにその濃度の高さを窺える。社訓は『TECH OTAKUS Save the World』(技術オタクは世界を救う)。
    • 一方で、オタク文化への敬愛が深過ぎるせいか、稀にプレイヤーでも軽く引くようなネタをブッ込んでくることがあり、特に初作である『崩壊学園』ではそうした側面が強く出ている。
    • 特に『新世紀エヴァンゲリオン』には多大な影響を受けており、各所へリスペクトを感じる要素が散見され、2021年には念願のコラボイベントも実現させた。
    • 日本のライトノベル、特にSF関連作品のような濃密な世界設定を持つ作品を手掛けており、ゲーム中では語りつくせない膨大な裏設定を背景に隠している。
    • 崩壊3rd』以降は3DCGによるアクションRPGの開発に注いでおり、当該作品の開発で得られたノウハウを『原神』にも多数導入している。

沿革

  • 2011年
    • IT分野を専攻していた3人の上海交通大学院生蔡浩宇劉偉羅雨浩によって、日本のオタク文化を取り入れたモバイルゲームを制作するために立ち上げられた。
    • 同年10月、処女作であるゲーム『Fly Me 2 The Moon』が発布される。
  • 2012年10月
    • 「崩壊シリーズ」の最初の作品『崩壊学園』が配信開始。(日本でいう『崩壊学園』と異なっているため注意が必要)
  • 2014年1月
    • シューティングゲーム『崩壊学園2』が配信開始(日本国内で呼ばれている『崩壊学園』は一般的にこの『2』を指している)
  • 2015年2月
    • 日本法人を立ち上げ、同年3月には『崩壊学園』が配信開始。
  • 2016年10月
    • 「崩壊シリーズ」第三作目である3Dアクションゲーム崩壊3rd』が配信開始
  • 2017年2月
    • 『崩壊3rd』の日本語版が配信開始
    • 同年、miHoYoはとある3Dゲームを開発していたが、開発理念にそぐわなかったため途中で断念したとされている。
  • 2019年
    • 初の家庭用ゲーム機市場への参入を表明、第1弾タイトルとしてPlayStation 4用ソフト『原神』を発表。
  • 2020年
    • miHoYoは2019年(1390人)から社員数を1000人以上増やし、約2400人の社員数となった。
    • 同年9月、原神』が配信開始
      • bilibili動画での公式インタビューにて『崩壊』シリーズと『原神』は同じ幹にある違う枝であることが明言された。日本でいうならここ、アメリカでいうならここと同様の世界設定を採用していることになる。
      • さらに『崩壊3rd』ver.4.9にて「崩壊3rd×原神」という社内コラボキャンペーンが実現した。
  • 2021年12月
    • 運営・販売業務の主体をシンガポール支社"COGNOSPHERE PTE. LTD."に移管。
  • 2022年2月
    • 業務の拡張および世界展開を目的に『HoYoverse』ブランドを立ち上げ転身。これにより各支社での開発が自由に行える土台が整うこととなった。
      • さらにこの体制整備で、中国でのゲーム規制が強化され上海の開発本部の身動きが取れなくなったとしても企業自体の活動には支障が出にくくなると思われる。
  • 2021年
    • 「崩壊:スターレイル」と「Project X」を発表。後者のプロジェクト名は仮名で、後に「ゼンレスゾーンゼロ」という正式名称で発表されている。
  • 2022年4月
    • 上海市のロックダウンにより本社の全員が長期間在宅勤務となる。これにより原神のアップデートが延期された。
  • 2023年4月

制作

崩壊シリーズ

未知の大災害「崩壊」と人類の、互いの存亡をかけた戦いを描く壮大なSF作品群。

シリーズの総括は専用記事を参照。


崩壊学園

miHoYoの記念すべきデビュー作。なお、日本で一般的に「崩壊学園」と呼ばれているもの(本項目のタイトルリンク先にあるもの)はこれの次作である「崩壊学園2」のことを指している。

ベルトスクロール式アクションで、3頭身のプチキャラたちを操作しステージをクリアしていく。


崩壊3rd

みんな、みんな、愛してる。

『学園』の世界をリファインしたmiHoYoの出世作であり、当社の主力ゲームSFサイド。

箱庭型3DアクションRPGで、年月と共に洗練されていくシステムとシナリオで好評を博す一方、野心的・実験的に多数のゲーム性も放り込み続けている。


崩壊:スターレイル

Star Rail

2021年10月27日にβテストを開始したシリーズの新作。

探索式のターン制RPGで、銀河鉄道を拠点に文明が点在する宇宙の星々を冒険する。


原神

風花祭双子

全く新しい視点で描かれるMMORPGで、当社の主力ゲームファンタジーサイド。

『崩壊3rd』で培ったオープンワールドシステムを始めとした多数の技術を導入しており、圧倒的な美麗な3Dグラフィックと自由度の高い操作性で、瞬く間に話題をさらった。

事前登録者数・世界累計1,000万人、配信初月で売上100億円という快挙を成し遂げ、今後の展開に注目されている。


未定事件簿

出会いの季節(+作業過程)

mihoyo初の女性向け恋愛ミステリーゲーム。

他のシリーズとは無関係な、完全に独立した作品。


ゼンレスゾーンゼロ

【绝区零】狡兔屋——安比·德玛拉

2022年8月5日にβテストを開始した完全新作。

『崩壊3rd』に似たシステムのアクションゲームで、現代の街をSFやファンタジーで多分に味付けした様な近未来都市の物語を描く。


Fly Me 2 the Moon

崩壊シリーズよりも更に前に作られた、わかっている限りでのmiHoYo第一作目。iOS専用。

公式サイトには記載がないので、会社設立以前の作品と見られる。


AppStoreでは、長期間更新されていないアプリとしてデベロッパーによる更新を求められている状態であり、現行のiOSではアクセスしてもダウンロードが行えない。

更新が以後も行われない場合、削除される危険性がある。


HoYo-Mix

上記ゲームの楽曲制作を行なっている社内音楽スタジオ。世界各国の様々なオーケストラと協力し、各作品のテーマに沿った楽曲を制作している。


IP

中国の大手通販サイト「淘宝」にて様々な公式グッズを販売している。また(主に中国で)別業界とのコラボもあり、例えば飲食店、高級車、ECサイト、銀行、コンビニなどとコラボしている。

日本でもスイーツパラダイスと提携したコラボカフェも開催されている。


崩壊3rd×エヴァンゲリオンコラボ、原神×Horizonコラボなど、多くはないが他社IPとのコラボもある。


関連リンク

本社サイト

Twitterアカウント

Google Play デベロッパーページ(miHoYo)

Google Play デベロッパーページ(COGNOSPHERE)


関連タグ

関連記事

親記事

ゲームメーカー げーむめーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16026277

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました